一条きらら 近況

【 近況&身辺雑記 】

交差点の横断歩道

2017年03月10日 | 最近のできごと
 先月、スーパーへ買い物に行くため、近所の道路を歩いていた時である。目的地の3軒のスーパーは同じだが、道順は毎回変える習慣。歩きながら、考え事をするか、通りかかる店々の窓や看板を見て行く癖がある。
 その日は、受信したばかりのメール文を、何度も思い返していた。メールの内容が気にかかるわけでは、なかった。よくあることだが、メール文の最初から最後まで一字一句を、頭の中で浮かべていたのである。あることに対する感想メールで、長文ではなく短文に近いメールだが、この言葉は先だったか後だったかなどと、正確な文章を思い起こすことが楽しいのだ。歩きながらだけでなく、家事をしながらも、よくそうするが、自分が送信したメール文を思い返す時もある。
 途中、幹線道路の交差点の数メートル前で、横断歩道の黄色の信号を眼にしながらもメール文を思い浮かべ、歩道の手前で立ち止まりながらもメール文を脳裡に浮かべていた。
 信号が変わる合図のメロディが流れたとたん、反射的に横断歩道へと歩き出した。メール文が浮かぶ片隅に、信号機が緑とインプットされてしまったのである。
 数歩、進んだ時、向かい側の横断歩道の手前で、自転車に跨がって停まっているジャンパー姿の熟年男性が、私を見て、道路に並行にした右腕を大きく左右に振っている。こちらの方向に車が走行するから、横断しては駄目だと教えたのだ。3車線の道路をはさんで、私の真正面に自転車の熟年男性は信号待ちしていたので、信号が変わる合図のメロディが流れたとたん、反射的に横断歩道へと歩き出した私を眼にしたようだった。一方方向へ大きく右腕を振るしぐさを見た私は、
(あっ、いけない!)
 慌てて踵を返し、羞恥とショックで顔が熱くなった。さっき耳にした信号が変わる合図のメロディは、別方向の車の走行が緑の信号、横断歩道を渡る歩行は、赤に変わったという意味だったのである。信号機を見ないで横断歩道を渡ることは滅多にないが、メール文の一字一句を思い返すことに夢中だったせいだ。日中で、道路は混んでいなくて、私の傍を走行する車はなかったし、クラクションも鳴らされなかった。
(あの熟年男性が教えてくれなかったら、交通事故に遭ったかも……!)
 運が悪ければ、その可能性もあった。長く感じられる信号待ちの間、ショックと羞恥の感情に支配されたまま、向かい側で自転車に跨がった熟年男性の顔を見ることもできず、さっきまで頭の中で反復していたメール文も完全に消えてしまった。
 やがて、信号が変わり、緑になったのを眼で確かめてから、歩き出した。
 正面の向かい側から、自転車に跨がった熟年男性が近づいてくる。またしても顔が熱くなるのを感じながら、すれ違う時、
「どうもありがとうございました」
 と、頭を下げながら礼の言葉を口にした。ジャンパー姿の熟年男性は、「いえいえ」と、やさしい笑みを浮かべながら去って行った。
(あ、似てる……!)
 近づいた時に見た熟年男性が、従兄にちょっと似ていたのである。年齢も同じぐらい、特徴のあるやさしいまなざしと笑みが、従兄を思い出させた。
 その従兄とは、昨年、実家の集まりの日に会っただけで、その後は忘れていた。実家の集まりに出ると、親戚の1割ぐらい顔ぶれが変わる。大叔父や大伯母からその長男や長女、伯父伯母からその長男や次男というふうに。海外旅行中や、体調不良が理由だったりで、代わりに出席する親戚も。
 その従兄とは子供のころ一緒に遊んだことはなく、初対面に近い。教師をしていた伯父の話になり、その従兄も中学校教師をしていた。
「担当科目、当ててみるわね」
「うん、当てて」
「え~とね、そうね、う~ん……数学!」
 チラチラと従兄の顔を見て雰囲気を感じ取って、答えた。
「当たった」
 従兄が少し驚いたように笑った。
「あら、ほんと!」
 当てておいて当たったことに小さく驚くが、英語教師という感じではなく国語教師という感じでもなくと、消去法で数学と答えたのだった。 
 集合場所から、最寄り駅まで送ってくれた車の中で、従兄はビートルズ・ナンバーをカー・ステレオで流した。私より少し年上の、ビートルズ世代だが、教師を定年後、保護司をしているというので、その話を聞いた。自分からすすんで行う役割と私は思っていたので、
「ボランティアでしょう? そういう活動をしたいなんて、偉いのね」
 そう言うと、
「いや、頼まれて……」
 断れない感じでと、従兄は微笑混じりに言った。その活動をしている人に会ったことがないので、興味深く話を聞いた。やはり少し大変なこともあるらしかった。
 その後はビートルズの話題。グループサウンズの話。昔、流行ったグループサウンズを、テレビで見たり聴いたりしても、私はあまり惹かれなかった。
「あのころのグループの歌手はね、ジャニーズのあおい輝彦とかフォーリーブズの江木俊夫が好きだったわ」
「アハハ、若いねえ」
「テレビで見て顔とか雰囲気とか、好きなタイプ、素敵、りりしい王子様みたいって」
 従兄がまたアハハと笑った。包容力のある、穏やかで、おおらかで、やさしい表情である。
(従兄にああいう人がいたのね)
 別れた後、新鮮な発見をしたような気分だった。
 赤信号の横断歩道を渡りかけた私に、駄目と教えてくれた熟年男性が似ていた従兄を思い出し、何となく心がふんわかとなったひとときだった。



流出被害

2017年01月30日 | 最近のできごと
 人生って、何が起こるかわからない。他人事(ひとごと)と思っていたことが、まさか自分の身に起こるなんてと、ショッキングな経験をした。
 郵便局からの書留の不在連絡票を見て、差出人が『イプサ』と書いてあり、
(イプサから……?)
 全く心当たりがなく、誤配ではないかと思った。『イプサ』とは化粧品メーカーの名称で、その時、『資生堂』を連想した。
 数日前に、ニュース・サイトの記事で、資生堂のオンライン・ショップの個人情報が流失、クレジットカードの不正利用の可能性があると、読んだことを思い出したのである。その時は、
(退会しちゃって良かった)
 と、安堵した。2年ほど前、資生堂のオンライン・ショップでいくつかの化粧品を買った。商品が配送されて開けた時、パッケージの箱や包装紙がきれいで可愛くて、
(さすが化粧品会社の通販は違うわね)
 他の通販の商品のパッケージや箱と段違い。いかにも女性社員が考えた女性客向けの、女性が喜び、好みそうな包装に感心したものだった。
 資生堂のサイトは商品宣伝だけでなく、メイク方法などの動画や図解もあり、どのページもきれいで、一時期はよく見ていた。当然、商品も見るから、その流れで口紅やアイ・ライナーなど買ったのだが、オンライン・ショップを利用したのは2回だけ。
 その後、いつものように伊勢丹の資生堂コーナーで買った時、
(やっぱり、通販より、店舗で買うほうがいいわ)
 そう思った。店員とお喋りしながら買うほうが、新商品の情報も得られるし、「お客様のお肌は白くてきれいだから、こちらのほうが」などとセールス・トークを聞きながらのほうが楽しい。
 資生堂サイトのページ数は多く、閲覧しているとキリがないこともあり、オンライン・ショップは退会したのである。
 それが2年ほど前だったため、ニュースで資生堂オンライン・ショップの個人情報流失を知った時は、退会していなかったら私の個人情報も流出していたのだと思い、
(ああ、良かった)
 退会したのは賢明だったと、自分で自分を褒めたい気分だった。
 ところが――。
 その資生堂を連想したが、イプサの化粧品を、買ったことはない。伊勢丹の1階の化粧品フロアで、デザイン化された『ipsa』の名は何度か眼にしていたが、店舗に寄ったことは1度もない。ウェブサイトを閲覧したことも、ないのである。
 郵便局の不在連絡票には、差し出しが、ipsaではなく、イプサと手書きされているから、化粧品メーカーではなく、同名の他の企業かともチラッと思った。
(それにしても、ダイレクトメールの普通郵便じゃなく、書留って何かしら? 何かの謝礼をもらえる心当たりはないし、何かのキャンペーンに申し込んだりもしてないし……)
(もしかしたら、住所と名前の個人情報がどこかから漏れて、私あてに郵送された?)
(もしかしたら、何かのセールスとか詐欺とか……?)
(書留にする必要性は、お金、商品券、金券、個人カード……)
 あれこれ想像したあげく、
(そうよ、普通郵便じゃなく、書留だから、何かの金券かも……!)
 うれしいナうれしいナ、何かもらえて得しちゃうんだわと、ピョンピョン飛び跳ねたい気分になった。
 ところが――。
 再配達された書留を見て、超ビックリ!
 何と、想像どおり、得しちゃったのである。千円のクオカード1枚が同封されていたのだ。
(わーい、千円得しちゃったわ! うれしいナうれしいナ)
 と、ピョンピョン飛び跳ねる前に、書面へ眼を落としたら、
 ――個人情報流出のお詫び――
 と、書かれている。それでもまだ得しちゃった気分が消えていなかったのは、イプサに会員登録したことは、ないからである。もしかしたら名前と住所の個人情報が、たとえば名簿屋とかから流出して、ノルマを課された社員が利用し、本人が個人登録したことになったのではないかと想像した。
 読み進めるうちに、飛び跳ねたい気分が次第に消失。
 ――この期間中に退会されたお客様にも、お知らせしております――
 ――クレジットカードの不正利用が――
 などと書かれ、
(クレジットの個人情報が流失って、退会されたお客様って……まさか!)
 嫌な予感がした。明記されたその期間に、資生堂のオンライン・ショップを退会している。
 伊勢丹の化粧品フロアの店舗に寄ったことはなく、サイト閲覧もなく、会員登録もしていないイプサって、
(ま、まさか、資生堂の子会社じゃないわよね!)
 千円のクオカード1枚得した気分は、完全に消え、慌ててパソコンに向かった。
 ネット検索して読んだところ――。まさかの悪い想像が当たって、何と、イプサは資生堂の子会社であり販売会社だったのである。
 購入した化粧品はすべて資生堂のネーム表示だった。けれど、書留の書面には、資生堂の文字はどこにもない。メーカーの判断と思うが、イプサから個人情報流出のお詫びの書面とクオカードが郵送され、そのオンライン・ショップも購入商品も資生堂というややこしさ。
(不正利用されたら、大変!)
 人生で初めての経験である被害を実感し、クレジット会社に電話で連絡した。不正利用の可能性の通知が来たと話すと、オンライン・ショップ名を質問された後、担当部署が変わった。停止の手続きですねと、担当者から念を押すように言われたので、事情を話した。クレジット会社では不正利用を絶えず監視し、チェックしていると、以前、報道番組の特集で知ったことを、その担当者から説明された。カードの不正利用に関してと利用停止についての説明もされた。
 他人事と思っていた個人情報流出。調査会社では簡単に調べられるらしい、名前と住所と電話番号の個人情報は流出を防げないと聞いたことがあるが、クレジットカードの個人情報流出なんて私の身には起こらないと、ずっと思い込んでいた。ネット通販は限定してあるし、あちこちに登録してないし、大手だから信用できると、そんなことが理由だが、やはり流失のリスクはあるのだと知った。
『危険がいっぱい』というフランス映画のタイトルを思い出す。インターネットに関する危険をわかっていたはずだが、生きて行くって本当に危険がいっぱいである。


新年のご挨拶

2017年01月01日 | 最近のできごと

1個の電球

2016年12月27日 | 最近のできごと
 今年は電化製品に振り回されることなく終わりそうと思っていたら、そうではなかった。
 電球は、電化製品というより電気製品だろうか。電球は電化製品でなくても、それをセットされる器具は、電化製品と言うらしいから、やはり今年も振り回されてしまったということになる。
 玄関の、ダウンライトの電球である。切れたのではなく、LEDの昼白色に替えることを決めたのだった。
 急に思いついたわけではなく、以前から何となく気になっていて、替えるつもりでいたのである。
 廊下の3箇所のダウンライトがLEDの昼白色、その先にある玄関のダウンライトが、ややオレンジ色の電球色で、統一されていない。4箇所のダウンライトをすべて点灯させるのは、常ではなく、時々だから、そう、しょっちゅう気になっていたというわけではなかった。
(そのうち、あの電球、切れるかも)
(切れたら、他のと同じLED昼白色電球に替えよう)
(見るたび、気になるし、やっぱり替えようっと)
(玄関を出入りする時、昼白色のほうが明るくて気分が一新するわ)
 ついに意を決して、予備のLED昼白色電球を取り出し、踏み台の上に乗って、交換しようとした。
 踏み台に乗るのは慣れている。カーテンレールが標準より高いため、カーテンの洗濯や掃除の時に取りはずすたび、踏み台に乗る。クロゼットの上段や、押し入れの天袋に、物を出し入れする時もだった。
 踏み台の3段目である、一番上に乗って立つと、ちょっぴり怖い。一瞬、誰かに頼んだほうがいいという思いがかすめる。
 すると――。
 その踏み台の上から転落し……という不運な事故は起こらなかったが、何と、玄関のダウンライトの器具に、予備のLED昼白色電球が差し込めないのである。
(えええっ、は、入らない! 入らない! サ、サイズが違う~!)
 踏み台の上に立ったまま、私は焦った。気が動転し、重心を失って転落しそうだった。
 そこで、電球色電球と予備のLED電球を右と左の手で持ち、2つの差し込み口を見て較べてみると、明らかに形もサイズも違うのである! 激しいショックを受けたあまり、またしても踏み台から転落しそうになった。
 今までは、切れた電球を取りはずして店へ持って行き、
「これと同じのを下さい」
 と言って買って来た。けれど、玄関の電球は切れたのではないし、買いに行って帰宅した時に暗いのは嫌なので、電球の上部にプリントされた記号などをメモして行き、家電量販店へ行った。
 店員に、メモ紙を見せ、差し込み口のサイズが合うLED昼白色電球を買いたいと言うと、商品棚を見て探してくれた。パッケージは捨ててしまったため、そのメモには、差し込み口のサイズは書いていない。店員は、記号のメモだけで現物を見てないので、商品棚から、なかなか探せない。
 しばらくして、相談コーナーみたいなテーブル席に案内され、椅子に座ると、テーブルの向こう側で店員が、私の店舗カードで数年前のLED電球の購入履歴を調べ、それから、渡したメモの記号を入力して商品を調べた。
「あ、アマゾン。メーカーのサイトじゃなく、アマゾンで調べるのね」
 覗き込んで言うと、店員が、私に見えやすいような向きにパソコン画面を向けた。
「アマゾンは商品の説明を詳しく書いてありますからね」
「私も、買う目的じゃなく、アマゾンで何かの商品のことを調べる時、よくあるわ」
 そう言って、ちょっぴり、うれしくなった。店員が調べた結果――。
「この電球、差し込み口が、E24です。お客様が2年前に買ったLED電球は、E26です。だから差し込めなかったんです」
 店員がそう言い、差し込み口が『口金E24』のLED昼白色電球60ワットの商品を、商品棚から持って来た。
 それを買って帰宅。翌日、電球色電球をはずし、買って来たLED昼白色電球を、ワクワク気分で差し込んだ。
(ピッタリ、バッチリ、今度こそ……差し込める……差し込めた……点く……えっ、点く……はず……つ、点かない! えええっ、どうして?!)
 器具に差し込めたのに、電球は点灯しないのである。スイッチのOFFとONを、何度繰り返しても、駄目だった。
 メーカーに、問い合わせ電話した。30代か40代の女性担当者が説明してくれたところによると――。
 マンションで断熱材施工されていると、点灯しないが、その器具に対応する別の商品があるということだった。
 数日後、電車に乗って、家電量販店へ交換に行った。点灯しないと言い、メーカーの説明を伝えると、30代に見える女性店員が、商品棚から探して取り出した箱のパッケージを私に見せ、
「ここに、断熱材施工器具対応と表示されてますよね。この電球で大丈夫です」
 そう言ったので、その表示を見て私も確認した。ああ、良かったと安堵した。
「差し込み口のサイズは同じね、24ね」
 念を押した。
「はい、同じです」
 女性店員はパッケージを確認しないで言ったが、最初に見ていたのかもと思った。
 それを買って帰宅。翌日、電球色電球をはずし、LED昼白色電球を差し込んだ。
(今度こそ、バッチリだわ、今度こそ、今度こそ……!)
 今度こそ、という言葉を、人生で何度口にしたことだろうと、ふと思った。
(ピッタリ、バッチリ、今度こそ……えええっ、は、入らない! 入らない! ど、どうして?!)
 泣きたくなった。明らかに、差し込み口のサイズが違うのである! 差し込めなかった予備のLED昼白色電球を取り出し、パッケージを見ると、『口金E26』の表示、買って来た電球も、『口金E26』なのだった。女性店員はパッケージを見て確認しなかったのである。断熱材施工器具対応、だけが頭にあったのだ。
(あれほど何度も、差し込み口のサイズは同じね、口金E24ねと念を押したのに!!)
 憤りで頭の中が熱くなった。最初に、買いたい商品説明の時と、店員が断熱材施工器具対応の表示を見せた時と、箱を受け取ってレジへ行く前と、何と3回も確認したのである。
(だから女性店員て駄目なのよね)
 家電量販店で商品のことを聞く時、私は絶対、男性店員のほうがいい。イケメンなら、なお、いい。
 数日後、電車に乗って、家電量販店へ交換に行った。1週間に3度目の来店。1度目は、用事で外出した帰りだったけれど。
 照明器具コーナーにいた男性店員に、商品を渡し、器具に差し込めないので交換したいと言った。差し込み口のサイズが『口金E24』の電球を、店員が商品棚から探し始めた。男性店員でホッとしたが、電球に関して不信感の塊になっていた私は、自分でも探した。今度こそ、サイズが『口金E24』でLED昼白色電球で断熱材施工器具対応と表示されたパッケージの商品を、買うつもりだった。店員とは言え他人は信用できない、自分の目で確認しなくちゃ、と意気込んでいた。
 ところが――。探しても探しても、商品が、ないのである。店員は商品棚だけでなく倉庫へ探しに行ったが、やはり、ない。『口金E24』でLED昼白色電球で断熱材施工器具対応、その3つが表示された商品を、時間をかけて探しても店にないのである。
 そこで、返品することになった。落胆しながらエスカレーターに乗り、他のフロアで、プリンターのインクなど買って帰宅した。
 結局、現在も、電球色電球のまま。切れたら、はずして近所の店へ持って行って買う予定である。洗面所と浴室とキッチンの天井とシンクのライトは、切れたら、それを持って買いに行く店が近所にある。ただし、居室の蛍光管は、私には無理。交換できない。取りはずすのもセットするのも誰かにしてもらうし、居室の蛍光管は比較的高価なので、近所ではなく家電量販店で買う。すべてLEDだから、当分、交換の必要はない。
(来年は電化製品に振り回されませんように)
 暮れが近づき、そう呟いた。


『都知事定例会見・12月2日』(東京MX)

2016年12月03日 | テレビ番組
『東京MX』が、都知事定例会見の翌日、最初から最後までを再放送しているので、毎週、録画して見ている。
 会見当日は、『ゴゴスマ~GOGO!Smile!』(TBS)を、平日は毎日録画の習慣のため、定例会見の生中継を断片的に見て楽しんでいる。
 その『ゴゴスマ~GOGO!Smile!』でも取り上げていたが、朝日だったかの記者の超アホな質問の時、小池都知事のオリンピック会場見直しについて、「大山鳴動してネズミ一匹。見直しは挫折ということになるのではないか」と言った時には、驚愕、憤慨した。
 小池知事は、「それは失礼なんじゃないですか」と、記者を見つめ、茶目っ気の笑顔で返した後、見直しによって、オリンピック会場整備費削減できたことに触れ、「整備費の削った部分は、今まで見過ごされてきたこと。費用がどんどん膨らむことに、一体、誰が歯止めをかけるのか。IOCか、組織委か。ネズミどころか大きな黒い頭のネズミがいっぱいいることが分かった。そのネズミを今後も追求していきたい」と述べた。
 その回答の言葉は、実に素晴らしいと拍手したくなったほどだった。無礼な言葉を口にした記者に対しての、有能な小池知事らしい回答であり、咄嗟(とっさ)の笑顔なのである。まさに小池知事の言葉が正しい。「失礼なんじゃないですか」と、茶目っ気の笑顔で返すところに、小池知事の魅力と賢さを、つくづく感じた。たとえそれが女の本能の、半ば演技的笑顔であるとしても、無礼さに対する怒りで動揺する並みの人間には、できない表情なのである。
 それに対して、全くの見当違いで、間違っていて、認識不足で、シニカルで、きっとインポで累積フラストレーション男と推測される超々々々々々アホな記者に対して、皮肉も嫌みも言わず返した小池知事は、やはり人間性も政治家としても素晴らしいと証明された会見だった。
 あのウルトラ超アホ記者の股間を蹴飛ばしてやりたい! と憤慨した小池知事ファンは多かったはず。現実にはそんなことはできないから、会見からの帰途、あの無礼千万ウルトラ超アホ記者は考え事かスマホ歩きして電柱に勢い良くぶつかって、おでこに激痛のタンコブ作りますようにと、神様にお祈りしておいた。
 概して、男性という生き物は、有能な女性に嫉妬する。小池知事批判を口にする男性は、小池知事が都知事という際立つ最高ポストにあり、自分より勇気があって精力的で情熱的で、自分よりはるかに行動的で頭脳明晰で有能な女性である小池知事に嫉妬しているように私には感じられる。それは同性への嫉妬より、はるかに強い激しい感情のような気がする。
 今までの税金泥棒怠慢無能都知事たちがしなかった、できなかった改革を、この3か月で10年分のエネルギーを使ったと言うほどパワフルに情熱的にエネルギッシュに取り組んでいる小池都知事を、心から応援したいと思う。