切れ切れ爺さんの徒然撮影&日記

主に寺院や神社等を中心に、文化財の撮影と紹介。
時に世の中の不条理への思いを発言していく。

快晴 大原野の正法寺

2017-04-23 23:22:50 | 撮影
 ネットの桜情報を見ても、満開とか咲き始めというのは、ほとんどなく、もう終わりという状況。
さすがに比叡山の延暦寺はこれからみたいだけど、今日は大原野にある正法寺に入って来た。ここも2回目。 

 奈良時代初期の創建で歴史はかなり古い。最澄や空海が関わっている。有名なものとして、多くの様々な形をした岩を集めた庭園があり、背景に宇治方面の市街地や山々を配して、大きな絵画のような雰囲気がある。  

  三面千手観世音立像。これは重要文化財に指定されている。すぐ前でじっくりと見ていた。三面というのは珍しいらしい。
 他にも貴重な仏像や、徳川家関係の古文書等、多くの文化財がある。   
(正法寺のHPより) 

 桜はちょうど満開で非常に良い具合。桃色や白が各ポイントに咲いていて、寺の建物とうまくマッチしている。撮影対象としても なかなかいい。真っ青な空に桜の色が映え、ついついシャッターを切りすぎる。  

 最初は人は少なかったけど途中、シニアのハイキンググループの大勢の人達がやってきて、一気に賑やかになってしまった。それにしても皆さん、ハイキングとはいっても本格的な服装と靴、リュックを背負い、元気なもんや。まーでも自分もシニアの一員だけど。この人たちは自分よりは少し上みたい。こうしてたくさんの仲間と、ワイワイ楽しく喋りながらハイキングというのもいいかもしれん。

 その後、車椅子の脳性麻痺の身障者を伴った家族がやってきた。彼は一生懸命、お寺のきれいなことを楽しそうに喋っていた。
まぁ少し石段があるが、何とか寺見物に入れたようだ。
 寺院は昔の建物なので、バリアフリーというのはなかなか無い。巨大寺院だと、対策されて車椅子でも見学が自由にできるようなスロープ等が設けられているところもあるけど、一般のお寺ではなかなかそうもいかない。正法寺はその点では、◯に近い△という感じ。

 今日はいい天気だったので、バックが青空の綺麗な桜をたくさん撮ることができてとても満足。

 ところで、いろんなブログ記事を読んでいて気になることがあった。
 例えば、正法寺の千手観世音菩薩立像。重要文化財指定で、堂内にも「撮影禁止」の掲示がある。殆どの寺院でも同様だ。
しかし、ブログ記事等にはこのような画像がかなりアップされている。寺院関係者の許可を得ていればいいんだが、その辺はどうしているんか。
 以前、あるお寺で住職さんに撮影禁止の理由を尋ねたことがあって、その時に言われたのが、肖像権があるものを勝手にネットにアップされるのが・・・・云々だった。あと、文化財保護法の関係もあるのかも知れない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は、梅宮大社 | トップ | またまた 7時間ぶっ通しカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。