バラの住人

花弁の中の小人を探す そんな小さな日記です
もしもあなたが見つけても どうぞ秘密にして下さい(笑)

〇ぴーのまねまねクッキング 280 (さんま料理)

2016年09月18日 | 新>クッキングノート


 牧先生のお料理は本当に美味しいので、久々の登場を楽しみにしていました。
多くの方々の家庭料理のお師匠様です(笑)



出始めは一尾250円だった物もお安く手に入るようにりました。
「柚子こしょう焼きは」酒と柚子こしょうを溶いたものに15分漬け込み焼きました。
味が付いているのでそのまま食べますが、塩焼きだけではない風味ににショックを受けます(笑)

「さんまのにんにく梅煮」はこれぞ家庭料理!というおいしさで、何度も作りたくなります。
たくさんのにんにくが入りますが、じっくり煮込んでとろとろです。


そうこうしているとお友達から栗を頂戴しました。
今日が初取りと言う事で、美しい栗の実がぽこぽこと出て来ました




大きなお庭には栗の木があるのですよ。
管理が大変な中、こうして季節の物をお届け下さいます。

皮むきは二人の手作業です。
沸かした熱湯に栗を漬けてすぐ火を止め、ヘタを少し落とし、家内がまず外皮をはぎます。
そのあと主が包丁で薄皮をむいては、薄い塩水につけてアクを取ます。
昔の(笑)やり方では?と思いますが、簡単に秋の味覚が手に入ります。
夫はこの作業を喜々としてやりたがります(笑)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村
ランキングに参加しています



『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子達より少し先輩(笑) | トップ | 子供の存在 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む