to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

手紙

2007-06-01 23:31:25 | the cinema (タ行)
―言葉に できない。―
製作年度 2006年
原作 東野圭吾
脚本 安倍照雄/清水友佳子
監督 生野慈朗
音楽 佐藤直紀
出演 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ

親もなくふたりで生きてきた竹島兄弟。出来のいい弟・直貴(山田孝之)の為に頑張って仕事をしてきた兄(玉山鉄二)は、腰を痛め仕事を無くし、大学進学のためのお金を盗みに入った家の老女を誤って殺害、無期懲役の身となる。
塀の中から兄は弟の様子を心配し手紙を書く。
塀の外では、犯罪者の身内ということで、弟はアパートを追われ仕事を無くし行き場を失っていくが、
優しい兄が自分の為に犯罪に手を染めたという想いから、返事を書き続ける

大学進学もあきらめ工場で働く直貴の夢は、幼なじみの祐輔とお笑いでプロになることだったが、
何度引越しをして仕事を変えても、毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻し、更に追い詰めていく。
そんな彼に好意を抱き、折にふれ励まし見守る由美子には眼もくれない直貴・・・
努力して、夢を手に入れる寸前で犯罪者の家族だということで諦める事の繰り返し・・・
塀の中で、ある意味法に守られながら、弟からの手紙が途絶える事を淋しがる兄・・・

頑張っても頑張っても、兄のことが判り世間に突き落とされる弟の苦しみを、一生付いてまわる運命に自分が貶めてしまった事を兄は思い及ばない・・・
・・・言葉に出来ない・・・
溌剌と順調な、仕切り直した生活から、またしても追いやられたもがき苦しむ直貴に、
追いやった会社の会長の言葉が、重い。。重くて泣けてくる。
うらむことを止めて、「ココから始めればいいんです。」

赦し、受け入れ、愛し、堪えていけ――なのか、
観ている時よりも、これを記事にする段階になって、涙が止まらない・・こうしている今でさえ。。

毎日々々、事件がおきる度に犯罪者家族は生まれている。沢山の直貴が生まれているのだ。

重いテーマだが、主要キャストの演技は素晴しく、影響を与えるベテランも良かった
ただ、音楽の使い方が残念!どんな名曲も使い方を誤ればうるさいだけになってしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空中庭園 | トップ | 今夜の「堂本兄弟」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-02 19:14:57
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

 いろいろと考えさせられる作品でしたね・・・。

 玉山さんの熱演が印象に残りました。
こんばんは~! (kazu)
2007-06-02 19:25:35
TBありがとうございました。

直貴の自分では
どうすることも出来ない
悲しい人生、
見ていてつらかったです。

miyukichiさん~♪ (kira)
2007-06-02 22:36:46
こちらにもコメントを、ありがとうございます
考えて答えの出るものではないのに
見終わった後も、しばらく悲しかったです
玉鉄、優しくて少し鈍感な兄、すごく自然に嵌っていましたね。
kazuさん~* (kira)
2007-06-02 22:41:39
こんばんは、コメントありがとうございます
直貴一家の、特に娘の少女時代が心配でした。
自分で罪を犯したわけじゃない、彼らに
優しい未来があることを祈らずにいられません
TBありがとうございます。 (masala)
2007-06-03 00:25:18
こんばんわ。
kiraさんから「手紙」のTBを頂いて、自分のブログを調べたら、「手紙」が私のブログの第一回作品だった事に気づきました。今と違い、とってもシンプルな文章で自分でも驚きました。
ところで「手紙」の最後の玉鉄さんの演技にはやられちゃいますね。
また機会があったら見直そうと思います。
こんにちは~ (りら)
2007-06-03 13:45:55
TBありがとうございます♪
犯罪者の家族を扱った重いテーマでしたが、それでも
希望の持てる作品になってましたね。
直貴の苦しみは見ていて辛いですが、それらを乗り越えて それでも兄貴だから と最後に言うことのできた彼に感動しました。
でも、実際に自分の近くに犯罪者の家族がいたら、自分はどうするだろう? と、考え込まずに入られませんでした。そういうふうに、色々と考えさせられる作品でもありました~。
こんにちは! (こべに)
2007-06-03 15:58:08
はじめまして!kiraさん☆
コメントそしてTBありがとうございました!

すっごいラストが良かったのに・・・
あの曲が流れてきた瞬間に涙が乾いてしまいました(^^;
嗚咽する声漏れてやしないかと気にしちゃうくらい
泣いてしまいました。
ラストの玉鉄さんには参りました・・・。

masalaさん~* (kira)
2007-06-03 17:15:57
こんにちは、コメントありがとうございます♪

>「手紙」が私のブログの第一回作品
そうなんですね~、お邪魔した時に知ってびっくりしました
初回から取り上げるには重いテーマだったと思いますが
記念すべき第1作にふさわしい作品だったのではないでしょうか
この作品の持つ真のメッセージが多くの若い方に届けばいいなあと思いました
りらさん~* (kira)
2007-06-03 17:46:07
こんにちは、お越し下さりありがとうございます♪

>実際に自分の近くに犯罪者の家族がいたら、自分はどうするだろう
私も考えました。
由美子のように積極的に関わることは出来ずとも
大人として、頑張って生きる家族の邪魔はしたくない。
できれば会長のような温か味をもって見守る大人でありたいと思いました

由美子が書いた手紙が会長を直貴に出会わせ、
直貴の最後の手紙が兄にもう一つの罪に気付かせ、
兄の手紙によって被害者家族から労わりの言葉を聞く事ができ・・・
いいラストしーんでした
こべにさん~* (kira)
2007-06-03 17:56:47
はじめまして、お越し下さりありがとうございます♪
こべにさんは玉鉄がお気に入りなんですよね
「ハコイリムスメ!」で恭子ちゃんと共演して以来、私も蔭ながら応援してます
「農家のヨメになりたい」でも好いヤツでした
そんな玉鉄が、凄い演技をしてくれましたね
小田さんの曲を主題歌にしてくれれば。そして
エンドロールで流して欲しかったです
うわぁ~~ (miyu)
2007-08-31 22:11:21
この映画の記事を書いている時あたしも(T-T) ウルウル
しちゃっててそれをやっぱり記事に書いてるんです。
なんかとってもシンクロしちゃってますね(´∀`*)ウフフ
コレはその後、結局原作も読みました。
本でも泣けちゃうんですよ~。
個人的には映画を先に観たし、映画の方が好きですけどね。
miyuさん* (kira)
2007-09-01 02:06:11
こんばんは~♪
原作はラストが違うとか聞きましたが、まだ読んでません。

miyuさん、ワタシが残念なたった一つは、音楽の使い方なんですよ~。
小田さんのこの歌は好きです。なので、あのタイミングで、あの大音量ではやめて欲しかった!
エンドロールが始まってから流して欲しかったナ。
台詞代わりというか、説明的に流して盛り上げて欲しく無かったです。。。
あの時、玉鉄も山田君も凄くいい演技をしていたんですから
できれば映画館で観たかったです、残念~!
おじゃまします (ピロEK)
2007-09-23 01:53:27
おじゃまします。
映画って昔鑑賞したものだと、ストーリーは割と憶えているんですが、どこで泣いたとか、どこで感動したとかは、余程じゃないと憶えていないですねぇ(※「50回目のファースト・キス」でのコメントへのお答えです^^)。
この映画(今度は「手紙」のコト)は、原作を読んだ後に鑑賞したのですが、
ほぼ原作通り。イメージも崩さず巧くまとめているように思えました。
でも、私が小説を読んだのは、映画化が決まった後だったので、山田孝之を想定しての読書にはなっちゃいましたけどね。
あと、映画の方が泣かせようとして作ってる感じは多少受けました。
東野圭吾作品の映像化は「白夜行」もだったけど、かなり泣かせられます。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
ピロEKさん* (kira)
2007-09-23 22:47:53
こんばんは!
丁寧なお答え、ありがとうございます。
今公開されている作品にも、いまいちそそられなくて
またまた古い映画を観ています。
そんな時は悩んじゃいますよ。TBだけの方がいいのか、
やっぱそんな時こそご挨拶かな・・なんて

「白夜行」の桐原亮司と、
本作の直貴が被ってしまうほど山田君の暗く切ない表情は印象的でした。
原作は読んでいませんが、泣かせようとする感じはあのクライマックスの"長さ"で十分過ぎるぐらい伝わってきました
原作がしっかりしているンだから、下手に強調しなくても十分いい作品だったと思います

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『手紙』 (京の昼寝~♪)
差別のない国を探すんじゃない。君はこの国で生きてくんだ。     ■監督 生野滋朗■脚本 安倍照雄、清水友佳子■原作 東野圭吾(「手紙」毎日新聞社、文春文庫刊)■キャスト 山田孝之、玉山鉄ニ、沢尻エリカ、尾上寛之、吹越満、田中要次、杉浦直樹、吹...
「手紙」悪夢の連鎖を断ち切る想いを綴った最後の手紙 (オールマイティにコメンテート)
「手紙」は殺人事件を犯して無期懲役で服役している兄と世間からの差別に苦しむその弟との手紙を通じたやりとりが描かれている。今は殆どメールでのやりとりが多くなったけれど、手紙から思いが伝わる事もあるし、それで苦しむ事もある事を確りと描かれており、苦悩する側...
手紙 (とんとん亭)
「手紙」 2006年 日 ★★★★★ 号泣でした。 私の住む街のシネコンが、いつも暇なのに「デスノート」のお陰で混みあって いるのは先週お伝えいたしましたが、そのおこぼれに預かったのか、(同時間 に上映で既に満席で来た客は、帰るか違うのを観るか...
手紙 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  直木賞作家 東野圭吾の 涙のロングセラー、待望 の映画化!   公式サイトはこちら。     評価:★8点(満点10点) 2006年 121min 監督:生野滋朗 主演:山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵  【あらすじ】...
手紙 (2006) 121分 (極私的映画論+α)
あなたは加害者の家族を許せますか? 
現実を受け入れて生きていくという事。『手紙』 (水曜日のシネマ日記)
強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けた服役中の兄と、その弟の物語です。
手紙/山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ (カノンな日々)
公開初日に梯子で観ようと思ったとき「デスノート」は決まりでもう1つ何を観るか迷ったんですよねぇ。でも「デスノート」とコレの二本立てにしてたらどちらも感動がかなり薄まってしまったことでしょう。ちょっと小腹が空いてたけど何も買わずに臨んで正解でした。コレ、...
手紙 (Akira's VOICE)
伝えたい思いは,心を込めれば必ず届く!
『手紙』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1565に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  その「美しさ」が、リアリティの邪魔をした。 『手紙』 参考:手紙@映画生活 手紙-シネマトゥデイ 2006年・日本・121分 監督:
手紙 (そーれりぽーと)
殺人犯の家族が負う差別を描いた『手紙』を観てきました。 ★★★ 差別に次ぐ差別で救われない日々。 綺麗事を並べるのではなく、現実の厳しさを描いている。 自分の周りはどうか。いや、自分自身はこんな家族が近所に居たらどんな対応をするだろうか。 家族に贖罪の義...
手紙 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「手紙」         (生野慈朗:監督)  手紙 スタンダード版日活このアイテムの詳細を見る  1年近く前に原作を読んだんですが、  とにかく涙がボロボロジュクジュクあふれては止まらなくて、  とくに後半はほとんど、泣きながら読んでいました...
手紙 (花ごよみ)
  もう、5年位前になるのでしょうか、 新聞の日曜版の連載で読みました。  すぐに読んだ内容を、 忘れてしまう自分にとっては珍しく、 長期間の連載だったせいもあるが、 かなり年月が経っているにもかかわらず、 結構、記憶に残っている物語でした。  直貴にもう...
手紙 (Diarydiary!)
《手紙》 2006年 日本映画 強盗殺人を犯し服役中の兄と、その兄の為にひっそ
試写会『手紙』 ★★★★ (時流を聴く)
『手紙』の試写会へ。チケットを譲ってくれたYUUさんありがとう! 生野慈朗監督はTBSドラマ「ビューティフルライフ」などを手がけた演出家。原作は東野圭吾の同名小説。 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリ
映画「手紙」を鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 今日から、このブログのスタートです、どうぞ宜しくお願いします。 第一回目の作品は「手紙」。 兄が犯した犯罪で、加害者の弟になってしまった青年の苦悩を描いた作品。 かなり重たい作品です、監督は『3年B組金八先生』のメイン監督の生野慈朗の劇場3作目「金八...
手紙 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  手紙・・・その絆に込める救いと許し  
オレ、兄貴を捨てる・・ (CINECHANの映画感想)
257「手紙」(日本)  武島直貴、20歳。誰とも打ち解けず、暗い目をした青年。彼が人目を避ける理由、それは兄、剛志が、直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った家で、誤って人を殺してしまったことだった。剛志への判決は無期懲役。  殺人犯の弟して疎...
『手紙』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『手紙』鑑賞レビュー! 人は、ひとりでは生きていけないー。 11月3日全国松竹東急系にてロードショー! 第134回直木賞作家 東野圭吾の涙のロングセラー 待望の映画化! 優しさを失った現代社会の 希望を失ったすべての人々に贈る 魂の人間...
『手紙』 (試写会帰りに)
『手紙』 重厚で丁寧な描き方に、つい引き込まれて行きます。「もし自分の家族、たった1人の肉親が犯罪を犯したら、どうするのか?」と自分に問いかけながら見ました。よくTVのニュースで見かける、被害者家族の本当の心の内、その一歩先を垣間見たような、人間の情、業...
手紙 (5125年映画の旅)
工場で働く真面目な青年、直樹。性格は真面目でお笑い芸人になるという夢も持っている直樹だったが、他人と深く関わろうとはしない。彼には一つの負い目があった。それは、唯一の肉親である兄が強盗殺人で服役中であるという事実だった。 この映画、当初は観に行く予...
手紙(映画館) (ひるめし。)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。
手紙 (りらの感想日記♪)
【手紙】 ★★★★☆ 2006/10/10  試写会 ストーリー 川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の
手紙 (UkiUkiれいんぼーデイ)
時間が無いと言いつつも、試写会となれば話は別! 誘っていただいたこの新作を鑑賞してきました~♪ 思ったとおり泣けました。 通信網がこれだけ発達している世の中でも、携帯やネットで連絡が取れない場所がある・・・。 そこは・・・刑務所の中。 主人公...
手紙  (シュフのきまぐれシネマ)
手紙(試写)??? 公式サイトは コチラ 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、吹越満、風間杜夫、杉浦直樹 監督:生野慈朗 原作:東野圭吾 ? 強盗殺人を犯した兄(玉山鉄二)を持ち、社会で差別を受け続ける弟(山田孝之) 進学も...
手紙 (future world)
犯した罪、それも取り返しのつかない程の・・・償うことは出来るのか・・そしてその家族は・・。 東野圭吾原作の「手紙」~未読だが、「殺人無期懲役」という大罪がもたらす苦悩・・・加害者、被害者家族、加害者家族たちの‘想い’をこの映画はとても上手く伝えてると...
手紙・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
殺人犯として服役する兄と、犯罪者の家族として、世間の冷たい風の中に生きる弟を軸に、人間と人間のつながりを描いた東野圭吾のベストセラー小説の映画化。 テレビドラマのベテラン演出家、生野慈朗が映画監督として16年ぶり
『手紙』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
?川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に野球帽を目深に被った青年の姿がある。武島直貴、20歳。暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志が、直貴を大学にやる学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。数度にわた
「手紙」 (俺の明日はどっちだ)
弟に対する愛情ゆえに犯してしまった罪が、結果的に弟の人生に犯罪者の家族という烙印を残してしまい、住むところや仕事、そして恋や夢までも奪ってしまい、弟の未来を狂わせる ----- 。 「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があるけれど、果たして「罪を犯すということ...
手紙 (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 日本 監督:生野滋朗 出演:山田孝之/玉山鉄ニ/沢尻エリカ/吹石一恵/尾上寛之/吹越満 ストーリー:武島直貴(山田孝之)、20歳。暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志(玉山鉄ニ)が、直貴を大学にやる学費欲し...
手紙 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆を殺してしまったからだった。兄が罪を犯したのは、自分のせいだ。そう自責する直...
手紙 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年11月3日 配給:ギャガ・コミュニケーションズ 監督:生野慈朗 出演:山田孝之,玉山鉄二,沢尻エリカ 鑑賞日:2006年10月28日(GyaOオンライン試写会) 自宅PC(座席数1) 【ストーリー】 工場で働く20歳の武島直...
「手紙」試写会 (Thanksgiving Day)
よみうりホールで行われた、映画「手紙」の試写会に行ってきました!! 東野圭吾原作の小説を映画化した作品なんですけど、感動的でしたよ(;θ;) こんなストーリーです。 『武島直貴には人目を避ける理由があった。兄・剛志が直貴の大学進学のための学費欲しさに盗...
映画:手紙 試写会 (駒吉の日記)
手紙 試写会@イイノホール 「兄貴ですから」 原作は未読、強盗殺人事件とその家族が描かれています。 兄・剛志は弟のために罪を犯したが服役により罰を受けていると思い、弟・直貴は自分のために罪を犯した兄を表向きは責められないまま人目をはばかって生きてい...
【手紙】 (空の「一期一会」)
*ネタバレ・・・してます。* ★直貴(山田孝之)が夢見ていたこと。音楽がお笑い
手紙 (八ちゃんの日常空間)
かもめ食堂を観に行ったときに試写会招待の応募があったので、応募したら当たった! 二人の絆であるべき「手紙」をあえて断ち切らなければならない二人の心情が計り知れない。ラストの慰問公演で、縁を切っても「それでも兄は兄」と悟る。彼らのこれからの人生を応援した...
『 手紙 』 (My Style)
『 手紙 』  生野慈朗:監督  東野圭吾:原作 「 差別のない国を探すんじゃない、君はここで生きていくんだ- 」 兄・剛志(玉山鉄二)は、直貴(山田孝之)を大学にやるための学費欲しさに 盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまい、千葉の刑務所に服役中。 ...
手紙 (ひめの映画おぼえがき)
手紙 スタンダード版 監督:生野慈朗 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、田中要次... 「兄貴、元気ですか?  これが最後の手紙です。」 【ストーリー】 川崎のリサイクル工場で働く青年
手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。』  コチラの「手紙」は、11/3公開になる東野圭吾さんの同名ベストセラー小説の映画化なんですが、試写会で観て来ました♪この映画の感想を冷静に書くことなんて、とてもじゃないけど無理。途中でおすぎが憑依しちゃい...
手紙…原作よりも必要以上に泣かせる作品? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}からうちの長男が宿泊研修とのこと。 多分キツイ登山とかさせられるんだよね。多分{/face_nika/} 今日も映画の記事です。 「手紙」 (監督:生野慈朗、出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、2006年邦画) TSUTAYAさんで「ナチョ・リブレ 覆面の...
手紙/The Letter(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[手紙] ブログ村キーワード手紙(原題:The Letter)キャッチコピー:兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。製作国:日本製作年:2006年配給:ギャガ・コミュニケーションズジャンル:...
「手紙」 切実な決断の理由は (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
兄の剛志が強盗殺人で服役。弟の直貴はそのせいでことごとく人生が狂っていく…… 2006年 監督:生野慈朗 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エ...