切れ切れ爺さんの徒然撮影&日記

主に寺院や神社等を中心に、文化財の撮影と紹介。
時に世の中の不条理への思いを発言していく。

7時間ぶっ通しカラオケは メロメロの有様

2017-07-07 23:44:34 | 日記

 朝から曇り。恒例の7時間ぶっ通しカラオケ。
 途中近鉄の駅近くに大勢の若者が行列を作っていた。いったい何事かと思うとすぐに臨時バスがやってきて、行き先表示は「京都大作戦」となっていた。京都大作戦というのは10年ほど前から始まったロックフェスティバルのこと。自分は数年前に初めてそのような催しがあるのを知った。最初は京都大作戦とは一体どういう意味なのか、さっぱり分からなかったけど、そのうちにロックを中心とした野外音楽祭ということがわかった。宇治市内の太陽が丘総合運動公園で開催されてるが、地元の宇治市民はあまり知らないのではないかと思う。市内にそんなポスターも見ないし、宇治市の広報誌にも載っていない。むしろ外部の人達の方が良く知ってるみたい。ホームページの会場までの交通案内を見ると、なんと東京から来る方法が載せられていた。
 自分みたいな爺にとってみれば、参加しているミュージシャンたちはほとんど知らない。名前を聞いたことのあるグループが少しある程度。今の若者にとってみれば、これらのミュージシャンもメジャーな存在なんだろうと思う。

 さて、カラオケの方やけど、どーにもこーにも今日は自分にとって不満の残る結果となった。もちろんその原因は全て自分にある。どうも自分のカラオケに対するスタンスというのが、何でもかんでもあまり歌ったことのない曲に対して、無謀な挑戦をしてしまうというところにある。そのために音程やメロディーも大きく狂ってしまい、それが他の歌い慣れた曲にも悪影響を及ぼして、歌全体がガタガタになってしまっている。
 友人の方ははっきりした目標を持っていて、ある程度曲目を絞って上手になるという方向で取り組んでいる。それに対して自分は変に新し物好きと言うか、挑戦してみて、全然あかんかった、部分的にちょっと行けたかな、等というレベルで納得してしまっている。こんな事やってたら、このカラオケ何回やっても満足に歌える曲が現れてこない。そんなこんなで後半には少しずつエネルギーを消耗し、ますますハチャメチャになってしまった。


 次回はこの反省を活かして、無謀な挑戦はごくわずかに留めておいて、やはり歌い慣れた曲に磨きをかける、何て言うと、人様にとても聞かせられるような歌ではないけれども、まあそういったところにちょっと目標を置いて、堅実に選曲もしていきたいと思う。ヘタはヘタなりに朗朗と歌い上げられればちょっとだけでも、歌ったということへの満足感が出てくると思う。


 この7時間ぶっ通しカラオケも回を重ねているので、ただ単にストレス発散して楽しかっただけのレベルから、ちょっとだけ上向きに目標を設定して、満足感の得られる様な歌をなんというかものにする、と言うと大げさだけど、そんな風にしてみたいと思ったところ。
 

 帰宅して晩御飯。この時はテレビを見ている。普段なら丁度ニュースの時間帯だけど、今日は少し遅くなったので、テレビつけるとNHKはウィンブルドンテニスをやってた。さほど興味はないので別のチャンネルに変えると、読売テレビは巨人阪神戦。今時誰がこんなもの見るんやろか。他の毎日放送、ABC放送、関西テレビ、この3局ともどうしようもないほど無意味でくだらない、とても番組とは呼べないような、公共の電波の無駄遣いをやってる。こんなもの見て一体どこが面白いのか。こんなものを楽しいと思って見てる奴がいるのか、全く馬鹿馬鹿しくて、見ている自分が哀れになるので当然こんなものは見ない。 地元京都のKBSテレビでは30年以上前の古い水戸黄門をやってたので、仕方ないのでそれを見てた。
 それにしても日本のテレビ番組というのは、なぜこんなにもどん底にまで落ち込んでしまったのか。東京のキー局はもはやこれといった新たな提案もできず、どこの局もやってるような、同じ顔ぶればっかりが、ただずらっと並んでMCが何かをやるたんびにちょっと喋ったり、わざとらしく笑ったり、くそ面白くもない無様な芸を見せてみたり、多分まともな台本もないような、ほんまに適当で視聴者をバカにしたような物ばっかり。それでも新しい案が浮かばないので、無理やりスペシャル番組と銘打って、2時間とか3時間とかどうしようもない駄作を垂れ流し続けている。ほんまようこんなことやっとると逆に感心する。テレビ局のプロデューサーとかディレクターなんていう連中は、これは俺が仕切ってる番組や、などと偉そうにしてるんやろうけど、こんな腑抜けな番組ばかり垂れ流してると、ほんまテレビなんか誰も見なくなる。
 自分はもうとっくに見切りをつけて、ニュースと一部のドキュメンタリーと、後は関西ローカル局の独自番組を見るくらい。去年テレビが壊れて少し大型のを買ったんやけど、何か無駄遣いになってしもた。ほんま馬鹿馬鹿しい。まぁテレビ放送については重要な課題が色々とあるので、この辺りもまたまとめて書こうかなーとは思ってるけど、そんなんわざわざ書くのもアホらしいほどの体たらくやし・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都市左京区 永観堂禅林寺... | トップ | 京都市山科区 日向大神宮・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。