to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ポテチ

2012-05-23 23:20:06 | the cinema (ハ行)

製作年度 2012年
上映時間 68分
原作 伊坂幸太郎『ポテチ』(新潮文庫刊『フィッシュストーリー』所収)
脚本:監督 中村義洋
音楽 斉藤和義 主題歌『今夜、リンゴの下で』
出演 濱田岳/木村文乃/大森南朋/石田えり/中村義洋

仙台在住の人気作家・伊坂幸太郎の同名中編小説を中村義洋監督が映画化したハートフル・ストーリー。
宮城県仙台市、生まれた年も日にちも一緒の2人は成長した後、片方はプロ野球の人気選手、もう片方は空き巣というまったく異なる人生を歩んでいた。ある日、空き巣をなりわいとする今村(濱田岳)が恋人の若葉(木村文乃)と共に、地元のプロ野球選手(阿部亮平)の家に盗みに入っるが、今村は一向に仕事を開始するそぶりを見せない。すると部屋に女性から電話がかかってきて……。

なんか解んないけど、、原作ファンの方、スミマセン!
実は伊坂・中村コンビに濱田くん、ってだけで、そんなに大ハズレはないでしょう~ぐらいの気持ちで、
ほとんど期待しないで行きました。しかも1時間ちょっとの短さだし。ってめっちゃ良かったです~!!

なのに・・もう1日2回の上映になってしまってるし


野球ヒーローを愛するドロボウ・今村と
優しさが解らない黒澤、
なんとなく恋人になった「ぶっとばすよ」が口癖の若葉、
生涯で一度もフライを捕ったことがない野球好きの親分、、、

そして、なぜか今村がアツく語るほどには名前が知られていない、地元のヒーローだった尾崎。
それでも、彼は甲子園を沸かせた地元のヒーローだった…!

人が人を想うキモチの素敵さ、切なさ、
そして、ヒーローを支える、小さなヒーローたちの姿に、
やっぱりやられたのでした

アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」「フィッシュストーリー」がお好きな方なら、きっとお好きな作品だと思います!

会社帰りの若い方たちで結構混んでいましたが、私の前を歩いてたカップルの女性が
「ねえ、なんでポテチ食べながら泣いてたの?」って茶髪の彼に聞いていました....
「そりゃ~お前○×しちゃったからだよ~」彼氏は即答してましたが、彼女はその心理までは解らなかったみたい
是非、今村の涙のポテチ、解ってあげて欲しかったけどな~。
そして、エンドロールの後のちっちゃな事件もお見逃し無く~
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ワイルド7」DVD発売☆イベント | トップ | 『ワイルドセブン』イベント... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (SOAR)
2012-05-24 00:34:24
今村と尾崎選手の出生にまつわるある出来事が終盤になって(ひとつの可能性として)明かされたとき、
あの涙のシーンが伏線になってたことに気付かされるんですよね。

尺の短い作品ですが、観終えた時の満足感は格別でしたね!
SOARさん♪ (kira)
2012-05-26 20:31:26
もう、あの涙のシーンではほぼ解ってしまっていたので、
あそこ辺りからいつでも決壊するよ、状態でした、、
でもって、
これがなかなか涙が引かないテのきかたでした。
やっぱり、親だからでしょうかね?
キャストもみんなヨカッタです
こんにちは (はらやん)
2012-05-27 12:04:57
kiraさん、こんにちは!

伊坂作品×中村監督×濱田岳さんは鉄板ですよね。
ポテチのシーンはそのときは意味が分からなかったけれど、その後理由がわかったところで思い出してジーンとしてしまいます。
このあたりは「アヒルと鴨」とも同様で、うまいなぁと。
若葉もお母さんもいい感じでした。
いろんなものが (sakurai)
2012-05-28 13:07:49
ぎゅーっとつまってて、とっても良かったです。
短編の空気もちゃんと出てた。
「フィッシュストーリー」は、もともとの短めのもんを、贅肉つけちゃったのがちょっとなああって。
即答できた彼氏のカブは急上昇でしょうね。
はらやんサマ♪ (kira)
2012-05-30 20:44:43
お返事遅くなって申し訳ないデス
この2,3日雑事も多くてバタバラでした。

そうそう、どちらかというと「アヒ鴨」にちょっと共通する感動だったかも。
伊坂作品×中村監督×濱田岳は、不思議と飽きないし、
今回もキャスティングがよかったです
sakuraiさん♪ (kira)
2012-05-30 20:46:33
今年の劇場鑑賞作の中では
ダントツ、観客の平均年齢の低い作品でした(笑)
一見チャラチャラしてる風の彼氏君の方が、
見るからに勝気そうな彼女の理解力と、優しさに反応するキモチが上回った感じの会話でした
本当に、凝縮された前フリに、イッキの感動!
短編の持つ魅力がありました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ポテチ』・・・キリンに乗ってくから! (SOARのパストラーレ♪)
確信した。伊坂幸太郎作品の映画化は監督・中村義洋、音楽・斉藤和義でなければ成立し得ないことを。 中村×斉藤によって作り出される伊坂ワールドは原作ファンを決して裏切らず、それでいて一本の映画としての魅力に満ちている。このタッグでは3作目となる伊坂ワールド...
ポテチ (だらだら無気力ブログ!)
やっぱ濱田岳だな。彼の醸し出す独特の存在感がイイ!
ポテチ (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎原作の「フィッシュストーリー」にある短編小説を映画化。監督は伊坂作品と言えばこの人、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『ゴールデンスランバー』を手がけた中村義洋だ。更に主演は伊坂+中村といえばこの人・濱田岳。共演に木村文乃、大森南朋、石田えり...
ポテチ (あーうぃ だにぇっと)
ポテチ@スペースFS汐留
[映画『ポテチ』を観た(超短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ポテチ』なんて題名の映画、全くそそられなかったのだが、監督(中村義洋)や原作者(伊坂幸太郎)の名を聞いて、ちょっと気になっていた。  さて、見てみると、これがかなり面白い。  珍しい68分の短い作品で、それが、ダレ場なしの切れ味の良い作品とし...
ポテチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ポテチ』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)本作は、映画『ゴールデンスランバー』などの制作に携わった3人〔伊坂幸太郎(小説家)+中村義洋(監督)+斉藤和義(ミュージシャン)〕の組み合わせで、わずか8日間で撮り上げた作品です(企画段階を入れても3か月との...
『ポテチ』 「絆」よりもヒステリシス! (映画のブログ)
 中村義洋監督!伊坂幸太郎原作!濱田岳主演!  まさしく鉄板の陣営だ。『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』、そして『ゴールデンスランバー』で私たちを楽しませてくれた人々が、ま...
ポテチ/濱田岳、木村文乃 (カノンな日々)
作家・伊坂幸太郎さんと監督・中村義洋さんのコンビによるこの4作目は『フィッシュストーリー』に収録されている中編小説を原作にする本編68分の中編映画です。過去3作いずれも面白 ...
映画・ポテチ (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 原作・伊坂幸太郎x監督・中村義洋x音楽・斉藤和義 68分という短さでしたが、原作(「フィッシュストーリーに」収められている中篇)の良さがそのまま伝わってくる素敵な映画でした ロケ地は全て仙台 中村親分(中村義洋監督ご本人)の下、空き巣を生...
「ポテチ」 口には出さない秘めた「想い」 (はらやんの映画徒然草)
伊坂幸太郎さんの短編「ポテチ」を、中村義洋監督が映画化しました。 中村監督は伊坂
『ポテチ』 (ラムの大通り)
----『ポテチ』 って、 ポテトチップスのことだよね。 どんな映画か想像つかないニャあ。 「そうだね。 タイトルがタイトルだし、 ランニングタイムも68分と短い。 いわゆる小品の部類なんだけど、 その感動は 映画のサイズ(?)とは反比例するように深い。 だけど、この...
「ポテチ」:短編小説の味わい (大江戸時夫の東京温度)
映画『ポテチ』は、短編小説の如き味わい。実際、尺も短くて68分の中編です。こうい
ポテチ (とりあえず、コメントです)
伊坂幸太郎著の短編を中村義洋監督&濱田岳さん主演で映画化した作品です。 仙台のパワーが詰まった映画と聞いていたので、チラシを観た時から気になっていました。 68分という短い時間の中で、主人公の揺れ動く心情が爽やかに描かれていました(^^)
ポテチ(2012-068) (単館系)
ポテチ MOVIXさいたま 宮城県仙台市、生まれた年も日にちも一緒の2人は成長した後、 片方はプロ野球の人気選手、もう片方は空き巣というまったく異なる人生を歩んでいた。 ある日、空き巣をなりわいとす...
どっちも同じ『ポテチ』じゃないか。 (Healing )
ポテチ ★★★★★ 伊坂幸太郎×中村義洋×斎藤和義 さらに濱田岳主演に大森南朋のスパイス、 これでおもしろくないわけがない! 人気作家・伊坂幸太郎の短編小説集「フィッシュストーリー」所収の1篇を 『ゴールデンスランバー』『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義...
中村義洋監督 「ポテチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
原作・伊坂幸太郎、音楽・斉藤和義、俳優・濱田岳、そして監督・中村義洋とくれば… 「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」そして「ゴールデンスランバー」と私的には最高のエンターテイメント作品を提供してくれた超豪華メンバー その超豪華メンバー...
ポテチ (迷宮映画館)
凄いことに気付く凄い奴!
ポテチ (tom's garden)
監督:中村義洋 出演:濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり 原作は、伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」の中に収録されている。 ちゃんと覚えてなかったけど 「良い話だったなぁ」 という記憶だけあった。 あと、黒澤さんが出てくるのと。 この映画は68...
ポテチ (佐藤秀の徒然幻視録)
運命の悪戯も大した違いなし 公式サイト。伊坂幸太郎原作、中村義洋監督・出演、濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中林大樹、松岡茉優、阿部亮平、桜金造。ちなみに竹内結 ...
『ポテチ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ポテチ」□監督・脚本 中村義洋□原作 伊坂幸太郎□キャスト 濱田 岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中林大樹、松岡茉優、阿部亮平、       中村義洋、桜 金造■鑑賞日 5月26日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ...
ポテチ (銀幕大帝α)
12年/日本/68分/コメディ・ドラマ/劇場公開(2012/05/12) -監督- 中村義洋 『ゴールデンスランバー』 -原作- 伊坂幸太郎『ポテチ』 -脚本- 中村義洋 -音楽- 斉藤和義 -主題歌- 斉藤和義『今夜、リンゴの下で』 -出演- *濱田岳『ロボジー』・・・今...
【ポテチ】塩味も食べてみたら意外とおいしいよ (映画@見取り八段)
ポテチ   監督: 中村義洋    出演: 中村義洋、濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中村大樹、松岡茉優、阿部亮平、桜金造 公開: 2012年5月12日 2012年5月14日。劇場観賞。 劇場で観たのに、すぐに感想を書かなかったのでDVD借りてきてまた見直してる。しか...
映画評「ポテチ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり