to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ペネロピ

2008-03-08 13:42:35 | the cinema (ハ行)
製作年度 2006年
製作国・地域 イギリス/アメリカ
上映時間 101分
監督 マーク・パランスキー
脚本 レスリー・ケイヴニー
出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/リース・ウィザースプーン

魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年マックス(ジェームズ・マカヴォイ)が現れるが……。(シネマトゥデイ)

愛する娘を世間の目に曝し、娘が傷つくのを恐れるあまり
娘の好奇心や自由も奪ってしまう、彼女のママ(キャサリン・オハラ)
「真実の愛が呪いを解く」その日を信じてもう7年も見合い三昧のペネロピ。
屋敷から一歩も出ない生活というのは、ある意味で良かったのかも知れない。
なぜなら、
見合い相手がジャンパーとなって窓を突き破って逃走しても、面と向かって罵声を浴びせられたりはしない。
全ては彼女の土俵で行われたゲームのようなものだったから。。

本当はペネロピ自身、王子様が現れて、永遠の愛を誓ってくれて、魔法が解けたら・・・そう願っていた。
そして、窓ガラスを突き破らない初めての男―。

その青年の言葉に25歳のペネロピはママに初めての反抗。
行きたいところ、未知なる世界への扉を開ける。
そして彼女は大切な友人との出会いを果たし、自分を知っていく

思っていた展開とは全く違っていたけど、
可愛い、素敵なラブストーリー

呪いを懸けられていたのは果たしてぺネロピだけだったのか。
真実から目をそらし、わが子の在りのままを受け入れられなかった母もまたある意味
心に呪いを懸けられていたようにも思う。
そんなココロにノロイ的ママのキャサリン・オハラ、好き(爆)ハマッテます♪

謎めいた名家出身の青年マックス役のジェームズ・マカヴォイのよれよれシャツが気になったけど
優しい雰囲気がとてもイイ♪ 
次回作、「つぐない」が益々楽しみになってきました

ブタの鼻の呪いがかけられていなくても、幸せになる為に必要なもの
その鍵をみつけられる、素敵な作品です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜はめぐる~! | トップ | 未来講師めぐる #009 »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2008-03-08 23:11:49
kiraさん☆

こんばんは~♪
この映画、ずーっとタノシミだったんだけど、
期待を裏切らず素敵な作品でした~

キャサリンオハラは得意の叫び声で笑っちゃいそうになりました
(ホームアローンで「ケビン!」)
ジェイムズマカヴォイくん、タムナスさんだったのに
すごくいい感じでしたよね~。
今後も注目です
Unknown (ひめ)
2008-03-09 03:41:36
こんばんは♪
「ペネロピ」なんてちょっと変わったタイトルだな~って気になっていました。
予告見たらクリスティナ・リッチに豚の鼻がついててビックリ!
ちょっとファンタジーちっくなんでしょうか。

う~、見たいのがたくさんで迷います!
migさん♪ (kira)
2008-03-09 22:06:55
こんばんはー☆
私も楽しみにまってた作品でした~♪

ホントは展開が、予想とは違っていたのに、
終ってみれば、清々しいくらいのラブ・ファンタジー

キャサリン・オハラ
ホームアローンの頃よりだいぶおトシをとられましたが
マイペース・ママぶりが似合いますよねー♪
マカヴォイくんも、知的じゃない?!次回作が待ち遠しい~
ひめさ~ん♪ (kira)
2008-03-09 22:15:08
こんばんはー☆

これね~、きっとひめちゃんスキだと思う

今日ね、「魔法にかけられて」を観てきたの。そっちの方が凄く楽しみだったの。
でも、、
こっちの方が私的にはオススメ
テンポも良くてお話もなんだかココロがあったまるラストも
こんばんは☆ (きらら)
2008-03-09 22:18:19
こちらの作品、
楽しみだったけど、期待していなかったのですが、とんでもないー
すっごくキュートでステキな作品でした
クリスティーナ・リッチの可愛さを再確認し、ジェームズ・マカヴォイのステキさを発見しました♪
作品からのメッセージもよかったですね
きららさ~ん* (kira)
2008-03-10 22:42:08
こんばんは~☆

良かったですよねーこれ♪
最近、映画館での予告以外は観ないようにして、
なるべく情報を入れないようにして行くようにしていますので
この作品の私なりの読みも全然違って、とっても楽しめました♪

素直で純粋なペネロペと、誠実で優しいマックス
帰る頃には、こちらまで少し純粋さを取り戻せたかも?という感じでしたね
おーのー! (ひめ)
2008-03-11 00:29:17
公式サイトに見に行ったら私の近所での上映予定は載ってなかったです・・・

予告やってたから上映の予定があるものと思っていたのに!
予告・・・映画館じゃなくてどこかの動画で見たのかも(´・ω・`)ショボーン
ひめさ~ん♪ (kira)
2008-03-12 00:32:54
ホントですね~。
ワタシも行ってみましたよ~

最近のシネコンの予告は、系列で上映のものとかだと、
実際にはそこで上映されなくてもバンバン流れているものとかありますよね~
時期がずれても上映されるといいですね♪でも、最近DVDレンタル早いから
あっという間かもですよ♪
Unknown (ケント)
2008-03-13 13:11:03
kiraさんコメントありがとう
お伽噺としては、素敵でしたよね。
誰にでもよくある悩みを、判り易く描いていましたね。そして心温まるメッセージもグーでした。
それから、人は他人のことをじっくり観察しないで、思い込みだけで大げさに判断する傾向があることも示唆していましたよね。
ケビン~! (あん)
2008-03-13 22:12:47
そうそうホームアローンのママでしたね。
も、ママ役ぴったりです。

マカヴォイも思ったより甘くて優しそうだったし、呪いの解き方が『これか?!』と素敵でした。
ケントさん* (kira)
2008-03-14 19:01:31
お越し下さり、有難うございます!

ホントに、あまり観る人を選ばない
優しく、可愛い作品に仕上がっていたと思います
>人は他人のことをじっくり観察しないで、思い込みだけで大げさに判断する傾向がある
いわゆる無責任社会悪をひとりでしょってたぼんぼんでしたが(笑)
最後のペネロピのカレに対する態度も素敵でした~
あんサマ* (kira)
2008-03-14 19:12:04
こんばんは♪

キャサリン・オハラ、先ごろ観た「100万回のキス」でも
チョット怖いマイペースママぶりを観たばかりで、ホント彼女にはうってつけの役でした

最後まで、(あの執事も)ちゃんと楽しませてくれた作品でした~
幸せって。 (sally)
2008-03-15 00:54:09
kiraさん、こんばんは☆
TBありがとうございました!
幸せを得るために何が必要なのか、可愛らしい雰囲気の
中でさりげなく教えてくれる作品でしたね。
「自分を好き」と言えるのって、実は難しいことの
ような気がします。でも決して卑屈にならず、素直で
誇りを忘れないペネロピは魅力的な女の子でした♪
マカヴォイ君、この作品で急上昇してますねー。
『つぐない』も楽しみです!
sallyさん* (kira)
2008-03-15 23:50:31
こんばんは!
お越し下さり、嬉しいです~♪
シンプルなテーマ、ストレートなメッセージ
楽しくて、可愛いお話なのに
観終わった後に心に残るものがあるって、
素直にいい映画だったんだと思えます
>「自分を好き」と言えるのって、実は難しいこと
本当に!
お仕着せがましくない展開で、それを教えてくれましたね
TBありがとうございます (tacca884)
2008-03-17 23:14:53
こんにちは。TBありがとうございます。

ホントふんわりして、観ていて気持ちのよい映画でした。女の子っぽいかなと思ったけど、全然男子でも楽しく観られますね。勝手なイメージですが、「アメリ」とかが好きだと好きかもしれません。

あと、男の僕からしてもジェームズ・マカヴォイが格好良いと感じてしまいました(笑)。
かわいい作品でした! (sabunori)
2008-03-17 23:53:51
kiraさん、こんばんは。
マックス役のジェームス・マカヴォイ!
まさか「ナルニア~」のタムナスさんと同一人物だとは気づきませんでしたー。
ペネロピはもちろんのこと、なんとも憎めないペネロピのお母さん、片目のレモン、実は・・・だった美しいフォームで走る赤いスニーカーの執事・・・登場人物たちがとっても魅力的でしたね。
tacca884さん* (kira)
2008-03-18 19:53:28
こんばんは!初めまして♪

先ほどお邪魔してきました。
そちらでのコメントに書き忘れましたが、テーマ曲
Hoppípollaのリンク有難うございました!
リピしまくりで、今も聴きながらレスしてます~

ジェームズくん、夏までに2作ですよね♪楽しみです~
sabunoriさん~* (kira)
2008-03-18 20:09:52
こんばんは!

「ナルニア」は実は流し観というか、殆ど観てない状態で返却でした(~~;
だけど、アレはやっぱり特殊メイクだから?
実はこんなにハンサムだった事にびっくりですよね~!

キャスティングも魅力的だったし、ちゃんと笑わせながらも
手抜きのない上質な感じが良かったですね~
こんばんは。 (NAO)
2008-04-20 00:05:30
kiraさん、TB&コメントありがとうございました。

この作品とても良かったです
クリスティーナ・リッチの鼻がとてもチャーミングで最後普通の鼻が物足りなく思ってしまうほどでした
そして何よりもタムナスさん(ジェームズ・マカヴォイ)にトキメキました
とても素敵でしたね~
NAOさん~* (kira)
2008-04-20 14:10:29
こんにちは、コメント有難うございます♪

ペネロピの鼻に関しては、どうも観客の方のほうが好評のようですよね!
そういった記事をいくつか見かけました♪
それと、マカヴォイ人気も凄いです(笑)
この作品と、「つぐない」でもう決定的にやられました
こんばんは (はらやん)
2008-09-29 21:25:56
kiraさん、こんばんは!

とてもカワイイ感じの物語でしたよね。
ただのメルヘンでなくて、ポジティブな感じがよかったです。
ママ役のキャサリン・オハラ、こういうドタバタした役、似合いますよねー。
キュー、バタンって気絶するのが似合う女優さんNo1です(笑)。

こんにちは! (アイマック)
2008-09-30 12:29:12
こんにちは!
ペネロピよりも、母のほうが呪われていたよね。笑
母を演じた人、うまかったなあ~
ジェームズ・マカヴォイ、今回はラブリーでときめきました。
「つぐない」、レンタルリリースされてると思うので、
観たらおじゃましま~す!
Unknown (まる)
2008-09-30 22:48:46
こんばんは
すてきで可愛いファンタジーですよね
ストーリーとクリスティーナ・リッチの可愛さに
とっても癒されました♪

TBさせてもらいますね
はらやんサマ* (kira)
2008-10-01 08:44:48
現代感覚と、お伽噺のテイストが
不思議にマッチしてて、
個性的なキャスト陣も独特の可笑しい味付けで
惹きつけられました~

>キュー、バタンって気絶するのが似合う女優さんNo1です
ですよね~
いつも彼女のテンションの高さがツボで、大好きな女優さんです~。
アイマックさん* (kira)
2008-10-02 18:15:50
キャサリン・オハラ、なんかもう、ずうっとこんなママやってますが、
キレイだし、上手いし、好きなんですよね~(笑)
作品も可愛かったし、もっとヒットしても良かった作品ですよね

マカヴォイ君、つぐないの方も私は好き
アイマックさんの感想、楽しみにしてますね!
まるさん* (kira)
2008-10-02 18:20:38
お越し下さって嬉しいです♪

キャストの誰をとっても、このお伽噺にマッチしていましたよね!
楽しくて、メッセージもストレート
クリスティーナの雰囲気がこの世界に嵌ってましたね
衣裳も含めてとってもヨカッタ
良かったです~ (ひめ)
2008-12-05 00:39:13
kiraさんこんばんは!
結局、私のところでは上映されず
DVDでやっと見ました。
前に、「ひめちゃんスキだと思う!」と書いてくれた通り
大好きー!!って思いました。
励まされたというか、癒されたというか・・・
とっても心を揺さぶられました
ひめさ~ん* (kira)
2008-12-15 23:40:00
激おそレスで、ごめんなさい!

これね~、絶対ひめちゃんスキだと思ってたの
ストレートで前向きで、
ロマンチックで、、
マカヴォイくんも素敵だったしねーーっ
なんだか女の子が好きなものが詰まってたよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ペネロピ を観ました。 (My Favorite Things)
時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって…
『ペネロピ』 (ラムの大通り)
(原題:PENELOPE) -----この人、クリスティーナ・リッチだよね。 なんで顔隠しているの? これって寒いところのお話? 「いやいや。顔というよりも正しくは“鼻”、そして“耳”かな。 実は、彼女は豚の鼻と耳を持っているんだ」 -----豚?それはまた突飛な話だニャあ。...
ペネロピ/ PENELOPE (我想一個人映画美的女人blog)
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました~。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演の...
「ペネロピ」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/イギリス  監督/マーク・パランスキー  出演/クリスティーナ・リッチ      ジェームズ・マカヴォイ      リース・ウィザースプーン  昨年のGTFで予告を観て以来半年間、ずーっと観たかった作品。ようやく観ることができたのですが、想像...
『ペネロピ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
自分にとっては珍しく、昨日の夜も仕事帰りに映画鑑賞。2夜連続で映画鑑賞するなんて奇跡だ(笑)。ということで、新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。公開1週目だけレイトショーをやっていたので、それ狙いで。それにしても、水曜レデ...
「ペネロピ」 (てんびんthe LIFE)
「ペネロピ」試写会 テアトルタイムズスクエアで鑑賞。 全然知らなかったんですが、リーズ・ウィザースプーンが、いきなり画面に個性の強い脇役で登場したので、一体これは何事か…と思ったら、彼女プロデューサーだったんですね。 エンドロールにもシッカリ、プロデ...
[映画]ペネロピ (落とし穴には気をつけろ!)
試写会に行ってきました。 冒頭にMEGUMIさんがセクシー衣装で登場とってもキレイでしたよぉ 映画パーソナリティの伊藤さとりさんとのトークショーがあったのですが、会話も上手で、頭のいい人なんだなあと感心しました。伊藤さとりさんも、いつもTSUTAYAの店内ラジオで...
「ペネロピ」:小日向四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}愛知学生会館かあ。やっぱりここの学生たちは、毎日ミソカツ食べて暮しているんだろうな。 {/hiyo_en2/}愛知の学生がみんな豚カツにミソかけて食べていると思ったら、大間違いよ。 {/kaeru_en4/}愛知の女学生の鼻はみんな豚の鼻になっているっていうのも、...
ペネロピ(映画館) (ひるめし。)
豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見てた――― 恋することを。
映画 『ペネロピ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ 先祖がかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまったヒロインが、真実の愛を見つけるために奮闘するロマンチックコメディー。大きな豚の鼻を持つ主人公を『スリーピー・ホロウ』のクリスティナ・リッチが好演。 魔女に呪いをかけられ、...
ペネロピ (スワロが映画を見た)
原題:PENELOPE 製作年度:2006年 製作国:イギリス/アメリカ 上映時間:101分 監督:マーク・バランスキー 原作:―― 脚本:レスリー・ケイ...
ハッピーなおとぎ話(映画/試写会:ペネロピ) (美味!な日々)
うーん、一週間に2回もステキな映画に出会えると、うれしくなっちゃいますね~。数日前の『ガチ☆ボーイ』に続いての試写会は『ペネロピ』。
ペネロピ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  祖父が犯した罪のため、ブタの鼻を持って産まれた女の子が、主人公のペネロピである。この呪いを解くには、名門の家に生まれた男性と結婚しなくてはならない。  それで何度もお見合いをするのだが、誰もがペネロピの顔を見たとたんに逃げ出してしまう。さあ、...
ペネロピ/PeneLope (描きたいアレコレ・やや甘口)
可・愛・い・お話。恋とそれだけでなく自分のためのおとぎ話。 これを観た女の子(心だけ女の子でも大丈夫w)は、心の宝石箱にしまいまし...
ペネロピ (knockin' on heaven's door)
Penelope 先祖にかけられた呪いのため、豚の鼻を持って生まれた名家の娘・ペネロピ。呪いを解き、幸せを得るための鍵はどこに隠されている? お姫様はいつでも王子様を待っている・・・でもハッピーエンドは自分自身の手で掴むもの。カラフルな映像世界に彩られた、...
★「ペネロピ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目。 熱烈?なペネロペ・クスルのファンのひらりんとしては、とっても気になるタイトル。 もちろん彼女とは全く関係ない作品で・・・ 怪演技が続くクリスティーナ・リッチが主演。
ペネロピ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ブタ鼻姫直伝!コンプレックス打開法♪  
ペネロピ (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ 予想通りの展開だけど、それが大満足[:るんるん:] コンプレックスは誰にでもあって、ありのままを受け入れることが大事っていう、これまたよくあるテーマ。 でも、なんだかとにかくほわ~っとした気持ちになれる映画。 最初から最後までか...
38●ペネロピ (レザボアCATs)
もともと、こういう雰囲気の大人の童話的なファンタジーが大好きなので、これは絶対見よう!と随分と前から決めていた作品。思ったより、ずっとコメディタッチ。なかなか楽しめた。クリスティーナ・リッチ、ブタッ鼻をつけていても、すっごくかわいくって・・・。
ペネロピ (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【日本公開日】2008年3月1日 【製作年/製作国】2006/イギリス 【監督】マーク・パランスキー 【出演】クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/リース・ウィザースプーン 【原題】“PENELOPE” 裕福な名家のお嬢様として生まれながら、...
[映画] ペネロピ (Wheat and Chaff)
ペネロピ 遠く昔の先祖の犯した罪から魔女に呪いをかけられ、豚の鼻を持って産まれた女の子の、ずっと部屋に閉じこもっていたところからの開放による心境の変化と、恋についての物語。 いやあ、なかなか面白かったですよ。映像も綺麗だし、女の子が好きそうなストー...
「ぺネロピ」 (或る日の出来事)
とても可愛らしく、ファンタジックなラブストーリーだった。 こうであってほしいと(私が)思うとおりの決着を、ほとんど迎えるといっていい...
ペネロピ (龍眼日記 Longan Diary)
名家ウィルハーン家に女の子が誕生。 彼女の名はペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。 何不自由ない家庭で育つ彼女だが、5代前のおじいちゃんのせいで一家に 呪いがかかり、彼女は豚の鼻と耳を持って生まれる。 それをひた隠しにする母親によってお屋敷から外へ出...
ペネロピ (ありがとう大作戦!)
新宿のテアトルタイムズスクエアにて 映画「ペネロピ」(イギリス/2006)を観た。 予告編を見たときから楽しみだった作品で、 呪いで豚の鼻と耳になってしまった、名家の女の子が主人公。 ティム・バートン監督作品や「アメリ」を思い出す、 かわいらしい映像で描か...
「ペネロピ」ロマンティック・フェアリーテイル (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 曾々々々お爺さんが犯した過ちによる呪いで 豚の鼻をもって生まれてしまったペネロピが 真実の愛を見つけ、呪いを解くまでのロマンティックなお伽噺。 主人公ペネロピを演じるのは クリスティーナ・リッチ。 豚鼻でさえキュートに見えてし...
『ペネロピ』 2008-No20 (映画館で観ましょ♪)
ナルニアのタムナスさんが人間になってブタさんに恋をした。 タムナスさんたらステキになってる♪ 魔女に呪いをかけら...
ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
ペネロピ (eclipse的な独り言)
 彼岸の墓参りのついでに観てきました。といいますより、映画のついでに墓参りに行っ
『ペネロピ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース...
ペネロピ (★Mooooovie★)
名家・ウィルハーン家には、先祖の悪行によって魔女にかけられた呪いがあった。それは次に生まれる女の子はブタの鼻と耳を持つというものだった。何代も男の子しか生まれなかったが、とうとうその呪いを受けたペネロピが生まれてしまった。娘をマスコミや世間の目から守...
映画:ペネロピ (駒吉の日記)
ペネロピ(テアトルタイムズスクエア) 「本当の私じゃない」 現代版カエルの王子様、そのとーりなのですが、腹の据わり方がハンパない。先祖の不誠実のせいなのにグレたりせず、冷静に自分をみつめて、逞しくて。まあ呪いをかけられた王子様よりお姫さまがしっかり...
ペネロピ (Diarydiary!)
《ペネロピ》 2006年 イギリス映画 - 原題 - PENELOPE 5代前の
ペネロピ (ルナのシネマ缶)
予告編を見てから なんかすご~~く可愛いし、 かなり好みだなぁーと思っていたので どうしても観たかった作品です。 忙しかったので、 なかなか観にいけなくて やっと観てきました! 裕福な名家のお嬢様として生まれながら 先祖がしでかした事件のせいで、魔女...
ペネロピ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
昔むかしのある裕福な青年は使用人の女性と恋に落ち、彼女は彼の子供を身ごもりました。彼女を愛してた青年は、彼女との結婚を親族に宣言しましたが、一笑に付され前言を撤回してしまいました。彼女は悲しみのあまり、崖から身を投げ、怒った彼女の母親は青年の一族に呪い...
【劇場映画】 ペネロピ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 社交界でも注目を浴びる名家・ウィルハーン家に、ブタの鼻と耳を持ったペネロピが生まれる。娘をマスコミや世間から守るため、両親はペネロピを死んだ事に。こうして彼女は、屋敷の中だけで生きてきた。先祖の悪行によって一族にかけられた呪いを解く方法...
【ペネロピ】 (NAO-C☆シネマ日記)
  好きになりたい。 先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻を持って生まれてきたペネロピ “魔女”“呪い”“豚鼻” ↑このキーワードだけ聞くと私のもっとも苦手とするファンタジーの世界。 ファンタジーチックな映像、そしておとぎ話のような設定。 いやぁ~そ...
『ペネロピ』 (2006) / イギリス (NiceOne!!)
原題:PENELOPE監督:マーク・パランスキー脚本:レスリー・ケイヴニー出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、リチャード・E・グラント、リース・ウィザースプーン鑑賞劇場 : シネカノン有楽町2丁目公式サイトはこちら。<St...
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
ペネロピ (心のままに映画の風景)
イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は、 先祖の因縁で魔女に呪いをかけられブタの...
ペネロピ (Blossom Blog)
ペネロピ PENELOPE 監督 マーク・パランスキー 出演 クリスティナ・リッチ ジェームズ・マカヴォイ     キャサリン・オハラ ピータ...
ペネロピ (映画鑑賞★日記・・・)
【PENELOPE】2008/03/01公開製作国:イギリス/アメリカ監督:マーク・パランスキー出演:クリスティナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リース・ウィザースプーン 好きになりたい。 豚の鼻を持って生まれてきた私は...
ペネロピ (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 イギリス 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ストーリー:先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳をもっ...
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ (はらやんの映画徒然草)
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
ペネロピ (小部屋日記)
Penelope(2006/イギリス=アメリカ)【DVD】 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ありのままの私じゃダメなの? コメディタッチの現代のファ...
DVD『ペネロピ』 (まるの映画)
今回はちょっと大きめサイズで・・・ 「ペネロピ」ブタ鼻ヒロイン クリスティーナ・リッチ嬢、描いてみました 身体もちゃんと...
むかしむかしあるところに (MESCALINE DRIVE)
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
『ペネロピ』 (Sweet*Days**)
ペネロピ [DVD](2008/09/17)クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ商品詳細を見る 監督:マーク・パランスキー CAST:クリスティナ・...
ペネロピ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな...
「ペネロピ」 Penelope (俺の明日はどっちだ)
昨年の公開時に見逃して以来ずっと縁がなかったキュートなファンタジームービー。 どこかティム・バートン作品を思い起こさせるオープニングのウィルハーン家の歴史を簡潔に紹介するシーン、これが素晴らしい出来。 とにかくこういう独特の世界観は大大大好きで、全体的...
映画評「ペネロピ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年イギリス=アメリカ映画 監督マーク・パランスキー ネタバレあり
『ペネロピ』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...
『ペネロピ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ペネロピ 先祖の呪いで生まれつきブタ鼻を持った 女性の物語。 【個人評価:★★】 (自宅鑑賞) 両親の庇護のもと、家の中に幽閉され...
ペネロピ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...