to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ワイルド7

2011-12-30 13:56:47 | the cinema (ラ・ワ行)

悪を撃ち抜け
愛を守り抜け

上映時間 109分
原作 望月三起也
脚本 深沢正樹
監督 羽住英一郎
音楽 川井憲次  主題歌 L’Arc~en~Ciel (Ki/oon Records)
出演 瑛太/椎名桔平/丸山隆平/阿部力/宇梶剛士/平山祐介/松本実/要潤/本仮屋ユイカ/中原丈雄/吉田鋼太郎/深田恭子/中井貴一

「週刊少年キング」で連載され、1972年にはテレビドラマ化もされた漫画を映画化したアクション・エンターテインメント
凶悪犯の処刑を許された警視庁の超法規的組織“ワイルド7”。そこに所属する7人のメンバーも飛葉大陸はじめ、いずれ劣らぬ元凶悪犯たち。彼らはワイルド7の創設者にして指揮官の草波勝警視正に率いられ、それぞれの特殊技能を武器に犯罪者を秘密裏に抹殺していく。そんな中、ワイルド7の出動に先回りして標的を仕留める謎のライダーが現われる。ライダーの行方を追う飛葉だったが、今度はウイルスを積んだ飛行船を東京上空で爆破させるというバイオテロの犯行予告が。そして犯人グループを追い詰めるワイルド7の前に、またしても謎のライダーが現われる。さらに、事件の裏側でうごめく驚くべき陰謀の正体が次第に明らかとなってくるのだが…。

逮捕も裁判もなしに凶悪犯を処刑する―。
どうしようもなく凶悪な犯人に対して、そうあれたらスカッとするだろうなあ~という、
少年漫画の中だけでなく、そういう事ってあると思います。私はあります
よく、ゴルゴ13が居ないもんかと思うことがあるんです(笑)

でも、この「ワイルド7」は秘密裏にとはいえ、一応権限を与えられた超法規的警察組織なわけで、
かれらは全員、指揮官である草波勝警視正によって集められ、鍛え抜かれた元犯罪者。
一応、ターゲットは国家の敵、国民の安全を脅かすもので、草波の命令で動くわけですが、
嘗ては悪の側にいた彼らが淡々として命令を受け止め、嬉々として始末する―。
そんな日々の中で彼らのバックボーンとか、男同士の絆であるとか、
蘇る、人を愛しいと想うキモチなどが描かれつつ、十三人の刺客めいたクライマックスに向かいます。




原作ファンは結構厳しいご意見の方もいらっしゃるようですが、
原作設定から40年近くが経ち、それを踏まえて今回キャラ設定も変えられたんでしょうか。
あまり細かいことを気にしなければ、
ライダーはもとより、そうでない単にアクション映画でスカッとしたい方にも楽しめる作品だったのではないかと思っています。
瑛太が殆ど自分でこなしたという時速100Kで恭子ちゃんを後ろに乗せてジグザグ爆走するシーンは
かなりスリルがあります!
このシーンで、最初はちょっと怖がっていた恭子ちゃんが、本番ではユキになりきって、
瑛太をつかむ手にも力が入って、その表情も一変したという記事は前にご紹介しましたが、
恭子ちゃんがカッコイイです
いくら周りの車がプロ集団とはいえ、監督の挑戦を受けた瑛太くんもスゴイ

アクションとは無縁のイメージのこの二人が、なかなかクールで新鮮でした

バイクスタントの第一人者といわれている方が、一番弟子にしたいと仰った阿部力くんも
その昔この作品を映画化する時には自分を使って下さいと監督に申し入れたという桔平ちゃんも、
ちゃんと見せ場がありましたが、でも、最後にさらりと美味しいところを持っていくのは
ナント、あの方


全体に、説明的な部分がない為、この7人のキャラが観てれば解るよ的で(笑)
やや感情移入はし難いですが、
後味は意外に爽やかなので、お正月映画として気楽に観ると楽しめると思います

まあ、「海猿」の羽住監督らしいところは随所に見受けられますが、
極めつけはやっぱりエンディングでしょうね~
でも、壮大過ぎるぐらいの「海猿」の音楽は私はちょっとと思った前作でしたが、
本作の音楽は川井憲次さんやっぱり力強く男性的なスコアで、好かったです

お正月にまた違う友人と、もう一度鑑賞予定です

<年末年始オススメ映画>今冬外せない「M:I」や「源氏物語」「タンタンの冒険」などを紹介
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ワイルド7』予告編 | トップ | 金曜ドラマ「専業主婦探偵~... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JUN)
2011-12-30 17:30:31
私もこの映画観ましたが
大変良かったです…( ̄  ̄) (_ _)うんうん ん
なにより、私の中の 深田恭子さんのイメージが変わりました
良い意味でです( ̄。 ̄ )ボソ...

今年もこのブログ 拝見するの楽しみでした
良いお年を。d('-^o)☆

Unknown (yutake☆イヴ)
2011-12-31 15:08:26
こんにちは☆
自ブログへのご訪問&TBありがとうございました。
痛快~ (cyaz)
2011-12-31 15:36:32
kiraさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
今年もあと数時間になりましたねぇ・・・/face_ase2/}

この映画、バイクシーンや銃撃・火薬もりもりで楽しかったですね
ラストシ-ンでは深キョンも加わり新生ワイルド7が誕生
続編、ありですね

kiraさんにとって、2012が良い年でありますように
JUNさん♪ (kira)
2011-12-31 19:11:04
結構原作ファンの中の思い入れが強い人には
物足りないと、辛口記事を目にし、心配でしたが
JUNさんは楽しめたようで嬉しいです
おまけに恭子ちゃんのイメージが好転?何より嬉いっす

SNSがなくなっても、こうしてブログで近況が知れるのも嬉しいです♪
JUNさんものんびりいいお正月をお迎えくださいね
yutake☆イヴさん* (kira)
2011-12-31 19:17:12
こんばんは!
まだまだ読みたい記事があったのですが、取り急ぎ
恭子ちゃんのこの1本にさせて頂きました。
またお邪魔させてくださいね
cyazさん♪ (kira)
2011-12-31 19:27:07
いつもお付き合いのあるブロガーさんでも、この「ワイルド7」は、
ご覧にならない方が多いのだとうと思っていましたので、
cyazさんがご覧になっていて、しかも単純に楽しめたと仰って、嬉しかったです~
新生ワイルド7なりますでしょうか期待しちゃいます

いろいろとあった今年ももう後数時間
本当に、来年は穏やかながらも上昇機運のとしになりますように!
良いお年を
こんばんは。 (えい)
2012-01-01 21:38:07
ぼくは原作への思い入れはあまりなく、
観る前は、なぜこの漫画を映画に?
と思っていたほどです。
そう言う意味では、
いい方に裏切られ、満足した口です。
映画は映画、
“いま”という時代が出ていて好感が持てました。
ワースト。 (ボー)
2012-01-03 22:58:54
去年のマイ・ワースト映画ですね。
自分の中に原作のイメージがあるのは確かですが、それにしても…。
きょこたんが出ているのが救いでした。
あくまでも個人的意見なので、恋は盲目、愛ゆえに苛烈、とご笑納ください。
えいさん♪ (kira)
2012-01-05 19:19:25
明けましておめでとうございます~
ちょっとお返事の順序を間違えてしまいました。申し訳ないです

いつもコメなしTBで失礼していますが、お邪魔した時はコメント欄も読ませて戴くのですが、
結構厳しいえいさんにこの作品を褒められていたのが
すごく嬉しかったです!

漫画原作ものって難しい上に、かなり時代的にその
犯罪そのものも、オチのつけ方も変わってくると思いますが、
この映画だけをとってみるとかなり幅広い層に楽しめられるエンタメ作品だったと思います。

今年もどうぞ宜しくお願いします
ボーさん♪ (kira)
2012-01-05 19:30:03
明けまして、おめでとうございます
公開前の、ボーさんのコメントで、
不安視されているのは感じていたので、ご覧になるかなぁと思っていましたが、、
やっぱり原作ファンとしてはダメでしたか
恋は盲目、愛ゆえに苛烈―、なのね

ところで、キョン2、NHKのSP「とんび」は7日(土)に前編だよ~
録画して観るよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
2011年11月26日 『WILD7』 日テレホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『WILD7』 を試写会で鑑賞です。 試写会で良かったかなと・・・ 【ストーリー】  ある日、“ワイルド7”の出動を要する事件が発生。メンバーたちが犯人を追い詰めた瞬間、謎のスナイパーが現われ犯人を射殺して逃走する。ワイルド7の飛葉(瑛太)はスナイパーを...
ワイルド7 (だらだら無気力ブログ!)
本仮屋ユイカはほんと可愛いなぁ。
ワイルド7 (佐藤秀の徒然幻視録)
フカキョンは皮ジャンでバイク乗るべきだった 公式サイト。望月三起也原作、羽住英一郎、瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ、 ...
ワイルド7 (はるみのひとり言)
昨日試写会で見て来ました。元犯罪者の中から選びぬかれた7人、通称「ワイルド7」。凶悪な事件に対して発動命令が出され、法を超越して犯罪者を処刑することを許されている男たち。ある事件をきっかけに裏側にある陰謀を知り、国家を敵にまわすことになって・・・。最初...
映画:ワイルド7 理由・利害を超えて突き動かされ、ラストまでハードボイルドに突き進むサマが美しい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本離れした派手なアクションが人気だったコミックが映画化。 のっけからハードボイルド展開。 で そのまんま、ラストまで突き進む! やはりキーは主人公の飛葉大陸(写真) で、英太の飛葉大陸。 甘いマスクながら孤独からくる「鋭さ」をちゃんと両立させて....
映画 「ワイルド7」 (ようこそMr.G)
映画 「ワイルド7」
「ワイルド7」 逸脱する超法規的力 (はらやんの映画徒然草)
望月三起也さんのマンガ「ワイルド7」の実写化作品です。 世代的には自分よりもちょ
ワイルド7 (あーうぃ だにぇっと)
ワイルド7 11月29日@新イイノホール
ワイルド7 (花ごよみ)
原作は1969から79年にかけて 「週刊少年キング」に連載された 望月三起也の漫画ということです。 その漫画の実写映画化。 監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。 元犯罪者から選び抜かれた、 国家の最高機密の特殊機関に属す 7人の強い絆で結ばれた男達、 通称ワイル....
今週も (Break Time)
今朝も、気温の低い日で
ワイルド7 (LOVE Cinemas 調布)
1969年から「週刊少年キング」で連載された望月三起也の漫画で、72年にはTVドラマ化もされた作品を映画化。犯罪者の中から選ばれた7人が悪人を容赦なく“退治”していく痛快アクションエンタテインメントだ。主演は『一命』の瑛太。共演に椎名桔平、阿部力、宇梶...
[映画『ワイルド 7』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私が子供の頃(30年以上前)、既に、何か土臭い劇画に思えていた「ワイルド7」が映画化された。  それほど期待もせず、でも、試写会が当たり、ともあれ観た作品。  こりゃ面白かった!  今年の<ナカデミー賞>のノミネートは決まった!  邦画アクションが、...
ワイルド7 (試写会) (風に吹かれて)
続編はあるのか?公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wild712月21日公開望月三起也の人気コミックの映画化監督: 羽住英一郎  「海猿」シリーズ警視庁の草波警視正
No.292 ワイルド7 (気ままな映画生活)
1969~79年に「週刊少年キング」に連載された望月三起也の人気漫画を、「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が実写映画化。暗い過去を背負った犯罪者から選ばれた7人の警察官(ワイルド ...
ワイルド7 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ワイルド7 オリジナルサウンドトラックリアリティはさておき、アクションはダイナミックな犯罪劇「ワイルド7」。出演者全員が大型免許を取得したというバイク・アクションに注目 ...
【ワイルド7】悪だけど正義! (映画@見取り八段)
ワイルド7 監督: 羽住英一郎    出演: 瑛太、椎名桔平、中井貴一、深田恭子、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ 公開: 2011年12月21日       ...
ワイルド7/瑛太、椎名桔平、丸山隆平 (カノンな日々)
原作コミックのタイトルは耳にしたことはありましたが、見たことはないですしどういう作品なのかもこの映画の予告編で初めて知りました。たぶんその昔TVドラマでは大人気コンテン ...
ワイルド7 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/12/21公開 日本 109分監督:羽住英一郎出演:瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、深田恭子、中井貴一 悪を撃ち抜け愛を守り抜け ある日、“ワイルド7”の出動を要する事件が発生。メンバーたちが犯人を追い...
ワイルド7 (HAPPY LIFE)
ワイルド7  悪を撃ち抜け  愛を守り抜け 2011.11.29 TUE イイノホール ☆2011年12月21日公開 【監督】羽住英一郎 【原作】望月三起也 【脚本】深沢正樹 【CAST】 瑛太 椎名桔平 丸山隆平 阿部力 宇梶剛士 平山祐介 松...
ワイルド7(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
原作は自分が生まれる前!に少年キングに連載されていた漫画です。リアルで読んでた人って、この映画観にきたりするのかな。 凶悪犯の中から選ばれた7人が、警察の特別部隊として犯罪者を始末していく。しかし事件発生から通報までの不自然なタイムラグに疑念を抱いた草...
『ワイルド7』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワイルド7」 □監督 羽住英一郎□脚本 深沢正樹□原作 望月三起也□キャスト 瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部 力、宇梶剛士、平山祐介、松本 実、       要 潤、本仮屋ユイカ、中原丈雄、吉田鋼太郎、深田恭子、中井貴一■鑑...
「ワイルド7」 (元・副会長のCinema Days)
 劇中に登場する公安調査庁情報機関(PSU)の本部が福岡市博物館になっていたのには吹き出してしまったが、それ以外には別に特筆すべき点もあまり見当たらない、低調な活劇編と言って良いだろう。60年代末から70年代にかけて少年誌に連載されていた望月三起也の....
ワイルド7 (うろうろ日記)
試写会で見ました。凶悪犯を制圧するために元凶悪犯で編成したチームを作った中井貴一
映画『ワイルド7』★そういう殺(や)り方もある^^;~雑感です。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      公式サイトです。  http://wwws.warnerbros.co.jp/wild7/index.html  作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156318/   ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     極悪人を...
ワイルド7 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画   昔の漫画がドラマになったり映画になったりとリバイバルではないが今年は他の媒体になるのが多い年でした。このワイルド7も昔漫画だったもの。残念ながら、私は原作を見ていません。   派手な銃撃戦も面白いが、本間ユ...
ワイルド7 (とりあえず、コメントです)
「週刊少年キング」で連載された望月三起也原作のコミックを原作に映画化した作品です。 予告編を観た時、黒いスーツとバイクが何だか特撮ヒーローものみたいでカッコいいなあと気になっていました。 “超法規的”に悪党を倒していく彼らの活躍は、ちょっと昔懐かしい雰囲...
『ワイルド7』 (ラムの大通り)
「結論から先に言うね。この映画はオモシロい」 ----あれれ、いきなりだニャ。 確か、この原作、そんなに好きじゃなかったのでは? 「イヤ、好きも嫌いも、 連載が『少年キング』。 あの頃、マンガが好きで マガジン、サンデー、チャンピオンは読んでいたけど、 さすがに....
「ワイルド7」 (或る日の出来事)
これ何?
ワイルド7 欲張りすぎずにもすこし丁寧に作って欲しかったなあ (労組書記長社労士のブログ)
【=65 -12-】 原作は週刊少年キングに連載されていた、望月三起也らしく映画を観ているみたいなアクションシーンに子供心にドキドキするお色気にそしてバイクとバイオレンス、燃えた~! テレビドラマはもっとかっこよかった、飛葉演じる小野進也がむちゃくちゃかっこよ...
ワイルド7 (銀幕大帝α)
11年/日本/119分/アクション/劇場公開(2011/12/21) -監督- 羽住英一郎 過去監督作:『逆境ナイン』 -主題歌- L’Arc~en~Ciel『CHASE』 -出演- ◆瑛太…飛葉大陸 過去出演作:『一命』 ◆椎名桔平…セカイ 過去出演作:『アウトレイジ』 ◆丸山隆平…...