風と光と空の詩(うた)

~風になって、光になって、遠い空のかなたにいる貴方に届け~

ドラマ「べっぴんさん」が伝える手仕事の大切さ

2016-11-08 08:26:05 | テレビ番組
テーマは女性の社会参加の重要性かとも思うが‥‥。

それはそれとして、ドラマの中で主人公たちが一心に針を動かすシーンを見ていると、

手仕事の良さが伝わってくる。

老眼になってから縫い物や編み物やデコパージュから遠ざかっているけど、私も手仕事

は好きである。

今年は22年ぶりくらいで編み物をしようって思っている。

実は22年前の今頃私は自分のセーターを編んでいた。

そして‥‥夫が突然死んだ。

セーターは途中のまま編む時間がなくなってそのままになった。




今年、久々ロピーセーターを編もうと思う。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホがあれれ? | トップ | 来年も忙しそうだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む