切れ切れ爺さんの徒然撮影&日記

主に寺院や神社等を中心に、文化財の撮影と紹介。
時に世の中の不条理への思いを発言していく。

お待たせ!7時間ぶっ通しカラオケ

2017-06-12 23:53:35 | 日記

 さて今日は いつものY殿と 7時間ぶっ通しカラオケ 。前回は どうも消化不良で 不満だったものの、今日はまあまあ満足できた。
 スタートは昔の吉永小百合などの よく知っている歌から入り、自分を少し調子に乗せる。昼食後、ちょっと難しい曲に挑戦する。ある程度知っているだけで、 完全には知らない曲が多い。当然、音程外しまくり。まあそれでも歌っている内にいつか覚えるだろうと思う。中島みゆき、キャンディーズ、森山良子、テレサテン、坂本冬美・・・・どうも女性歌手の曲ばっかり。普段からそういう曲が好きだからしょうがない。男性歌手では、堀内孝雄、谷村新司といった同年代の歌手が共感できる。石原裕次郎、今日は歌わなかったが、舟木和夫ら、どうしても年配の人ばかりだ。最新の若手は全く聴いてもいないし無理。それでもいきものがかりやアンジェラアキ等、実力のある歌手もいるので、追々挑戦していくつもり。



 ラストに近づくとそれなりに、自分の得意な曲を大声で熱唱し、といっても 第三者から見れば、「なんやあれ」というレベルだが、 大きい声を出して爽快な気分になれて、いい感じで7時間を終えられた。

 Y殿の場合は訳あって、とにかく上手くなるという大きな目標があるので、気構えからして違う。 ちゃんと歌う曲をメモしてきて、歌った後に自己点検をして、メモに書き込んでいる。更にボイスレコーダーまで持ち込んで、家で自分の歌声をチェックするという念の入れようで、その凄まじい形相には、ちょっと引いてしまうものがある。まーしかし、それだけ準備してやっていると、回を重ねるごとにうまくなっていくのが、聞いててもよくわかる。自分みたいに、 適当にあてずっぽうに選曲して歌ってるだけでは、上達というところは、はっきり言って難しいのが現状。
 次回は自分にとって新しい曲だけど、まだ歌ってないものに挑戦すべくメモしていこうと思う。今日も家を出るときに、歌うべき曲を覚えていったのだが、 カラオケの部屋に入ると名前が全然出てこない。まー歳やしやっぱりメモ取らんとあかんということや。


 誤解無きよう言うとくが、水着姉さんのバック映像は飽くまで、Y殿の老いらくの興味であって、まぁそれはそれで心身共に元気でいいのだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良市 秋篠寺・・・本堂内... | トップ | 京都府八幡市 奈良御園神社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。