IN THE LIFE

~されど愛しき日々~

裕福=収入では無い

2017-05-11 10:38:29 | メモ
今は亡き祖父母の話を書きたくなった。

私の母方の祖父母は
けして祖父が収入が大きい仕事を
していた訳ではないが

いつも優しくて上品で
ゆとりのある生活をしていた。

私が本当に小さい頃から
それは感じられてて、

そして普段から使う物を
大事にしていて
必要に応じて身につける物や
買うものも
きちんとそれなりの
良いものを買っていた。
そういう買い物にはしっかりと
お金をかけていて良い物を
選んでいた。

ある日祖父母のシーツと
ケットがBURBERRYであることに
気づいた私は
それを祖母に言ったら、
「そういうブランドとか全く知らないで買ってるから、おばあちゃん達には勿体ないかしら^^。」
と言って
祖母はいつもにこにこ笑顔で
私の話を聞いてくれていた。

私やいとこ達にも
お小遣いをくれる時もあったし
国内だけど、
伯父さんや伯母さん達も皆で
旅行に連れてってくれたことも度々あった。

こう書くと金銭面で
お金持ちのように聞こえるが
豪邸に住んでいたり
資産がたくさんあったりとか
けしてそういうわけでは無かった。

物を大切にし
祖母のやりくりがいかに
上手だったかが伺える。

そして何よりも
色んな意味でゆとりのある
人柄だった。

そして祖父母ふたりの間には
愛があった。

そこには亭主関白も無ければ
かかあ天下も無くて
相手からの条件で一緒にいるのでも無く
もちろん
服従とか暴力も無く

ただただ相手を信頼した夫婦の
空気が流れていた。

祖父に先立たれてから
目に見てわかるほど祖母の体は
弱くなった。

その後祖母も祖父の死語約8年ほど天寿を全うし
祖母が最後に残した言葉は

「正法。(ただしい教え)」

だった。


私は裕福というのは
お金のことだけでは無いんだと
いうことを
この祖父母から
学んだ。

今でも祖父母は私の中で
尊敬する人である。

こういう夫婦って
今の時代なかなか
いないんだろう
な~。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 繋いだ手から | トップ | 今後生きてく上で大切なこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。