to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

僕達急行 A列車で行こう

2012-03-27 23:09:22 | the cinema (ハ行)

ココから
世界のどこだって行ける!!

恋と仕事と好きなコト――森田芳光監督からのラストエール

製作年度 2011年
上映時間 117分
脚本:監督 森田芳光
音楽 大島ミチル
出演 松山ケンイチ/瑛太/貫地谷しほり/ピエール瀧/村川絵梨/星野知子/伊東ゆかり/松平千里/伊武雅刀/西岡徳馬/松坂慶子/笹野高史

鉄道を愛する2人の青年が、共通の趣味を通じて友情を深め、恋にも仕事にもマイペースに奮闘していく姿をほのぼのとした心あたたまるタッチで綴る。
12月に急逝した森田芳光監督のオリジナル脚本で撮り上げたハートウォーミング・コメディ。
会社員の小町(松山ケンイチ)と鉄工所2代目の小玉(瑛太)は、鉄道という共通の趣味をもつ友人同士。九州に転勤になった小町は、くせものの地元企業社長(ピエール瀧)と鉄道をきっかけに盛り上がる。ところが、恋愛となると小町も小玉も趣味や仕事のように順調とはいかず、悩みを抱えていた…
各駅停車のゆるさと、そこにひろがる何か懐かしさの味わえる作品で、
私はかなり楽しめました♪
まず、、子供が小学校に上がる前、ウチの子鉄ちゃんで、まあそうするとどうしても私は
ママ鉄化していたかも知れません。当時同じように電車派の子供が何人か仲良く集まり、
そのママ友の情報で、よく出かけました〜子供が喜ぶのが楽しかったですが、
当時のグループの一人は、今、当時の夢を叶えて鉄道会社に就職してしまった子もいます。
なので、
車派の子供の親よりはこの作品を楽しめたかもしれませんが


主人公二人の名前も勤務会社名も、彼らに関わる全ての登場人物の名前に
特急や急行がもれなくついています(笑)

同じように鉄道オタクであっても、こだわりや楽しみ方も色々で、
二人はそれを認め合いながらぬるく引き合い、ほんわかとした友情を築いていくのです。。。
そのぬるさは、恋愛においても然りで、アツクない恋愛ってどぅなん?みたいな(笑)

大手不動産ディベロッパーに勤務する小町が、ある日会議で提出したレポートが社長の目に留まり
普通には左遷と受け取られかねない九州支社への転勤にも、嬉しさを隠せない小町クン。
もちろん列車で向かいます♪
ちょっと寂しくなった小玉クンには実はかなりイイカンジのお相手がいたのですが・・・

どこでもマイペースな小町くんと、気ぃ使い〜の優しい小玉くんが絶妙の距離感で
ユーモラスに、爽やかに、草食系鉄ちゃんの恋と仕事をみせてくれ、
ほのぼのとした気持ちにさせてくれる作品でした

いつも、どんな時も明るく笑って生きていくのは現実には難しいですけれど、
好きなことや好きなものがある事で、焦らず、くさらずやっていければ、
人生そんなに悪くないかも〜と、そんな風に思わせてくれるふたりでした♪

森田芳光監督も鉄ちゃんだったのかしら?と思わせるロケ地もあり、
吾が子鉄もはまっていた懐かしいプラレールも登場します!
そして、20路線80モデルの列車が登場するわけですが、かなり九州に行ってみたくなりました♪
初日の夕方の回でしたのでカップルが多かったですが、お子さん連れでも大丈夫だと思います。

このところ続けざまに夜行列車が姿を消していっていますが、ブルー・トレインにもう一度乗りたかったな〜と思っていたら
夕方の情報番組で「サンライズ 出雲」は行列の出来る寝台特急で、2ヵ月待ちの超人気だとか。
なんだか列車の旅に出たくなりますよ

俳人・井上井月の生涯を綴った『ほかいびと…』が満足度ランク首位に
ぴあ映画生活新作映画9本の出口調査2位、3位は「マリリン 7日間の恋」
                         ぴあ初日満足度ランキング
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平清盛 第12回 | トップ | 新CM〜♪ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鉄ママ? (ノルウェーまだ〜む)
2012-03-28 00:33:34
kiraさん☆
なんと!鉄ママだったのですね。
ということは、出て来る名前とか鉄道の詳しいことも全部判っちゃうのかな?
すごい〜〜
私は判らなくてもほのぼのして楽しめました。
ふたりのいい距離感がたまりませんね。
いい具合に〜 (cyaz)
2012-03-29 12:33:43
kiraさん、こんにちは^^

いい具合にゆる〜い映画だけど、
不思議な縁に遭遇して、観終わって
温かい気持ちになりました
や新幹線もいいけれど、
のんびり列車で旅をするのもいいですね〜
GWは恒例の京都です
今回は中学のプチ同窓会にも参加します〜
Unknown (やっくるママ)
2012-03-29 21:07:44
初めまして〜♪
コメント&TBありがとうございました(^^)
kiraさん、ママ鉄だったのですね(笑)
森田監督が、ご自身が大いに楽しんで作られた作品だったように思います。
ノルウェーまだ〜む♪ (kira)
2012-03-30 12:50:31
当時は子供自体は変わらなかったと思いますが、
子鉄のママの姿勢は結構違っていたかと思います。
きっかけは子供の喜ぶ姿をみることだったとは思うんですけどね(笑)

当時を思い出して終始ニマニマ、二人の姿にほっこり、でしたよ〜
cyazさん♪ (kira)
2012-03-30 12:57:14
そうそう、飛行機からみる雲海も好きですが、
列車の旅は四季がありますからね〜。
この作品のPRで、松ケンと瑛太くんは時刻表の表紙をジャックしたとか。
時刻表苦手なんですが、苦労して乗り継いで行った旅も想い出ですよね〜。
いろんなことも思い出し、ちょっと幸せなキモチに〜

GW楽しんで下さいねー
やっくるママ♪ (kira)
2012-03-30 13:01:28
ママ鉄という言葉もないころの話です(笑)
森田監督作品、他のもみたくなりましたよ
好き、という気持ちがいっぱい詰まってて、てっちゃん二人を
優しく魅力的にしていました
夢遥か〜一人旅〜 (ぺろんぱ)
2012-03-30 21:51:00
ビューッ!!な新幹線の旅もいいですが、ガッタンゴットン・・・的なゆる旅もいいものですね。
小町と子玉・・・う〜ん、なにやら楽しいっ。

kiraさん、ママ鉄さん??でいらしたのですね。

日本の名曲[遠くへ行きたい]なんてやっぱり鉄道旅の世界ですよね〜。


ぺろんぱさん♪ (kira)
2012-03-30 23:10:18
やはり自由な時間があるってこともあって、一番一人旅をしたのは
10代の頃でしたが、そのこともママ鉄化に小さく影響したかも?ですね(笑)
深夜特急がどんどん無くなって行くのは寂しいですが、
ガタンゴトン。。と揺られる旅もまたいいですよねー♪

そうそう、、子供はまだ掴まり立ち0歳のころ、「世界の車窓から」という番組を
ジ〜〜〜ッとフリーズして見ていたんですよ

それと、懐かしい武君の「恋する惑星」ご覧になってらしたんですね!
後でお邪魔します♪
こんにちは (はらやん)
2012-03-31 07:23:57
kiraさん、こんにちは!

僕もこの作品のゆるっとした雰囲気は好きでした。
小町と小玉は周囲の人ともふつうにコミュニケーションできて、でもマイペースで生きている、新しいタイプのオタクかもしれないですね。
彼らのような生き方は好きだなぁ。
はらやんさま* (kira)
2012-04-01 14:08:21
はらやんサマの書かれた、「オタクのオープン化」は
納得でした〜
段々オタクも様変わりして、彼らのように引き合い、
人生をちょっと豊かにできたら・・ステキだな〜と感じました♪
オタクとまではいかなくても、さまざまなシーンで趣味を共有しあえる、ソコから生まれるものでもね
鉄。 (BC)
2012-04-06 00:39:52
kiraさん、こんばんは。

森田芳光監督は子供の頃から鉄道がお好きで
この作品は長年温めてきた企画だったそうですね。

鉄オタと言っても小玉くんのようにFe(鉄素材)オタもいれば、
小町くんのように列車オタもいて多岐にわたっていますよね。
(私の知っている鉄オタさんは電車の標識板オタ。^^)
映画ファンと言っても、好きなジャンルは人それぞれなのと
似た感じなのかなと思ったりもしましたよ。
BCさん♪ (kira)
2012-04-07 03:37:08
プチお久しぶりです〜

>森田芳光監督は子供の頃から鉄道がお好きで
ああ、、やっぱりそうなんですね〜。。。
それを聞いたら更に続編が観たくなったのに・・・残念です.....。

ウチの場合、大きくなるに連れて趣味も変わってきて、
段々とそのグループから遠ざかってしまいましたが、
キラキラとした目で列車にみとれていた子供たちが懐かしく思い出される映画でした。
ウチは小玉くん寄りでしたが、みんな大人しくてちょっと内気な子鉄ちゃんでしたよ〜。
変に欲がなくて繋がるひとたちが、知らず知らず助け合っていけるなんて
なんだか良い話でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
僕達急行 A列車で行こう (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
鉄道オタクの青年二人が仕事に恋に奮闘する「僕達急行 A列車で行こう」。森田芳光監督の遺作は、軽妙な良作だ。大手企業のぞみ地所に勤める小町は、音楽を聴きながら鉄道に乗るの ...
僕達急行 A列車で行こう (佐藤秀の徒然幻視録)
人も会社も全て鉄ちゃん化映画 公式サイト。昨年末急死した森田芳光監督の遺作。松山ケンイチ、瑛太、松坂慶子、貫地谷しほり、笹野高史、西岡徳馬、ピエール瀧、伊武雅刀、村川 ...
「僕達急行 A列車で行こう」ニコニコ映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヲタでもいい、イケメンであれば。 ヲタでもいい、優しい青年に育ってくれれば。
僕達急行 A列車で行こう (LOVE Cinemas 調布)
昨年11月に急逝した森田芳光監督の遺作。鉄道マニアの2人の青年が趣味を通じて知り合い、恋や仕事にイキイキと生きる姿を描いたコメディードラマ。主演は『ノルウェイの森』、『マイ・バック・ページ』の松山ケンイチと『ワイルド7』、『一命』の瑛太。共演に貫地谷し...
『僕達急行 -A列車で行こう-』 2012年3月22日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『僕達急行 -A列車で行こう-』 を試写会で鑑賞しました。 言わずと知れていますが、森田監督の遺作となってしまいました。。。 前作の『武士の家計簿』は良い映画でした。 その前は・・・『家族ゲーム』でしょうか? もうウン十年前の話です。 間空きすぎだろって突...
映画「僕達急行 A列車で行こう」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「僕達急行 A列車で行こう」観に行ってきました。 松山ケンイチと瑛太が演じる鉄道マニアの2人が、ふとしたきっかけから出会い意気投合し、仕事に恋愛に精一杯生きる様を描いたコメディ・ドラマ作品。 作品タイトルを見て、アートディンクの鉄道経営シミュレーシ...
『僕達急行 A列車で行こう』 間違われないためのルールとは? (映画のブログ)
 どこの誰かは知らないけれど、よく見かける人はいるものだ。  通勤電車で乗り合わせる人などその典型だろうが、私の場合は特定の映画館で同じ人を見かけることがある。なかでも珍しいのが中年男性の二人連...
僕達急行 A列車で行こう(’12)−追悼・森田芳光監督ー (Something Impressive(KYOKO?))
先週8日、神保町の日本教育会館一ツ橋ホールで、今月24日公開の森田芳光監督の遺作「僕達急行 A列車で行こう」の試写会、「マリリン 7日間の恋」と連日になったのですが、これも都合合ったので母と見てきました。結構広いホールが満杯状態。 森田監督追悼としては...
劇場鑑賞「僕達急行 A列車で行こう」 (日々“是”精進! ver.A)
電車旅って、いいね… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203240004/ 僕達急行 A列車で行こう (集英社文庫) 長尾 徳子 集英社 2012-02-17 売り上げランキング : 41502 Amazonで詳しく見る ...
僕達急行 A列車で行こう (あーうぃ だにぇっと)
僕達急行 A列車で行こう@有楽町朝日ホール
映画 「僕達急行 A列車で行こう」  (ようこそMr.G)
映画 「僕達急行 A列車で行こう」
「僕達急行-A列車で行こう-」鉄道を通じて触れ合った鉄道マニアたちの友情と共有 (オールマイティにコメンテート)
「僕達急行-A列車で行こう-」は鉄道好きの青年が鉄道を通じて知り合い、趣味の鉄道を通じて仕事や恋愛模様が描かれた鉄道マニアストーリーである。昨年12月に亡くなった森田芳光監 ...
映画・僕達急行 A列車で行こう (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 昨年急逝された森田芳光監督の遺作です 主人公は鉄道が大好きな二人の若者鉄道は好きだけれど、オタクとか熱中人とかまではいかないそんな自分にも十分楽しめる映画でした 大手不動産会社、のぞみ地所東京本社勤務の小町(松山ケンイチ)は好きな音楽を...
『僕達急行 A列車で行こう』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「僕達急行 A列車で行こう」□監督・脚本 森田芳光□キャスト 松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨、ピエール瀧、       星野知子、伊東ゆかり、笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子■鑑賞日 3月24日(土)■劇...
『僕達急行 A列車で行こう』 (こねたみっくす)
まさに「鉄道バカ日誌」じゃなイカ!趣味仲間に社長がいて仕事がうまくいく。趣味を通して見ると結構狭い人間関係。そして趣味に興じてのんびりしていても無問題。 故・森田芳光 ...
僕達急行 A列車で行こう (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
全国規模の不動産会社に勤務する小町と下町の鉄工所の跡取り息子の小玉。"鉄っちゃん"な2人は、ある時、ローカルな路線の車両の中で出会い、その後、東京で再会します。配管の欠陥の修理のため住んでいたアパートを出なければならなくなった小町は、小玉の鉄工...
僕達急行 A列車で行こう (映画と本の『たんぽぽ館』)
それぞれのライフ&ワーク                  * * * * * * * * * * 鉄道オタク、すなわち“鉄ちゃん”の青年二人のストーリー。 昨年12月になくなった森田芳光監督の遺作となりました。 ほのぼのとユーモアに満ちたストーリーの...
僕達急行 A列車で行こう (白馬の王子様に乗って・・・)
僕達急行 A列車で行こう   森田芳光監督、最後の作品。 多分、最後の作品でなかったら、 鉄道マニアでない私は、観ていなかっただろう。   お話は・・・   解説: 『ノルウェイの森』や大河ドラマ「平清盛」の松山ケンイチと『...
「僕達急行 A列車で行こう」 ライフスタイルは人それぞれ (はらやんの映画徒然草)
森田芳光監督の遺作となってしまった作品です。 全編ほのぼのとした雰囲気が漂ってい
『僕達急行 A列車で行こう』 (beatitude)
のぞみ地所の社員、小町圭(松山ケンイチ)とコダマ鉄工所の二代目、小玉健太(瑛太)は、ともに鉄道を愛する者同士。ふとしたきっかけで出会った2人は、すぐに仲良くなる。住まいにも、鉄道が見える景色“トレインビュー”を追求する小町は、コダマ鉄....
鉄道愛。『僕達急行 A列車で行こう』 (水曜日のシネマ日記)
森田芳光監督の遺作となった作品。鉄道マニアたちの物語です。
僕達急行 A列車で行こう/松山ケンイチ、瑛太 (カノンな日々)
まさかこんなにも早く森田芳光監督の遺作を目にすることになるなんて思いもしませんでした。森田芳光監督は大林宣彦監督と並んでまだ子供だった私に邦画の魅力を教えてくれた大き ...
「僕達急行 A列車で行こう」 (みんなシネマいいのに!)
 鉄道マニアの青年2人が趣味を通して知り合い、恋愛や仕事に大奮闘! 計らずとも2
僕達急行 A列車で行こう (いい加減社長の映画日記)
森田芳光監督の遺作・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 小町圭は大手企業のぞみ地所の営業マン。 車窓から景色を眺めながら音楽を聴くのが至福の時。 一方、小さな町工場コダマ鉄工所の跡取り・小玉健太も無類の鉄道好き。 そんな二人が知り合って意気投合。...
僕達急行 (映画的・絵画的・音楽的)
 『僕達急行 A列車で行こう』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)この映画は、見終わった後の観客の気分をできるだけ楽しくしようと意図したものでしょう、すべてのことがうまくいくように筋立てされています。   登場人物の名前の付け方から始まって(注1)、彼らが抱え....
僕達急行 A列車で行こう (とりあえず、コメントです)
森田芳光監督が松山ケンイチ&瑛太主演を迎えて創り上げたコミカルなドラマです。 二人が楽しそうに並んでいる写真を観た時から、すごく観たいなと思っていました。 予想以上に軽快に笑えてとても楽しい気分になれる作品でした(^^)
僕達特急 A列車で行こう (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      ◆ 森田芳光監督の遺作    京浜急行やJRの車庫近辺の映像は、懐かしさを   感じますね。そして、鶴見線。ホームの横が海なのは   初めて行ったときに...
□『僕達急行 -A列車で行こう-』□ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:日本映画、森田芳光監督&脚本、松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨、 ピエール瀧、星野知子、伊東ゆかり、笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子出演。
僕達急行 A列車で行こう (KATHURA WEST)
かって《鉄ちゃん》だった僕には、これは嬉しい作品です。これぞ《適温適湿敵風》と心地よく感じ、それにしても《絶妙に中途半端な作品やなァ》とにんまりと愉しむ。現代的話題を扱っているんですが、これまた《絶妙に古風な感覚》も味わせてくれます。《昭和サラリーマ...
僕達急行 A列車で行こう (花ごよみ)
主演は 松山ケンイチと瑛太、 二人は鉄道マニアの青年を演じています。 貫地谷しほり、村川絵梨、ピエール瀧、 笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子等が共演。 監督は 森田芳光。 森田監督は2011年12月に他界されました。 もうこれから監督の、 映画はないんだと....
僕達急行 A列車で行こう(2011) 117分 (極私的映画論+α)
 森田芳光監督ラスト作
映画『僕達急行 A列車で行こう』 観てきた〜♪ (よくばりアンテナ)
久しぶりにきれいな松ケンを見た♪ 清盛とはうってかわって、サラリーマン姿にちょっとホッとする私(^_^;) 決して私は鉄子じゃないですが、 この映画は鉄道オタクじゃなくても充分楽しめるんじゃな...
想い出の森田芳光&『僕達急行 A列車で行こう』 (ラムの大通り)
「森田芳光監督が亡くなって、 はや一週間が経とうとしている。 最初にこの訃報に接したのはツイッターだった。 そのツイートをした本人も疑問符の形で書いていたため、 すぐさまウイキペディアにて確認。 だが、にわかには信じられない。 それはそうだろう? つい最近、....
「僕達急行 A列車で行こう」:わざとご都合主義でベタ (大江戸時夫の東京温度)
映画『僕達急行 A列車で行こう』は、森田芳光の遺作となったわけですが、鉄道ファン
映画「僕達急行 A列車で行こう」 (FREE TIME)
4月1日の日曜日にファーストデーを利用して映画「僕達急行 A列車で行こう」を鑑賞しました。
僕達急行 A列車で行こう (だらだら無気力ブログ!)
ほのぼのとまったりした展開で楽しめたし、列車好きの自分としては満足できる一本だった。
僕達急行 A列車で行こう (Diarydiary! )
《僕達急行 A列車で行こう》 2011年 日本映画 鉄道をこよなく愛する小町と小
「僕達急行 A列車で行こう」 2012年 監督・森田芳光 (トリ猫家族)
 この映画はDVDの予告で見て、またオタクっぽい松ケンが見られるかしら・・ と思って借りてみました。 結構、好みが分かれるかもしれませんね。 ノリ切れない人には辛い映画かも ...
映画評「僕達急行 A列車で行こう」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・森田芳光 ネタバレあり
僕達急行 A列車で行こう (のほほん便り)
なんと、森田芳光監督の作品だったのですね。 今が旬の、 松山ケンイチ、瑛太が、鉄ちゃんに扮した軽いオハナシだと思ってたら、想像以上にイイ味出してる、ユーモア・サクセス・ストーリーだったので、お得気分になってしまったのでした。 鉄ちゃん青年ふたりが、...