to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

図書館戦争

2013-05-14 15:09:18 | the cinema (タ行)

製作年度 2013年
上映時間 128分
原作 有川 浩『図書館戦争』シリーズ(角川書店刊)
脚本 野木亜紀子
監督 佐藤信介
音楽 高見優
出演 岡田准一/榮倉奈々/田中圭/福士蒼汰/西田尚美/鈴木一真/相島一之/嶋田久作/栗山千明/石坂浩二/橋本じゅん
メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)は、憧れの図書隊員になる。担当教官・堂上篤(岡田准一)の厳しい指導を受け、女性で初めて図書特殊部隊に配属された郁。そんなある日、図書隊とメディア良化委員会の対決が避けられない出来事が起きる。

一番の私の映画友は、実は昔からのジャニファン。
いつも私のリクエストに付き合ってくれるので、今回は彼女の観たいこの作品にお付き合い♪
原作が「フリーター、家を買う。」「阪急電車~」の有川浩さんということで気にならなかった訳ではないのだけれど、キャストに惹かれなかったというか。
ですが!
コレが結構面白かったんです

図書館の自由に関する宣言で幕を開けるSFですが、
この4項目の網領(こうりょう)は1954年から実際に存在しているものですが、
それをみつけてこのパラレルワールドを創り、図書隊を創り上げていく有川浩氏の
イマジネーションが凄いと感じます

女性ながらミリタリーものを得意分野としている有川さんだけあって、
図書隊の訓練、敵対するメディア良化委員会の執行隊とのバトルも、迫力はあるんだけど、
ラブの絡ませ方も含めて、どこかやっぱり女の子向けかな~という印象

女の子のお仕事モノ、という設定も、
主人公・笠原郁の天真爛漫“王子様”発言が
男所帯の図書隊で公言されるなどは、やっぱマンガちっくだわー
同じミリタリー系なら、現在放送中の同じ有川さん原作の「空飛ぶ広報室」の方が自然かな。

ただ、これはやっぱり岡田クンあっての成功作だという気がしますね♪
クライマックスの堂上(岡田)vs武装組織(鈴木一真クン)の対決は超~~迫力。
番宣でのトークで、彼が3種の格闘技のインストラクター資格を持っている事を知ったのですが
流石のアクションシーンを見せ付けてくれます!


他キャストでは、笠原郁の同期でライバル役の福士蒼汰くんは、朝ドラ「あまちゃん」にも出演中の方なんですね~。
妙にフォーカスされていて??だったんですが仮面ライダー出身だとか。
子供が大きくなるとその辺が疎くなってしまいます(笑)
栗山千明さん、頼りになる先輩と思いきや、同期だった!?なかなかカッコイイです
後、私の中では怪優という位置づけの橋本じゅんさんが、今回は美味しい
それと、
図書隊創設者の稲嶺は、有川さんが児玉清をイメージに書かれたという事で、
今は亡き児玉清さんが写真出演されていました。
ちゃんと世の中にメッセージを送っておられた児玉さん、ソコの所も好い着目でしたのに。。

興行的には「藁の楯」を上まっているこの作品が、明るいし一般受けし易いというのは解ります。
個人的には「藁の楯」の方が見応えがあり好みでしたが、
コチラはオバサンな私も楽しめたけどやっぱりライトノベルな若い層向け、という気がしました
デートムービーとしてオススメ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワン・デイ 23年のラブストーリー | トップ | 種まく旅人~みのりの茶~ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-05-14 23:26:24
こんちは。

ちなみにそこそこ女の色気を醸し出してる栗山千明さんは先輩ではなく、榮倉奈々ちゃんの同期と言う役どころです。
こんにちは♪ (yukarin)
2013-05-15 12:49:32
ほんと岡田くんあってのこの作品ですよね。
アクションのキリもよくカッコ良かったですわー。
内容的には私も「藁の楯」のほうが好みかも、、、
でも面白く見られました。
こんばんは (ituka)
2013-05-15 20:12:59
なんと!有川浩さんって女性でしたか!これこそビックリよ(笑)
近未来背景といい、言われるようにミリタリー関係とか結構妥協をゆるさない感じでしたよね。
彼女は日本のキャスリン・ビグローなんでしょうか(笑)

普段邦画は、あまり観ないけどこれなら続編観たいって思いますよ。
ふじき78さん♪ (kira)
2013-05-16 21:21:35
こんばんは~

>そこそこ女の色気を醸し出してる栗山千明さんは
ご指摘有難うデス!ちょこっと訂正しておきました~
まあ、無難に楽しめたカンジでした~
yukarinさま♪ (kira)
2013-05-16 21:59:38
うん♪
愉しかったけど、ちゃんとメッセージも感じるんだけど、
やっぱりどこかカルイ(笑)
その軽さが、子供っぽいラブも含めて大衆受けするのねぇ~
終わってみれば岡田君のアクションが凄かったしか残ってない
itukaさん♪ (kira)
2013-05-16 22:06:26
そうなんですよ~。なんか、幼稚園のセンセイみたいな女子ですよ~。

>彼女は日本のキャスリン・ビグローなんでしょうか
ううう~~・・・
コレは双方のファンのために、ノーコメントにしてくださいっ

有川さんはやっぱりカワイイ女性目線な感じで、そこがなんかイイんですよね~

>普段邦画は、あまり観ないけどこれなら続編観たいって
うわ~~ぃ
邦画、応援しましょー
こんにちは (たいむ)
2013-05-17 15:45:26
あの世界観だけに、とんだ茶番劇になり兼ねないところをよくぞ踏ん張り、カッコ良くも可愛らしくも作り上げてくれたものと、原作ファンとして思っております。

まぁ岡田くんのアクション目当てっていうのもアリだと思いますが(笑)
たいむさん♪ (kira)
2013-05-18 12:36:06
こんにちは~

>あの世界観だけに、とんだ茶番劇になり兼ねないところを
ホントですよね~
みなさんのレビューでも、原作ファンも概ね満足という印象は、
有川さんの他の映像化された作品にも通じるものがありますね!
やっぱり原作がしっかり描かれているってことなんでしょうか

岡田君の最後の「!んなこと・・・!」が可愛かったッス
これはこれ (sakurai)
2013-05-21 14:47:11
藁は藁・・ですかね。
こっちはファンタジーですもんね。
いやーー、准ちゃん萌えぇ~のおばさんにはとっても嬉しい作品でした。なはは。

フォーゼは、子供らがずっとみてたんで、付き合ってみてました。あの時はモヒカン頭だったんで、こんなにいい男だとは思わなかったのですが、福士君、今年ドカンと行きそうですね。
毎朝、出てるし!!
sakuraiさん♪ (kira)
2013-05-22 13:04:59
藁はカンヌでは理解されなかったようですが、
三池監督の対応はやんちゃな彼らしくないオトナなもので、そこでまた惹かれました

友人は昔一緒にV6を、子供と一緒に追いかけた&ヒーローショーも
常に一緒に並んだひとなので(笑)なんというか、ちょっと親目線なところもあるのですが、
もう岡田くんが濃くて、可愛くて(笑)オマケにかっこよかったからOKだと申しておりました

ライダー出身の子って、みんなチャンスを貰えて、
この役もなかなかよかったのでは?人気でそうですよね
こんばんは~ (マリー)
2013-05-25 20:59:48
岡田くんが本当によかったよね~~~。
私、ツンデレに弱いんですが(笑)かなりきてました!
まぁ相手役がちょっと苦手な女子なんで
そこはイマイチだったのだけど
それを上回る面白さで満足してま~す。

そうそう、福士くんは今イチオシ~。
朝ドラでは高校生ですが、なっかなか萌えセンパイなんです~。
マリーさ~ん♪ (kira)
2013-05-27 12:11:06
今回この作品のみなさんのコメントを総合するに
やっぱり岡田くん目当てで女性陣が満足し、
原作ファンの男性陣には概ね榮倉さんは好評?(笑)
もっというと、オトナ女性には榮倉サン苦手と仰る方も多かったような?
この作品のキャラはあっていたと思うのだけど、私も彼女苦手が治るまではいかなかったな~

福士くんはお初でした。
イチオシなの~?この作品でも結構押されているのは感じました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「図書館戦争」を観ました!!(2013-07) (馬球1964)
映画「図書館戦争」を観ました!!
図書館戦争  監督/佐藤信介 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  榮倉 奈々  福士 蒼汰  栗山 千明 【ストーリー】 メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった笠原郁は、憧れの...
映画『図書館戦争』 (頑張る!独身女!!)
近未来
『図書館戦争』 (みかん星人の幻覚)
本好きを夢中にさせている、有川浩さんのシリーズ『図書館戦争』を、雑誌『ダ・ヴィン
図書館戦争 (花ごよみ)
有川浩の人気シリーズ 「図書館戦争」の実写化。 メディアの検閲が正当化され、 表現の自由が規制される中、 本を守り読書の自由を守るため、 図書館の自衛組織、図書隊と、 悪書と決めつけられた本を 検閲する組織が戦う話。 監督は佐藤信介。 主演は岡田准一と榮倉...
図書館戦争 (勝手に映画評)
シリーズ発行部数400万部を超える大人気小説の映画化。いきなり言ってしまいます。イイです!結構良いです! 主演は、雑誌『ダ・ヴィンチ』の読者投票で、それぞれ1位を取った岡田准一と榮倉奈々。いやぁ、投票一位だけあって、確かにイメージにピッタリの配役ですね。....
『図書館戦争』 2013年5月1日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『図書館戦争』 を観賞しました。 今日は映画の日なので¥1,000-です(笑) 【ストーリー】  メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつて助けてもらった...
図書館戦争 (だらだら無気力ブログ!)
榮倉奈々の制服姿がイイ!
図書館戦争 (うろうろ日記)
試写会で見ました。監督と岡田くんと榮倉さんが来られてました。皆さん、キャアキャア
図書館戦争/岡田准一、榮倉奈々 (カノンな日々)
私の大好きな作家・有川浩さんの代表作「図書館戦争」が実写映画化され待望の公開日を迎えました。私も原作を読んだとき、これを実写化するなら主人公の笠原郁役は榮倉奈々さんし ...
『図書館戦争』をトーホーシネマズ錦糸町1で観て、久々に演出の力技を観たぞふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★本来は映画として成立しえない素材をどうにかして見せた】 まず、原作は未読。 作品としての付き合いはアニメ映画1本の鑑賞のみ。 なので、詳しくはな ...
<図書館戦争 試写会> (夢色)
ようやく公開に間に合った。。。ずーっと楽しみ半分 緊張半分 で待ってた図書館戦争 試写会 レポ。ネタバレ かつ 超個人的 かつ 読んだor観た前提で書く感想 & あるパートに毒吐き ですので、観たくない方は回れ右で~。まず最初に、どうやってあの世界状況を説...
劇場鑑賞「図書館戦争」 (日々“是”精進! ver.F)
本が、未来を伝える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304290001/ 図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)有川 浩 徒花 スクモ 角川書店(角川...
図書館戦争 (いい加減社長の映画日記)
前から気になっていた作品・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 正化(せいか)31年、あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた日本。 公序良俗を乱す表現を取り締まるために、武力も厭わぬ検閲が正当化されていた。 そんな時....
『図書館戦争』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「図書館戦争」□監督 佐藤信介□脚本 野木亜紀子□原作 有川 浩□キャスト 岡田准一、榮倉奈々、栗山千明、田中 圭、福士蒼汰、西田尚美■鑑賞日 4月28日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、...
図書館戦争 (Akira's VOICE)
百科事典のような面白さ。  
図書館戦争 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/04/27公開 日本 128分監督:佐藤信介出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、鈴木一真、相島一之、嶋田久作、児玉清、栗山千明、石坂浩二 本のために、あの人のために。 [Story]メディアに対する取り締まりを正当化する法律&ldquo...
図書館戦争 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 今に見てろ!チビ、大っきらい!(爆)
『図書館戦争』 (beatitude)
近未来の日本。各メディアにおける風紀を乱す表現を武力の行使をも厭わず取り締まる『メディア良化法』が施行された。それから30年後の正化31年、『メディア良化法』による検閲に対抗し読書の自由を守るために結成された図書館の自衛組織・図書隊に笠原郁(榮倉奈々)が入...
図書館戦争 (そーれりぽーと)
読もうと思ってた原作本がどこに仕舞い込んだのか、買ったこともすっかり忘れて結局読んでいない原作が映画化された『図書館戦争』を観てきました。 ★★★★ トンデモ設定のパラレルワールドでの出来事ながら、主題の図書検閲に対する危険性よりも、日本の政治で憲法改...
図書館戦争 (とりあえず、コメントです)
有川浩著の同名小説シリーズを岡田准一&榮倉奈々主演で実写映画化した作品です。 原作が大好きなので、ぴったりなキャストの二人がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみにしていました。 緊張感と共に始まる物語は、とても可愛い恋と共にどんどんハードな戦いへと向かって...
図書館戦争 (2013) 128分 (極私的映画論+α)
 「焚書坑儒」って単語を思い出しました(笑)
「図書館戦争(実写・2013)」 原作に忠実 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんの小説「図書館戦争」の実写映画化作品です。 有川さんと言えば、4-6ク
[映画『図書館戦争』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予備知識がなく観ました。  基本、私は、この、なんちゅうか、ライトノベルによく見られるような、例えば、生徒会や図書委員会、風紀委員みたいなのが一つの権力のように描かれるような作品が嫌いで、  この作品も、その流れのものだと思っていた。  そしたら、書...
『図書館戦争』('13初鑑賞36・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月27日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:20の回を鑑賞。
「図書館戦争」みた。 (たいむのひとりごと)
私が有川作品にはまった最初の作品(シリーズ)がこの「図書館戦争」。既にアニメ化やコミカライズされており、原作ファンとしてどちらもそこそこ良い出来だと思っているけれど、おそらく実写化だけは満足できるもの
『図書館戦争』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
公序良俗を乱す表現を取り締まるためには武力の行使も厭わないという、法によりメディアが統制された架空の世界、図書館だけは武装した図書隊を結成し、その検閲・弾圧に屈していなかった。かつて出会った図書隊員に憧れて入隊した笠原郁をヒロインに、鬼教官の堂上や同期...
図書館戦争 (迷宮映画館)
アタック・チャーーーンス!!
図書館戦争 実写(2013) (単館系)
図書館戦争 MOVIXさいたま 2013年4月27日公開 メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が 施行されてから30年がたった日本。 読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつ...
映画『図書館戦争』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-36.図書館戦争■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:128分■観賞日:5月1日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,000円 □監督:佐藤信介□原作:有川浩◆岡田准一(堂上篤)◆榮倉奈々(笠原郁)◆田中圭(小牧幹久)◆石坂浩二(仁科巌...
「図書館戦争」 (ここなつ映画レビュー)
「図書館」と「戦争」。息子の二大好きな単語がタイトルの作品、何しろ夜道で判明できない程真っ黒に日焼けした野球少年なのに歴年図書委員だし、勝負に対する執着はあまりの事に学童保育クラブの先生に注意を受けた事がある程。「図書館戦争」が公開されるや否や、観に...
図書館戦争 (銀幕大帝α)
2013年 日本 128分 アクション/ロマンス/コメディ 劇場公開(2013/04/27) 監督:佐藤信介『GANTZ』 原作:有川浩『図書館戦争』シリーズ 出演: 岡田准一:堂上篤 榮倉奈々:笠原郁 田中圭:小牧幹久 福士蒼汰:手塚光 西田尚美:折口マキ 橋本じゅん:玄田....
映画評「図書館戦争」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり
図書館戦争 (のほほん便り)
先にアニメ版「図書館戦争-革命のつばさ」の方を見てたので、実写版になると、どんな風に、との好奇心があったのですがそれぞれに、それぞれの味があって、「…なかなか…」でした。監督は。『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介だけに、アクション・シーンは迫力です。「SP...
図書館戦争 (いやいやえん)
設定が面白い上に軽いロマンス部分がいい味を引き立ててくれてる。憧れの王子様が誰かなんてすぐわかっちゃうもんね。岡田くんはジャニーズの中じゃ一番かっこいいと個人的に思っているので、目の保養にもなりました。 キャラクターたちは投票選出のイメージそのまま...
図書館戦争 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:佐藤信介 出演:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、栗山千明、石坂浩二 【解説】 『阪急電車 片道15分の奇跡』などの原作者、有川浩の代表作を基に、岡田准一と榮倉奈々が本を読む自由を守る自衛組織の隊員にふんするSFアクション。国家によるメディア検閲....
図書館戦争 (Yuhiの読書日記+α)
この間テレビで放送していた「図書館戦争」の映画版を録画して本日見てみました♪ 実はずっと、この原作の本を読んでみたかったのですが、図書館ではいつも借りられていて、ついつい忘れてしまっておりました。 で、映画版をテレビで放送してくれるというので、ラッキーと...