つれづれなるままに

毎朝のJOGとレースが趣味になってしまいました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

諏訪湖マラソンの記録

2015-11-07 | ウォーキングとジョギング

冬シーズンの幕開け用にエントリーして早4年

夏の練習はほとんどせず,

9月より始めるというここ2年間のパターン

昨年は,東京マラソンがあったため,1時間50分を切ろうなどという無謀な突っ込みをし,

撃沈。

今年は,京都マラソンがあるけれど,キロ6分で走ればいいやという気楽な気持で走り出す。

実際,14kmまではキロ6分前後で走る。

がま口水門を過ぎてからの3kmがいつもの関門で,

ここでいつもは歩くことが多かった。

今年は全然疲れがなく,それでもキロ30秒程遅れることもあった。(根性なしだな)

17kmを過ぎてから速さを取り戻して,ゆっくりとゴール。

でも,ネットタイムで1時間9分台

8000人出場で3000番台。

ま,よいんじゃないの。

これから四ヶ月,京都マラソンに向けて取り組もう。

1月に昨年同様ハーフにチャレンジして,練習の度合いをみるつもり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 京都マラソン

2015-10-14 | ウォーキングとジョギング

だいぶ放置していました。

その間にも,東京マラソンの発表があり,残念,当選ならず。

すると,京都マラソンの結果は,当選。

前回2014年は,大雪で出場できなかったので,

リベンジです。

これで,京都マラソンは3回当選。

5年で3回はいいでしょ。

再来週の諏訪湖マラソンを出発点として,

京都マラソンへのチャレンジを開始します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あと66日

2014-12-18 | ウォーキングとジョギング

大寒波も峠を越しました。
すごい雪が降り、ここいらは1mを超す積雪です。
本日は、休養あるいは軽いjog、というメニューのため、
簡単な筋トレで終わり、走行距離はなしです。

11月から始めたトレーニングでは、
週6日走っていたので、
初めて週5日の走行となりそうです。
ちょっと、お疲れ気味でしたから、よい休養かもしれません。

さて、本日の写真は、ナイトランの強い味方のライトです。
足首に巻きましたが、腕に巻くのもありです。
しかし、かなり明るく、まぶしいため、足に巻きました。
常時点灯か点滅を選べます。
色も沢山あります。
雪の壁の内側を、車を気にしながら走るので、早朝でも必需品かと思います。
そうそう、昨年は、雪に足を取られ、滑っていましたが、
今年は、それもなくなりました。
着地の姿勢がよくなったことから、地面を蹴る走行ではなくなったのでしょう。

本日、1月25日に、ハーフマラソンのエントリーをしてしまいました。
ペースランナーがいる大会なので、
レースペース走を強制的にできそうです。
11月では、サブフォーのキロ5分40秒を5km走ることすらできなかったのですが、
練習の成果か、先週の日曜日に15kmを5分30秒で走ることができるようになっています。

楽しみです。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京マラソンまであと67日

2014-12-17 | ウォーキングとジョギング

11月から始めた東京マラソンへ向けた練習。
Garminへ記録を登録しながら,データの蓄積をしてきた。
こちらへも日々の思いを綴り,東京マラソンへの足跡を記したいと思う。

さて,写真は,今朝の道の様子。6時前後。
本日の課題は,「坂ダッシュ10本+軽いjog」である。

まず,軽いjogであるが,
この積雪なので,どうにか走り出したが,歩道は雪が深く走れない。
車道で走るが,時々来る自動車が怖いので,その都度止まりながら
4,5kmほど走る。

坂ダッシュは,先週から取り入れたポイント練習の1つ。
JRの立体交差で,JR線の上を車道がまたぎ,JR線の下を歩行者専用道路がくぐる。
60m程の坂を10往復した。
上部を車道が覆っているので,雪,雨知らず。

この練習のあと,猛烈に雪が降り始めた。
もう外道を走るのは,危ないかな。
これからの季節,この場所を利用して距離を稼ごう。
坂を60m下り,平らなところが60m,上り坂が60m,合計180m。往復360m。
100円出して体育館のギャラリーを走るより,よいかもしれない。
フィットネスクラブで10分108円の時間会員だけど,いくのがめんどくさい。

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「教えて考えさせる授業」を創る 基礎基本の定着・深化・活用を促す「修得型」授業設計

2014-06-26 | 

書名:「教えて考えさせる授業」を創る 基礎基本の定着・深化・活用を促す「修得型」授業設計
著者:市川伸一
図書文化、2008年初版

感想
まず、理科が少ないが、理科の考え方の内、予習に関しては納得できる。また、帰納的な道筋で理科は授業を行っているが、科学者が何年もかかって到達した真理を子どもらがものの1時間で到達させる現行のやり方に疑問があることから、納得できる。
ただし、教えて考えさせるというフレーズが学校現場で一人歩きし、従来の一斉指導で良いんだ、と納得している人が見られる。必要最低限の基礎基本を教えるという部分が、教師によって幅がありすぎる。

気になった部分
p.4:教えずに考えさせる授業の特徴
・授業中に教科書をつかわない(閉じておく、もしくは、しまうように教示される)。
・予習を促さない( 「してこないでよい」あるいは、より強く「してこないように」と教示される)。
・「○○のしかたを考えよう」という呼びかけで始まる(教科書や教師の説明を理解するのではなく、計算の仕方や面積の公式などを全て自力発見せようとする)。
・新しい概念については、教師からは教えず、具体的操作活動を行わせて、そこから帰納的に導かせようとする。
・多様な考えを出すことを促す(「いろいろな意見を出し合いましょう」と呼びかける)。


 p.22~ 鏑木良夫先生の理科の授業例
 理科でこそ、教えて考えさせる授業
理科というのは、ふつうは、「教えて考えさせる授業」がもっとも反発される教科です。「先に実験の結果を知ってしまったら、子どもの関心や意欲がそがれる」「結果がどうなるかを考えさせてから、実験するのが当然だ」、あるいは、「ビックリするような実験を見せて、興味を引きつけてから授業に入る」というのが、伝統的な理科教育での意見です。ましてや、予習で教科書を読んでくることが奨励されることはまずありません。

p.26~ 教えて考えさせる授業の段階
・「教える部分」(教材、教具、操作活動などの工夫、
・「考えさせる第1ステップ」(教科書や教師の説明が分かっているかを確認する子ども同士の説明活動)
・「考えさせる第2ステップ」(問題解決部分、問題解決深化課題を与える。)
・「考えさせる第3ステップ」(メタ認知的活動)

p.41~ 第2章 授業の実際「72÷3のように繰り下がりのある割り算」
教科書では、色紙の10枚束7つと2枚の色紙を3人の子どもに分ける事例を示している。
著書では、10円玉7枚と1円玉2枚を代表者3名に分ける方法を解いている。
教科書の方法でない方法を「教える部分」で使用し、第1ステップで、教科書を読むことを行っている。
教科書の方法は、10枚の束ねている髪をほどくことが必要だが、10円玉を1円玉10枚に換えるのは、生活感として定着していることから,繰り下がりの概念を掴みやすいと思われる。
p.60
教師の説明を受けただけでは、分からない子がいることが大前提の学習方略である。

p.94 予習の方法
5分間だけでも呼んできて、分からないところに付箋紙を貼ってくる。

p.96 これからの授業
これからの学校では、「教科書を先に読まれると困る」という授業ではなく、「教科書を活用し,教科書を超える授業」

p.110~ 理解深化課題として何を用意するか
(1) 子どもが誤解しがちな問題
 例:浮力、海面下と深海の浮力に違いがあるか。
(2) 習ったことを応用発展させる問題
 例:複合図形の面積、応用問題で様々なとき方がある場合。うまい問題の解き方とまずい問題の解き方を考えさせる。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加