IN THE LIFE

~されど愛しき日々~

お釈迦様(仏陀)と重なった日

2017-03-13 08:23:08 | メモ
ちょっと色々自分の心にどうしたら良いのかわからなくなって、
苦しくなったことに襲われました。

それは自分が起こした因果になるのでしょうが
私が頭の中で思い描いていたこととはとてもかけ離れていたことでした。

やっかいなことに、その想いを
手離そうとすればするほど
出来ないのです。

 そこで私は時期的にもうすぐお彼岸でもあり、ご先祖のお墓参りを兼ねてお寺の仏舎利殿と言われる、お釈迦様のお骨が奉られている塔(の下)へお参りに行きました。

まず、中央の釈尊像にお参りをしました。
その時、ふと床を見ると
それはそれはとてもきれいで美しい釈尊像の影が写し出されてました。

あまりのきれいさにしばらく私はそれに見とれていましたが、
私の影と私自身が
この釈尊像の影に入って重なりあうことが出来るような状態にあることに気付きました。

私は合掌しながらその影に足を一歩踏み入れました。

ちょうど自分(の影)と釈尊像が
重なるように中心が合わさるようになりました。

するとどういうわけか、
涙が溢れて止めることが出来ず
ただ、己の存在に感謝するばかりでありました。

そして、閉じていた目には
空洞から強い光が差し込む情景が
見られました。

しばらくその状態のままから
通常に戻り、お参りを終えましたが、
心が何だか落ち着きを取り戻していました。

だからと言って、私に起きた一連のことが忘れられるわけでも
リアルの生活環境が変わるわけでもありません。

でも心の落ち着きを取り戻していたことが私にとっては救いでした。

不思議な体験でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛は全てを越えて中立の存在 | トップ | 今度は"人"として。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。