キララの鯉釣り日誌

滋賀北部周辺で毎週鯉を狙っています。最近は、寝てもさめても鯉釣りばかりのかなり重症患者です。

ダメかと思った・・・

2017-05-14 18:34:03 | Weblog
現在、5月14日(日曜日) 午後2時だ。

???・・・今週は釣りに行かなかったのか?って。
いえいえ、ちゃ~んと行きましたよ。
それどころか、今も進行形ですよ。

そうなのである。
前回と同じく、釣り場にパソコンを持ち出して、釣りながらブログをしたためているわけだ。
これって、ツイッターみたいだな・・・
暑いくらいのお天気ですNOW・・・って書けばいいのかな?
なら、最初からブログなんぞやるなって?
それもそうだ。

で、今日はどうなんだ?
釣れてるのかって?

釣れてりゃ、のんびりブログ書いているはずがない・・・

【いつもの月出ワンド、万里の長城のはじっこ狙い。赤いバンダナは「バサーよけ?」】


今朝は早朝5時から、ここ数年来、春限定で竿を出している奥琵琶湖は月出のワンドだ。
例年この時期にはいい釣りができる、おなじみの場所だ。
岸から50メートル沖合に浮き漁礁があり、手前にはそれを固定する長大なアンカーと無数のロープが交錯する、なかなかきびしいポイントだ。

掛けても取れないことも多い。
取り込みの難しさでは、先週の山陰地方の池と双璧をなす。

・・・まぁ、アタればのお話ではあるが・・・

だって、昨年はこのシーズンに2回攻めて、どちらも完全ボウズだったもんなぁ・・・


昨日の荒れ模様の天候から一転して、今日はさわやかかつ穏やかな一日らしい。
まぁ、のんびりするか・・・

【このワンドはバサーが特に多い】


あいかわらず、バサーが多い。
ボート・フローター・おかっぱり・・・何でもありだ。
水上から岸の竿は発見しづらいようなので、今日はロッドポッドに赤い布をつけてみた。
おまけに、Tシャツも真っ赤だし。
しかしこれは、いい歳をしてチョット恥ずかしい気もする。
もうあと数年で「赤いチャンチャンコ」を着る年なのにね・・・

そういえば、バサーというのは面白いもので、大きなボートに乗っている人ほどマナーがいい。
マナーの順序でいくと
バスボート>アルミボート>ゴムボート>フローター
みたいな感じかな。
・・・このお話し、以前もしたっけかな?
最近の物忘れの激しさは、恐ろしいほどなので、どうか皆さんご容赦を・・・

・・・相変わらず、釣りの核心部分を巧妙に避けて、周辺部分のお話しばかりだな・・・
何となくわかるでしょ・・・

そう、全然釣れていないのだよ・・・トホホなのだよ・・・

朝から、フナが時折りアラームを鳴らすも、ラインが出ていくようなアタリは一切無し。
この時点でボウズ色が極めて濃厚なのだよ・・・

浮き漁礁の中では数回鯉とおぼしきハネもあったのだが、食ってはこない。
最初に書いたように、今日は快晴で風も弱い。

こうなると、クリアウオーター+水深3メートル+バスボートがプカプカのこのポイントは難しい。
過去には、このような状況で食ってきたこともあったが・・・今日はほんとにヤバイぜ・・・

水温も17度と適温になっている。
これも、あまりうれしくはない。
先日もお話ししたように。このポイントのように他より水温の上がりの早い場所では、もう少し低めの時期のほうが、その効果を十分に発揮すると思う。
「あ~っ、まだ寒いやっ。一番早くあったかくなる、あのワンドへみんな集合!」みたいなのを期待しているわけだ。

まぁ、仕方がない。
あと3時間だけがんばろう。
そして次週に向けて、帰りにフィーディングに行ってこよう。

候補は2~3ケ所・・・どこにするか・・・あ~ん、なやましいぜっ!

今日のボウズはいたしかたないとしても、次週もボウズは許されないしな。
なんとかしなきゃ・・・

あいかわらず、仕事以上に前向きだなぁ・・・

【新しいバイトアラーム、今までのサンドリッジとほぼ同型、発信機4台とセットで6200円とお買い得?、距離も150m以上は大丈夫】


現在、同日の午後6時である。
先ほど帰宅して、ブログの続きを打ち始めた。

・・・えっ?ブログはさっきのでもう終わってるんじゃないのか、って?

フッフッフッ・・・そう思っていた午後3時過ぎ、待望のアタリがあったのだよ。

少しずつラインが出はじめた竿をあわててつかむ。
そして竿を立てるのと同時に後ろの土手に向かって後ずさりする。
片手で竿をもって、腰を落として、まるで綱引きのように。

この時点では大きいか小さいかさえわからない。
とにかく、ロープと万里の長城の危険地帯から鯉をひきはがす。

うまくいったようだ。
このように、ここでは最初の10秒間でおおよその勝負の行方が見えてくる。
決して鯉に先手を取られてはいけない。
とにかく鯉が走り出す前に手前に引きずり出してしまう。

安全地帯に出てきてからのやりとりもスリリングだった。
でもフックはワイドゲイプの4番に大きくしたし、ラインはフロロの20LBを巻き替えたばかりだし、かなりの無理は効く。

そして無事ネットに入ったのは、90台後半の大型だった。

これはうれしい。
素直にうれしい。
つい先ほどまで「今日は釣れそうもない」なんて本気で思っていたのに・・・


【この時期にしてはスリムだが、きれいな鯉だった】



ところで、この「リアルタイムブログ?」は、なかなかおもしろいな。
後付けの理屈が通用しないもんな。
「今日は〇〇だからダメだった」みたいに終わってから言うこととかね。

また、ちょくちょくトライするから、みんな楽しみに待っててね。

それでは次回までごきげんよう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW遠征は楽し・・・ | トップ | 帰り際の魔術師・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む