霧ヶ峰自然保護センター 自然情報ブログ

霧ヶ峰のHOTな情報をお送りします。自然情報・イベント情報・ボランティア活動などなど

霧ヶ峰自然研究路の秋

2016年10月11日 | Weblog
昨日10月10日月曜日、ガイドウォークの下見に行った際の様子をお伝えします。

今年は7月中旬から咲き始めたマツムシソウですが探せばまだ見つかります。


マツムシソウ

レンゲツツジの紅葉は車山湿原周辺ほどは進んでいませんがここニ三日の寒さでかなり進んだように感じます。


レンゲツツジの紅葉

アザミはノハラアザミをまだたまに見つけます。


ノハラアザミ

ハクサンフウロはお花の盛りはとっくに過ぎているのですがたまにきれいに咲いている花を見かけます。


ハクサンフウロ

ヤナギランは花も種もとっくになくなっていますが、何とも言えない姿で楽しませてくれています。


ヤナギラン

ミズナラの黄葉はまだまだ先に感じます。


ミズナラ

今年花をつけたシシウドは種をつけて枯れていますが、若くて花をつけなかった個体の葉はまだ青々しています。


シシウド

ススキは一部刈り取られ、乾燥させるためにかやぼっちがつくられています。


かやぼっち

お花は少なくなりましたが秋の霧ヶ峰自然研究路も見どころ満載です。ぜひいらしてください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八島ヶ原湿原の草紅葉 | トップ | かやぼっちとゲーロッ原 »