to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2009-10-30 21:27:17 | the cinema (マ・ヤ行)
誰も見たことのない彼に逢える。
上映時間 111分
監督 ケニー・オルテガ
出演 マイケル・ジャクソン
2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。本作は、死の直前まで行われていた長時間に及ぶリハーサルを記録した映像を基に、今回のステージでクリエイティブ・パートナーを務めていたケニー・オルテガ自ら監督として幻の公演を再現する音楽ドキュメンタリー。

ロンドン公演が実現していれば、このように早く大画面で見ることもなかった貴重なメイキング映像の数々。
プライベートの記録のためにとカメラは回されていた舞台裏のはずのリハーサル風景が、もう完璧に近い!
行ってよかった!素晴らしかった

観れなければ、DVDでお家鑑賞でいいとさえ思っていたけど、
私の青春時代にデビューしたジャクソン5の映像が流れると、、勝手に涙が―…
止まりませんでした

リハーサルなんですよ?! かっこいい

平和を願うマイケルのメッセージはちゃんと伝わる 構成も素晴らしかった

リハーサルなんですよ?

正確で無駄のない、美しいダンス!
たくさんの若いダンサーと同じ振り付けをこなしても、無駄のない動きで息も乱れない!
しかも全ては愛のため、容赦なく細かい指示を飛ばしながら、
それでも力は温存しつつ見事なパフォーマンス

いつの頃からか、残念なニュースばかりが取り沙汰されるばかりで、
この何年かは興味を失っていたけれど、
「ファンが日常を忘れ、幸せになるために」
そう、全てはファンへの愛が完璧さを作り出していたんですね
まさに"King of King"かっこいいです!その全てが

いつからか、、彼が"フォーー"という度に泣いていたかもしれません……

初日の1回目。とっても混んでいましたが、悲しいことにマナーの悪い方がいっぱい。。。
開始直前になって、席を立つ人が数人いてそれもびっくりでしたが、
なにより上映中におしゃべりを止めない夫婦。開始20分ぐらいから男女を問わずトイレに立つ人の多さに悲しくなりました。
ビールの飲みすぎでしょうか、大人なんだから予測できることですよね?
今度は空いた頃を見計らって、もう一度行きたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (42)   トラックバック (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビン君来日 | トップ | 今月の気になる作品 »
最近の画像もっと見る

42 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (リュカ)
2009-10-30 21:54:32
TBありがとうございました。
本当にリハーサルなの?!というような出来映えでしたよね。
「ファンが日常を忘れ、幸せになるために」
この言葉、うれしくてたまりませんでした!
現場もぴりぴりしていないし、かと言って妥協を許さないステージ作りで…マイケルの人格がうかがえるなと思いました。
周囲のマナーのなっていないお客さんが多かったようで災難でしたね。わたしの観た回は、みんな行儀が良かったのですが、ひとつ空けた隣のオジサンが足を前の席に上げていて…これもやめてほしかったです。
お互い次は(わたしももう一度行くつもりです♪)ベストな状態だと良いですね。
こんばんは~! (JoJo)
2009-10-30 22:08:23
Kiraさ~ん、ちょっぴりご無沙汰です!わたしも行ってまいりましたよ~もう感動と切なさとショックと、複雑な感情が入り混じって、なんともいえない気持ちがいまだに持続中です。

本当に素晴らしいドキュメンタリーでしたよね。リハも完璧に近かったけど、このドキュメンタリーも、これ以上のものは作れないほどの秀作に思います。マイケルへの愛と敬意がたっぷり込められた内容でしたね。

これで本番が実現していたら、どれほどセンセーショナルだったか。非常に残念ですが、こうして完全な状態ではないとはいえ、スクリーンでライブを疑似体験できて、本当によかったです。

>悲しいことにマナーの悪い方がいっぱい
Kiraさんのところも!?こちらもですよ~ぷんぷん。隣の人が何十回もケータイのチェックをして、その光がまぶしくて、ムッ!あれほどの映像と音楽を目にしながら信じられない行動!わたしも、もう一度観にいきたいです。
こんばんは! (アイマック)
2009-10-30 22:47:14
マイケルは最期もかっこよかったですね。
ロンドン公演、一公演でもいいから実現させてあげたかった。。
悔やんでも悔やみきれないです。

>悲しいことにマナーの悪い方がいっぱい。。。

うわあ、ひどいなー。
私がいったときは、みなさん息をのんで見入ってましたよ。
日頃映画をみない人が今回は見にきてるようなので、マナーだけは守ってほしいね。
リュカさん* (kira)
2009-10-31 00:55:09
初めまして。
コメント、有難うございます♪

このリハーサルに至るまでも、
相当な構想、構築の日々だったことでしょう。
ダンサーも振付師も、照明もミキサーも、コーラスも、監督も、
一緒になって、
一体となって作り上げていく、
その中心にいることの大変さも感じられましたが、
何より愛に満ちたホンモノのkingでした
Unknown (mig)
2009-10-31 11:28:44
kiraさん

もう最高のステージでしたね!
ライブ観れて良かった!!
マイケルの愛が溢れてる映像。
言う事無しです~
感動しました (熟し過ぎた果実)
2009-10-31 13:56:23
テレビの情報だけだったので、あんなに出来上がってる作品とは思ってもみませんでした
昔、後楽園球場のアリーナ席で観たマイケル(自慢)よりパワーを感じ、嬉しかったです。一人で観たけど、子供達にもDVDでなく映画館で観て欲しいと思いましたNEWバージョンのスリラーもっと見たかったなァ
どれも素晴らしくて、みんなの目で実際に確かめて欲しいですよね                   
こんにちはー。 (rose_chocolat)
2009-10-31 18:50:19
マナーの悪い人多かったです。
自分は初日の初回に観ましたが、

・1歳くらいの子を連れて来て、その子が映画に(当然ですが)飽きて、客席の間をウロウロしていても「見守っている」おバカな親。

・途中でトイレに行くのは仕方ないとして、前の席の頭の部分を何故か押しながら行く中年女性。

そして極めつけは、ビリージーンの部分で、映写機トラブル。。。
結構怒りまくりです。
もう1回観たい~!
真摯に向き合ってほしい (にゃむばなな)
2009-10-31 20:44:46
この映画を見て途中で席を立つなんて理解に苦しみますね。
マイケル・ジャクソンが音楽とライヴを通して伝えようとしたことを何一つ理解できていないなんて・・・。

マイケル・ジャクソンが音楽に真摯に向き合ったように、この映画を見る我々も真摯に彼の全てに向き合うべきだと思いますよ。
素晴らしい~感涙。 (マリー)
2009-10-31 22:12:07
こんばんは~~~。
本当に素晴らしかったですよね。
私もジャクソン5で涙が溢れちゃったのは、やっぱり同じ時代を生きてたからかな?なんて思ってます。

どの曲もリハなのに手を抜くことなく(歌わせないでよ。なんて言ってたけど~)あれだけみんながノリノリだと彼もついノってしまうよね。
周りのダンサー、シンガー、スタッフみんなが彼のファンだから~その都度観客となって、ただのリハ風景ではなくなっていたのが、私たちにも幸いしましたね。

観客のマナー・・・この映画で!信じられない~!同情しますぅ。。。涙
私は2回行ったけど、どちらもみんな息をのんでの鑑賞でした。(バカっプルも真剣。おしゃべりおばちゃんも沈黙。ポップコーン持ったお姉ちゃんも手がとまっていた。)

次回は、いい環境で観れます様に・・・
JoJoさん* (kira)
2009-11-01 00:16:56
いくつもの私たちのシーンをマイケルの音楽は彩って、
興奮と驚きを与え続けてくれ、
そんな彼の"今"に触れられたようでしたね。

>本番が実現していたら、どれほどセンセーショナルだったか。非常に残念ですが

全くその通りではありますが、、残念ですが、
稀代のスーパースターの、これが最期の命題だったのかも知れませんね。
そうして、リハの真摯な、完璧に近い彼を、
世界中の人が観れた幸福…
そこに神の意思が働いていたのかも…
アイマックさん* (kira)
2009-11-01 00:26:23
私はアイマックさんのようにマイケルファンというのは違いますが、
マイケルとの付き合いは凄く長いです

本当に50とは思えない声にダンス!!!
やはり迫りくるものを抑えられない瞬間がありました。

家でテレビを観る感覚で、ビールを持ち込み、
散らかしたままで席を立つ人たち…
信じられないですが、とっても多かったです
ステージ。 (BC)
2009-11-01 01:12:48
kiraさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

本来はコンサートDVDのメイキング映像用に撮影されたものだったのでしょうね。
その映像をドキュメンタリー映画として構成した編集も秀逸だったけど、
ドキュメンタリー映画の映像として充分成り立つ
ステージを作り上げていたマイケルも素晴らしかったと思いましたよ。(*^-^*
こんにちは! (たいむ)
2009-11-01 19:15:47
そうそう、これがリハーサルと言うのだから、本番があったらどんなことになったのだろうって思いますよね。

マナー違反の方のせいで雰囲気がぶし壊しだったのはお気の毒です。是非リベンジを!(それだけの価値がありますよね!!)
青春だよね♪ (オリーブリー)
2009-11-01 19:33:03
kiraたん、こんばんは。

えーと、私はマイケルとちょめちょめな年代だから(爆)
LP(笑)「オフ・ザ・ウォール」は、当時ディスコでも流れっぱなしだったわ(笑)
結婚して子供生まれて、マイケル聞いてた影響で、息子の方が私より大ファンになってます。
明日もう3回目だってメールが来た(汗)

奇行ばかりが取りざたされた後半だったけど、観客が何を求めているか何を与えてあげたいか、しっかりと把握していて、音楽に対する熱い姿に感動しました。
彼の本質的な部分を忘れていたかも…
愛のある人だったんだよね。

そう、普段映画を観に来ない人が多いからマナーは悪いよね。
これぐらいの時間もトイレ我慢できないの?とか思う。
私の我儘なんだけど、亡くなった人のフィルムなんだし、靴脱いで椅子にお山座りでポップコーン抱えてバリバリするのもチョットなあ~とか思いました(汗)
こんばんは♪ (yukarin)
2009-11-01 22:52:18
リハとは思えないほど完成されてましたね。
思ってた以上に良くて感動の一言ですっ。
コンサートが幻となってしまったのは本当に残念でしかたがありません。リハでここまでですから実際はもっとすごいものになってたでしょうね。

マナー違反はせっかくの気分が台無しですね。そういう方は何となく観に来ただけなんでしょうね。先日邦画でやられましたが、こちらはみなさんスクリーンにくぎ付けで誰一人しゃべる人はいませんでした。
migちゃ~ん* (kira)
2009-11-02 00:23:05
最初の方の
オーディションのダンサーたちの興奮したコメントをききながら、
もうのど元が、、でした。
だって、誰もあの時点で予想してなかったよね?
素晴らしかったね、何もかも!
また観にいくよ~
熟し過ぎた果実さん* (kira)
2009-11-02 00:45:22
後楽園でマイケルのステージをご覧になってたんですか!?
しかも、今のほうがパワーを感じました?!
天国のマイケルに、それは最高の褒め言葉
知られざる努力のひと、
その歌声と、バネのあるダンスにそれは隠せませんでしたね
rose_chocolatさん* (kira)
2009-11-02 12:46:10
劇場は違っても、初日の初回。
本当に楽しみにしていた方も大勢だったと思いますが、
困った輩もまた多かったですよね。。。

>「見守っている」おバカな親
>前の席の頭の部分を何故か押しながら行く中年女性

この前の座席を押しながら、というのが実に3往復、
6回も同じ女性にやられたんですよ~
気持ちが入っている時点での映写機トラブルも勘弁して欲しいですね!

DVDも欲しいですが、やはり映画館の大スクリーンで堪能したい!!
今度こそお互いにいい環境でリベンジといきたいですね
にゃむばななさん* (kira)
2009-11-02 12:53:56
>マイケル・ジャクソンが音楽に真摯に向き合ったように、この映画を見る我々も真摯に彼の全てに向き合うべき

全く仰るとおりです!
マイケルの急死以降、たくさんの彼の音楽や映像がテレビで流れて、
家でテレビを観る感覚で来られた方も多かったようです。

これは本当に素晴らしかった!もう一度チャレンジです
マリーさん* (kira)
2009-11-02 22:36:44
マリーさんも~?

マイケルのあの子供時代の鮮烈さ!
私は今はもう連絡の途絶えたたくさんの当時のの仲間がよぎり、
突き上げてくるものがありました。

彼のあのこだわり、自信をもって突き進む先が、
素晴らしいって事、皆は解っていたんですよねぇ・・・。

まさかこの作品に・・?
そんな方が20人も30人もいるとは、、しかも、その多くは中年以上の大人が殆どというのが
信じ難かったです。
BCさん* (kira)
2009-11-02 22:46:04
こんばんは~

仰るように、コンサートDVDのメイキングのためだったかも知れませんね。
もう夏ごろには早速期間限定上映の告知があった早業だったので、
ここまで出来上がっている内容だとは思わなかったです。
決して知ることのない裏舞台を見事な編集でみせてくれて
ただただ感激です
こんばんは~♪ (由香)
2009-11-02 23:30:01
感動したよね~
ニュースなどで見ていたマイケルは、とても弱弱しく見えていたので、こんなにスゴイ映像が見られるなんて、、、正直ビックリしました!!
以前と変わらぬ歌声、そして年齢を感じさせないダンス!!愛のこもったメッセージに涙が出たわ~

マナーが悪い方がいて残念でしたね~
今度は気が散ることなく見れるといいですね!
素晴らしかったです。 (vic)
2009-11-03 22:50:32
本当に、リハーサルだって忘れるくらい、本意気で歌い、踊ってくれていました。
でも、あれでも本番にセーブしていたつもりなんですね。
一度、生のライブ見たかった!
素晴らしさに気付くのが遅すぎました!
たいむさん* (kira)
2009-11-04 12:28:28
これでも全力投球じゃないというマイケルの言葉は本当でしょうね。
彼は「チェック」していたのでしょうから
全く凄いです!!

この作品は、いろんな意味でリピーターが多いでしょう。中には私のような方も。
今度こそ、楽しみますよ、浸ります
オリーブリーたん* (kira)
2009-11-04 12:39:20
やっぱり同世代よ、あたしたち~(笑)

>奇行ばかりが取りざたされた後半だったけど、
>観客が何を求めているか何を与えてあげたいか、しっかりと把握していて、音楽に対する熱い姿に感動しました。

そうなのよね、、、
音楽を愛し、人を愛し、全ての環境に愛を持っていたマイケルを
見失っていたんですよね。

ある意味追悼上映な訳じゃないですか。
それなのに、堂々とゆっくりゆっくり、何度も何人も席を立つって、
わずか2時間じゃないですか、、、。
こういう方はDVDを買ってお家で好きなだけ飲みながら観て欲しいです
yukarinサマ* (kira)
2009-11-04 12:48:55
ここまで出来上がってきた、それまでのマイケルと
中心となって彼を支えてきたスタッフの、
自然な、迫真の日々。
無念の幕切れでしたが、
彼の意思を継いだ形で、これを作品にしてくれた事に、
今はとにかく感謝の想いです

上映時間が長い作品などでは、まぁ、仕方ないかという気もしますが、
帰り際に、缶ビールや飲みかけのカップのビールなどを目にするとうんざりしました
マイケル素敵でした。 (ゆう)
2009-11-05 19:35:01
時間をやりくりして観た甲斐がありました。
ほんとよかった!!
あっという間の111分でした。
もっとずっと見ていたい、そう思うほど
スクリーンの中の彼は魅力的で
カッコよくて、あたたかくて
最高~!!

観終わってしばらく椅子から立てなかったん
ですよ。何ともいえない感情に包まれて.....。
神聖な気持ちになってました。
ヘンな表現だけど....。
由香さん* (kira)
2009-11-05 21:28:06
やっぱりマイケルは常人ではなかったですよね?
あんなに長いブランクの後、
こんなにシャープなダンス!
無理なく伸びる声!

本当に胸の熱くなる映像の数々でした。
今度こそ、いい環境で観たいですよ~
vicさん* (kira)
2009-11-07 21:05:08
本当ですね!
CDも、DVDも、映画もいいけど、
マイケルがこれだけ心血を注いだステージ、
生で見れたら最高だったでしょうね~
しかし、彼の突然の死によってこうして映画化されて
それによって多くの人に理解を得ることになったのも意味のあることでしょうね
ゆうさん* (kira)
2009-11-07 21:13:23
コチラでは上映延長がきまったようですが、
そちらはいかがですか?

リハーサルといえど、乱れや隙の無いマイケルは、
沈黙していた10年ほどの間にも、
ただゴシップに塗れていただけではないということを
暗に証明していましたよね!
これは実にタイムリーで、
満足のいくものでしたね。
同じ時代に生まれてきてくれてありがとう!です
全てはLove (ぺろんぱ)
2009-11-08 07:13:08
やっと、観て来ました。
魅了されました、全てに。ほどばしり出るオーラに圧倒もされ・・・。
「愛」「Love」が、MJの口からつむがれるたび、何だかとても神聖なものに触れたような、そんな気がしました。
観に行って本当に良かったです。
素晴らしいマイケル (ノルウェーまだ~む)
2009-11-09 18:02:59
kiraさん、こんにちは☆
素晴らしいリハーサル風景とマイケルの溢れる愛に、思わず鳥肌が立ってしまいました。
本当に、リハーサルなんですよ?ってかんじで、全てにおいて完璧でしたね。

劇場でマナーが悪い人がいると、本当にがっかりですよね。
私もイギリス人のおじさんに、予告の時にやたら話しかけられて、?と思っていたらすごい接触してくるので、前半3分の1は集中できなくて、泣きそうになりましたよ。
由香さん* (kira)
2009-11-09 23:01:35
ごめんなさい!順番が違ってしまいました!

由香さん、始まって直ぐに、
私も感じてしまいました。こんなに歌えて、こんなに元気じゃん

でも、きっと素晴らしいスタッフの中心にいながら、
理想の高みを目指して、
彼のプレッシャーは私たちには及びもつかないものがあったのでしょう。

ただただ凄い!の一言でした
情報、有難うございました!きっと2回目楽しんできます♪
ぺろんぱさん* (kira)
2009-11-10 12:21:06
普段の私たちの生活には
くすぐったくなる「愛」「Love」も、
MJの口をついて出ると、本当に正しく入ってきますよね・・

観た後私も寄り道したくなったのでした・・・
ノルウェーまだ~む* (kira)
2009-11-12 23:30:34
まだ~む、お返事が遅くてスミマセン

期間限定だというので初日の1回目に行ったんですよ~。
きっとマイケルのファンばかりで、みんな心をひとつに出来ると思っていたら、、
英国おじさんにもそういう人いるんですね~

今度は場所を変えてIMAXで観ようと思っています!
まだ~むもリベンジする?
惜しい (未来)
2009-11-17 00:42:20
このリハーサル風景が‘死’の直前だなんて信じられません。。
これほどまで意欲的で愛情いっぱいな人だとは正直知りませんでした。
まさに努力とプロ根性で、最高のアーティストだったことを
思い知らされました。
相互リンクの依頼 (ミスターシネマ)
2009-11-19 16:18:09
kiraさん、こんにちは!
何度かそちらのブログにトラックバックさせていただいているミスターシネマと申します。

リハとは思えないくらい内容が濃く、足でリズムを踏んだり、肩を動かしてしまうほど見入っちゃいました!
とてもプロ意識の強い方で、マイケルファンじゃない僕にも、十分楽しむことができました!

さて、突然ですが、折り入ってお願いがあります。
実は、相互リンクコーナーを作ろうと考えておりまして、ぜひ相互リンクさせていただきいと思うんですが、いかがでしょうか?
一人でも多くのブログ仲間を増やしたいと思い、依頼をさせていただきました!

僕のブログのタイトルは「必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!」で、アドレスはhttp://mr-cinema-review.seesaa.netです。

それでは、いい返事をお待ちしております~!
どうもどうも! (ミスターシネマ)
2009-11-21 00:12:29
kiraさん、こんばんは!

早速、僕のブログにリンクしましたので、お手数かけますが、kiraさんのブログにもリンクの方をお願いします!

kiraさんのブログは「わがブログ仲間」という項目にあるので、ぜひご確認ください!
未来さん* (kira)
2009-11-22 23:10:04
本当ですよね!
音楽、人類、地球に寄せる、
彼の愛情がこめられたステージだったんですよね
そして、またその発信の場であるステージを
完璧に作り上げようとしていた、見えない努力には、
やはりこういう機会がないとファンは解らないものなんですね。
素晴らしかったです
ご無沙汰しています! (Any)
2009-12-23 14:26:28
kiraさん、こんにちは~
TBありがとうございました。
お忙しそうですが、お身体の方は大丈夫ですか。
すっかりご無沙汰しちゃってましたが、
恭子ちゃんを見る度に「あっ!kiraさん」って思ってました^^

“THIS IS IT”、良かったですね~
DVDは予約済みですが、やはり映画館で観れて良かった!
温存しつつのリハといえ完成度の高さは感涙ものでしたよね。
亡くなって、改めて、マイケルの温かい人柄や
アーティストとしての偉大さを知ることとなり
返す返すも残念でなりません。・・・が!
彼の存在や遺したメッセージは、
この映画を観た人々の胸に刻まれていると思いたいです
ミスターシネマさん* (kira)
2009-12-30 19:29:26
せっかく相互リンクをして下さったのに、
直後から忙しくなり、なかなか劇場へもいけなくなってしまいました

でも、コチラはかろうじて行けてよかったです

私もファンと名乗るほどではないですが、
たくさんのシーンで彼の音楽に囲まれた時代を過ごしてきました。
最期にこんな素敵な彼自身を観られて幸せでした

ミスターシネマさんのところへもちょくちょくお邪魔しています。
お忙しいでしょうが、お互いにマイペースで行きましょう。
良いお年をお迎え下さい
Anyさん* (kira)
2009-12-31 10:54:49
私は時間のやりくりがへたで、今回はいつもに増して
ネットを開く時間がありませんでしたが、
Anyさんこそお元気でしたか?
記事は全てみています。
無骨モノゆえ、お声がかれられませんでした。。

でも、これは劇場に足を運ばれたんですよね
生前のいろんなものを払拭する、マイケルの姿を
タイムリーに見せてくれたのではないでしょうか?
制作費関わった人たちもそうですが、何かまた別の大きな力も働いて、
世界中の人がこの作品を観ることができた様に思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

77 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マイケル・ジャクソン THIS IS IT みました!! (★ Shaberiba )
すごい・・すごい人だ・(涙)ひたすら彼のすごさを思い知る111分!!
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 (きららのきらきら生活)
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」観てきました♪
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (菫色映画)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT2009年 アメリカ 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソンby G-Tools 彼は云った。 「ファンの望みは、日常を忘れること」 その言葉通り、映画の中で彼を観て、日常を忘れた。 マイケル・ジャクソンがもうこの世にい...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」★★★★★ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソン 2009 年6月25日、"King of Pop"マイケル・ジャクソンが亡くなった。享年50。10数年ぶりの歴史的ライブ“THIS IS IT”を目前にした悲劇だった・・・。これは、ひとりの天才エンターテイナーと...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (映画のメモ帳+α)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT 原題   Michael Jackson's This Is It 監督   ケニー・オルテガ 振付   トラビス・ペイン   音楽   マイケル・ビアーデン    撮影   ケビン・メーザー (ドキュメンタリー映画)  2009年6月25日、ya...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Michael Jackson's This Is It。ケニー・オルテガ監督、マイケル・ジャクソン、オリアンティ・パナガリス、ジュディス・ヒル、チャールズ・クラポー。エンドロールの後に映画が完全に終了したら客席から拍手が湧き起こった。映画館で拍手が湧き起こるな...
THIS IS IT/マイケル・ジャクソン (カノンな日々)
マイケル・ジャクソン本人にしてみれば、本番のライブこそが彼の作品であってリハーサルを記録したこの映像は遺作ではないですよね。でもマイケルがいなくなった今となっては偉大な彼の最後に出会える貴重な記録フィルムであることには間違いないでしょう。MTV全盛期の青...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー―   監督 : ケニー・オルテガ 『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』【comment】公開2日目に観に行きました。劇場は前3列...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (KASHIWA一市民)
アリーナ最前列の興奮!! 2009年6月25日に急逝した “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。 本作は、ロンドンで実施予定だったコンサート 「THIS IS IT」の何百時間にも及ぶリハーサルと ビハインド・ザ・シーンの映像を、 『ハイスクール・ミュージカル/ザ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (LOVE Cinemas 調布)
2009年6月25日、“KING of POP”マイケル・ジャクソンが急死したニュースは世界中を駆け巡り、その死を世界中が哀しんだ。幻のロンドン公演「THIS IS IT」、本作はこの公演のために死の直前までリハーサルを繰り返していたマイケルの記録映像と、実際に公演で使用...
◆『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』◆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ケニー・オルテガ監督、トラビス・ペイン振付、マイケル・ジャクソン出演。
「マイケル・ジャクソン This is it」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  大きな存在だったんだなぁ…と、しみじみ…。それほど大ファンだったわけではないのですが、中学生の時に「オフ・ザ・ウォール」高校生の時が「スリラー」という世代なので映画の中のほとんどの曲をリアルタイムで聴いていたからでしょう...
私の誤解を解いてくれた映画。『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 (水曜日のシネマ日記)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのコンサートリハーサルを収録したドキュメンタリー映画です。
MICHAEL JACKSON'S THIS IS IT (犬連れ国際結婚)
今日は、マイケル・ジャクソンの最後のコンサート・ツアーのためのリハーサル・シーンを撮ったドキュメンタリー映画が一般の映画館で上映される初日だそうだ。アメリカの主要都市だけでなく、イギリスや日本の都市でも、同時かそうでないかは私にはわからないけれど、今日...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (心のままに映画の風景)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソン。 数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。 同じ時代に生ま...
劇場鑑賞「マイケル・ジャクソンTHISISIT」 (日々“是”精進!)
マイケル・ジャクソンTHISISITマイケル・ジャクソンTHISISITデラックス・エディション「マイケル・ジャクソンTHISISIT」を鑑賞してきました2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THISISIT”。本作は...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT / This Is It (我想一個人映画美的女人blog)
これは映画じゃない{/atten/}マイケルのLove&soul{/m_0163/}そのもの{/atten/} 世界同時公開な上、たったの2週間だけの上映!!ってことで激混みが予想される土日を避けて行ってきました~。 このドキュメンタリーフィルムは7月に行われる予定だったマイケルのロン...
THIS IS IT (Akira's VOICE)
マイケル,フェーエバー!!!!!!!!!!!!!  
『マイケル・ジャクソンTHISISIT』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THISISIT監督:ケニー・オルテガ振り付け:トラビス・ペイン出演:マイケル・ジャクソン公式サイトはこちら。<概略>2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定だったコンサート「THISISIT」の何百時間に....
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (めでぃあみっくす)
マイケル・ジャクソン。世界で唯一無二のスーパースターであり、最高のライヴに世界で一番心血を注いだ偉大なるエンターイテイナー。そして世界で一番愛された人であり、世界で一番愛に溢れた人。 2009年6月25日に旅立たれてからわずか4ヶ月で公開に至ったこの映画には...
『マイケル・ジャクソンTHISISIT』 (purebreath★マリーの映画館)
        誰も見たことのない彼に逢える。『マイケル・ジャクソンTHISISIT』監督・・・ケニー・オルテガ振り付け・・・トラビス・ペイン音楽監督・・・マイケル・ビアーデンプロデューサー・・・ランディ・フィリップス出演・・・マイケル・ジャクソン他     ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THIS IS IT公開:2009/10/28製作国:アメリカ上映時間:111分鑑賞日:2009/10/28監督:ケニー・オルテガ出演:マイケル・ジャクソン誰も見たことのない彼に逢える。+あらすじ+ 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマ...
*マイケル・ジャクソン THIS IS IT* (Cartouche)
{{{ 2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定だったコンサート「THIS IS IT」の何百時間にも及ぶリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像を、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督・振り付け...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
マイケル・ジャクソンの急逝がなかったら、はたして、この作品は誕生したか?との疑問はさておき、一流のアーティストの才能が満喫できる貴重な音楽ドキュメンタリーだ。2009年6月に死去したキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンが、死の直前まで行なっていたコ...
【95.4Kg】 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
さて、こんばんわです♪ 昨日、30日(金)のブログ更新をサボってしまいましたが、実は会社の部門の飲み会で、夜の23時まで、お酒をガブガブ呑んでしまいました。そして、なぜかなぜか呑み足りなくって、自宅近くの蒲田で独り二次会をしてしまい、25時くらいまで、...
「マイケル・ジャクソンTHISISIT」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
本物のムーンウォークを観た事がある。東京ドームの閉ざされた空間であっても、マイケルの周囲の重力は彼の意のままに変化している、そんな気がした。滑らかにマイケルは後ずさり、すっと宙を指差した。スクリーンの中の在りし日のスーパースターの姿。それは良くあるセレ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (だらだら無気力ブログ)
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのロンドン公演“THIS IS IT”。 マイケルの死によって公演は幻になったが、そのリハーサルを撮り続けて いた映像を公演のクリエーティブ・パートナーであるケニー・オルテガが 映画にまとめ上げた一本。 死の直前まで情熱をか...
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT IMAX版」 (おそらく見聞録)
監督:ケニー・オルテガ(ロンドン公演の監督さん。よくぞ映画にしてくれました) 出演:マイケル・ジャクソン(KING OF POP!!) 10年ぶりとなるツアーに先駆けて、今年の夏、 ロンドンで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS IT...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (せるふぉん☆こだわりの日記)
10月31日(土)やっとマイケルの「THIS IS IT」を見に行く事ができまし
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」  (俺の明日はどっちだ)
Is that all? 何故にここまで短期間に編集され、何故に2週間だけの限定上映なのか?といったその死後も周りの大人に翻弄され続けるのかといった大いなる危惧を軽々と払拭させる、マイケル・ジャクソンのミュージシャンとして人間として、その素晴らしさを伝える記録映画...
[映画『THIS IS IT』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私は熱心なマイケル・ジャクソンのファンではなく、人並みに、子供の頃、「スリラー」のPVに驚嘆し、花見の席の盛り上げに<ムーン・ウォーク>をやってみせる程度の認識である。  ただ、MJの<ネヴァーランド>思想には、共鳴できる部分が50%はあって、本日、...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」みた。 (たいむのひとりごと)
感動した!月並みでチープな表現だけど、もうそれしか言えない感じ。幻となったロンドン公演の、数度のリハーサルと裏舞台で構成されるドキュメンタリー(に近い)作品。(ほとんどライブと思っていいと思うから)。
「THIS IS IT」20世紀最高のキング・オブ・ポップの最後の軌跡を追ったドキュメンタリー (オールマイティにコメンテート)
「THIS IS IT」は2009年6月25日に亡くなったマイケル・ジャクソンさんが行う予定だったコンサートのリハーサル映像を収めたドキュメンタリーである。亡くなってから4カ月が経過するけれど、この映像を観ているとまだ亡くなった実感がないほど素晴らしいプロモーシ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (C'est joli~ここちいい毎日を~)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT’09:米 ◆原題:THIS IS IT◆監督: ケニー・オルテガ「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」◆出演:マイケル・ジャクソン ◆STORY◆2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[マイケル・ジャクソンTHISISIT] ブログ村キーワード 評価:9.0/10点満点 2009年94本目(88作品)です。 【あらすじ】 ロンドンのO2アリーナでのコンサートを1ヶ月後に控え、2009年6月25日に急逝したマイケル・ジャクソンが亡くなる直前まで歌やダンスの特訓を繰り...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (グドすぴBlog)
映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきたよ! 10月28日に全世界同時公開されたけど、どういうわけかたった2週間...
マイケル・ジャクソンTHISISIT★★★★☆劇場131本目:愛情溢... (kaoritalyたる所以)
28日の初日から行きたかったこの映画、やっと観てきました。マイケルのダンスに衰えたところは無いし、歌声もしっかりしていて力強かったから、このライブが行われることなく亡くなってしまったことが、本当に残念でなりません。私が見に行けなくても、ファンの目に焼き...
[映画][劇場公開]マイケル・ジャクソン THIS IS IT 72点 (さとうれおはオレだけか)
ファンではないのに見に行ったが歌詞を知らないので歌詞まで覚えてるファンは相当満足いきそう。 有名な曲の割合が高いのでそんなに退屈はしなかった。 メッセージも込められていて今風の映画のような締めなのは偶然か。
映画「THIS IS IT」 (Playing the Piano is ME.)
密度が高い! これがこの映画を見た感想。 映画も、劇中のリハーサルも、密度が高かったけど、マイケル・ジャクソンという人そのものがとても密度が高いと思いました。
マイケル・ジャクソン/THIS IS IT (ここにあるもの)
KING OF POPのラスト・ステージ 『マイケル・ジャクソン/THIS IS IT』(ケニー・オルテガ監督・2009米) 今年4~6月にかけて行われたロンドン公演のリハーサル記録。 マイケル・ジャクソンが今年6月25日に突然に命を閉じてしまう直前まで、 『T...
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」@109シ... (masalaの辛口映画館)
 日曜日のファーストデイと言う事で客席は満席だ。意外な事に小さなお子さんを連れた家族客が多数いたことだ。 マイケル・ジャクソンTHISISIT 映画の話 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術...
キング・オブ・ポップ~『THIS IS IT』 (真紅のthinkingdays)
 Michael Jackson's This Is It  2009年6月25日、目前に控えたロンドン公演のリハーサルを重ねながら50歳 で逝った天才アーティスト、マイケル・...
★マイケル・ジャクソンTHISISIT(2009)★ (CinemaCollection)
THISISIT誰も見たことのない彼に逢える。メディア映画上映時間111分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/10/28ジャンルドキュメンタリー/音楽映倫G【解説】2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソン....
貴方を忘れない。 (武と映画と日常)
これだけは何があってもはずせないわ!と 思っていた映画を観てきました。 {{{マイケル・ジャクソン THIS IS IT}}}です。 作品詳細は[http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15230/story.html こちら]。 マイケルの全盛時代を知っているだけに ...
THIS IS IT MJはけっして朽ちてはなかった・・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 55 -12- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日観たかったのだけど、目の前でSold Outで今日に持ち越し。 で、今日やっと観れたが・・・・絶句{/b_face2_shock_m/}  2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定...
【THISISIT】★マイケル・ジャクソン (猫とHidamariで)
THISISIT 公式HPTHISISITシネマトゥデイ英題:THISISIT製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年10月28日チェック2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。何百時間に....
★「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは祝日明けの水曜日。 いつもの平日より混んでるな・・・とおもったら水曜日はレディースデイだからなのね。 普通ならコンサートリハーサルの映像映画ならこんなに話題にならないだろうけど、さすがマイケル・・・ 限定二週間の上映も延長決定らしいし、...
2.MICHAEL JACKSON’S THIS IS IT... (犬連れ国際結婚)
この映画の上映が始まった時には、はっきり言って、映画館に行って観るつもりは無かったのだけど、アメリカで観た人達から評判が良さそうだったのと、以前に書いたブログ『MICHAEL JACKSON’S THIS IS IT』にトラック・バックしてくれた....
THISISIT (だめ男のだめ日記)
「THISISIT」監督ケニー・オルテガ出演*マイケル・ジャクソン内容2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復....
" マイケル・ジャクソン THIS IS IT " (CouchCinema*カウチシネマ / b)
公式HP → THIS IS IT! マイケル・ジャクソン。 今年の夏、ロンドンで開催されるはずだった彼のコンサート"THIS IS IT" その100時間以上のリハーサルと舞台裏の貴重な映像から構成される ドキュメンタリー。 コンサートに行くほどのファンではなかったけれど、 最近、洋...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 恍惚のひととき (ノルウェー暮らし・イン・London)
圧倒的な迫力で迫ってきた。 プロフェッショナルをさらに超越したリハーサル風景は、あまりに見事。 何事にも完ぺき主義のマイケルの、本番さながらの歌、そして踊り・・・・ そして全力で一緒に1つのものを作り上げていこうとする、スタッフやダンサーへの愛。 そこ...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                   「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 2009年6月25日に急逝した“KING OF POP”マイケル・ジャクソンの、夏にロンドンで開催されるはずだったコンサート“THIS IS IT”・・。 このコンサートの4月~6月までのリハーサルや舞台...
『THIS IS IT』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「THIS IS IT」 □監督 ケニー・オルテガ □キャスト マイケル・ジャクソン、他■鑑賞日 11月1日(日)■劇場 109CINEMAS(IMAX)■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> マイ...
永遠のマイケル・ジャクソン (美容師は見た…)
  映画館へ行く道中、  『KING OF POP』でテンションアゲアゲ♪  そして帰りも勿論、  ボリュームアゲアゲで帰路に着きましたよ♪  上映後すぐにウルウルして来ちゃいました。  この世にはもう居ない  あのマイケルが現れた途端、ジーン(・・、)    今...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  マイケルが急逝してから約4ヵ月。いまだにはっきりとした死因は不明のようである。だが巷では、過激なリハーサルによる過労とストしス、薬物による副作用が主因との噂も…。 その過激なリハーサルとは、2009年7月にロンドンで行う予定だった「生涯ラ...
映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (FREE TIME)
先日、映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を鑑賞して来ました。
♯49 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (cocowacoco)
映画ドキュメント 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 THIS IS IT        ケニー・オルテガ監督 2009年 アメリカ この作品、評判良いですね~皆さんの記事を読むと、映画館の大画面で観るのをお勧めしてらしたので、それならばと観てきました。 当たりです...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (近未来二番館)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT - goo 映画 11月4日映画館にて鑑賞 マイケルは50歳・・・ だけどこの人に年齢をカウントする事って無意味だっ...
【マイケル・ジャクソン THIS IS IT】音楽は永遠に生きる (映画@見取り八段)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT~THIS IS IT~ 監督: ケニー・オルテガ    出演: マイケル・ジャクソン 公開...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (future world)
マイケル・ジャクソンの偉大さを再認識、 なぜ逝ってしまったのでしょう・・・ 実に惜しいです。。。 鑑賞後即効、アルバム「THIS IS IT」購入しました。 幻となったロンドン公演・・・ そのリハ風景などを期間限定での上映と聞いて、これは是非!と観に行っ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT(映画館) (ひるめし。)
誰も見たことのない彼に逢える。
マイケル・ジャクソンTHIS IS IT(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ファンではない。けど、世界中の人がどうして彼に熱狂するのだろう? が知りたくて「マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:マイケル・ジャクソン 上映時間:111分    突然この世を去ったマイケル・ジャクソン...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 マイケルよ、永遠に (はらやんの映画徒然草)
本作は今年の6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、その死の直前まで準備をしていた
マイケル・ジャクソン  THIS IS IT (映画君の毎日)
<<ストーリー>>2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (夫婦でシネマ)
マイケルはやっぱり素晴らしいアーティストでした!
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Movies 1-800)
This Is It (2009年) 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソン 今年6月に急逝したM・ジャクソンが7月に行なわれる予定だったラストコンサートのリハーサル風景に、関係者のインタビューを交えた作品。 M・ジャクソンに関しては、80年代に「スリラー」等のPVで...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』  (2009) = 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。 照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才...
『マイケル・ジャクソン THISISIT』(2009年) ★★★★★ (どっぷりレビュー)
観よう観ようと思っていたらギリギリになってしまいました。でも、観られてよかった。もう終わってしまったけれど、これは映画館で観ておくべき作品です。-----監督:ケニー・オルテガ出演:マイケル・ジャクソン、その他-----「あくまでもリハーサルだ」とマイケルは怒る...
The King's Legacy 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
――― これがキング・オブ・ポップが私たちに遺してくれた最期の贈り物。 噂に違(たが)わぬ傑作でした。 2009年はあと一ヶ月ありますが、間違いなく今年観た映画のNo.1です。 マスメディアによって徹底的に傷つけられ貶められた天才は、最後の最後、自分では観られる...
【マイケル・ジャクソン THIS IS IT】 (+++ Candy Cinema +++)
    【'Michael Jackson's This Is It'】 誰も見たことのない彼に逢える。 【監督】 ケニー・オルテガ  【上映時間】 111分   【製作...
This is it (犬・ときどき映画)
This is it やっと観ることができました。 終わった後、拍手が湧き起こりました。 正直、死んだ時は最近そんなに出てきてなかったし、奇行もあったし、あの素晴らしい音楽は永遠に残るし、くらいにしか思わなかった。 でも、この映画を観て失ったものは大きすぎると思...
マイケル・ジャクソンの人間力に感動を受ける! (映画と出会う・世界が変わる)
マイケル・ジャクソンに対してはその高い人気と同時にスキャンダラスなゴシップがそれ以上に多く、激しい人生であったと思う。そのようなネガティブな情報により彼の作品を敬遠していた人も多かったのではなかろうか。実は私もその一人であった。しかし、この「THISISIT」...
映画評「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ケニー・オルテガ ネタバレあり
■映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ラゾーナ川崎プラザにある109シネマズ川崎のアイマックスシアターにて、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきました! スクリーンの中で歌い、踊り、語る“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。 アイマックスの大きなスクリーンで観るMJの姿は、圧巻の...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 (シネマ・ワンダーランド)
世界的な米国エンターティナー、マイケル・ジャクソン(1958-2009年)の公演リハーサルの模様を綴(つづ)った音楽ドキュメンタリー「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(2009年、米、111分、ケニー・オルテガ監督、コロンビア映画配給)。この映画は、...
映画『マイケル・ジャクソン ThisIsIt』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-56.マイケル・ジャクソン ThisIsIt■原題:ThisIsIt■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:111分■鑑賞日:10月31日、渋谷シネパレス(渋谷)■公式HP:ここをクリック...
マイケル・ジャクソン/THIS IS IT (のほほん便り)
まず、世界中から集まった膨大な「腕に覚えあり」なダンサー達の、オーディション風景に圧倒。そんな彼等を見て、マイケルを見ると、より別格感、みたいなものを痛感したのでした。ほとんど、ため息もの。50歳にして、あのキレキレ・ダンスは、限りなく神っ!また、コンサ...