to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ブタがいた教室

2008-11-05 23:54:41 | the cinema (ハ行)
“いのち”の長さは
誰が決めるの?

製作年度 2008年
上映時間 109分
原作 黒田恭史 『豚のPちゃんと32人の小学生』(ミネルヴァ書房刊)
監督 前田哲
音楽 吉岡聖治
出演 妻夫木聡/大杉漣/田畑智子/池田成志/ピエール瀧/大沢逸美/戸田菜穂/原田美枝子

1990年に大阪の小学校で実際に行われ賛否両論を巻き起こした授業を映画化。食育といのちの大切さをテーマに“子ブタを自分たちで飼育し自分たちで食べる”という実験的な実践授業に挑んだ新任教師の星先生と26人の生徒たちの1年間を見つめ、最終的にブタの処遇を巡ってクラスを二分しての白熱の議論を戦わせるさまをドキュメンタリー・タッチで綴る。
4月。6年2組の担任となった熱血新米教師の星先生は、ある大胆な授業を計画していた。それは、生徒たちに生きているものを食べるということに真剣に向き合ってもらおうと、最終的に自分たちで食べることを目的に、1年間クラスでブタを飼育してみようというもの。星先生の熱意が伝わり、校長から学校でブタを飼う許可も無事取り付け、星先生と26人の生徒たちによるブタの飼育が始まる。生徒たちは子ブタを“Pちゃん”と名付け、一生懸命世話して可愛がるようになるのだったが…。

最初にこの作品は、映画の半券がベル・マークになります。という説明文が出ます。
映画としては初の試みだそうで、
お子さんがいらっしゃる方は是非お子さんにあげて、学校に持たせてください。
不景気の折から、いろんな製品からベルマークが消えていきました。
卒業までの数ヶ月でもうこんな映画はないかもですが、学校の教材の何かになってくれる半券です。

何時だったか、それが何処だったかさえ覚えていないのですが、テレビの特集で観たことがあります。
ある外国の孤児院では、牧師さんが子供たちと家畜をかわいがって育て、
自分たちでそれを捌き、食料としていくのです。
施設の子供たちは可愛がりながらも、やがてそれが食卓に上がることを考えながら
心を込めて面倒を見、感謝しながら食べ、また次の他の動物の世話もします。
命を戴くこと、「いただきます」に感謝を込めるという事を生活の中で教えていくこと。
―その番組を見た時に、正直ショックを受けた自分に驚いたというか、情けないものを感じたことを覚えています。



この物語は、6年2組の担任となった新任の星先生が、1匹の子豚を連れてきて、
このブタをみんなで育てて、大きくなったら最後は皆で食べようと思っています
との提案に、「えーーっ、食べるのぉ?」なんて言ってた子供たちは、
皆で子豚を育てるという事に飛びつきます
校庭に早速子供たちだけで小屋を作り、食事の調達から排泄物の世話を、
最初は嫌がっていた子もそうでない子も、自分たちで楽しみながら育てていきます。
その過程で、トマト事件とか、小さな事は起こるのですが、
みんなで1つの命を育てることによる連帯感も生まれ、子供主導でやがてPちゃんと名づけられたブタは
まるまると大きくなって秋を迎えます…



卒業式が近づくにつれ、子供たちは結論をどうだすか、真剣に考えます。
―食べるか、食べないか。
―殺すか、殺さないか。
命について、命を育てること、責任を果たすということ―

飽食の時代に生まれた子供たちの、セリフじゃない生の声を感じられます。

子供たちの、Pちゃんへの接し方、その子供への教師としての接し方。
いろいろと感じながら最後は、最後の1票を託されたら?
自分ならどうしただろうかと思いながら観ていました。

そのテーマとは別に、手も出さず、口も出さず
子供たちから目を離さず、見守ること、そういう教師がとても良かった
と感じました。
子供はブタを見守り、教師は子供を見守り、校長はそんな教師を見守り、導く…
生き物が相手だと、思い通りの結論になんかならない。改めてそういう事を感じます。
現役のたくさんの先生方や、教師を目指してる方に観てもらって、
学校で子供たちと一緒に観て欲しい作品だと思いました。

妻夫木・星先生、と~っても良かったです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エチカ」のBGM | トップ | レッドクリフ Part I »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たいリストに入ってるのに・・・ (ゆう)
2008-11-06 10:41:12
>1990年に大阪の小学校で実際に行われ賛否両論を巻き起こした授業~

私もこれニュースで見た記憶があります。
で、結局どういう“結論”になったか
ということまでは知らないんですよ。
なので、この映画すごく気になっています。
でも近隣の映画館で上映してないんですよ。

食事前の「いただきます」は
「命をいただきます」ってことは事あるごとに
我が子に言ってきましたが、やはりそれを
実感するというのはとても難しくて.....

DVDが出たら子供と一緒に絶対観ようと
思います。

ところで映画ではPちゃんの運命は
どうなったんですか?
こっそり教えて~kiraさん
先生 (たいむ)
2008-11-06 18:22:15
kiraさん、こんにちは。
私も、先生がすごいなって思いましたよ。
自分で連れてきてあとは児童任せ。しかも結局は・・・と批判される意見もあるようでしたが、脱線した場合の調停だけは怠らず、最後まで見守る星先生を応援したくなりました。(まぁ、ツメが甘いところも多々ありましたがw)

1.2月位までに順次上映とのこと。全国規模でロングラン上映されると用意のですけどね~。
Unknown (にゃむばなな)
2008-11-06 18:29:56
PTAが学校教育に必要以上に口出しをする昨今。
「いただきます」という挨拶さえ子供に拒否させようとするアホな親がいるこの時代。

こういう教育とは、命とは、食とはを涙を流しながら考えられる授業は素晴らしいですよね。
今こそこういう教育が必要ではないでしょうか?
Unknown (ひめ)
2008-11-06 18:48:12
これ、ちょっぴり気になっています。
去年から「食」をテーマにした映画がいくつかあって
気になっていたところなのです。

まだ見てはいないですが、見る前から
自分ならどうだろう・・・と考えてしまいますね。
これ、実際にあった授業なんですね!
ゆうさ~ん* (kira)
2008-11-07 00:25:41
テレビで放送されたドキュメント、ご覧になっていたんですね!
私は見逃していましたが、先日の番宣(?)にご本人のコメントがあり、
その当時の映像も少し見ることができました。

何でも最初に挑戦するのは勇気も信念も、半端なく必要なはずなのに、
全く気負いとか感じさせない、爽やかな印象で、
この作品の妻夫木くんの雰囲気そのものでしたね。

どうしようかな~。後でこっそり教えちゃおうかな~(笑)
これ、お子さんと観て下さいね♪
子供の前でも泣いちゃうかも
たいむさん* (kira)
2008-11-08 22:51:10
>脱線した場合の調停だけは怠らず、最後まで見守る星先生を応援したくなりました
本当に!
そこが良かったと思いました。
ブタも子供も、親や教師の思う通りにはいきません。
また、それで良いのではないかと思います。
苦しくなるほど、自分たちの飼っていた動物の処遇について考える。
その機会を得たことに意味があると思いました。

あれこれ思うことはあっても、大人の考えを押し付けず、ただ見守ることって、
実はとっても難しいです。
多くの子供や、教師にも観て何事か感じて欲しいですね
にゃむばななさん* (kira)
2008-11-08 23:04:28
はいはい、いますね~。
>PTAが学校教育に必要以上に口出しをする
アホな親も沢山います(笑)
だから、教師も子供たちより、PTAや親の方を見ている気がしますね。
ちょっと説明不足の感じはありましたが、だからあの転校生の存在があったのかと思いました。
星先生のような教師ばっかりだったら、不登校児も激減すると思いましたよ

こういう作品を是非学校で上映して、
先生方も教育のあるべき姿を見直して欲しいですね~
ひめちゃん* (kira)
2008-11-08 23:40:25
これ、Yahoo!のレビューの欄の☆の数とか、
かなり厳しい批評をされていて、それにもびっくりでしたが
子供から目を離さず見守る教師、私は良いと思いましたし、
やはりこの子らは得がたい授業を経験できたのだという気がします

いろんなタイプの子供たち、ステキな教師と一緒になって
授業、受けてみてください
Unknown (悠雅)
2008-11-12 23:33:10
こんばんは。
いつもご無沙汰続きでごめんなさい。

子どもたちが成人して、すっかりベルマークとも無縁の生活をしていますが、
久々に、ベルマークを集めていた一昔前を思い出しました。

妻夫木くんの星先生、等身大で無理なく、でも精一杯演じていて、
とっても好感が持てましたね。
子どもたちの真剣な「討論」を観ていて、
悲しいわけではないのに、涙が零れて止まりませんでした。
毎日、習慣化していても、心を込めてなかったと気付いた、
食事の前の「いただきます」。
せめて、丁寧に言わなければ、と思いました。
難しい・・・ (未来)
2008-11-14 23:55:01
星先生と子供たちの信頼関係、そして良き理解者の校長先生、
こんな理想的な小学校はなかなかないんでしょうね。
「命・生きてるものを食べること」に真っ向から取り組んでる姿は素晴らしいです。
でも、先生の取り組み方はちょっと甘いんじゃないかと思います。
飼育の中では愛情を持ちながらも「最後は食べるんだ」ということを
ことごとく指導しながら世話すべきかと。
私にはペットにしか見れなかったので、子どもたちの辛い想いが堪らなかったです。
悠雅さん* (kira)
2008-11-17 20:56:26
お返事が大変遅くなり、失礼しました!

>毎日、習慣化していても、心を込めてなかったと気付いた
そうなんですよね・・・。
子育ての最中にはちゃんと日々意識していた
「いただきます」に
こころが入ってなかったと自覚しました。

自分たちの意見を押し付けるわけでもない
星先生と校長のスタンスは、私もとても好感が持てました。
本当に悲しいわけじゃないのに、子供の真剣さに思わず涙でしたね
未来さん* (kira)
2008-11-18 20:19:53
お返事が大変遅くなり、失礼しました!

6年2組みたいに、この作品の感想というか、
星先生の指導法についても、観客の間で意見はまっ二つですよね、コレ。

観ている時は、私も折につけ「生きてるもの」を我々人間はいつも
「いただいてます」なのだと教えないと~
と、星先生に対してあまいなーとか思っていたんですが、
最初の提案はどうであれ、子供の心の素直な本音の部分を
じっと優しくみつめているだけっていうのも実はなかなか難しいことだと思いました。

どちらかというといつも大人の意見を通してしまう、
そしてその事で安心感を得てたりするんですよね私。だから、あんな先生もいいなぁと思えました
TB、コメントありがとうございました (junf)
2008-12-18 10:28:47
kiraさん、こんにちは。

いい映画でした。2時間ずっと力入っちゃいました(^_^;)

子供達にとことんこんな風に議論させること、時間的にも、精神的にも相当難しいと思います。でもそういうことが今の教育には抜けているのかもとも思います。

妻夫木くん、「WB」や「BJによろしく」などの情けない役をよく振られていましたが、優しい先生も似合うようになったと思いました♪
junfさん* (kira)
2008-12-21 21:40:17
こんばんは!
大人として、子を持つ親として、出会いたかった作品であり、
また、6年2組の生徒の一人となって
私も真剣に1票を投じました

妻夫木センセイ、良かったですよねー♪
「WB」も「BJによろしく」も「漂流教室」も「Wプランナー」も
アノ頃とちっとも変わらないように見えるのに、
ホント、優しいいい先生が似合ってました
見守る (ノルウェーまだ~む)
2010-03-10 03:18:27
kiraさん、こんばんわ☆
子供が6年生の卒業式が近いので、いい機会と思って見てみました。

子供たちを少し離れたところから見守り、その新米教師を校長が暖かく見守る~これこそが、真の教育ですよね。
更に、こういう学校と先生を親たちが信頼して暖かく少し距離をおいて見守っていけたら、最高だと思います。
最近はそういうところが欠如していますね…
ノルウェーまだ~む* (kira)
2010-03-10 21:17:46
TB,コメント、ありがとうございます

久しぶりにこの作品のコメント欄を覗いて、
またあの授業が覗いてみたくなりました。
誰か一人の強引さで、この子供たちを誘導することなく、
考えて、想いを伝えて―でも、多数決にちゃんと従う…

仰るとおり、コレを実践し、受け入れられる教育の場が、
今は希なんでしょうね、残念ですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ブタがいた教室」ある意味、今年1番の問題作。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 ある小学校で行なわれた“実践教育”の実話をベースにした映画化。「ブタがいた教室」(日活)。う~ん、こんな映画やったンや。いやあ、こりゃあ色々考えさせられますな~。  4月。新任の星先生(妻夫木聡)は、担任になった6年2組の教室に、1匹の子豚を連れてく...
ブタがいた教室 (Memoirs_of_dai)
無難にしめたラスト 【Story】 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラ...
ブタがいた教室 (花ごよみ)
妻夫木聡が赴任先の小学校に、 ブタを連れてくる新任先生役。 許可を与える校長先生が原田美枝子。 他には大杉漣、田畑智子らが共演。 「卒業までの1年間ブタを飼って、 大きくなったら食べたいと思います」 新任の星先生の言葉。 その言葉に従って、 6年2組の生徒達...
映画『ブタがいた教室』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、前田哲。脚本、小林弘利。原案、黒田恭史。2008年日本。人間ドラマ映画。出
映画「ブタがいた教室」をyahoo!ムービーレビュアー試写会... (masalaの辛口映画館)
 14日「ブタがいた教室」@シネマート銀座試写室 今回はYahoo!ムービーレビュアーを招いた試写会で客席はほぼ満席だ。 映画の話 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案す...
ブタがいた教室 (だらだら無気力ブログ)
大阪の小学校で実際に行われた実践教育の授業を映画化。 自分達で1年間育てたブタを自分達で食べるという実践教育を 取り入れた新任教師と26人の生徒たちの1年間を描く。6年2組の担任になった新任教師の星先生は、食べることを前提に 子ブタを飼うことを生徒達に提...
「ブタがいた教室」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
「6年2組で子ブタ飼って育てましょう。そして大きくなったら食べます。」星先生によって教室に連れてこられた子ブタは無垢でどこまでも愛くるしい。子供たちも無邪気に「面白そう!」と星先生の提案に賛同。クラス
『ブタがいた教室』 (めでぃあみっくす)
自分たちで飼育したブタを食べるか、食べないか。私はこの映画を見る前から「食べる」派でしたし、映画を見終わってもその意見がブレることは一切ありませんでした。なぜならかつて犬を飼っていた私には犬であろうとブタであろうと、一緒に楽しい時間を過ごしてきた家族を...
『ブタがいた教室』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブタがいた教室」□監督 前田哲 □脚本 小林弘利 □キャスト 妻夫木 聡、大杉 漣、田畑智子、池田成志、原田美枝子、ピエール瀧、戸田菜穂、伊藤奈月、大和田結衣■鑑賞日 11月1日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
「ブタがいた教室」Pちゃんを飼って初めて知った全てに注がれている愛情を知る生きる授業 (オールマイティにコメンテート)
「ブタがいた教室」は1990年に実際に行われた小学生の授業でブタを飼うドキュメントを映画化した作品で小学6年生が1年間ブタを飼って最後には食べるという事で飼うが、次第に愛情が生まれブタを巡り激論を交わして最後に結論を出す事になるストーリーである。人間で...
ブタがいた教室 (Thanksgiving Day)
映画「ブタがいた教室」を観てきました!! この映画は正直言って、ノーマークだったんですよ。 でもいろんなところで、なかなかいいって話しを聞いて、「これはぜひ観に行かなければ!」と思ったわけです。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『「卒業までの1年間でブ...
ブタがいた教室 (週末映画!)
期待値: 85% TVドキュメンタリーの映画化 出演:妻夫木 聡、大杉 漣、田畑智子、池田成志、原田
【映画】ブタがいた教室 (新!やさぐれ日記)
▼動機 絶対的使命感 ▼感想 お見事。参りました。 ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案する。校長先生(原田美枝子)にも...
ブタがいた教室 (5125年映画の旅)
小学校の新任教師・星は、授業の一環としてクラスで豚を飼い、卒業の時にその豚を食べようという企画を提案する。子供達は大喜びで豚を飼い始め、小屋の製作やエサの回収、フンの掃除など、動物の飼育に積極的に関わっていく。しかし、だんだん豚に愛着が湧いてきた子...
ブタがいた教室 (悠雅的生活)
  「命」への責任。正解のない、Pちゃんと26人の1年間。
ブタがいた教室(映画館) (ひるめし。)
本当に食べるの?
ブタがいた教室 (future world)
私なら、Pちゃんを食べれません。。。 1990年に大阪のある小学校で実際にあったお話を基に作られたらしい。 う~ん・・・やるよね、っていうかかなりチャレンジャーだよ、この先生は。。 「このブタをみんなで飼いたいと思います、そして最後はみんなで食べたいと...
ブタがいた教室・・・・・ (チャピ日記)
11月1日に公開された映画『ブタがいた教室』小学6年生の子どもたちが、1年間かわ
『ブタがいた教室』@シネリーブル池袋 (映画な日々。読書な日々。)
(C)2008「ブタがいた教室」製作委員会 「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食べたいと思います」─新任の星先生の提案に6年2組は騒然となる。校庭の片隅に小屋を作り、掃除、エサやリなど生まれて初めての経験に戸惑いながらも、成長してゆくブタに愛着を...
【ブタがいた教室】答えのない教室 (映画@見取り八段)
ブタがいた教室 監督: 前田哲 出演:  妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、戸田菜穂 公開: 2008年11月 泣いた。。。 何かに感...
ブタがいた教室 (ダイターンクラッシュ!!)
Amazon.co.jp ウィジェット 11月12日(水) 20:50~ チネ5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円(未購入) 『ブタがいた教室』公式サイト 豚を飼育し、食べる。 大阪の小学校での実話。飼った動物を食べることが出来るのか。葛藤することで、「...
すごく正直で誠実な作品。『ブタがいた教室』 (水曜日のシネマ日記)
「食べる事」を前提に育ててきた「ブタ」を巡り、論争を巻き起こす物語です。
「ブタがいた教室」 子供達が学んだものは。 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
最近、職場の若手にこう感じる中堅が多いらしい。「答えを教えてくれるのを待ってるだけ」「ちょっとは自分で考えろ」{/怒った/}と。 この映画は、子供達が考えに考える物語。 {/映画/}6年生の担任教師が、4月にクラスでブタを飼うことを提案する。「食べる」ことを...
ソーシャルワーク的にみる「ブタがいた教室」 (スクールソーシャルワーカーのぼちぼちいこか)
そういうことで昨日の予告通りに レビューをしてみようと思います。 ただ切り口は「Pちゃんを食べるか食べない...
ブタがいた教室 (映画のこころ、私のここログ)
ブタがいた教室 「命の大切さ」を子どもたちに伝えようとする 新任教師の情熱と、それに応える 生徒たちの姿に思わず目頭が熱くなる。 15年前のドキュメンタリーの映画化。 評価:★★★★★ 【あらすじ(goo映画「ブタがいた教室」より)】 「卒業...
mini review 09365「ブタがいた教室」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ドキュメンタリーとしてテレビ放映され話題を呼んだ、大阪の小学校の新任教師による実践教育を基に映画化した感動作。1年間大切に育ててきたブタを食べるかどうかで大論争を巻き起こす子どもたちの、うそ偽りのない表情にカメラが肉迫する。『涙そうそう』の妻夫木聡が教...
ブタがいた教室 (mama)
2008年:日本 監督:前田哲 出演:妻夫木聡、原田美枝子、田畑智子、大杉漣、池田成志、ピエール瀧 1990年に大阪の小学校で実際に行われ賛否両論を巻き起こした授業を映画化。6年2組の担任となった新米教師の星先生は、子ども達に生き物を食べるということに真剣に...
映画評「ブタがいた教室」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・前田哲 ネタバレあり
『ブタがいた教室』 (『映画な日々』 cinema-days)
ブタがいた教室 6年2組担任の新米教師がクラスで 1年間豚を飼育後、食用する試みを行う。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原...
「ブタがいた教室」 本物の涙 (ノルウェー暮らし・イン・London)
ずっと家にあったのに見ていなかった映画。 わーっっ!りょうたが6年生のうちに、一緒に見なくては!! 今週末に卒業式を控えたりょうた。 ブタを飼育した6年生の一年間を追った話は、今こそ見るべきだわ☆
『ブタがいた教室』'08・日 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
食うべきか食わざるべきか もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日