畳み込むキレイデボーテリペアセラム

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

総理府(当時)

2017-08-09 14:16:03 | 日記
保険業法(改正1995年)の定めに則り、いわゆる保険会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社の2つに分かれ、どちらも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社のほかは行ってはいけないとされている。
【解説】外貨両替とは何か?例えば海外へ旅行にいくときもしくは外貨を手元に置かなければならない際に利用することが多い。最近は日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
覚えておこう、バブル経済(日本では昭和61年からが有名)とは何か?不動産や株式などといった時価資産が取引される金額が過剰な投機によって実体経済の本当の成長を超過してなおもありえない高騰を続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)の所掌業務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務を分割して、総理府(現内閣府)の強力な外局としてのちに金融庁となる金融監督庁を設けることになったわけです。
きちんと知っておきたい用語。バブル経済(日本では80年代から)とは何か?不動産、株式などの時価資産の市場価格が過剰な投機により実経済の成長を超過してもさらに高騰し続け、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。
いわゆるペイオフについて。突然の金融機関の破産・倒産などに伴い、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護の対象となった預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度です。
覚えておこう、デリバティブっていうのは従来からの金融取引や実物商品そして債権取引の相場変動で生まれる危険性を退けるために作り出された金融商品の名称である。金融派生商品とも呼ばれる。
FX(外国為替証拠金取引):リスクは高いが外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す比較的はじめやすい取引。外貨取引の中でも外貨預金や外貨MMFに比べても利回りが良く、さらに為替コストも安い利点がある。FXを始めるには証券会社またはFX会社で購入できる。
ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、運営するためには、目がくらむような量の、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が規定されているのだ。
【用語】スウィーブサービスとは?⇒銀行の預金口座と証券用の取引口座間なら、株式等の購入資金、売却益などが手続き不要で振替してくれる画期的なサービスである。同一金融グループによる優良顧客囲い込み戦略である。
預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)の支払う補償額(ペイオフ解禁後)は名寄せ、融資の相殺がされた上で、1人あたり普通預金等の1000万円以内(決済用預金は全額)000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"ということ。同機構に対しては日本政府と日銀ならびに民間金融機関全体が出資しています。
こうして我が国の金融・資本市場の競争力等を高める為に行われる規制緩和のほか、金融制度の更なる質的向上の実現を目指す活動等を積極的に促進する等、市場環境と規制環境の整備がすでに進められていることを忘れてはいけない。
平成10年6月に、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を分離することで、総理府(当時)の新しい外局として金融監督庁という特殊な組織が発足したという流れがあるのです。
ここでいう「失われた10年」というキーワードは、ある国そのもの、もしくはある地域の経済が約10年程度以上の長い期間に及ぶ不況および停滞にぼろぼろにされた時代を意味する言い回しである。
必ず知っておくべきこととして、株式についての基礎。債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、その株の企業は株式を手に入れた者への返済に関する義務は発生しないことがポイント。さらに、株式は売却によって換金する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 普通預金口座銀行の »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。