to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

毎日かあさん

2011-02-10 01:04:18 | the cinema (マ・ヤ行)
泣いてるヒマがあったら、笑おう。
製作年度 2011年
上映時間 114分
原作 西原理恵子
脚本 真辺克彦
監督 小林聖太郎
音楽 周防義和
主題歌 木村充揮 『ケサラ~CHE SARA~』
出演 小泉今日子/永瀬正敏/矢部光祐/小西舞優/正司照枝/古田新太/大森南朋/田畑智子/鈴木砂羽/柴田理恵/北斗晶/安藤玉恵
二人の子育てに仕事にと忙しい日々を、持ち前のたくましさで乗り切る漫画家のサイバラ(小泉今日子)。元戦場カメラマンの夫(永瀬正敏)は戦場でのトラウマのせいでアルコールにおぼれ、二人は離婚することになる。大切な家族を失い、アルコール依存症と闘う夫だったが、今度はガンが見つかり……。

正直に言えば、こういう「アルコール依存症」とか「鬱病」とかを扱った作品は苦手です。
なぜなら、どうしたって、私には到底本当には理解できないから・・・

でも、これは良かったです。
これまでの小泉さんの出演作の中で、一番好きかも知れない


おかあさんの一番好きな色は2番目に遠い海の色。黒みたいな青。
「海の水はどこからくるの?」「この前遊んだ川の水も、この海に繋がってるんだよー」
そして久しぶりに会ったお父さんは、海の傍の病院にいたから。
「おとしゃんにあいたい」というフミを連れてブンジはビニールプールを川に浮かべる。――

そんな、ちょっと心配になるくらい、大らかでハチャメチャな家族の日常。
面白いこどもたちに、包容力のあるかあさんと過ごす、こどものままのアルコール依存症の父の物語。



どこから見つけてきたの~?といいたくなる子役の二人
その子供たちを本当に甘えさせ、ステキな演技を引き出す、キョンキョンと永瀬さん、更にはスタッフ陣。
もちろん、そのお二人も、明るい中にも苦しい胸のうちを覗かせる演技に、
暫らくはなんともいえない余韻が残り、胸の中でしくしくと泣きたいエンディングまで釘付けでした。

そのエンディング。劇中、夫・永瀬さんが撮ったと思われるモノクロの家族の写真と、
鴨志田さんが戦場で撮られた実際の写真をバックに流れる、
木村充揮さんの歌う「ケサラ~CHE SARA~」は最高でした!!
上手くは説明できないのですが、この作品の余韻と、
この、人生を噛締める歌声で、ちょっと涙が止りませんでした。

そして壮絶なまでの役作りをして見事になりきって演じられた永瀬さんのダメ夫っぷりも凄い。
このカモシダさんの人生をみて、唐突に"善人は若死にをする"という文句が浮かびました。
自身も、苦しみも幸せも、味わい、学び・・・
サイバラに子供というかけがえのないものを残し、ありがとうをいう為に彼は生きて、天国の門を開けてもらったのだとそんな気がしたのです。

なにか、、上手く言えないので、
先日初日舞台挨拶の時の小泉さんのコメントを紹介しておきます。
お母さんたち、子供たち、
そして人間みんなを応援する映画に出来たらいいなと思って頑張りました


ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「豆富小僧」続報!! | トップ | 恭子ちゃん、映画情報♪ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真摯に~ (cyaz)
2011-02-10 12:39:31
kiraさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございました
コメント、ちとご無沙汰ですみません
“子は鎹”と言いますが、この二人の自然な演技に、
もしかして、永瀬&キョンキョンに子供がいたとしたら、
離婚はなかったかなぁ・・・なんて(笑)
この映画を通して西原氏の今までの作品が、
こういった生活の中から生れたのだと思ったら、
もう少し真摯に観ておくべきでした(反省)
cyazさん* (kira)
2011-02-10 19:47:36
ぃえぃえ、こちらこそ、
しょっちゅうお邪魔している割に、いつも読み逃げ、
TBしっ放しで、余裕がなさ過ぎ~σ(^_^;)

>もしかして、永瀬&キョンキョンに子供がいたとしたら、
離婚はなかったかなぁ・・・なんて
ホント、そう思ってしまうくらい、二人は役に嵌っていましたよね~
さらっと描かれていましたが、それでも、やっぱり西原さんの人生を感じさせる、
懐の深さというか、アニキ度というかを現していた作品でしたね~。
幸せのカタチは、人の数だけある、と、
なんか教えられたような気がします。
おー! (rose_chocolat)
2011-02-11 06:26:19
よく読むと小泉さんの舞台挨拶だったんですね~。
これは「かあさん」色が前面でしたから、世の女性には人気出ると思いました。
実際お客さんの入りもいいみたいですね。
rose_chocolatさん* (kira)
2011-02-12 13:50:27
そうなんですよ(笑)
この小泉さんのコメントに、作り手側の心意気があり、
それが伝わった内容だったと思いました。
「酔いがさめたら~」はカモシダ夫目線だったんですね?
DVDを楽しみにしたいと思います♪
ご家族。 (BC)
2011-02-12 21:50:59
kiraさん、こちらにも♪

>「海の水はどこからくるの?」「この前遊んだ川の水も、この海に繋がってるんだよー」

お母さんは“家族は心でつながっている”という事を子供達に伝えたかったんだろうけど、
それを真に受けてしまって本当に会いに行こうとしてしまうのは
まだ幼い子供ならではの素直で純粋な発想なのでしょうね。

微笑ましかったりせつなかったり、悲喜こもごもなご家族だったけど、
どんな事が起きてもギスギスしていないのが良かったです。
悪人が一人もいなくて心が洗われるような良い作品でしたね。(*^-^*
BCさん~* (kira)
2011-02-13 18:59:19
懐の深さを感じさせるサイバラかあさんと、
いつまでも子供のような、繊細さと大胆さを持つカモシダ夫、
さすがにこの二人の子供!と思わせる超~個性的な兄妹~。

そして、いい時も悪い時も、この家族の傍にいる同じ匂いがしような(笑)家族たちの存在~
仰るように、悪い人はだれもいなかったですね♪
人生は厳しいばかりではない、と思える、
西原氏の「幸せのレベルを下げて・・」が伝わってくる作品でした
ここ! (sakurai)
2011-02-27 21:02:02
>どこから見つけてきたの~?といいたくなる子役の二人
ほんとにこの子供たちにすべて脱帽!でした。フミちゃんにやられた。
あたしは、映画的にはそんなに絶賛!というほどのもんではなかったのですが、子供たちの素直さにすっかりやられれました。
「酔いがさめたら家に帰ろう」を今ん所待ってます。
sakuraiさん* (kira)
2011-03-01 02:10:09
本当にあの二人のキャラは、
オトナにイジラレてできたものじゃない面白さがありましたね♪
作品として云々というより、ヒトとして、
家族とか社会とかの関わり方、、みたいなものを見せられたなあ・・・と、
上手く言えないのですが、しあわせなかぞく、でしたよね?
Unknown (Unknown)
2011-03-07 18:30:26
兄弟でおとしゃんに会いに行くため川にベビープールを浮かべて進む姿に、
映画「トロッコ」での台湾に行った幼い兄弟が日本を目指して森深くへ進むシーンがダブって見えました。
こうした子供の健気な姿には、どうしても心グラグラとさせられてしまいます。
ともあれ、とても誠実で心に残る映画でした。
すいません (nikidasu)
2011-03-07 18:32:17
↑ 名前とタイトルを入れるのを忘れました。
nikidasuさん* (kira)
2011-03-08 01:13:11
最初、あのベビープールの意味が解らなかったんですよ~。
で、気がついてからはもうドキドキするやらキュンキュンするやら・・
「トロッコ」も、そうなんですね~。粗筋はしっていましたが、
見逃しています。
一見さっぱりした作風ですが、観終わってみると、
かなり深読みさせるタイプの作品だったと思います。
nikidasuさんのところで「ケサラ~CHE SARA~」を聴いて、朝から涙目でした
こんばんは! (ボー)
2011-03-21 21:48:33
西原さんって、ほんとにああいう方…なのでしょうね? 

子役に自然な家族の演技をさせるって、やはり、親役の俳優のリードが大事だと思うので、さすが小泉さん!とファンらしい「ひいき」をしたいと思います。
毎日おかしゃん。
ボーさん* (kira)
2011-03-21 22:21:56
>西原さんって、ほんとにああいう方…なのでしょうね?
おそらく!!

舞台挨拶で、「年の功・・」とか言ってたみたいですが(笑)
子供がいなくても、母親の役目は出来るわ~みたいなキョンキョン、
相変わらず潔くて、凛々しいオンナって感じでしたが、
彼女の理解と、長瀬さんの演技は本当に息が合っていましたね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『毎日かあさん』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「毎日かあさん」□監督 小林聖太郎 □脚本 真辺克彦□原作 西原理恵子 □キャスト 小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝、古田新太、大森南朋、田畑智子、光石 研、鈴木砂羽、柴田理恵、北斗 晶、安藤玉恵、遠山...
映画 「毎日かあさん」 (ようこそMr.G)
映画 「毎日かあさん」
毎日かあさん (あーうぃ だにぇっと)
監督: 小林聖太郎 キャスト 小泉今日子 永瀬正敏 矢部光祐 小西舞優 正司照枝 古田新太 大森南朋 田畑智子 光石研 鈴木砂羽 柴田理恵 北斗晶 安藤玉恵 遠山景織子 他 【ストーリー】 二人の子育てに仕事にと忙しい日々を、持ち前の...
試写会「毎日かあさん」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/1/22、土曜日昼の試写会。 大手町の東商ホール。 いつも開演ぎりぎりに行くのだが、今回は開場時刻丁度位に着いた。 入場待ちの列が4階から1階ロビーまでつながって、 さらに入り口で折り返すくらいまで続いていた。 ここででこんなに並んだ経験は初めて....
毎日かあさん/小泉今日子、永瀬正敏 (カノンな日々)
次々と映画化されていく西原理恵子さんの原作ですが、まさにこれが本命中の本命ともいえるんじゃないでしょうか。既にアニメーション化されている西原理恵子さんの代表作がキョン ...
毎日かあさん (LOVE Cinemas 調布)
毎日新聞に連載されている西原理恵子原作の同名漫画を実写映画化。自身が体験した子育てを含む日常をつづっている。主人公・西原理恵子を小泉今日子が、元戦場カメラマンの夫を永瀬正敏が演じる。可愛らしい子供たちとの楽しい生活、アル中の夫との厳しい現実、あるがまま...
「毎日かあさん」  (ももたろうサブライ)
監督 小林聖太郎少しあらすじ二人の子育てに仕事にと忙しい日々を、持ち前のたくましさで乗り切る漫画家のサイバラ(小泉今日子)。元戦場カメラマンの夫カモシダ(永瀬正敏)は戦...
*毎日かあさん* (Cartouche)
             ***STORY***                   2011年  日本           今日もサイバラ家に、嵐のような朝がやってきた。仕事場の机で寝てしまったサイバラリエコ(小泉今日子)を大声で起こす母トシ...
毎日かあさん (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
毎日かあさん4 出戻り編西原理恵子の人気エッセイ漫画の映画化は、独特のおおらかなユーモアで綴る、泣き笑い型ホームドラマだ。元夫婦の、小泉今日子と永瀬正敏が共演し、共にい ...
映画「毎日かあさん」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは1階席は満席、2階席は7~8割くらい。アニメ版の影響なのかチビッ子達がチラホラ来場している。    映画の話 二人の子育てに仕事にと忙しい日々を、持ち前のたく...
『毎日かあさん』(2011)/日本 (NiceOne!!)
原作: 西原理恵子監督:小林聖太郎出演:小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝試写会場: スペースFS汐留公式サイトはこちら。トークショーつき女性限定試写会に...
「毎日かあさん」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「毎日かあさん」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝、古田新太、大森南朋、田畑智子、光石研、鈴木砂羽、柴田理恵、北斗晶、安藤玉恵、遠山景織子、他 *監督:小林聖太郎 *原作:西原...
毎日かあさん (とりあえず、コメントです)
西原理恵子著のベストセラーコミックを映画化した作品です。 昨年、鴨志田氏の作品を原作にした『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』を観ていたので、 同時期のストーリーを西原さんの視点から描くとどうなるのかなあと気になっていました。 主人公のキャラクターの強さと...
毎日かあさん (シネマDVD・映画情報館)
毎日かあさん サイバラ一家に今日も朝が来た。締め切りに追われる人気漫画家サイバラは母トシエに起こされ、6歳の息子のブンジと4歳の娘フミを保育園に送り届けたと思ったら、息つく間もなく夜まで続く仕事につく。ある日、アルコール依存症で入院中の夫のカモシダが.......
~『毎日かあさん』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、小林聖太郎監督、小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝出演。
「毎日かあさん」別れても家族の絆は1つだった元夫婦が演じた真実のストーリー (オールマイティにコメンテート)
2月5日公開の映画「毎日かあさん」を鑑賞した。 この映画は西原理恵子原作の毎日かあさんを映画化した作品で、 アルコール依存症の戦場カメラマンだった 夫と離婚してもなお家 ...
毎日かあさん (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  他に観たい映画がなかったので、たまたま時間潰しに観た映画だったのだが、期待しなかった裏返しなのか見事大当りであった。前半はほのぼのギャグの連発に苦笑していたのだが、これが後半への布石となって終盤は涙が止まらない。何度も鼻をかむほど顔面ぐちゃ...
『毎日かあさん』 (一感百想)
きょう、『毎日かあさん』を見てきました。 監督は小林聖太郎、西原理恵子役に小泉今日子、鴨志田穣役が永瀬正敏、長男文治役に矢部光祐、長女ふみ役が小西舞優という布陣です。 昨年の暮れころにNHKの番組に漫画家・西原理恵子さんが出ていて、この映画
「毎日かあさん」泣いて、笑って、家族ってイイな! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[毎日かあさん] ブログ村キーワード  西原理恵子原作の大人気コミック、実写映画化!「毎日かあさん」(松竹)。原作コミックもアニメも大好きな吾輩は、ワクワクしながら映画館へ向かいました。  漫画家・サイバラリエコ(小泉今日子)の一家は、6歳の長男・ブンジ(...
『毎日かあさん』('11初鑑賞22・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月12日(土) 神戸国際松竹 スクリーン1にて 13:20の回を鑑賞。
悲劇のヒロインではない。『毎日かあさん』 (水曜日のシネマ日記)
漫画家の西原理恵子が自身の体験を基にした人気漫画を実写版映画化した作品です。
『毎日かあさん』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 毎日かあさん 』 (2011)  監  督 :小林聖太郎キャスト :小泉今日子、永瀬正敏、正司照枝、矢部光祐、小西舞優、田畑智子、 大森南朋、古田新太、光石研、鈴木砂羽 漫画家の西原理恵子が自身の...
毎日かあさん (迷宮映画館)
話題性は十二分、それに見合った映画になったかどうかは、・・・・
毎日かあさん (C'est joli~ここちいい毎日を~)
毎日かあさん'11:日本◆監督:小林聖太郎「かぞくのひけつ」◆出演:小泉今日子、永瀬正敏、矢部光祐、小西舞優、正司照枝◆STORY◆サイバラ一家に今日も朝が来た。締め切りに追われる ...
「毎日かあさん」 (俺の明日はどっちだ)
・ 先月観て大いに感銘を受けた鴨志田穣の自伝小説の映画化作品「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」と同じエピソードを元妻である西原理恵子ことサイバラ視点から描いた家族の物語。 観ているあいだ、どうしても東陽一作品と比較してしまいがちだったけれど、今回の作品....
毎日かあさん(2011-015) (単館系)
毎日新聞に連載されている西原理恵子原作の同名漫画を実写映画化。 立場が逆の作品に「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」という作品があるんだそう。 #だって見てないし・・・ 永瀬正敏と小泉今日子もと...
毎日かあさん(2011-015) (単館系)
毎日新聞に連載されている西原理恵子原作の同名漫画を実写映画化。 立場が逆の作品に「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」という作品があるんだそう。 #だって見てないし・・・ 永瀬正敏と小泉今日子もと...
「毎日かあさん」 (或る日の出来事)
毎日、かあさんをやるのは大変だ。
映画評「毎日かあさん」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・小林聖太郎 ネタバレあり