to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

愛を読むひと

2009-06-28 00:40:10 | the cinema (ア行)
愛は本に託された
原題 THE READER
製作年度 2008年
製作国 アメリカ/ドイツ
上映時間 124分 映倫 PG-12
製作 アンソニー・ミンゲラ シドニー・ポラックドナ・ジグリオッティレッドモンド・モリス
原作 ベルンハルト・シュリンク 『朗読者』(新潮社刊)
監督 スティーヴン・ダルドリー
出演 ケイト・ウィンスレット/レイフ・ファインズ/デヴィッド・クロス/レナ・オリン/アレクサンドラ・マリア・ララ/ブルーノ・ガンツ

1958年のドイツ。15歳のマイケルは偶然出会った年上のミステリアスな女性ハンナに心奪われ、うぶな少年は彼女と彼女の肉体の虜となっていく。やがて度重なる情事のなかで、いつしかベッドの上でマイケルが本を朗読することがふたりの日課となる。ところが、ある日突然ハンナは姿を消してしまう。8年後、法学生となったマイケルは、ハンナと思いがけない形で再会を果たす。たまたま傍聴したナチスの戦犯を裁く法廷で被告席に座る彼女を見てしまったのだ。裁判を見守るマイケルは、彼女が自分が不利になるのを承知で、ある“秘密”だけは隠し続けようとしていることに気づく。その秘密を知るただ一人の者として、マイケルは葛藤し、答えを見い出せないまま苦悩を深めていくのだが…。

予告のみの情報しか持たないで観てきました。
確かにラブストーリーではありましたが、
舞台が戦後のドイツということを思い知らされるふたりの人生を素晴しい脚本で描いた
上質な人間ドラマでもありました。

1958年―15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、気分の悪くなったところを21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に助けられる。その出会いからハンナに夢中になり、朗読と情事の時を過ごす。
しかし、ある日ハンナはマイケルの前から(?)姿を消してしまう。
彼女は何を恐れ、何から逃げたのか?

思春期の坊やの性の目覚め的なプロローグから一転、
二人の人間の置かれた立場、その年齢差、その格差を浮き彫りにする再会後の展開・・・

戦後の混乱の中でも、日本ではその時代考えられなかったハンナの境遇・・・
それでも、生きる為に仕事は選べなかったであろう事は想像できる。
その生き方をハンナは後悔してはいなかった。
彼女の生い立ちは語られないけれど、
彼女は教育を受けていなかったことを、その貧しさを恥じていたのかもしれない。

おそらくは今日を生きることに精一杯だった36歳のあの日、少年と出会い、
安らぎと楽しみを得たのに、それを捨てでも口にすることはできなかった、、。
そして少し大人になったマイケルは迷いながらも、
自由より選び取った彼女の決意を知り―遠ざかる。。。

彼女の「秘密」と彼の「良識」。
彼女への愛と、超えられない壁に苦悩し続けるマイケルの人生。。。
戦後育ちの、しかも法に携わる真面目な青年の、
捨てることの出来ない想い。
そして彼は朗読者となり・・・・・・

「レボリューショナリー・ロード」に続く女の決着のつけ方。
ケイトは今回もその表情ひとつで、その時を訴えてきます。

デヴィッド・クロスからレイフへの繋ぎも不自然さはなく、悲しげな眼差しは
二人が本当によく似ていたと思えた。
ケイトの演技も素晴しかったけど、私は初めてのクロスの演技がとても良かった。
特に自転車で立ち寄ったレストランで、女主人にみせつけるキスのシーンは、
少年らしい主張と優しさが巧くでていてとても好き!
そして、
実は彼女の秘密には最初から気付いていながら、声を殺すのが大変だったあのシーン
デヴィッド・クロスのキャスティングの成功が大きい作品だったようにも思う。



ひとつの出会いから語られるその朗読者の人生。
ドイツに生まれた為に辿ってしまった不器用な女の切ない人生。
心をつかまれ一気に読んでしまった本のような、満足感がありました


この原作者も、ハンナとマイケルが自転車で立ち寄る村のエキストラで出演しているそうです。
あの人かな?いつかDVDで見直すときの楽しみにしたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンジェル・ファラ・・・ | トップ | 今夜の堂本兄弟 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うん! (miyu)
2009-06-28 08:31:00
デヴィッド君良かったですよね~!
あのレストランでのキスも良かったし、
まっすぐにハンナを見る目がとても素敵でした。
ケイトはもちろん良かったのだけど、
彼がとても素晴らしかったオカゲでとても
引き締まったいい映画になってた気もしましたね。
マイケル (にゃむばなな)
2009-06-28 20:51:23
デヴィッド・クロスのまっすぐな彼女への想いが前半で描かれていたからこそ、後半のレイフ・ファインズの悲しげな演技が活きてましたよね。
ほんと、いい脚本にいい役者、そしていい監督が揃った名作でしたよ。
こんばんは~♪ (ひろちゃん)
2009-06-29 00:09:11
>「レボリューショナリー・ロード」に
続く女の決着のつけ方。

本当だ!そうだよね(T^T)こう言う役柄ケイト
似合うよね(^^;
デビッドクロスは、期待以上に良かったです!

>女主人にみせつけるキスのシーンは、
少年らしい主張と優しさが巧くでて
いてとても好き!

すっごくチャーミングな表情でしたよね~
そして、女主人の顔が面白かった(笑)
レイフへの繋ぎも不自然ではなく、kiraさんが言われるように、悲しげな眼差が似て
ました(T^T)

私も、ラブストーリーと言うより、上質な人間ドラマだと思います^^
原作者のかた出てたんだ(*_*;
私もDVD出たらの楽しみにします(^_-)-☆
TBありがとうございました (sakurai)
2009-06-29 11:28:51
素敵な映画でしたね。
じわじわ沁みてきました。
彼の「良識」かあ。
いい言葉ですね。

レイフ・ファインズ様が大好きなあたしとしては、彼の素敵な登場だけで満足なんですが、今回はデビッド君がお見事だった。
目つけておかないと。
今年のケイトは… (オリーブリー)
2009-06-29 14:33:02
複雑な女性像で共感はできないんだけど、深く考えさせられますよね。

>実は彼女の秘密には最初から気付いていながら、声を殺すのが大変だったあのシーン

私もそうかな~と思ってて、サイクリングで間違いないと思った。
あのシーン、泣きそうだった?
私は涙線が硬いので(笑)感情がイッパイになって、鳥肌がたって来ました。
あのワンシーンだけでもオスカーものかもね♪

デヴィッド・クロスは良かった!!
アントン・イェルチン君とこの子、今後楽しみだわ~(笑)
こんにちは~^^・ (由香)
2009-06-29 17:10:30
お邪魔します♪
>心をつかまれ一気に読んでしまった本のような、満足感がありました
おお~!その表現ピッタリかも!!
私は原作を読んでいますが、不思議なことに、映画の方が本よりも“一気に読んでしまった本のような”感じがありました・・・
う~ん、何なんだろう?(笑)
ハンナやマイケルの気持ちが今一つ伝わり難いところがありましたが、それでも心に沁みました。こも物語で感じた切なさは後を引きそうです・・・
切ない・・・ (マリー)
2009-06-29 22:44:09
こんばんは・・・
切なくて、哀しいお話でしたが~“残る映画”でしたね。

でもkiraさんも感じてらっしゃったけど~マイケルがウソでもいいから、せめて彼女に手を差し伸べ、触れてくれてたら・・・と願わずにいられなかった。あまりにも憐れで。。。

デヴィッドくんは、本当に良かったと 私も思います。彼のキャスティングをミスったら、この作品は別物になってたかも・・・

Unknown (mig)
2009-06-29 23:26:31
kiraさんこんばんは☆

前回のレオくんとの共演作同様、ケイトは自己中心な女のような気がしちゃったんだけど、
とても悲しいお話でしたよね、
ただのラブストーリーと思ってたので
いい意味で裏切られました!!
こんにちは♪ (ミチ)
2009-06-30 21:31:35
ケイトはご贔屓女優さんなんだけど、やっぱり今回も凄かった~。
初々しいデヴィッド君もステキな演技を引き出されていましたよね。
もう大満足の作品です~♪
miyuさん* (kira)
2009-07-06 23:32:36
デヴィッド君の、年上の女性に心を奪われ
翻弄される、演技が自然でしたよね~!
ケイトも頑なでマジメな、女性がじれったいくらい巧かったですが、
揺れに揺れる大学生になった彼の表情は切なかったです~。
その控えめな愛情とモラルのせめぎあい、、
素敵なラブストーリーでした
にゃむばななさん* (kira)
2009-07-06 23:36:24
昨年の「つぐない」とはまた違った切り口、舞台でしたが、
コレは今年不作だったラブストーリーの中では
ダントツの1位です!
素敵な作品に出会えました~
コメありがとう♪ (ノルウェーまだ~む)
2009-07-12 00:35:19
kiraさん、コメントありがとう♪
ケイトの演技が光る、すばらしい作品でしたね。
もちろん新人のデヴィット・クロスも上手かったです。
サイクリングの時の二人のキスも、マイケルが「お母さん?」と聞かれて「はい」と答えたことを、自ら打ち消そうとしているような、罪滅ぼしの気持ちのような、キュンとなるシーンでした。
Unknown (ボー)
2009-07-12 06:28:32
考えると、さまざまに解釈できる映画ですね。我が家の感想文では、ネタばれになりそうで、ほとんど書いてません。。。

彼がハンナに手紙を添えなかったのが、かなり理解できないところ。ハンナにとっての「坊や」は「坊や」以上にはなれなかったのかもしれません。
漸く「愛を読むひと」をアップロードしました。 (流石埜魚水です。)
2009-07-23 15:20:35
流石埜魚水です、初めまして。突然の投稿を失礼いたします…。

映画が好きそうですね、私もです。是非とも一度私のブログを覗いて下さい。同じ映画を観たならコメントください。映画に共感したならば読者になって下さい。

ヒットラーとナチズムとユダヤ人虐殺を映画にした「アウシュヴィッツ」ものは数多くあります。例えば、「アンネの日記」(1959年)、監督の「シンドーラーのリスト」(1993年)、「ヒットラー最後の12日間」(2002年)、「ヒットラーの贋札」(2007年)、「ワルキューレ」(2008年)も印象に残ります。
さらに私には、ロバート・ゴードン・エドワーズ監督の「愛の嵐」(1973年)もまたその一本に入れておきたい作品です。再見したいのですが、
ツタヤにはレンタル作品がありませんでした。

漸く「愛を読むひと」をアップロードしました。直接にナチズムとヒットラーを描いた映画ではありませんが、戦争と人間を描いた映画の一本としてあげなくてはならない作品ではないでしょうか…。

コメントいただいたならば、必ず返事を書きます。
ひろちゃん* (kira)
2009-08-03 19:23:41
コメントいただいてから1ヶ月以上が経って
今頃のレス。。。お許しを・・・

頑なで、ヘンにプライドが高い。
「レボリューショナリー~」も、本作のハンナも、どこか共通するものがありました。
しかも時代設定まで似てるし
だけど、こういう女性を演じると巧いですね、ケイトは

ラブストーリーなんですが、その時代背景も生かされた
その後の二人の人生もきっちりと描いて、
素晴しいドラマになっていました!

デビット・クロス、いい作品でまた会いたいですね
sakuraiさん* (kira)
2009-08-03 19:57:58
そろそろ次の記事をTBしなくちゃという
コノ時期にのろのろとお返事を書いております~。。

sakuraiさん、レイフさまがお好きだったんですね~。
予告を観た時に、これは少年期のお話がメインになるぞと勝手に予想、
なのでレイフ様はあまり登場場面がないのでは?といった予想はハズレ!
デビットくんとの伏し目がちな表情で見事なリレーでした。

単に初恋だけで終わらない、愛を読む男、よかったです!
大好きな作品になりました♪
オリーブリーさん* (kira)
2009-08-04 23:17:03
>複雑な女性像で共感はできないんだけど
ホント、ホント
こういう役を好んで演っているとしか思えないケイト(笑)
だけどストーリーに引き込んでくれますよね

ベッドの上で、読んで貰う方が・・・というところで、
その勝気さが、、その秘密が窺えました。。。

このデビットくんは「セント・オブ・ウーマン」の時のクリス・オドネルを思い出しました
また素敵な作品との出会いが彼にありますように~
由香さん* (kira)
2009-08-04 23:25:14
由香さんは特にこういうラストは好みじゃないでしょう?
やっぱりハッピーエンドがいいですよね、ラブストーリー。。。
予告ではもっと悲しい結末が早めに来るような気がしていたんですよ?
終盤のふたり、、、
もう、ハンナが可哀想過ぎでした
満足度の高い1本になりました
マリーさん* (kira)
2009-08-04 23:35:35
そうでしょ?
あそこはハグして優しく別れて欲しかった。。。
もう、あの時点でハンナは決心していたというのに・・です。
結末は変えられなくとも、あそこが違っていたら、、と
未だに男性に夢を持ってしまう私がいました(笑)

>彼のキャスティングをミスったら、この作品は別物になってたかも・・・
それも解ります!
それだけに、今後の彼の出演作はある意味難しい気がします。
migさーん* (kira)
2009-08-11 18:09:33
ほんとね~

少しはケイトの作品観てきてるつもりだけど、
レオ同様、
簡単にはハッピーエンドにしてくれませんね、彼女の出演作
でも、これはかなり好きなラブストーリーの上位にきました
やっぱり上手いですよね、彼女
ミチさ~ん* (kira)
2009-08-11 18:15:08
どちらかというと、ケイトはケイトでも、
ブランシェットの方が大好きな私ですが、
ここにきてやっぱり彼女の暑苦しいくらいの情熱を感じ、
いつの間にか惹かれていましたね~。
もしかしたら、「タイタニック」での印象とレオのファンであることから、
ヤキモチもあったのかも~(爆)
ノルウェーまだ~む* (kira)
2009-08-18 21:44:48
>マイケルが「お母さん?」と聞かれて「はい」と答えたことを、自ら打ち消そうとしているような、罪滅ぼしの気持ちのような、キュンとなるシーンでした。

おおそうなのよ~。
自分を恥じてるような、で、仕切りなおしたのよね~
イイ子だわ~~。デヴィット・クロス、目がいいですよね!
ポーさん* (kira)
2009-08-18 21:56:16
そうなんですよね~。
ミステリーでなくても、内容に触れすぎることは
なるべくネタバレに繋がるので避けたいところですよね!

ハンナは愛し方が解らなかったんじゃないでしょうか?
ただ単純に、明日を生きることを優先してきたような気がしました。。。
流石埜魚水さん* (kira)
2009-08-22 14:33:34
2度目まして、ですね♪
前にコメント、TBいただいてます♪

流石埜魚水さんが挙げられたアウシュヴィッツもののうち、2本しか観ていませんが、
自分の記憶力の低下が嘆かわしいです。アウシュヴィッツもので、
とっても感動的だった作品が、ココまで出掛かってるのに、タイトルが思い出せません。
思い出したら伺いますね~。

この作品は単にラブストーリーという枠に止まらない、
今年一番のお気に入りになりました。
丁寧なコメント、有難うございました!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
愛を読むひと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、本に託された』  コチラの「愛を読むひと」は、全世界500万人が涙したベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説を映画化した6/19朗読の日に公開されたPG-12指定の大河ロマンスなのですが、公開初日に早速レイトショーで観てきちゃいましたぁ~。第81回ア...
愛を読むひと (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE READER。スティーヴン・ダルドリー監督、ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、アレクサンドラ・マリア・ララ、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ。冒頭近く、ヨーロッパ文学のカギは“秘密”にあり、それは奥に隠された...
愛を読むひと (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ベルンハルト・シュリンクの世界的なベストセラー「朗読者」を映画化した作品。原作は読んでいます。 1958年のドイツ。15歳のマイケルは、21歳のハンナとの情事にのめり込みます。ハンナの部屋に通いつめ、せがまれるままに始めた朗読により、2人は、強く結び付けられ...
愛を読むひと (悠雅的生活)
人間を完全にするもの。それこそが愛。
愛を読むひと/ケイト・ウィンスレット (カノンな日々)
児童文学やファンタジー小説以外でのジャンルではワタシ的には珍しいことに読んだことのある外国文学が原作です。お友達が「これいい本だよ」と言ってプレゼントしてくれたのがベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」。これがかなり引き込まれる作品で夢中にな...
愛を読むひと (そーれりぽーと)
ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞を獲得した映画じゃなかったら、この週末5本目やし無理して観る気はしなかっただろう『愛を読むひと』を観てきました。 ★★★★ 全く内容について知らなかったので、「うわ、なんじゃこりゃ禁断の愛系のソフトポルノチッ...
愛を読むひと (映画通の部屋)
「愛を読むひと」THE READER/製作:2008年、アメリカ=ドイツ 124
愛を読むひと◆◇The Reader (銅版画制作の日々)
わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になるーーーーー。 6月20日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ケイト・ウィンスレットが本作でアカデミー賞主演女優賞をゲットした。いやあ彼女が立て続けに賞を受賞しているので、驚きです。勝利の女神が彼女に取り付いたのかも...
愛を読むひと ケイト・ウィンスレット (ネット社会、その光と影を追うー)
映画愛を読むひとは、ベルンハルト・シュリンクのベス
「愛を読むひと」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ベストセラー小説「朗読者」の映画化、主演のケイト・ウィンスレットは、この作品でオスカーを手にしました。思えば1995年「いつか晴れた日に」以来1997年「タイタニック」2001年「アイリス」2005年「エターナル・サンシャイン」2007年「...
『愛を読むひと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「愛を読むひと」□監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 デヴィッド・ヘア□原作 ベルンハルト・シュリンク(「朗読者」) □キャスト ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、アレクサンドラ・...
愛を読むひと [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE READER公開:2009/06/19製作国:アメリカ/ドイツPG-12上映時間:124分鑑賞日:2009/06/21監督:スティーヴン・ダルドリー出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、アレクサンドラ・マリア・ララ、ブルーノ・ガン...
『愛を読むひと』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+ドイツ合作映画、アンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラック製作、スティーヴン・ダルドリー監督、ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ主演。
愛を読むひと (ぷち てんてん)
本日お休みを取ったので映画館へ。ケイトがアカデミー主演女優賞を取ったということで、こちらを見ておかねばね^^)☆愛を読むひと☆(2008)スティーヴン・ダルドリー監督原作『朗読者』(新潮社刊):ベルンハルト・シュリンクケイト・ウィンスレットレイフ・ファイン...
「愛を読むひと」 THE READER (俺の明日はどっちだ)
戦後のベルリンで15歳の青年が36歳の女性とひょんなことから出会い、愛し合い、やがて突然の別れがやってくるという“ひと夏の恋”的な印象を持つ序盤から打って変わって続く意外な再会、そしてそこでやがて知ることとなる女性の過去を通してさまざまな問題提起を感じ取っ...
彼女も戦争の被害者。『愛を読むひと』 (水曜日のシネマ日記)
15歳の少年が21歳年上の女性の出会い、別れと再会を描いた作品です。
愛を読むひと/The Reader (いい加減社長の映画日記)
金曜日のレイトショーで「愛を読むひと」を鑑賞。 そんなに趣味といえる感じの作品ではなさそうだけど、アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品ということで^^; 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーにしては、人は多いのかな。 「愛を読むひと」は、大きめのスクリ...
映画レビュー「愛を読むひと」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Reader [Original Motion Picture Score]◆プチレビュー◆献身的な朗読が愛の証となる崇高な物語だ。ウィンスレットが渾身の名演でオスカーを受賞。 【90点】 1958年ドイツ。15歳のマイケルは21歳年上のハンナに恋をする。逢瀬を重ねる二人だったが、ある日突然、...
愛を読むひと (Kaz.Log Cinema)
=== ハンナの人間性が興味深い  『愛を読むひと』 2008 === {{{: 【愛を読むひと】 The Reader アメリカ・ドイツ 2008 '''監督''' スティーヴン・ダルドリー    '''製作''' アンソニー・ミ...
★愛を読むひと(2008)★ (CinemaCollection)
THEREADER愛は本に託されたわずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になるー上映時間124分製作国アメリカ/ドイツ公開情報劇場公開(ショウゲート)初公開年月2009/06/19ジャンルドラマ/ロマンス/戦争映倫PG-12【ストーリー】1958年のドイツ。15歳のマイケルは偶然出会....
【愛を読むひと】★ケイト・ウィンスレット★レイフ・ファインズ (猫とHidamariで)
わずか1ページで  終わった恋が、    永遠の長編になる―愛を読む人 HP愛を読む人 シネマトゥデイ英題:THEREADER製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年6月19日スタッフ監督:スティーヴン・ダルドリー製作:アンソニー・ミンゲラ/シドニー・ポラッ...
映画「愛を読むひと」@明治安田生命ホール (masalaの辛口映画館)
 人気作品だけに開場後直ぐに多くの座席が埋り立ち見客が出てしまう。その為に主権者が空席探しに時間がかかり開映時刻も10分程送れて上映が開始された。客層はほぼ女性ばかりで小学生位の女子の姿もある。  映画の話 1958年のドイツ、15歳のミヒャエルは21歳も年上...
朗読者だった… (美容師は見た…)
マイケル目線でのお話だったんですね。。。 『愛を読むひと』全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」の映画化。このキャッチフレーズと、ステキな予告に惹かれて期待しました。私の大好きな「恋愛もの」、しかも泣けるなんて…1958年ドイツ。15歳のマイケルは...
愛を読むひと (LOVE Cinemas 調布)
ベルンハルト・シュリンクのベストセラー『朗読者』を映画化。監督は『リトル・ダンサー』のスチーブン・ダルドリー。主演はこの作品でアカデミー賞主演女優賞を獲得したケイト・ウィンスレット。そして共演に『ハリーポッター』や『ある公爵夫人の生涯』のレイフ・ファイ...
愛を読むひと (Akira's VOICE)
受け継ぐ物語が未来を生み出す。  
愛を読むひと (迷宮映画館)
役者もよければ、さすがのスティーヴン・ダルドリー!お見事。
愛を読むひと (心のままに映画の風景)
1958年ドイツ。 15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に心奪われ、彼女の肉体の虜となって...
愛を読む人■歴史といかに向き合うのか? (映画と出会う・世界が変わる)
原作となった「朗読者」は評判がいいことは知っており、また周辺から薦められているが未だに読んでいない。ハンナを演じることは、女優にとっては願望ではないだろうか。もし、80年代であれば、メリル・ストリープが演じていたのではなかろうか。2000年代ではケイト・ウィ...
愛を読むひと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞で、ケイト・ウィンスレットが最優秀主演女優賞を獲得した作品。原作『朗読者』(ベルンハルト・シュリンク著)も先日読了し、映画を楽しみにしていました。 というのも、原作では今一つ内容を感じ切れず、、、「映像で観た方が心に迫るかもしれないな...
【愛を読む人】 (日々のつぶやき)
監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、ブルーノ・ガンツ わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になる ―。 「1958年ドイツ、15歳のマイケルは体調が悪いところを助けてもらったこと
愛を読むひと (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2008年:アメリカ監督:スティヴン・ダルドリー出演:ケイト・ウィンスレット    レイフ・ファインズ    デヴィッド・クロス    アレクサンドラ・マリア・ララ    ブルーノ・ガンツ
愛を読むひと / THE READER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 本年度アカデミー賞作品賞ノミネートの最後のひとつ{/hikari_blue/} ケイト・ウィンスレット、出演の半分以上がヌードだったんじゃ?ってほどの体当たり演技...
愛を読むひと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[愛を読むひと] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年63本目(58作品)です。 1958年ドイツ。 猩紅熱で体調を崩していた15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、自分を助けてくれた21歳年上のハンナ(ケイト・ウィ...
『愛を読むひと』 (2008)/アメリカ・ドイツ (NiceOne!!)
原題:THEREADER監督:スティーヴン・ダルドリー原作:ベルンハルト・シュリンク出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>1958年、ドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロ....
『愛を読むひと』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
ユナイテッド・シネマとしまえんに『愛を読むひと』を観に行ってきました。 今までの役柄とはちょっと異なる、彼女の新境地になってるんじゃないかなーって思います。 ******************** ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」を...
『愛を読むひと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「愛を読むひと」□監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 デヴィッド・ヘア□原作 ベルンハルト・シュリンク(「朗読者」) □キャスト ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、アレクサンドラ・...
愛を読むひと (シネマ日記)
これは以前にも記事にしましたが、ケイトウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞を獲った作品。この作品の演技で他にも賞を受賞しています。彼女の演技はいつもどの作品でも素晴らしいので、いままでもたくさんノミネートはされてきましたが、ここまで賞を獲得したのは初...
「愛を読むひと」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Reader」 2008 USA/ドイツ ハンナ・シュミッツに「リトル・チルドレン/2006」「ホリデイ/2006」「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで/2008」のケイト・ウィンスレット。 マイケル・バーグに「上海の伯爵夫人/2005」「ナイロビの蜂/2005」「あ...
映画 【愛を読むひと】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「愛を読むひと」 ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説を、『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー監督が映画化。プロデューサーだったアンソニー・ミンゲラとシドニー・ポラックは製作中に死去。 おはなし:1958年のドイツ。15歳の少年マイ...
レビュー:愛を読むひと (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[恋愛ドラマ][海外文学][乳見せ][性行為描写][実写][洋画][ビスタ][PG12] 悲恋度:★★★☆☆ 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ、デヴィッド・クロス 配給: ショウゲート 1958...
愛を読むひと ただの「こいばな」ではなかったのか! (労組書記長社労士のブログ)
【 37 -8-】 特に見る気は無かったんだけど、なんとなく引っ掛かるものがあって、ちょうど時間が空いたのと上映時間のタイミングがあったから見てみた。  1958年のドイツ。15歳のマイケルは21歳年上のハンナとの初めての情事にのめり込む。ハンナの部屋に足繁く通い、...
『愛を読むひと』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナと恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、無期懲役の判決を受けるハンナと法
The Reader 「愛を読む人」 (You got a movie)
監督   スティーヴン・ダルドリー キャスト ケイト・ウィンスレット       デヴット・クロス     レイフ・ファインズ   ※下の音楽を聴きながらどうぞ  ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を原案に、スティーヴン・ダルドリー...
愛を読むひと『朗読者/The Reader』 (映画通信みるみる)
1958年のドイツ、ベルリン。15歳のマイケルは21歳年上のハンナとの初めての情事にのめり込む。ハンナの部屋に足繁く通い、請われるままに始め...
映画「愛を読む人」 (徒然なるままに)
最近の人気映画は「ターミネーター4」「トランスフォーマー」。男性はそれらを「どう
愛を読むひと・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「愛を読むひと」というタイトルからして、てっきり恋愛物だと思っていた。 実際始まってから3、40分の展開は、懐かしの「青い体験」みたいな...
愛を読むひと☆愛は本に託された (☆お気楽♪電影生活☆)
映画館で鑑賞♪(実は24日)
愛を読むひと (Addict allcinema 映画レビュー)
愛は本に託された  
「愛を読むひと」キュートで切ない愛 (ノルウェー暮らし・イン・London)
奇しくも今回、第二次大戦中と大戦後のドイツを舞台にした映画を、立て続けに観ることになった。 テーマは全く違うけど、悲しい過去は、確かに消せないのだ・・・・
「愛を読むひと」 (或る日の出来事)
観たあとに、いろいろと考えさせられる余地を残した映画だったと思う。
【愛を読むひと】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題】   The Reader 【監督】   スティーブン・ダルドリー 【製作】   アンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラック 【原作】  ...
愛を読むひと (こんな映画見ました~)
『愛を読むひと』 ---THE READER--- 2008年(アメリカ/ドイツ) 監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:演: ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス 、 レナ・オリン 1958年のドイツ。 15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は偶然出...
愛を読むひと(アメリカ/ドイツ) (映画でココロの筋トレ)
アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞だからね。 ってことで「愛を読むひと」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ケイト・ウィンスレット・レイフ・ファインズ・デヴィット・クロス、レナ・オリン 上映時間:124分  15歳のマイケルは21歳も年...
愛を読むひと(映画館) (ひるめし。)
わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になる―
愛を読むひと (夫婦でシネマ)
2人の視線の先には何があるのでしょう?ハンナとマイケルの生涯を通して、様々なことを語りかけてくる名作です。
mini review 10429「愛を読むひと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリー。ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を原案に、『めぐりあう時間たち』の名匠スティーヴン・ダルドリーが映像化。戦時中の罪に問われ、無期懲役と...
「愛を読むひと」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ケイト・ウィンスレット天晴れ!素晴らしい女優魂を見せてもらいました
愛を読むひと/The Reader(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[愛を読むひと] ブログ村キーワード愛を読むひと(原題:The Reader)キャッチコピー:愛は本に託された製作国:アメリカ、ドイツ製作年:2008年配給:ショウゲートジャンル:ドラマ/ラブ....
映画評「愛を読むひと」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督スティーヴン・ダルドリー ネタバレあり
「愛を読むひと」の感想 (MASログ)
原題: The Reader 原作: ベルンハルト・シュリンク著「朗読者」 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: ケイト・ウィンスレット/デヴィッド・クロス/レイフ・ファインズ他 データ: 米独合作/124分/2008年 1958年のドイツ。マイケルは学校からの帰宅途中...