to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

今度は愛妻家

2010-01-27 01:05:53 | the cinema (カ行)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。
製作年度 2009年
上映時間 131分
原作 中谷まゆみ
監督 行定勲
出演 豊川悦司/薬師丸ひろ子/水川あさみ/濱田岳/城田優/津田寛治/奥貫薫/井川遥/石橋蓮司

脚本家・中谷まゆみ原作の同名舞台劇を豊川悦司、薬師丸ひろ子主演で映画化した感動の夫婦愛ドラマ。
かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさくらに微妙な変化が訪れる―。

ぐうたらなダメ夫、俊介がなぜ、いつからプータロー同様の生活になったのか?は説明が無い。
が、結婚10年目。
さくらの子作り、子育てプランももう後が無い状態。
「子どもを作る気がないなら、別れて」そう切り出されても、内心鬱陶しいと思っている俊介…。
「実は好きな人が居る」というのだ。。。

原作は舞台の戯曲というので、どうしても映画にすると間の悪さがあるのだけれど、
それも納得のこれは展開になっていくのです。

バカは死ななきゃ治らない とか、、ちがうよねぇ……ちがうの、ごめんなさい
そもそも気がついたからバカじゃないし、、、でも、
今度は愛妻家――今度って、、いつ?!  みたいな…

我慢強く、可愛い妻を演じてきたさくらに、女性は共感するでしょう。
くだらないことばかりいつも喋ってる妻を横目に、鬱陶しがる俊介をみながら、世の亭主族は居心地が悪いかも知れない。
なので、これは何も夫婦揃ってみなくてもいいんです。

今日の続きが「明日」そう思って、
今日が最後だなんて思いもしない私たち。
何気ない今日が、特筆するナニモナイ今日の幸せを気づきもしない。

何もしたくない、そんな日。
こっそり一人で観てみたい、そんな作品でした。

大爆笑はないですが、ちょこちょこ可笑しい。
8年前の舞台では高橋長英さんが演じていたオカマ役、石橋蓮司さんがスゴイ
いやぁ~~~っ!新境地?(爆)
あと、私的にツボだったのが津田寛治さんのシーン
このひと、なんてわざとらしいのぉ~って、妙にコノ中では浮いているのが巧いです~

少し可笑しい。長く~く可笑しい(笑)みたいな
ゆるいテイストが、沖縄旅行のシーンを境に変わりますが、
怒涛の展開も無いし、おそらく夫婦の、俊介の秘密には早い段階で気づく方が多いでしょう。
ですが、たくさんの当たり前を当然としている大人たちも、
スタートはトキメキ、当たり前を知らなかった。
恋をして結婚したはずなのに、結婚は、
して当たり前、して貰って当たり前という感謝の無い夫婦を作ってしまう。
そんな哀しい大人にならないために(笑)若い人にはカップルで観て欲しいです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も⇒⇒まっすぐ♪ | トップ | まっすぐな男 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石橋選手~ (cyaz)
2010-01-27 08:36:59
kiraさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

こういう映画を観ると、やはり同じ屋根の下で
十数年、共に暮らしているかみさんに感謝し、
優しくなれますね~
当たり前が慣れっこになって、お互いを敬うことができなくなったら、
夫婦なんてやめたほうがいいなぁ~なんて思いつつ、
元気に歩いて、元気に映画を観て、元気に飲んでいる我が夫婦です(笑)
石橋蓮司さん、ツボどころではなく今のところ(まだ6本ですが)、
邦画の助演男優賞は彼です(笑)
はじめまして (猫)
2010-01-27 09:32:11
TBありがとうございましたm(__)m
スタートの二人のやりとりは 結構笑えました。
奥さんが 健康に気をつけてても
気にしない・無視する ダンナさんって
多いですよね??(うちもそれに近い・笑)
けっこう よくあるパターンなのかもしれませんね。
でも お互い 感謝の気持ちをもち
「ありがとう」と口に出して言う事が
大切だと思います。
今度・・ではなく 現在進行形で。
cyazさん* (kira)
2010-01-28 01:05:48
この作品のみなさんの記事を見て、
圧倒的に男性の方の評価が高いのに、まず驚きました!
まぁ、愛妻家のcyazさん的には、あり得ない俊介のぐうたら亭主ぶりだと思ってましたよ(笑)

どなたも書いていらっしゃるのですが、
照れとは違う、慣れ。
それは事が起こってからでは悔やみきれないものですよねぇ。
私も、反省しました!
もっと優しくなろう

石橋さん、目がテンでしたよ~
猫さん* (kira)
2010-01-28 01:15:47
私の記憶が正しければ・・・(笑)
前に一度お話しています。
たぶん、2度目まして、です~

健康オタクって言うほどではないですが、ウチもあれに近いです(笑)
ただ、新聞は切り抜きませんが

>今度・・ではなく 現在進行形で
今度はない。って事をひとはその時になって知るのですよね・・・
オトナの為の優しい作品のようでしたが、
これから結婚し、夫婦になる若い方たちにも観て欲しい作品でした
あははは! (sakurai)
2010-01-28 08:24:25
やっぱりkiraさんとは、同じ感覚ですわ。
あんまりはっきり言うと、いろいろと支障があるんで、完全に奥歯になんか挟まった言い方でしたが、ばっかじゃねええのおお!!!ですよ。
なんじゃあの男は!完全にジコマンですよね。
自分の都合で生きてて、妻はせっせと自分のために考えてくれるのに、妻を妻とも思ってない行動。
で、自分の都合で妻を登場させて、贖罪めいたことをして、納得いった時点で昇華させたみたいな・・・。ジコマン以外のなにものでもない!
どっか後ろめたさを引きずってる世の男性の悔恨の念を浄化させてくれてる・・・というのが、男性に受けてる所以ではないかと。
でもって、それをはっきりとは言わず、やっぱり男はだめなんすよ。。。。とオブラートに包んでるのがまたいいとこなんでしょうね。
あたし、これを女性が書いた・・と聞いて、ちょっとびっくり。
秋元某が書いた・・・なんて言うと、納得するんですが・・・。
って言いたい放題、スイマセン。

津田君、どう見ても洗剤が似合う亭主ではないのに、選出されてるのが妙におかしかったです。
こんにちは! (たいむ)
2010-01-28 17:15:26
>今度って、、いつ?!
ホントですよね~~
原作を読んでいなかったので、このタイトルにこんなに深い意味が込められていたことに全然気が付いてませんでした。

この映画、一緒に見るより別々に見てたほうが効果的かもしれませんね。
一緒に見た後急に優しくしたりされたりはバレバレだもん(笑)
sakuraiさん* (kira)
2010-01-28 21:47:23
「お前本当は、出て行きたくないんじゃ・・・」も、
「もう帰ってくんなよ~」も、
結局は風穴の開いた俊介の心の裏返し、
これを女性脚本家が案外「オココに優しく」(笑)描いていましたねー

私はこれは結構クスリと来る場面が多かったのですが、
じ~んと来る場面はあっても泣くまではいきませんでした
やはりこの作品は世の亭主族の方が、より素直に受け止められて
涙を誘い、反省を促したことは喜ばしいことです(笑)

津田さんのあの違和感が~っ!!
たまらなくツボリましたです~
たいむさん* (kira)
2010-01-28 21:54:14
「今度」もアレだし、
「善人は若死に」だし~
優しくも教訓的なタイトルでしたよね~

これね~
やっぱり別々に観るべきでしょう~?(笑)
一緒に観ちゃったら、、ちょっと間を空けるとか、、(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「今度は愛妻家」 (ようこそMr.G)
映画 「今度は愛妻家」
今度は愛妻家 (いい加減社長の映画日記)
予告編で気になっていた作品。 公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。 不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、土曜日の午前中としては、かなり少なめ。 「今度は愛妻家」...
『今度は愛妻家』 (ラムの大通り)
----確かこの映画、 観る前は「かなり、きつそう」って言っていたよね。 「うん。 白髪の豊川悦司 がカメラを構え、 横には寂しそうな顔をしている薬師丸ひろ子。 そこにキャッチコピーが 『夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある』。 このメインビ...
『今度は愛妻家』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫 薫■鑑賞日 1月16日(土)■劇場 チネチッタ■c...
今度は愛妻家 (銅版画制作の日々)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 おぉ~こういう話しだったとは。。。。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作品だと思います。(1992年の「きらきらひかる」以来だと...
今度は愛妻家 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
平凡な中年夫婦が再出発を決意する物語は、ささやかな日常を丁寧に描く前半と後半のどんでん返しの対比が効いている。かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介は、今では仕事もせずグウタラと暮らしている。浮気までするダメ亭主を、妻のさくらは明るく献身的に支えるが...
今度は愛妻家 (まてぃの徒然映画+雑記)
邦画で久しぶりに涙をこらえました。元売れっ子カメラマンだけど、今は仕事もせずぐうたらと貯金を食いつぶしている北見俊介(豊川悦司)。妻のさくら(薬師丸ひろ子)は人参茶を作って新聞記事は必ずスクラップにする健康オタクで、俊介の身の回りの世話をかいがいしくや...
『今度は愛妻家』 今度とは今年のことだ! (映画のブログ)
 劇中でニンジン茶の不味さが繰り返し語られるが、ニンジンの皮にはβ-カロチンが豊富に含まれるので、ニンジン茶を飲めば白内障予防になる...
今度は愛妻家 (B-scale fan's log)
公開中 行定勲監督     出演 豊川悦司、薬師丸ひろ子、     水川あさみ、濱田岳、石橋蓮司 他 新評価 5.0 昨日見た映画より高得点をつけないと。 久しぶりに泣かされる映画を見たな~と。 物語はスランプで撮れなくなった写真家と、 その旦那に愛想を尽...
今度は愛妻家 (いい加減社長の日記)
予告編で気になっていた作品。 公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。 不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家 」を鑑賞。
映画「今度は愛妻家」を観ました!!(2010-1) (馬球1964)
映画「今度は愛妻家」を観ました!!この作品はお薦め作品です。ぜひ夫婦で観に行かれる事をお薦めします!!
【今度は愛妻家】 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、濱田岳、水川あさみ、石橋蓮司、城田優  夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 「カメラマンの北見俊介はスランプ中、妻のさくらのことを口うるさく思いつつもうまくやっていた。 ある日さ
今度は愛妻家 妻と一緒に見ても大丈夫なのかっ・・・( ̄ω ̄;)エートォ... (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=2 -1-】 今年最初の試写会当選がこの映画。 あらすじを読んでいて、この映画を妻と見に行ったら、立場がやばくて隣でどんどんちっちゃくなっていかなくてはならないのではないかと不安で胸が潰れそうだった・・・(T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・ ぎ...
「今度は愛妻家」みた。 (たいむのひとりごと)
泣いた~~[E:weep]原作は読んでいないから、知っているところは劇場予告編の部分のみ。だから冒頭の明るさからてっきりラブコメだと思っていたのだけど、何気に感じられる違和感が中盤で種明かしされた時に
『今度は愛妻家』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:行定勲原作:中谷まゆみ出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優試写会場 : 東商ホール公式サイトはこちら。<Story>かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)。しかし、今ではなぜか1枚の写真も撮る事ができず、ぐうたら....
「今度は愛妻家」 (再出発日記)
最初は軽妙なやり取りで、夫婦間の思惑合戦みたいな映画かなと思ってみていた。監督:行定勲原作:中谷まゆみ出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優途中で、なるほどね、という「秘密」が明かされる。そこまでは「上手い」と思った。ところが、そこで...
「今度は愛妻家」:浅草公園六区バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}今半の前を通ると、大林宣彦監督の「異人たちとの夏」を思い出すのよねえ。 {/kaeru_en4/}風間杜夫が、父親の片岡鶴太郎と母親の秋吉久美子と連れ立って、浅草の今半で食事を共にするシーンだろ。肉親の情が際立つ名場面だった。 {/hiyo_en2/}薬師丸ひろ子と...
今度は愛妻家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
試写会に誘っていただいてノーチェックで観に行った『今度は愛妻家』は行定監督作品でした。うっわ、、、当たりかはずれか?どっちだろうっと期待感低めで鑑賞開始(笑)だって、結構この監督さんの作品大作系はずしまくっているんですもの、、、こどものいない夫婦。気持ち...
今度は愛妻家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
・゜゜(ノД`)゜゜・ウワァァァァァァァァァァァン!! 予告編を見て、離婚した夫婦の話なのかなあと思っていたら、完全に騙された。 まさか、...
『今度は愛妻家』 (『映画な日々』 cinema-days)
1年間写真が撮れずにいるカメラマン そんな仕事もしないぐうたら亭主に 愛想を尽かした女房は... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑...
今度は愛妻家 (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。  どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。  この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。  一つめは、戯曲の映画化という点です。  映画の設定場所が雑司ヶ谷の鬼子母神近くと酷...
「今度は愛妻家」失って知る大切な人と愛されていた日々 (オールマイティにコメンテート)
「今度は愛妻家」は亭主関白で自由気ままなダメ夫と健康オタクの妻が離婚寸前までいってしまい沖縄へ離婚旅行へ行くがそこから1年の月日を経て妻が出て行ってしまうストーリーである。確り内容を辿っていくと冒頭のストーリーの意味を確り理解できるけれど、人は失って知...
【映画】今度は愛妻家 (★紅茶屋ロンド★)
<今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとても良いものばかりで、すごく気になっていました。レンタル新作だ...
mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が涙と笑いが交互に訪れる感動ドラマとして演出。夫婦を演...
映画評「今度は愛妻家」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・行定勲 重要なネタバレあり。出来れば未鑑賞の方は採点だけ参考にしてください。それでもどうしてもこの駄文をお読みになりたいという方はどうぞ。
今度は愛妻家 (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 豊川悦司×薬師丸ひろ子×行定勲監督が贈る 大人のラブファンタジー。 解説 仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を 献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦 のドラマ。 大ヒットを博した中谷まゆみ...
今度は愛妻家 (こみち)
 JUGEMテーマ:邦画   北見俊介は、駄目夫ですね。   妻に発覚しただけで10人と浮気をしていたなんて。   妻が死んだとなったら、人が変わったようになってしまうのは北見俊介は内弁慶だったのか。 ...