ら ん ど な ー R a n d o n n e u r

自転車に乗って走った事や、走らなかった事。
痛いだの辛いだの泣き言三昧。

06/17 大島半島、池河内走

2017年06月17日 | 自転車

 水坂、 R27 、湾岸遊歩道、加斗自転車道、大島半島赤礁、本郷先を折り返し、集落道に R27、勢浜の丘を越え、青井から若狭西街道、 r23 池河内まで往復し、農道、上中丘、水坂、檜、市場。

 加斗自転車道、管理されず林道化しつつある(GMaps では私道扱い)が、景色は良好。西方の青葉山、中腹だけが明るく樹色鮮やか。遊歩道の標識が大橋方面へ導くが、海水浴場を横切った先で道は途切れ、駐車場ゲートまで逆戻りせざるを得ず。

 大島半島。青戸大橋を北に渡ると熱気に入る。旧道にはアコーデオンフェンス、リング錠あり、進入不可。道路工事中か。殆どのオンライン地図から消されている冠者島。復元砲台を偵察。

 本郷先の踏切を折り返し、集落道を伝い、 R27 を伝い、勢浜から丘越えし、青井のトンネルから若狭西街道に移る。

 r23。舗装が途切れる処まで松永川(?)を遡る。渓流区間は砂利に石に落ち穂。鋼板あり。未舗装区間は流水で土が黒く湿る。徒歩で曲がり角の先までゆくが、自転車は一切試さず。木が香る。青サギが居るなら渓流魚も居るか。岩ツツジ(?)の赤い花。明通寺は門前まで。石段に無数の太陽、丸い木漏れ陽。某神社参道脇に幹がウロになって尚葉を茂らせる小木あり。川東の休憩所は北側からは到達できず?「若狭自転車道」の標識あり、堤防の「農道」がそれか。バッタ飛び立つ、乾いた羽音。集落口に浮世絵のような大木。「自転車道」(この道もGMaps では私道扱い)はさらに先へと続くようだが、広域農道までで止める。

 目にゴミ。溶けて不快な炎症を生じるが、無用な注意を削ぎ、暑さや農道区間の走行ストレスを低減させる。

 r23 を折り返した頃から空が晴れる。気温が上がり、風が熱気を帯び始める。予め水を摂り、水坂を越え、ついでに鯖街道を市場へ抜ける。

 走行距離は 146.9km。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 06/15 南湖一周走 | トップ | 06/19 木の芽、栃の木、椿坂... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。