to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

東京島

2010-09-09 23:54:03 | the cinema (タ行)
あなたなら、
どうする。

製作年度 2010年
上映時間 129分
原作 桐野夏生 『東京島』(新潮社刊)
脚本 相沢友子
監督 篠崎誠
出演 木村多江/窪塚洋介/福士誠治/柄本佑/木村了/染谷将太/テイ龍進/趙民和/鶴見辰吾

直木賞作家・桐野夏生の同名ベストセラー小説を原作に、無人島に漂着した23人の男と唯一の女性である40代の主婦が織り成すサバイバル生活を描いた人間ドラマ。
結婚20周年を記念した世界一周クルーズの旅の途中で嵐に遭い、夫の隆と共に無人島に漂着した主婦、清子。意外にも、たくましくサバイバル生活に順応していった清子は、対照的に心身共に衰弱していくばかりでまったく役に立たない隆に苛立ちを募らせる。救助の船は一向に現われず、絶望がよぎり始めた頃、新たに16人の若い男たちが流れ着いた。彼らは与那国島でのきついバイトから逃げ出して遭難した日本人のフリーター集団だった。共同生活を始めた彼らは、いつしか島を“東京島”と呼ぶようになった。そんなある日、隆が崖から不可解な転落死を遂げる。それでも、男たちに大事にされ、女王のような扱いにまんざらでもない清子だったが…。

特にコレといって観たいものがないけど、時間もあるし、原作は「魂燃え!」の桐野夏生だし、で、観たんですが、、、、なんというか.....
ナンとも云えません(笑)
唯一つハッキリしている事は、コレDVDだったら確実に早送りしちゃって、30分ぐらいで済んじゃうだろうなぁってこと。
イヤ、あくまでも私の場合ってことですが
限定された「島」の住人たちのキャラが描けてないし、その中でヒロインが女の武器を使って生き延びる・・っていう中に緊張感が殆どないから、やたら長く感じて退屈。
中盤からはもっと退屈(笑)

で、桐野夏生さんの原作のモデルが、アナタハンの女王事件であるけど、原作のヒロインは40代のオバサンになっているという情報は得てました。
この実際はまだ25歳の人妻を、40代にしたという所で、なんとなく原作者の意図は感じられましたが。。。
ってか、その状況を作り出すのに、そもそも「与那国島」のきついバイトっていうのがワカラナイ
集団脱走をするくらいの過酷なバイトが想像できないので、この時点でもう嘘くさい気がしてしまった私
だってどうしても彼らが、家を離れて過酷なバイトに飛び込んでいった若者たちにみえなかったのですもの。

だから、肉食系中年女子VS草食系男子もなんだか嘘っぽく、
加えて舞台が南の島らしいので、時間の経過がわかり難いのも、彼らの変化にいちいち違和感がつきまとったり、
終盤に現れる怪しい日本語を喋る連中が出てくるに至っては、都合良過ぎで、益々詰まらなくなってしまった

序盤、あっという間に消えてしまう清子の夫の鶴見辰吾サンですが、一瞬なのに凄いっ!
もう、あのシーンで成田離婚という言葉を思い出しましたから~(笑)
そう、ここはまさにあの昭和とともに消滅してしまったバブル期、トレンディな新婚夫婦に訪れたあの「成田離婚」の心理です。

ただこれは、脚本とか制作側の意図的なものだと思いますが、
死亡率が高いわりに、それによる登場人物のリアクションが雑で、
なので、夫が邪魔だと感じるようになって、リーダー格のカスカベのものになる辺りの見せ方もキレイ過ぎ。余りに淡々としてかなり置いてきぼり感がありました。

これは逆ハーレム状態の男女のサバイバルものとしての情報を持って観に行かれた方と、
原作ファンの感想を訊いてみたいところ。

まぁ、今年は例年に比べて劇場鑑賞は厳選しているため減ってはいるんですが、、今までのワーストってところです

あ、そうそう。
中国人集団の、ナンバー2的なムン役の俳優さんは、チョット見ダニエル・ウー(呉彦祖)に似ていましたね~!
ちょっとごっつい感じがしましたが、違う、別人だと確信が持てるまでなんとなく期待しました~(笑)
予告も観なかったし、木村さんと窪塚クン以外の出演者を全く知らなかったのででもその勘違いがあって少し楽しめました(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「恋愛戯曲」主題歌のPVに♪ | トップ | 雑誌♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
男女逆転~ (cyaz)
2010-09-10 08:19:20
kiraさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
また6周年のお祝いコメント、ありがとう~
kiraさんはもうすぐ満4周年かな(笑)

ところでこの映画、
“お山の大将”ならぬ“お島の女将軍”的映画でしたね(笑)
プリプリムチムチの若い男子のおしりはいかがでした(笑)
そういえば、もうすぐやはり男女逆転の『大奥』が公開されますね
違った意味で楽しみです
cyazさん* (kira)
2010-09-10 15:39:30
cyazさん♪
いつもチョット遅いお祝いコメになってしまいます~
愛あるcyazさんのレビュー、いつも楽しみにしています。
これからもどうぞよろしく☆

オトコは力、とかリーダーシップを求められ、
女は??でしたね~(笑)
昭和のころは明治の女は強い!と思っていましたが、
今の子たちからすると昭和の女は強い!になるでしょうか(笑)
『大奥』どう決着つけるんでしょうか~楽しみですね
お久しぶりです。 (rose_chocolat)
2010-09-11 04:28:20
ワーストですか(笑)
それでもいいかもしれません。

原作読んでますが、いやらしさとかが全てなくなってました(笑)
あれじゃ意味が伝わらないと思うんですよね。
他に観る作品がないときに (ituka)
2010-09-11 10:02:58
この映画の舞台設定からいくと、『告白』以上の期待感を持っていたんですよ。
でもね、これじゃあアカンですよね^^;

そうそう、草食系の日本人青年らのバイトとか
住民らの性格付けとか説明不足でした。

この映画はすべてのシーンで観客の意表を突くことだけに拘った作品かなと。
小ネタでウケを狙うには、舞台設定で期待を持たせ過ぎかな~と(笑)

3番目の夫の福士くん(?)でしたっけ?
ゴルフの石川リョウくんに似てて、できれば島で打ちっぱなしとかすればいいのにとか
意味のないことを妄想していました^^;
rose_chocolatさん* (kira)
2010-09-11 14:22:15
お久しぶりです♪
もしもファンの方が、、と思うと、
この一言は・・と思いましたが、それ程にアレな出来だと

ホント、全く浅い人物描写でした。
極めつけは清子がワタナベを毛嫌いするのがなぜなのか?
単に相性が悪いと思ったのか??
それなのに!?でしたよ(苦笑)
itukaさん* (kira)
2010-09-11 14:34:55
おお~!!
男性はそうかも知れませんね(笑)あ、イヤ、これは女性も
トクベツな好奇心があったやも知れません(笑)
ま、私は地味目なキャストだったし、少しも期待してなくて、
面白かったらめっけもんぐらいの気持ちで行ったんですが、
プレミアシートだったので(爆)途中退席はかろうじてしませんでしたが、
2組ほど帰られましたよ

原作の理解と表現に、なんかもの凄く足りない何かが
このスタッフにあったということでしょうかねー

ああ、記憶喪失の夫ね(笑)そういえば似てるわ~
精悍さにやや欠けて、「やや石川諒」でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「東京島」 (ようこそMr.G)
映画 「東京島」
劇場鑑賞「東京島」 (日々“是”精進!)
「東京島」を鑑賞してきました実在の“アナタハン島事件”をモチーフに、無人島に漂着した1人の女と数10人の男たちが極限状況で繰り広げる欲望とサバイバルの行方を、グロテスク...
『東京島』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「東京島」□監督 篠崎 誠□脚本 相沢友子□原作 桐野夏生□キャスト 木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、染谷将太、鶴見辰吾 ■鑑賞日 8月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆...
『東京島』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、桐野夏生原作、篠崎誠監督、木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、 木村了、染谷将太、山口龍人、南好洋、結城貴史、清水優、阿部亮平、テイ龍進、趙民和、 鶴見辰吾出演。
東京島 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】 これって命がけのサバイバル映画でもないのね。
『東京島』 (Cinema + Sweets = ∞)
先日の休みにGAGAモバイルでもらった観賞券を使って、『東京島』観てきましたー。 新宿だと上映館がバルト9でちょっと久々に行ってしまった、バルト9。 どうも、あの階まであがらなきゃいけないと思うと、エレベーターがあるとは行ってもなんとなく敬遠しがちで。。。 ...
「東京島」逆ハーレムin無人島! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[東京島] ブログ村キーワード  “谷崎潤一郎賞”を受賞した桐野夏生原作のベストセラー小説(モチロン、吾輩は未読(^^;!)の映画化。「東京島」(GAGA★)。南海の無人島を舞台に、23人の男と1人の女が、“愛と憎しみのサバイバル”を繰り広げます。  清子(木村...
『東京島』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:篠崎誠原作:桐野夏生出演:木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、染谷将太、山口龍人、南好洋、結城貴史、清水優、阿部亮平、テイ龍進、趙民和、鶴見辰吾公式サイ...
『東京島』 なぜ24歳ではないのか? (映画のブログ)
 一見して判るように、東京島とは現代日本の縮図である。  だったら日本島という呼び名でも良さそうだが、日本はもともと島国であるし、す...
東京島 (映画通信みるみる)
自立し強く生きるのよー!みたいに強くは主張しない。 のほほんとしながらも、ずぶとく生き抜こうとする木村多江が、なかなか良い。 桐野...
東京島 (だらだら無気力ブログ)
直木賞作家・桐野夏生の同名ベストセラーを原作に、無人島に漂着した 数十人の男と女1人が織りなすサバイバル生活の行方を描いた人間ドラマ。 40代の主婦が自分が唯一の女性であるという状況を武器に困難な状況に 立ち向かいつつ、島での人間関係がいろいろと変わってい...
「東京島」 (みんなシネマいいのに!)
 相原コージの「コージ苑」で、無人島に不細工な女と二人きりになった男が、最終的に
■映画『東京島』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
22人の若い男たちと狭い南の島に閉じ込められた40代女性のサバイバルを描いた映画『東京島』。 原作の桐野夏生のファンで原作も読んでいるため、楽しみに観に行ったこの作品。 原作での主人公は、小太りで、決して美人ではない40代女性という設定でしたが、映画版の主...
【東京島】 (日々のつぶやき)
監督:篠崎誠 出演:木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、阿部亮平、鶴見辰吾  私は生きる。男たちはどうする。 「夫婦で船旅をしている途中で嵐にあい漂着した無人島。 そこに過酷なアルバイトから逃げ出して来た16人の若いフリーターの男たち、そして密航に
東京島☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作読んでからの観賞になりましたが、木村多恵と清子さんのイメージ・・・ギャップあるんじゃない?なんて予告観た限りでの感想。ところが、意外にも・・・合ってる(笑)したたかにたくましく、自己本位・・・生き延びるための選択には、本能的に間違わない。やっぱり女性...