切れ切れ爺、どこへ行く?

爺になって切れやすくなったわしは、写真撮りまくりながら、言いたいこと言うがこの先どうなるのか、わしにもよう分からん。

きょうは、乙訓の神社、三ヶ所

2017-05-14 23:54:30 | 撮影
 乙訓の三カ所の神社を回ってきた。
 長岡京市にある角宮神社。
 わかりにくい場所だけど大きな幼稚園の隣にあった。かなり古い歴史を持ち、起源は飛鳥時代と言われ、続日本紀にその名前が出てくる。大宝律令が制定された頃で、平城京の少し前。もちろんその後、いろんな変遷があって、本殿などの建物は、後年に再建されたもの。特に文化財と言われるものはない。住宅街の中にあって静かな雰囲気。
     

 次に少しだけ離れた、赤根天神社に行く。長岡京市による立て札の説明では、あまりよくわからない。おそらく江戸時代以前に私家の鎮守のために建てられたらしい。応仁の乱で焼けて、その後再建。ひっそりして誰もいなくて、拝殿と本殿が市の有形指定文化財。     
 

 三カ所目は大山崎町に行く。
 もう40年ほど前の最初の赴任校がある町だ。山沿いに大きな団地があり、その一番上のところに、小倉神社というのがある。
 ここは勤めていた当時、遠足など校外学習で山歩きをするときの、集合解散の場所だった。何十年ぶりかで行って見て、当時の自分の記憶とちょっと違ったような雰囲気。すぐ近くに新しいマンションが建ってたりして、まぁ静かは静かだけど、神社そのものも参道が新しくなったり、本殿が修復工事中だったりして、何かえらいきれいになっていた。

 平安時代に創建されたようで、延喜式の中にその名前が出てくる。大山崎町には小倉と言う地名は無い。名前の由来は定かではないけど、米を収納するお蔵から来たとも言われるし、山裾のお暗い所、と言う説もあるが、どうなんだろう。
 拝殿には江戸時代に奉納された大きな絵画が掲げられ、文化財と言える程のものだと思う。他にも江戸時代の石灯籠や、中には鎌倉期のものと思われるものも。また石鳥居には元禄二年と彫られている。1689年で、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅をした年だ。神社の横には古墳もある。この地域で最も古いと言われる神社らしい。
 勤務していた当時は、この神社がいろんないわれがあり、かなり有名なところだとは全く意識せずに来ていたが、自分とか生徒たちにとっては、天王山登山の、ハイキングコースの出発点でありゴール地点であるという認識だった。
       

 なお最初の勤務校は、京都縦貫道のインターチェンジができたために移転新築され、とてもきれいな校舎になっていて、まさに隔世の感がある。今日は野球部の生徒たちが大きな声出して練習していた。町内には大勢の教え子の家があるが、今も町内に残っている子はどのくらいいるんだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お久し振りネ  東京オリン... | トップ | ♪ ♪ 京都栂尾高山寺 ♪ ♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。