to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

パイレーツ・ロック

2009-11-06 01:09:29 | the cinema (ハ行)
俺たちのビート(鼓動)が聞こえるか?
原題 THE BOAT THAT ROCKED
製作年度 2009年
製作国 イギリス/ドイツ
上映時間 135分
脚本 リチャード・カーティス
監督 リチャード・カーティス
出演 フィリップ・シーモア・ホフマン/トム・スターリッジ/ビル・ナイ/ジャック・ダヴェンポート/ウィル・アダムズデイル/トム・ブルック/リス・ダービー/ニック・フロスト/キャサリン・パーキンソン/エマ・トンプソン

1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。
ブリティッシュ・ロックが世界を席巻していた1966年。民放ラジオ局の存在しなかったイギリスでは、国営のBBCラジオがポピュラー音楽を1日45分に制限していた。若者の不満が渦巻く中、イギリスの法律が及ばない領海外の北海に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”が誕生、熱狂的な支持を集める。
そんなラジオ・ロックの船に高校を退学になった青年カールが乗り込んでくる。問題を起こした彼を更正させようと、母親によって旧友でもあるラジオ・ロックの経営者クエンティンに預けられたのだった。
船の中では、一番人気のDJザ・カウントをはじめ個性溢れる面々に囲まれ、自由な空気に戸惑いながらも貴重な経験を積んでいくカール。一方イギリス本国では、ラジオ・ロックの不道徳な内容に不快感を露わにするドルマンディ大臣が、何とか放送を中止させようと様々な方策に打って出るのだが…。


ストーリーは至ってシンプル。
パイレーツに迷いこんだ青年カールが、ご機嫌な音楽とおかしなDJたちに囲まれて
自分の居場所を見つけ、父親探しの扉を開ける。
平行して、イギリス政府と“ラジオ・ロック”の情報戦・駆け引きがユーモラスに展開する。というもの♪
しか〜し!
この作品はなんと言っても時代を彩ってきた音楽の数々

今のように毎週のヒットチャートの上位曲があっという間に入れ替わり、一月もすれば消えていくような時代ではなく、
それは待ち望んで生まれた音楽だからだろうか、熱く長く世界中の人に愛されてきた。
「オール・オブ・ザ・ナイト」に始まる怒涛の50数曲の殆どが記憶に染み付いているナンバー!
サニー・アフタヌーン〜青い影〜この胸のときめきを〜レッツ・ダンス
特にロック好きポップス好きでなくとも耳にしたことがあるだろう懐かしいヒット曲!

美男子DJのマーク(トム・ウィズダム)にはほとんどセリフが無く(笑)
イケメンくんカール(トム・スターリッジ)はひたすらナイーヴでヘタレに描かれており(笑)
美味しいところは超個性的オヤジたちが持って行っている(爆)

昔から「女三人集まれば…」などというが、男だってこれだけ集まれば怖いものなしのやんちゃぶり。
しかも音楽とラジオ・ロックが大好きな彼らは自由そのもの!
どこまでもオーナーについていく気満々
さて、あの手この手で攻めてくる政府側に、どう立ち向かうのか

いや〜!ビルナイに萌え〜 つま先までカッコイイ

パイレーツ繋がりで(笑)ノリントン卿も不気味に登場しています(笑)
カール役のイケメンくんは、どこかで見たと思っていたら「華麗なる恋の舞台で」のあの息子ちゃんでした!
早く記事を書かねば…
それとやっぱり英国出身だった!マーク役のトム・ウィズダムくん♪
旅するジーンズと19歳の旅立ち」以来です〜。うん、やっぱりいい雰囲気

感想が遅くなりましたが実は先週観に行ってます。
今でもヘビロテのご機嫌な曲に、ナイスなDJたち楽しかったです〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母なる証明 | トップ | エデンより彼方に »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
にゃはは (miyu)
2009-11-06 06:33:22
本当イケメン2人よりも個性派オヤジたちばっかり
いいとこもってっちゃってましたよね〜。
でも、それでも楽しかった〜!
トム・ウィズダム君やっぱりいいよね〜!
なんかあまり出番がないものだから、もっと見たい!
ってなっちゃって、いい感じに焦らされちゃった感じですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
おはよ〜う♪ (mig)
2009-11-06 09:24:20
kiraさん☆

やっぱりビルナイ、一番人気だぁ
渋くてカッコ良かったですよね〜。
わたしは一番はリスさんだけど!
(誰もリスさんがイイって書いてない 笑)
この映画、キャラがまたいい♪
脚本も映画らしく盛り上がって。
今年のベスト10入り、しちゃうかも!?
ロック萌えな男たち (ボー)
2009-11-07 11:06:54
私は、知っている曲は多くなかったと思うのですが、それでも楽しかったです。

あ、あの人、ノリントン卿でしたか!
相変わらず海賊退治?(笑)

miyuちゃん* (kira)
2009-11-07 21:25:42
これね〜、感想書きながら、miyuちゃんのこと思い出してたよー
きっとセリフが無くても、もっと登場シーンが欲しかっただろうなぁ〜って♪
「旅するジーンズ」の時よりかなりセクスィーだったね

まあ、登場人物多すぎだから仕方ないけど(笑)
ノリノリで踊るオヤジたちも可愛かった
migちゃん* (kira)
2009-11-07 21:33:44
なんか久々のコテコテイギリス映画、
主役を除いて、英国俳優てんこ盛りだったけど(笑)
多過ぎて記事中で触れられなかったよ〜。
リスさんも、ぴったしはまり役でしたよね〜。神DJ〜

渦巻く懐かしのヒット曲に踊りだしそうでしたよ(笑)
ボーさん* (kira)
2009-11-09 12:51:08
ボーさんはきっと楽しめたと思ってました!

時代や舞台から、これにビートルズが1曲も入っていないということの不思議さ不自然さは、
途中から感じていましたが、
それでもこれだけのラインアップは楽しかったです
こんばんは♪ (yukarin)
2010-01-11 22:51:49
ビルナイに萌え〜ですね♪
好きな俳優さんではあるんですけど、今回はほんと素敵でしたわ。
知ってる曲も多く流れてノリノリで観てました♪
yukarinサマ* (kira)
2010-01-15 12:14:54
そうそう、魅力的な俳優だと思ってましたが、
被り物も無くて(笑)カッコよさ全開のビルナイに萌え萌えでした〜
この時代の音楽はとても息が長く、今でもよく流れている曲も多いので、
若い方でも楽しめたでしょうね!
単純に楽しめる作品で、大好きです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
パイレーツ・ロック (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『スウィッチを入れたら 君はもうひとりじゃない。』  コチラの「パイレーツ・ロック」は、「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、実在した海賊ラジオ局と監督自身の幼少の頃の思い出からインスパイアされた10/24公開のPG12指定の音楽コメディ...
パイレーツ・ロック /RADIO ROCK REVOLUTION (我想一個人映画美的女人blog)
We Love Music{/m_0158/} We Love Rock{/m_0136/} 好きな映画に挙げる人の多い「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が 幼少時の思い出からインスパイアされて作ったという待望の新作{/m_0158/} 実はそんなに「ラブ・アクチュアリー」はイイ{/m_0136/}...
*パイレーツ・ロック* 試写会 (Cartouche)
                       (c) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. {{{   ***STORY***         2009年 イギリス 1966年、北海に浮かぶ船に高校を退学になったカールがやってくる。更正のため、母親に名付け...
映画「パイレーツ・ロック」@ヤクルトホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは7割ほど。 『パイレーツ・ロック』オリジナル・サウンドトラック/サントラ[CD] 映画の話 素行不良で高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティン(ビル・ナイ)のいる船に乗船。その船は、アメリカ出....
パイレーツ・ロック (心のままに映画の風景)
1966年、高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、母の提案で北海に浮かぶ海賊ラジオ局船のクエンティン(ビル・ナイ)に預けら...
『パイレーツ・ロック』 (きららのきらきら生活)
「パイレーツ・ロック」観てきました♪
パイレーツ・ロック (勝手に映画評)
1966年、ブリティッシュ・ロックが世界に発信されていたが、その本家本元のイギリスBBCでの放送時間は一日わずか45分! しかしロックを求めるイギリス国民は、海賊放送を聞いてロックを楽しんでいた。と言う時代背景の下、全てが実話と言うわけではないですが、この時代...
『パイレーツ・ロック』 (ラムの大通り)
(原題:The Boat that Rocked) ----パイレーツ・ロック? 海賊の時代とロックって、どう結び付くの? 「いや、これは海賊は海賊でも海賊放送という意味。 先に言っちゃうけど、この映画は今月のぼくの一押し。 というよりも、今年の洋画ベスト5には必ず入ってくる作...
パイレーツ・ロック (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月3日(火) 16:55〜 TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『パイレーツ・ロック』公式サイト フリーパス鑑賞4本目。 ロック映画には名作が多い。これもご多分に漏れず名作だった。 偉大なロッカーを数...
「パイレーツ・ロック」新宿武蔵野館にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
今日は試写会はないので、仕事帰りに新宿へ出て、武蔵野館で有効期限間際の株主優待券を使って「パイレーツ・ロック」を観てきましたシンプルで予想通りの映画でしたまずは、とにかくキンクス・ローリングストーンズ・プロコルハルムといったお馴染みの60年代のブリティッ...
『パイレーツ・ロック』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. 素行不良で高校を退学になったカールは、更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティンのいる船に乗船。その船は、アメリカ出身のザ・カウントら、クールなDJたちがロックの取締りをもくろむ政府の目を盗み、24時間...
パイレーツ・ロック (だらだら無気力ブログ)
60年代のイギリスを舞台に24時間ロックとポップスを流し続ける海賊ラジオ局 とロックを規制しようとする政府当局の攻防を実在した海賊ラジオ局をモデル に映画化。1966年のイギリス。国営のBBCラジオはロックやポップスを1日で流す時間 を制限していた。若者をはじ...
「パイレーツ・ロック」 おかしなおかしな反乱者 (はらやんの映画徒然草)
イギリス人というと、クイーンズ・イングリッシュを操る格式のあるノーブルなイメージ
人間を救っていたのは熱いハート。『パイレーツ・ロック』 (水曜日のシネマ日記)
1966年のイギリスを舞台に24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と彼らを排除しようとする政府の攻防を描いた作品です。
パイレーツ・ロック☆独り言 (黒猫のうたた寝)
1966年・・・英国ではロックがラジオで流れるのは1日45分だけ!?ちょっと待って、それってまじ?国営放送はロックを音楽と認めない?そんなの国民が我慢できるわけがな〜〜〜い(笑)だって、ビートルズやローリング・ストーンズが聴けないなんて・・・だったら、俺たちが...
「パイレーツ・ロック」 (或る日の出来事)
個性的なヤツらのロックンロールな生き方、おもしろかったぜ!
「パイレーツ・ロック」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.10.23 明日公開のパイレーツ・ロック。 監督・製作総指揮・脚本:リ...
『パイレーツ・ロック』(2009)/イギリス (NiceOne!!)
原題:THEBOATTHATROCKED監督・脚本:リチャード・カーティス出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァンス、ニック・フロスト、ケネス・ブラナー、トム・スターリッジ試写会場 : 東宝東和試写室公式サイトはこちら。<Story>1966年、北....
パイレーツ・ロック (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BORT THAT ROCKED) 【2009年・イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★★★★★★★★) 民放のラジオ局が無かった1966年のイギリス。 そんな中、停泊した船上から24時間ロックを流し続けた、海賊ラジオ局のDJたちの生き様を描いた痛快ロック・ムービー。 19...
パイレーツ・ロック (メルブロ)
パイレーツ・ロック 286本目 2009-46 上映時間 2時間15分 監督 リチャード・カーティス『ラブ・アクチュアリー』 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ ビル・ナイ ウィル・アダムズデイル トム・ブルック リス・ダービー ニック・フロスト ...
パイレーツロック (シネマ日記)
10月も終わりに差し掛かったところで、今年1番の作品に出会えたかも!60年代です。ラジオです。ロックです。イギリスです。そこんとこのキーワードに引っかからない人には、つまらない作品かもしれません。ワタクシはやっぱり好き。音楽に関してはオタク的に詳しいってこ...
映画『パイレーツ・ロック』 (健康への長い道)
ロックやポップスが完全な市民権を獲得する以前、その時代の実話に基づく映画『パイレーツ・ロック』を、TOHOシネマズ梅田で。 Story 1966年のイギリス。民放ラジオはまだ存在しない。ロックやポップスは若者を中心に人気を極めていたが、国営BBCラジオでの放送は法律...
『パイレーツ・ロック』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日は新宿武蔵野館に『パイレーツ・ロック』を観に行ってきました。 この映画、135分もあったんですね。それに何よりも驚いた自分w。 ******************** 『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督が、60年代に実在した海賊ラジオ局をモデルに描...
パイレーツ・ロック Rock’n Ro〜〜〜ll♪♪♪ (労組書記長社労士のブログ)
【 65 -13- 1ヶ月フリーパスポート=13 】 この週末三連休は九州波乗りツアー!なんやけど、参加メンバーが仕事や体調不良やで、なんと半分の規模のトリップになっちゃいそうや(*´д`*) 風邪やらインフルやら痛風(?)やらいろいろ流行っている様やなあって実感(´・...
パイレーツ・ロック(2009)☆THE BOAT THAT ROCKED (銅版画制作の日々)
11月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。とうとうフリ―パスポートをゲットしました。1カ月間無料で何本も鑑賞出来ます。その1本目に選んだのがこの作品です。今週でお終いなので、滑り込みました。 べたべたのイギリス映画ですね。舞台は1966年、イギリスのポッ...
映画 パイレーツロック (フクロウと大理石)
 新宿に出たチャンスに新宿武蔵野館でパイレーツロックを見た。もう神奈川での上映は終わっていたのでラッキーの一言。小さな劇場だったが意外なことに若い人たちでいっぱいだった。  1960年代英国のラジオ放送局はBBCのみ。そのBBCが一日に流すポップミュージック...
パイレーツ・ロック (Diarydiary! )
《パイレーツ・ロック》 2009年 イギリス/ドイツ映画 − 原題 − THE
パイレーツ・ロック [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE BOAT THAT ROCKED公開:2009/10/24製作国:イギリス/ドイツPG12上映時間:135分監督:リチャード・カーティス出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、トム・スターリッジ、ビル・ナイ、キャサリン・パーキンソン、クリス・オダウド、ケネス・ブラナー、リス・...
「パイレーツ・ロック」 THE BOAT THAT ROCKED (俺の明日はどっちだ)
・ 舞台はブリティッシュポップが世界を席巻していた1966年のイギリス。 音楽的な隆盛と裏腹に唯一の放送局だったBBCでは当時1日45分のみといった具合にポピュラーミュージックの放送が制限されていたため「海賊ラジオ局」がイギリスの法律が及ばない領海外の北海から...
パイレーツ・ロック■熱い連帯のドラマ (映画と出会う・世界が変わる)
見終わった後の爽快感、痛快感は何ともいえない。体制に反抗する海賊ラジオ局の人たち、そしてそれを支える数多くの人々の熱い連帯。60年代末のある時期の物語であるが、過ぎ去った日々へのノスタルジーにひたるわけではなく、また反権力の姿勢をストレートに描くわけでも...
mini review 10450「パイレーツ・ロック」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマン、『ハンニバル・ライジング...
パイレーツ・ロック (The Boat That Rocked) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リチャード・カーティス 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2009年 イギリス/ドイツ映画 135分 ドラマ 採点★★★★ 睡魔と闘いながら鶴光のオールナイトニッポンを聴くのが、ちょっとした大人の仲間入りの儀式のようであった中学時代。まぁ、概ね睡魔に負けて...
パイレーツ・ロック (Blossom)
パイレーツ・ロック THE BOAT THAT ROCKED 監督 リチャード・カーティス 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ     ...
映画評「パイレーツ・ロック」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年イギリス映画 監督リチャード・カーティス ネタバレあり