to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

それでもボクはやってない

2007-02-04 00:50:47 | the cinema (サ行)
一番観たかった映画を観て来ました。

『Shall We ダンス?』以来11年ぶの周防正行監督の本格的な社会派ドラマだということで
監督自身珍しく番宣に精を出しておられた。
その番組の中でアメリカで上映された時、
「観客が笑ったんですよ。それがショックでした」「日本が哂われた気がしました」
「僕はリアルを描きたかった」「これが日本の現実なんです」と例の淡々とした口調でコメントしてらして
その時点でだいたいの予測はつきました。

そして、それがどの場面かも解り
そして私は日本人なので、そのシーンでは怒り、監督のコメントを思い出していました

周防監督の映画ではお馴染みの役所広司・竹中直人・田口浩正をはじめ
どんなに出演シーンの少ない俳優さんの誰もがぴったりと嵌ったキャスティングも流石

民事専門のチャラけた弁護士が益岡徹似合いすぎでした
表情のないいかにもな裁判官に正名僕蔵
そして彼に代わる担当裁判官に、いい人の代表のような小日向文世
・・・でも、彼のいい人そうな顔に騙されてはいけないってこと、私知ってるから厭な予感したの
「神様、もう少しだけ」で真生(恭子ちゃん)のHIV感染の告白を聞き、
その場では優しい顔で「大丈夫だよ」って言っときながら内定取り消した人だもん
そして
『硫黄島からの手紙』でその存在感ある演技で注目された加瀬亮くん
その仔犬のような眼差しは、友人や親がどうしても頑張らなくちゃいけなくなる目でした

「火・サスペンス」などにありがちな法廷での派手な検事弁護士などもなく
本当に客観的に
国家権力を相手に闘う、普通の人々が描かれていて
分かってはいても「やっていない事の証明」などという理不尽な宿題の提出に
腹立たしさを覚えました

この映画は司法を志す人にこそ観て頂きたい
そして「疑わしきは罰せず」の原点に基づく裁判が、普通にできる日本にして頂きたい

それと、改めて人との関わり方を考えさせられました。
何かあった時の強い味方。そんな絆を培って生きなければ・・・そんな気持ちになりました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カエレメール | トップ | CM! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラム)
2007-02-04 12:37:40
この映画は私も観たくて、娘に「行かない?」って聞いたら、「それは、ヤかな」と断られて
早くDVD出ないかなぁ〜なんて思う今日この頃です。
ラムさん〜* (kira)
2007-02-04 13:07:53
私も子供にプッシュしてますが、邦画はアニメだけみたいです

この映画に関しては、スクリーンの大きさとか、音響とかはあまり重要ではないと思いますので、
DVD待ちでもいいかも知れません。
でも、先に書いた「幸福な食卓」は劇場観賞をお薦めします〜
周防監督に感謝! (あかん隊)
2007-02-05 01:50:26
初めまして。TBありがとうございます。
日本人なら観ておくべき映画ですね。
周防監督に感謝しています。こんなにわかりやすく「司法の現実」を示してくれました。
>何かあった時の強い味方  確かに。
何かあった時、理解してくれる人こそが、「信じられる人」だと解る、ということが多いような気もしますが、何かあった時に解るのでは、ちょっとキツイかもしれません。(^^;)
同感!です〜* (kira)
2007-02-05 08:13:56
コメント、TBありがとうございます

あかん隊さまの記事、興味深く読ませて戴きました。
裁判員制度についての詳細、一度耳にした覚えがありましたが、忘れていたんですね。。
他のエントリーについても興味津々で読ませていただいております。
「魂萌え!」も、TVでは少し見逃しがあったので興味がありましたが、あかん隊さまの記事により今週にでも観てみたくなりました○

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
それでもボクはやってない (しまねこ日記)
周防監督の11年ぶりの新作!ってことで大話題になっています。でも札幌では1館のみの上映・・これは以外。 すごく怖かった、そしてすごく面白かった!2時間24分全く退屈せず。とてもいい出来の社会派エンターティメントです。 監督が何度も裁判を傍聴し徹...
それでもボクはやってない (ネタバレ映画館)
主文、評価は満点とす。日本の裁判制度の矛盾点と冤罪事件で被疑者とされた者と弁護士による国家権力に抗う姿、それによって正しき主張をも蔑ろにしてしまう社会の醜さをも描いた本作は大いに評価できるものである。
それでもボクはやってない/加瀬亮、瀬戸朝香 (カノンな日々)
前評判は耳にしていたし、私自身も今月公開される中では一番期待していたのがこの作品だったのですが・・・コレはスゴイッ!初日にコレをチョイスして正解でした。実は「マリー・アントワネット」とちょっと悩んだ、ちょっと(笑)。周防正行監督の11年ぶりの最新作、実際に...
【2007-9】それでもボクはやってない (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
おかしい 日本の裁判 裁判とは何か? そして真実とは・・・ 今、運命の法廷が開かれる
それでもボクはやってない(20070120) (cococo)
警察も裁判所も怖いところだ。役所も、少し前までは、怖いところだったが、最近は少し
『それでもボクはやってない』 9P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:9P『Shall We ダンス?』の周防正行監督がの11年ぶりの作品かつ、最近マイ大注目の加瀬亮主演の社会派映画っていうことでこれは見てみようーと思ってました。土曜日なのに、出社だったので会社の帰りにレイトショーでみました。【STORY】フリーターの...
それでもボクはやってない (Thanksgiving Day)
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控え...
「それでもボクはやってない」 (こだわりの館blog版)
? 2007年の邦画ベスト1!(予定) 1/27 Tジョイ大泉 にて 監督・脚本:周防正行 音楽:周防義和 出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、田中哲司、光石研、尾美としのり、大森南朋、    北見敏之、田口浩正、本田博太郎、小日向文世、高橋長英...
『それでもボクはやってない』 (京の昼寝〜♪)
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・   ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』...
「それでもボクはやってない」 もう裁判が人ごとではいられないのかも・・・ (はらやんの映画徒然草)
周防正行監督の久しぶりの新作です。 今までもユニークな題材を選んできた周防監督で
それでもボクはやってない (caramelの映画日記)
【鑑賞】劇場 【公開日】2007年1月20日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督/脚本】周防正行 【出演】加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司/小日向文世 就職活動中のフリーター・金子徹平は、会社面接に向かう満員電車で痴漢に間違えられてしま....
それでもボクはやってない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これが、裁判。』  コチラの「それでもボクはやってない」は、来年1/20公開になる周防正行監督の最新作なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪今回の試写会は、約1ヶ月程の先取り&周防監督のティーチ・イン付きで、とても楽しかったです。  社交ダンス...
それでもボクはやってない (mama)
2007年:日本 監督:周防正行 出演:加瀬亮、もたいまさこ、光石研、高橋長英、小日向文世、本田博太郎、役所広司、竹中直人、大森南朋、尾美としのり、山本耕史、清水美砂、鈴木蘭々、瀬戸朝香、田中哲司 会社の面接に向かう途中の電車の中で、女子中学生から痴漢...
それでもボクはやってない (Yuhiの読書日記+α)
周防正行監督による痴漢冤罪事件の裁判を描いた話題作。キャストは、加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、役所広司など。 <あらすじ> 大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行...