じゅえるぼっくす

昨日、初蝉を聴いた
姿は見えなかったが“ハルゼミ”だと思う
ハルゼミは黒いレースの洋服を着たおしゃれな蝉

ココと竜の里帰り

2017-05-25 | 犬の



こんなところ(トイレの内側のドア)に、ココがいます。





馬もいます。



竜はまだみつかっていませんが家の中に必ず居ます。
見つけます。




ココには時々横浜へ行くように伝えてあります。
お宿が引っ越ししたから行けてないみたい?


竜にも名古屋のママさんが舞ってるよ。って伝えてありますが、
こちらも引っ越しされて住所が代わっています。


でも、あの子達は二匹一緒に知恵を出しあって頑張って辿り着くはず。



二人のママさんへ
ココと竜が辿り着いたら、
ぎゅーって、いっぱいいっぱい抱きしめてあげてください。


そして、必ず↓ここに返してくださいね。(笑)



ココと竜は、フクロウの親子が見守ってくれています。



ふふふ、大丈夫気は確かです。たぶん…





コメント
広告を非表示にするには?

幸せの…

2017-05-23 | イベント
過日(4月16日)幸せの国ブータン展へ行きました。




現在、上野の森美術館で開催されている「ブータン展」(5月21日~7月18日)は東京の前に山梨で開催されていました。
以前から興味のあったブータンの催しが山梨で観られると知って甲府の先まで行ってきました。


一部写真撮影禁止のブースがあったのですが全体的には撮影が許されていましたので撮ってきました。
視力が低下している(プレビュー画面が見えないので勘だけでシャッターを押しています)のと、室内撮影という事であまりよく撮れていませんが載せてみます。









いきなりカラフルで個性?豊かなお面が出迎えてくれました。









ところどころに「幸せに生きるためのヒント」が載せられています。







装飾品や宝飾品生活必需品などの展示もありましたが、私が興味を惹かれたのは織物と着るものでした。






織物の素材は、綿、シルク、ウール、ヤクの毛などが使われているそうです。
ヤクの毛の織物は水を通しにくい撥水性に優れているそうです。

















国王の衣装




日本の着物にそっくりです。






ラフでシンプルなデザインです。
ラフでシンプルなまとい物はブータンの人々の生き方その物の様な気がします。




コメント (2)

横浜デート

2017-05-16 | ふぁみりーの
高速バスに乗り東京(最終目的地は横浜)へ行ってきました。


集中工事の中央道は大渋滞で予定より1時間半オーバー
帰りのバスの予約をして、東京で野暮用を1つこなし、湘南新宿ラインで横浜へ。


私の相手をしてくれたのは息子。

時間が勿体ないので駅の改札で待ち合わせてファミレスへGO!
何処にもいかず同じファミレスで約3時間、近況と昔話とこれからの事など話しました。
息子とこんなにゆっくり話したのは初めてかもしれない。


いや~嬉しかったです!!!

娘もいいらしいけど、息子もいいもんです。


ココと竜の話を黙って聞いてくれました。
身体の事を気遣ってもくれました。

ありがとう~~

薬よりも注射よりも元気になれる気がします。

特別何かに秀でている訳ではない普通の子ですが、
優しさと思いやりを持って必死に生きている私に似た子。
私の宝で、自慢の息子です!


時々でいいから、たま~にでいいから、またデートしてください。

コメント (6)

そうちゃんのおとうと

2017-05-13 | ふぁみりーの


4月4日にそうちゃんの弟が生まれました。




もう直ぐ3歳になるそうちゃんと弟の樹祐ちゃん(生後3週間)です



お兄ちゃんになったそうちゃんの嬉し恥ずかしの笑顔です。(かわいいよ~~~~)


ちょっと見ない間にそうちゃんが随分と大人になっていてビックリ。



お嫁ちゃんのむっちゃん、さぞかし大変だろうと思っていたら、
二人目になると余裕なのでしょうか、すでに北杜行きを計画しているそうで、
皆に会えるのをとても楽しみにしているジーとバーです。



※PCがずーと不調でメールも不調で写真の取り込みも出来なくて、
 しょっちゅうフリーズしたり文字化けしたりでやっとこさUP出来た写真です。




 
コメント (2)

貧血からの…

2017-05-07 | 病気と健康
ご無沙汰してしまいました。
皆様お元気でしたか。
ムギもルイもそれなりに元気にしています。


久しぶりのブログで、何から書いていいのやら…
あまり思い出したくないのですが、
病気の事を書かなければ…
これを越えなければ先に進めない厳しい関所、頑張って書きます。
文章が纏まらなくて不安です。
辻褄が合わなかったり、文脈が繋がらなかったり、可笑しなことがあっても、大きな気持ちで見守ってください。



いろんなことがありました。

自分の身体の事を何よりも優先して過ごしました。


体調不良の原因は貧血からくる「亜鉛及びビタミンB12欠乏症」という事でした。


貧血は、胃のポリープ除去時の後遺症と偏食によるMCV、MCH、MCHCの不足から起こった事でした。



事の起りは喘息ですが、ここまで酷くなったのは自分自身の我儘と無知からでした。


喘息で、固形物が喉を通り難くなり、
喉通りのいいものばかりを好んで食べているうちに極端な偏食に陥っていたようです。。

その結果、亜鉛不足により味覚障害に。
味覚障害から食欲不振、栄養バランスの崩壊と進み“ビタミンB12欠乏症”
数値的には問題になるような大きなものではなかったため、
原因が特定されるまでに時間が掛かりました。



体調不良は飲んでいた薬の副作用と勝手に思い込みひたすら我慢の日々。
精神的にも右往左往&上がったり下がったり。


不眠症になった私に、診療所の先生は2種類の精神安定剤(計7錠/日)を処方してくれました。
貧血でフラフラなのに安定剤で更にフラフラ。

※後で分ったことだが「ダメよこの薬をこんなに多く飲んじゃ!」(お薬手帳を見た主治医の言葉)


実はあの日も…
7錠の薬を飲んで…

竜を抱き上げて始めて足腰立たない自分に気が付いたのです。

診療所の医師のせいにするつもりは毛頭ありませんが、
医師にこれを飲めと言われたら万難を排して飲むタイプの私。

私に貧血が無かったら、精神安定剤を飲まなかったら、竜はまだ私の傍にいた筈です。

悪いのは私です。
竜ちゃん、ごめんなさい。
馬鹿な飼い主を許してください

君には一生詫びていきます。


りゅうちゃん
そちらはどうですか?
ほっさはおさまりましたか?
おだやかにまいにちがすごせていますか?
ココちゃんとなかよくね。




筋肉注射と投薬でまず味覚障害が治りました。

食事が美味しく頂けることで偏食がなおり、
食物から亜鉛とビタミンB12を摂取する事が出来るようになって、
数々の不気味な症状が徐々に改善していきました。

口内炎、吐き気、めまい、震え、胃痛、不安、悪夢、は改善しています。


両手の痺れ、頸椎の痺れ、動悸と不整脈、不眠症、視力の低下は高停まりしたまま。
これらは一生抱えて行くのかな~?



痺れて思う様に動かなかった指先、下手くそなりにも字が書けるようになってきました。
キャベツの千切りはまだぶっといです。
ピンセットはまだ上手に使えませんが、ハサミは大丈夫。


喘息は薬と吸入を続けているので治まったまま出てきませんでした。




長期欠勤をして会社に迷惑を掛けてしまった。
もうこれ以上迷惑は掛けられない。

辞めて一区切りつけよう、代わりに新しい人を見つけて貰おうと思いボスに挨拶に行きました。

短期間で激やせしてしまった私を見るなり
「あなたねぇー、辞めちゃダメ!」
「精神的にも肉体的にも今よりもっと辛くなります。」
「元気になるまでずーと待ちますよ。」
「仕事も今迄より軽くするよう皆に指示します。」
「リハビリだと思って仕事やればいいです。」
「体調のいい時だけ1時間でも2時間でもいいから出てきなさい。」って。

こんな事を言われて断る理由はどこにもなかった。

それから2週間後に仕事復帰しました。
1日2時間、週3日 
軽い仕事なのに更に配慮してくれて、オジサンズも大事にしてくれます。
ありがたいです!


病院の先生方に感謝!
筋トレのコーチに感謝!
ボスに感謝!
オジサンズに感謝!
友達に感謝!
いつもブログを覗いてくださる皆様に励まされています。大感謝です!
ありがとうございました。





辛かった~。

いや、まだ完治して「いません。
が、
これ以上悪化するという事は無いと思います。


病気になってから良かった事がもう一つあります。
それは、オヤジが主人になったことでした。
パワハラはなくなり優しい普通の人になりました。
この優しさがいつまで続くか戦々恐々ですが、
今はしっかり私を支えてくれています。

だから、主人にも感謝です!



長文を最期まで読んで頂きありがとうございました。






コメント (6)

回復中

2017-04-05 | 病気と健康

身体が回復を始めました。


食欲が出てきて体重が少し(約500g)増加。

休んでいた筋トレを再開、
ハウスの整理や家の外回りの事などしています。




自分の身体の事だけ考えて過ごしていました。


もう大丈夫! じゃないかと思います。



ご心配をお掛けしてすみませんでした。





コメント (8)

わからない

2017-03-31 | 病気と健康

脳と頸椎のMRIは異常ありませんでした。



が、


私の体調は最悪です。


複数の先生が係わって原因追及をしてくださっています。



詳しく説明しようと思っているのですが今は無理です。
いつか書ける日が来ると思いますが,

今は備忘録として残しています。



暫くの間、ブログ更新できないかもしれません。





コメント

一つクリア

2017-03-28 | 病気と健康

ただ今激やせ中の私。
86歳ぐらいにしか見えませんヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ



大腸の内視鏡検査をしました。


結果は 異状なし でした。
小さなポリープはあるが問題ないという事でホッとしました。


貧血が酷い事と、兄が大腸癌で亡くなっているという事で「もしや…?」
(※大腸がんは遺伝によることも多いそうです。)


大変な検査でしたがやってよかったと思います。

大腸を隅から隅まで眺め、
頑張っている身体が愛おしくなり、


大事にしなきゃと改めて思ったのでした。



明後日からは、脳と頸椎、心電図…etc の検査です。



今日は竜が付き添ってくれました。 ま、ほとんど寝てましたが…(2009/5/8)








コメント

奇跡の優勝

2017-03-26 | スポーツ




稀勢の里、凄いですね~!


優勝おめでとう!



記憶にも記録にも残る大優勝。

90%あり得ないと思える優勝でした。





対戦相手の照ノ富士も、
(長い間)膝に大きな爆弾を抱えて…それでも休まず土俵に上がり続けている人です。



彼も強いです!
よく頑張ったと思います。





根性と我慢の世界…分からなくはないのですが、
無理しないで休んで治して欲しいと思うのです。



今場所豪栄道が早いうちに休場してくれてホッとしました。


ま、今日は面倒くさい事をガタガタ言わないで素直に、
「いい相撲をありがとう」と頑張った人たちにお礼を言いたいと思います。




私の部屋の入口には、田子ノ浦の親方からのプレミアム物の番付表が貼ってあります。
ま、私はボスに貰ったんですけどね。

コメント

誕生日

2017-03-25 | その他

雪が積もっています。
雪は予想外でした。








今日は私の 86歳 68歳の誕生日です。



68年も生きてきたのですね。

なんか大げさですけど、うれしくて自分に「おめでとう}を言いました。



大変な1年でしたが、無事乗り越えられ正直嬉しいです。




これからの1年が私にとっての正念場になります。

無事乗り超えて、



来年の誕生日も自分に「おめでとう」を言いたいと思います。










コメント (2)

長岡(新潟)に行ってきました。

2017-03-20 | イベント

何年振りかで“越後丘陵公園(長岡)”の『雪割草まつり』に行ってきました。



「今年行っとかないと、来年があるとは限らないし」

行ける時に行っとこうかな〜って、
無理やり休みを貰って出掛けました。




初めての新潟ー山梨の旅。
通る道は全部一度も通ったことのない道で、かなり緊張したのですが、
約3時間と30分、渋滞も混雑もなくスンナリ行き着いてホッでした。



みなさんにとてもお世話になり3日間を楽しく過ごしてきました。
みなさんありがとうございました。
また会えたらワイワイ混ぜてくださいませ。



目的は沢山あったのですが一番は雪割草祭り。

国際雪割草協会主催の「雪割草まつり」は、たくさんの来客者で賑わっていました。











































































































もう一つの楽しみは雪割草仙人の農場見学です。

農場の周りのお山にはたくさんの山野草が自生していて目の保養をさせて頂きました。

写真は後日載せまする〜しばらくお待ちください。


※重複掲載しているものがあると思います。スミマセ~ン。
 
 






コメント (2)

久しぶりの散歩

2017-03-14 | どうでもいい話


ずーと、咳が止まらなかったりして、
美容院は敬遠していて髪は伸ばし放題で帽子を被って誤魔化してましたが、



火曜日なのに開いている美容院に久しぶりに予約入れて貰いました。

ちょっと切り過ぎぐらいに短くて、でも顔に髪が当たらなくてサッパリといい感じです。




あ~あ、せっかくの休みなのにオヤジの用事で振り回されて1日潰れてしまいました。


私にとっては貴重な時間なのにオヤジは、
サウジの国王並みに当たり前のよういあ~だこ~だいいつけます。


サウジか…



八ヶ岳をココと竜とトコトコ散歩してきます。










コメント

うちの雪子たち

2017-03-11 | 雪割草の

なんと!うちにも雪割草があります。

でもまだ1個も咲いていません。




nakayukiさんから種をもらって丸2年。
3年目に突入いたしました。


種は、nakayukiさんに頂いたものを私が蒔きました。

ワンポット10粒づつピンセットで並べていく楽しいものでした。





去年蒔いたのにも小さな芽が出ました。








2年目の物はこんなになりました!




実は、大きな開花株もたくさん頂いたのですが、全部(1つ残らず)枯らしてしまいました。


何かいい方法があったのでしょうが、大雪の降った寒い日を境にあっという間に枯れてしまいました。








夜だけ段ボールに入れてもダメでした。
温かい布を被せても効果はありませんでした。




「いいよ、いいよ、仕方ないよ」と、nakayukiさんは太っ腹ですが…
種から芽を出した八ヶ岳生まれの雪子が、
いつか咲いてくれることを夢に見ながら-15度を一緒に生きぬいています。






今年の秋は、時間が無くてビオラを地面に植え付ける時期を逃してしまって、





天気のいい日は、デッキに並べて太陽に当て、
夜はハウスの中に取り込んで防寒シートを被せるという作業を毎日してました。







それは、ビオラだけではなく、雪割草とオルレア、種から蒔いたクリスマスローズ、
千葉から届いた花苗など全てです。
















体調の悪い私には、転んだり滑ったりしながらも、リハビリ効果もあって何とか乗り越えました。

大事な花達を保護しながら厳しい冬を乗り越え、ようやくほかほかな春を迎えました。






花はまだです。
移植も定植もまだです。



いつか必ず咲くものと信じて春を待っています。


立派な花じゃなくていいのです。
綺麗な花じゃなくていいのです。


八ヶ岳発の雪割草、新潟に繋がる八ヶ岳の雪割草を是非咲かせてみたいのです。


nakayukiさん…これからですので宜しくお頼み申します。



コメント (2)

2017- 上野の雪割草展(その他約100枚)

2017-03-08 | イベント
2017/2/24 続・2017-上野の雪割草展








2017/2/14 


ぼんやりでも、雪割草のシルエットが分かりましたでしょうか?

UPしてみるとボケボケがはっきりしますね。
カードの中のはもっとピンとしてます。(大嘘)





来年も写真が撮れるかどうか?
カメラが持てるかどうか?

これからどうなるか?明日の事は誰にもわからないのね。
ましてや来年の事なんて…なので、残りも載せます。


取り込みがダブってしまった物があったりしてます。
同じ物が何枚も出てきたらごめんなさい。
































































































































































































































































コメント

2017-上野の雪割草展(取りあえず約100枚)

2017-03-04 | イベント

2017/2/24 上野で雪割草の写真を撮ってきました。









今更ですが、こういう写真は載せてもいいものかどうか…

花は、全て他人のもので、私の物は1個もありません。

著作権はといえば・・・_???






撮ったのは私です。
会場係の方に許可を戴いています。




でも、…過去にどんだけ載せちゃってるんだか?
(すでに20年も前から手遅れ状態なんですけどね)

ダメなら過去ログも含めてすべて削除しますのでご意見を頂ければありがたいです。






なお、指先と背面のシビレと浮腫みが酷くてピントキレキレ写真が撮れません。
ババには軽いコンデジさえも長く持てません。

手当たり次第にシャッターを押して比較的ピントが合っていそうなものを載せましたが、

他人に厳しく自分に甘いド素人、最近視力も悪くなってきて、
写真のお好きな方には迷惑なお話かと思います。お許しくださいませ。


って、ことで取りあえず約100載せてみます。。(全部で200枚ぐらいあります^^;)






























































































































































































コメント