一瞬のきせき

2016-10-18 14:43:12 | 日記




あらゆる自我は





あらゆる表面をなぞるかのようなれど








あらゆるひとつの自我、個を超越し…それは





あらゆるすべてを、可能となすなり








ただ、己たりし個をこえた感覚になられし時点で





別視感覚ではなくなり









ある瞬間には、みごとなひとつの、きせきの一瞬さえをも、





可能とし、みせたりもするかのよう









すべては、すべて、可能と変換されゆくなりし









ただ、それも、






目の前投影にて、しらされゆくなりし










ただ、それも、意図なしな作為さげな、、強制?きめつけ、





こうしよう、こうしなくては、こうしましょうではなしな






無の






瞬間に、







ただ、ある、だけ、な意思なきまんましか







投影しない








すべてがすべて






いまある意識の、ただあるまんまを






あるがまんまを






いつわりなく映しとるだけ、、






なりし








すべては、すべて






そのもの、を






作為なしに、意図なしに、こうしよう、こうしなくては、こうしましょうではなしに





ただ、、そのままを、みごとに映しとるだけ‥…






かのよう








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鏡のなかのあなた、鏡の前の... | トップ | 何らかはある、、すべては、... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。