to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

2012-01-16 23:07:34 | the cinema (サ行)

誰よりも、
戦争に反対した男がいた。

上映時間 140分
脚本 長谷川康夫 /飯田健三郎
監督 成島出
音楽 岩代太郎
出演 役所広司/中原丈雄/柄本明/椎名桔平/吉田栄作/阿部寛/田中麗奈/玉木宏/五十嵐隼士/柳葉敏郎/原田美枝子/伊武雅刀/香川照之/宮本信子/坂東三津五郎

真珠湾攻撃によって自ら開戦の火ぶたを切って落とす一方、誰よりも戦争に反対し続けた連合艦隊司令長官・山本五十六の実像を描くヒューマン大作。
昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する陸軍だけではなく、国民の大半も同盟に希望を見いだしていた。そんな中、海軍次官の山本五十六(役所広司)、海軍大臣の米内光政(柄本明)、軍務局長の井上成美(柳葉敏郎)は、陸軍の圧力や世論にも信念を曲げることなく同盟に反対の立場をとり続ける。しかし、第2次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し……。

なぜ真珠湾攻撃はなされたのか!なぜ「奇襲攻撃」となってしまったのかも含めて、
戦争に突入するまでの日本の状況。イヤ、日本人の意識、国際感覚というべきか・・。
そんな日本の当時の世論を、その世論に与しない山本五十六の軍人としての姿を描き、
その人物像に迫った作品でした。

その舞台は海軍省内であったり、艦隊の司令部であったりするのだけれど、
沢山の山本の人柄を現す描写の中で、やはり心に残ったシーンは、
下戸で甘党だったという山本の、家族との最後の別れとなる食事のシーンと、
若き部下たちとの食事のシーンに、お土産の水まんじゅうをみなに勧め、自ら旨そうに食べるシーン。

南雲の裏切りによる大惨事、大敗の原因を作ったその首謀者であっても、
起きてしまった過去の失態を咎めない。
身をえぐられるほどの悔しく激しい悲しみもあるはずなのに、彼は黙して将棋を指す。
やせ我慢の美学でしょうか、何度もこうして凌ぐのです。

どのシーンでも、感情を露わにすることのない包容力、他者に対する思いやりは、
ふと立ち寄った甘味処の幼女にも注がれるなど、
論理的で揺るがぬ信念を持ったリーダーとしてだけでなく、家庭人としての姿や
未来を担う若者に託す想いを描くことで、その人物を感じ取れ、良かった・・・。



そもそも当時の日本人にとって、戦争は海の向こうで行われている、対岸の火事をみるが如しの
現実感のないものだったからだという気がする。(ここはもっとちゃんと描いて欲しかったところ)
そんな陸軍、国民、メディアを相手に信念を持って立ちはだかり、
アメリカの軍事力を掌握し、踏ん張っていた海軍の良識派だったけれど
それもついに、海軍が三国同盟に賛同する事態になって第二次世界大戦に向かってしまう・・・

このあたりの、情報操作など、
国民側の様子などは、視点が玉木くん演じる架空の新聞記者設定なのにもかかわらず、上手く活かされてなかったように思う。
新米の社会部記者のわりに、ただ受身で世間との接点が行きつけの小料理屋だけでは意味がなく
中途半端なキャラであまり必要性を感じなかったのが残念。

勝つためではなく、戦争を終わらせるために闘いを続けなければならなかった山本五十六の
苦悩と悲しみが伝わってくるとともに、一方で
この時代によく似たと言われる、リーダー不在の今の日本を思わずにはいられない。

役所広司さんの山本五十六も味わいがありとっても良かったですし、彼を慕う若き参謀や指令官も良かった。
特に、山本と敵対する南雲役の中原丈雄さんの演技が素晴らしかった!

日常から離れて、お一人で日本の歴史の1ページに生きた男たちに会いに行くのもいいと思います。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんび <後編> | トップ | デビルズ・ダブル -ある影武... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たしかに (ノルウェーまだ~む)
2012-01-18 23:21:27
kiraさん☆
確かに!
リーダー不在の現在の政治家に、彼のような人がいたら、もっと世の中よくなりそうですよね。
ノルウェーまだ~む♪ (kira)
2012-01-19 21:01:07
人格、品性、指導力。
今の政治家のだれが満たしているでしょうか~
政治家を名乗る頃にはどなたも、アレですよね~。
映画は役所さんも他のキャストもよかったですよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 (日々“是”精進! ver.A)
山本五十六の人間像に、迫る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230004/ 聯合艦隊司令長官山本五十六―太平洋戦争70年目の真実 (プレジデントムック) プレジデント社 2011-11-28 売り上げラン...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
聯合艦隊司令長官 山本五十六最も戦争に反対しながら開戦の口火を切ることになった指揮官の苦悩を描く「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」。運命の皮肉 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六―太平洋戦争70年目の真実― (佐藤秀の徒然幻視録)
「総合艦隊」と元祖マスゴミ失敗の本質 公式サイト。半藤一利原作、成島出監督、役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、五十嵐隼 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六  (花ごよみ)
真珠湾攻撃で知られる海軍軍人 山本五十六を描いた作品。 主人公、山本五十六を 役所広司が演じます。 玉木宏、香川照之、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、 吉田栄作、椎名桔平伊武雅刀等が共演。 監督は成島出。 自らの思いに反して、 太平洋戦争開戦の端緒と なった真珠...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― (勝手に映画評)
1941年の太平洋戦争勃発から70年の今年(2011年)、太平洋戦争の口火を切る攻撃の指揮を取った山本五十六を描いた映画。 戦争を描いたのではなく、山本五十六自身を描いています。なので、戦争映画ではありますが、所謂、戦争映画とは異なり、ヒューマンドラマ的色彩が濃...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(14) 男として器のデカさに真の武士道精神を感じた。
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (あーうぃ だにぇっと)
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-@東映試写室
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (LOVE Cinemas 調布)
米英との開戦に最後まで反対するも、真珠湾攻撃を指揮することになった連合艦隊司令長官・山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマだ。主人公・五十六を演じるのは『最後の忠臣蔵』の役所広司。共演に柄本明、柳葉敏郎、玉木宏、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平ら早々たる顔ぶ...
[映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』を観た)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」を観た。  これまた、作品としては、非常に抑制の効いた良作であった。  手触りとして、スティーブン・ソダーバーグ監督の諸作品みたいな、ドラマチック性を排除した作りだ。  日本の戦争映画は、妙...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」□監督 成島 出 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□キャスト 役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、       袴田吉彦、五十嵐隼士、坂東三津...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/12/23公開 日本 140分監督:成島出出演:役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、伊武雅刀、宮本信子、香川照之 誰よりも、戦争に反対した男がいた。 昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する....
【聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-】目と耳と心を大きく開いて未来を見る (映画@見取り八段)
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- 監督: 成島出    出演: 役所広司、玉木宏、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、香川照之、伊武雅刀、柄本明、益岡徹、原田美枝子...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六-太平洋戦争70年目の真実-』 (こねたみっくす)
アメリカ軍が最も恐れた日本帝国軍人。日本人が最も命を賭ける価値があると思える上司。それが聯合艦隊司令長官、山本五十六。 太平洋戦争開戦から70年。たった70年であの戦争が完 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― (そーれりぽーと)
なんだかよくわからずに『聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―』を観てきました。 ★★★★ 知らなんだー。 全く知らなんだ。 山本五十六なんて名前しか知らなんだ。 こんな偉大な思想を持った人物が大東亜戦争の中心で関わっていたなんて。 学校で...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 ('11初鑑賞176・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 12月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 11:35の回を鑑賞。
聯合艦隊司令長官 山本五十六 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年1月1日(日) 17:40~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』公式サイト どこまで事実に即しているのかは知らない。 あまりに高潔な武人なので、色々と調べてみたくなってしまう。ちょ...
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」総員出撃! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
見終わった帰りのエレベーターでのおじいさまたちの会話。 「いやあ、アメリカさんはすごねぇ~」 「いっせん発だよ、1千発!!」 「え?あたし?そりゃ終戦6ヶ月まで疎開してたからねぇ~」 ・・・・・・・・・・・映画の話じゃなく、体験談!?
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
70年前の日本に見える“平成”の姿。 東日本大震災によって、文字通り日本列島に激震が走った今年は、やはりこの国の歴史のターニングポイントとなった、太平洋戦争の勃発から70年という節目の年でもある。 ...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (だらだら無気力ブログ!)
で、何が70年目の真実なの?
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 (みんなシネマいいのに!)
 長いよ!タイトル。 読めない漢字があるよ。 だけど、「やまもとごじゅうろく」と
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」 今現在、作られ、観られる意味 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が始まったのは1941年、ちょうど現在から70年前のことです。 本作は
『聯合艦隊司令長官 山本五十六/太平洋戦争70年目の真実』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
この作品において山本五十六は、開戦の火蓋を切ってしまったものの、元々は誰よりも強く戦争に反対し、そして如何にしてそれを終結させるかに腐心した人物として描かれています。これまでは漠然と「第二次大戦中の英雄」といった程度のイメージしか持っていませんでしたが...
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』・・・真のリーダー (SOARのパストラーレ♪)
1941年12月8日、帝国海軍の下す苦渋の決断によりこの国は戦争へと突入した。太平洋上機動部隊空母6隻の攻撃隊一波二波合わせて約350機がオアフ島真珠湾を目指す。 対米戦回避をギリギリまで唱えながらもこの奇襲攻撃を立案することになる山本五十六が、連合艦隊司令長官...
聯合艦隊司令長官 山本五十六 (迷宮映画館)
半藤一利氏がどうしても伝えたかったことが、これだったような気がした。
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 '11日本 (じゅうのblog)
"聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-" [聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-] 嫁さんがレンタルしていた『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』を観ました。 私の方が夢中になって観ちゃいましたね。 -----...
映画評「聯合艦隊司令長官 山本五十六-太平洋戦争70年目の真実-」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり