一条きらら 近況

【 近況&身辺雑記 】

小さな発見

2016年10月18日 | 最近のできごと
 チャーハンは、わりと、よく作る。好きだからということもあるが、短時間で作れるから。
 外食では、ほとんど食べない。自分で作るチャーハンのほうが、美味しいから。好みの味付けにするから当然だけれど、エビとかカニが入ったチャーハンが嫌いだから。
 私が好きなのは、豚肉か鶏肉入り卵チャーハン。具材は玉ねぎやニンジンやピーマンやキャベツのうち、冷蔵庫にある物を2~3種類。豚肉はロース、鶏肉はモモ。あとは、ワカメ・スープ。
 先日、生まれて初めて、キムチ・チャーハンを作って食べた。私にとって一大事件と言っていい。キムチ・チャーハンを食べるなんて、私の人生で、あり得ないという思い込みがあったからである。
 きっかけは、姉との電話。用件の話を終えた後、テレビのワイドショーの話題、そして最後に、「今夜、何食べるの?」と聞いた。
 その質問は、姉からされたことは1度もなく、いつも私のほうからである。何か、参考にしたいという気持ちと、料理を作るモチベーションを得たいため、と言ったら、ちょっとオーバーだけれど。何しろ私は料理教室も料理学校も通ったことはないが、姉は結婚前の若い日、短期間だが料理学校に通ったので、料理も上手でレパートリーも広い。レストランで食事を共にすると、注文料理を見て味わって細かいことをいろいろ言う。
 その日の電話で、姉が、
「キムチがあるから、キムチ・チャーハン作るわ」
 そう言ったのである。それを聞いた私、
「ええええええっ!! キムチ・チャーハン?!」
 と、驚愕の声をあげたのは、それって美味しくなさそう、と思ったからだった。姉は反発。
「ああら、美味しいのよう。食べたことない? キムチ・チャーハン」
「ないわ」
 たとえば、連れと一緒にレストランでメニューを広げて、キムチ・チャーハンの文字を眼にしても一瞬だけ。全く食欲をそそられない。
「キムチの他に、何入れるのオ?」
 半信半疑の口調で聞く。
「レタスが余ってるから、レタス入れるわ」
 またしても、「えええっ!!」である。レタスは、あまり好きではない。嫌いではないから、食べられるけれど。サラダなど生で食べると、レタスのあの何とも中途半端な感触と噛みごたえが、好きになれない。同じ生で食べるなら、キャベツのほうが好き。レタスは1年に1回買うか買わないかという程度だが、キャベツはいろいろな料理に使えるので、週に1回は買う。
 それまで私は、レタスは生で食べるもので、炒めるという発想がなかった。
「レタスって炒めて食べたことないけど、ホントに美味しいのオ?」
 またしても半信半疑。
「あら、炒めたことないの? 美味しいわよ」
「そう言えばキムチが余ってるから、今度作ってみるわ」
 その後、チャーハンを作る時、フライパンに卵を先に入れるか、ごはんを先に入れるかについての話を延々と。
 私はごはんを先に入れてから卵を入れて、からめる作り方。姉は卵を先に入れてから、ごはんにからめる作り方。2人とも、長年、その作り方だった。
 翌日、スーパーへ行く日だったので、今年初めてレタスを買って来た。
 時々、私は『cookpad』のサイトを見て参考にするが、チャーハンの具材にキムチとレタスと豚肉なんて書いてあったら、美味しくなさそうとパスしたと思う。
 その翌日、キムチとレタスと豚肉入り卵チャーハンを作ってみた。他に何か余り物を入れてもいいと聞いたが、合いそうな具材がないので、それだけ。ついでに、試すつもりで、卵を入れてから、ごはんを入れてからめる、という姉の作り方をしてみた。すると――。
 全く思いがけないことに、美味しいチャーハンができたのである! 炒めたレタスは生で食べるより噛みごたえがあって美味しいし、キムチと卵なんて合うかしらと思っていたら、特に好きというわけでもないキムチが、卵とも豚肉ともレタスともちゃんと合って、本当にまさかの美味しい美味しい卵チャーハンが作れたのである!
(人生って、思い込みを捨てて発想を変えてみると、いいことがあるんだわ)
 思い込みが強い性格を自覚しているが、そのことを発見した。人生って、驚きと発見の連続である。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 夏から秋へ | トップ | 棋士の冤罪 »

あわせて読む