SIDEWALK TALK

This website is brought to you by KIRIBAKO.NET

男子ごはん

2017-04-21 10:22:21 | 食・レシピ
Kitchen「男子厨房に入るべからず」

相当な時代錯誤だけど、僕はその体をとっている。
べつに女性(家事)蔑視じゃなく、生来のものぐさというやつだ。


けど、料理ができないわけじゃない。
ガキのころからボーイスカウトで野外料理をやってたし、
今でも登山などで野営するときは当然自分でやる。


家でも、たこ焼きや餃子を焼いたり、ローストビーフをつくるのは、
なぜか僕の係となっている。
さらには鍋奉行も兼務して(させられて)いる。


嫁が不在のとき、時たま、思い立って料理をつくる。
大したものはつくれないから、もっぱら焼きものや炒めものが多い。
ただ問題なのは、ふだんキッチンに入らないから、
調味料や食器類の位置がわからない。
それらを探すの方に時間を割かれてしまう。


そして、さらに悪いのは、つくりっぱなしで後片付けをしない。
嫁さんが上機嫌で外食から帰宅すると、
散らかり放題に散らかっているキッチンをみて茫然、そして激怒する。
僕はといえば、男子ごはんを肴に一杯やって寝落ちしている。


わが家では、男子ごはんは家庭不和を引きおこす。
だから僕は、やはり「男子厨房に入るべからず」なのだ。
『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛煙家エレジー | トップ | 醤油の話 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「男子厨房に入るべからず」  (ふぇありぃ)
2011-11-05 21:37:54
「男子厨房に入るべからず」 

私にはmfさんの言い訳のようにしか聞こえませんが[E:happy01]

 
Unknown (mf >> ふぇあえりぃ さん)
2011-11-05 21:42:01
だから、生来のものぐさですよ。
言い訳です ( ̄。 ̄;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL