キララの鯉釣り日誌

滋賀北部周辺で毎週鯉を狙っています。最近は、寝てもさめても鯉釣りばかりのかなり重症患者です。

もうすぐ夏なのに・・・

2017-07-17 18:14:18 | Weblog
さぁ、久しぶりの三連休だ。
先週のさんざんな結果に落ち込んでる場合ではない。

今週こそはやってやるぜぃ!・・・・のはずなのだが・・・

先週と同じ「鉄柱ポイント」へ竿を出したのは7月15日(土)の夜明け前だ。
鯉の気配はないが、なんだか「いい感じ」である。
てなことばかり言って、ここのところずーっとボウズなんたけどね。

今日は、1本はスノーマンにして、もう片方はポップアップシングルにしてみた。
カンのするどいアナタは、もうお気づきだろう。
そう、先週ご紹介した「お好み焼きポップアップ」だ。
このポップアップのその後の顛末については、またあとでね。

【釣れそうな雰囲気なのだが・・・】


アタらない。
このポイントにはすでに二週連続でフィーディングをしてある。
鯉が回遊してきているとすれば、ここにエサがあることは知っているはずだ。
・・・来ていないのかな・・・・だんだん不安になる。

そんな不安を抱えたまま、午後4時の納竿時刻を迎える。
今日のボウズはイタイが、まぁ仕方がない。

相変わらず今日も釣れているのは東側の1ケ所のようだ。
このように、1ケ所のポイントでしか釣果が無いといったようなことは、余呉湖においていままで一度も経験していない。
釣れるときはまんべんなく釣れるが、ダメなときは誰が何をやってもダメみたいなことがほとんどだ。
不思議だなぁ…何がおきているのかしら・・・
従来だと、誰かが大型を釣ったポイントは、続けて釣れることが少ないので、わざと避けていたのに、今回ばかりは違うようだ。
かれこれ15年間、余呉湖に通いつめているが、こんなことは初めてだ。

帰りにMさん夫妻とNさんとでいつものようにムダ話をする。
僕の「お好み焼きポップアップ」を見せたら、これはお好み焼きではなくて「タコ焼き」だと笑っている。
確かに・・・特にポップアップとボトムベイツを組み合わせた「50/50」などは、ソースがぬられたタコ焼きそのものである。
こらこら、ボイリーに松の葉を爪楊枝のように刺してタコ焼きっぽさを演出するのはヤメなさい。


翌16日(日曜日)は朝からボイリー作りだ。
いつもの「うどん蒸しボイリー」を作ったついでに「タコ焼きポップアップ」の改良を試みた。
前回は、お好み焼きの素にコーングリッツを混ぜたが、お好み焼きの素だけにすれば、さらに「立派なポップアップ」になるのでは・・・と考えた。
・・・・が、ボウズ続きの時には何をやってもだめだ。
できあがったのは、「明石焼き」みたいなフワフワしたもの。
えっ?明石焼きってなんだって?
僕もよく知らないが、タコ焼きのフワフワバージョンみたいなもの。
試しに水に放り込むと、わずか5分で倍のピンポン玉くらいになった。
だめだ、こりゃ・・・
どうやら、お好み焼きの粉だけではフワフワになりすぎるようだ。
次回は小麦粉と混ぜてやろうか‥‥

【冷凍保存の必要が無くなって、作りためることが可能になった。全部で8キロ】


【フワフワして、本当においしそう】



そんなことはともかく、三連休の最終日も余呉湖へ出撃だ。
2日前の釣行の帰りには300グラムほどフィーディングしてある。

夜明け前、いつものように起きだすと・・・土砂降りの雨だった。
防災無線が「土砂災害注意情報」(だったかな)が発令されたと言っている。

あきらめて一旦ベッドに戻るが、やはり気になって仕方がない。
午後には天候も回復するようだ。
え~い、行っちゃえ!

そして現在、午前8時
そうなのだ。
今日もパソコンを釣り場に持ち込んでの「リアルタイムブログ」だ。

天候は落ち着かない。
強い雨が5分ほど降ったかと思えば、ピタリと止まる・・・そんなことの繰り返しだ。
このように天候が安定しない時はあまり釣れない気がするな・・・雨のあと、数日間水が安定してからのほうが僕はすきだな・・・・

えっ?どっちみち釣れてないんだから、変わんないだろうって?
そういう皮肉を言わないの!
今日こそはガツンと一発を狙うの!
先月の父の日に息子がプレゼントしてくれたサントリー「山崎」も、例年どおりメーター釣らないと飲ませてもらえないしね。

【二日目の風景。午前中は大雨にたたられた】


ただ今、午後6時
場所、自宅
あ~あ・・・結局今日も何にもなかった・・・
この時期にこれだけボウズが連続するのは2年前の絶不調の時と同じだ。
ただ、Mさんたちは北の浅場で2本あげているので、1ケ所でしか食わないわけではなさそうだ。
パラパラと釣れてはいる。

ただ、連続して入った今回の「鉄柱ポイント」はダメだったなぁ。
まったく魚の気配がなかったもんなぁ。

仕方がない。
今回のポイントはあきらめよう。
次回からはいつもの西側のポイントにしよう。
釣れるかどうかはわからない。
もちろん釣れない確率のほうがたかい。

今日もみんなで話しをしていたが、釣れる確率は週末2泊で入って、3組に1組が釣れるくらいか。
まぁ、最近の余呉湖はそんなものなので、驚くには値しないが、いずれにしてもきびしいねぇ。

さっ!
今日の雷雨をトリガーにこのあたりも梅雨明けだろう。
いよいよ余呉湖の夏がやってくる。
一年のうちでピークを迎える・・・と考えているのはオレだけか?

6月からの不調を吹き飛ばしてやるぜぃ!

・・・と、あいかわらずカラ元気のキララである。

でもね、次回は本当に釣れますゼ・・・根拠はないけどネ。

根拠はないけど、自信はありますゼ・・・なぜだかネ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あらたなボイリーが・・・ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む