to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

椿三十郎

2007-12-27 23:59:40 | the cinema (タ行)
黒澤映画不朽の名作を、オリジナルの脚本をそのままに森田芳光監督でリメイクした痛快時代劇。

監督 森田芳光
原作 山本周五郎
脚本 菊島隆三 、小国英雄 、黒澤明
音楽 大島ミチル
出演 織田裕二/豊川悦司/松山ケンイチ/鈴木杏/佐々木蔵之介/風間杜夫/西岡徳馬
/小林稔侍/中村玉緒

とある社殿の中で井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ、9人の若侍たちが上役である次席家老黒藤(小林稔侍)らの汚職について密談していると、椿三十郎(織田裕二)という浪人が現れる。密談を盗み聞きしていた三十郎は陰謀の黒幕を見抜き、室戸半兵衛(豊川悦司)率いる悪者の手先から若侍たちを逃がす。(シネマトゥデイ)

やっとというか、ついにというか観てきました~。
夕方の回に間に合いそうだったので織田ちゃん好きな友人にTELしたら、
夕飯の準備をしていた友人Mはチャリを飛ばしてやってきました(笑)
「ホントはコレはお正月映画だよねー」
で、「取っとこうか~」と言ってたんだけど、観ちゃったよ~お正月の楽しみ~

オリジナルのほうは三船三十郎が刀を担いでいることしか覚えてません。
原作も読んだのに(『日日平安』)すっかり忘れてました
だから今回の織田、椿三十郎が初めてのようなもの。
面白かった
役作りでかなり太ったという織田裕二(友人Mの情報)が、ワイルドで、カッコイイ

                
 
松山ケンイチくんを中心とした若侍のおまぬけぶりも可笑しく、
押入れ侍の木村演じる佐々木蔵之介は、久々に「サトラレ」の頃を思い出させるはまり役
仲代達矢が当時演じた室戸半兵衛役のトヨエツも、一物ある策士の怖さがそこはかとなく感じられて
椿屋敷の3悪人にも笑わせてもらったし、
キャスティングも、其々の演技もよかった

21人斬りでは、途中刀を換えるなどリアリティがあったし、残酷な血でなく、
効果音(肉を使用したそう)で表現していたのも良かった。
映像がきれいだったし、私は特に大島ミチルさんの音楽が凄くよかった

楽しくて爽快な時代劇~お正月にふさわしい映画だと思います!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜の「堂本兄弟」は・・・ | トップ | 未来講師めぐる」主題歌 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~! (JoJo)
2007-12-29 00:28:09
Kiraさ~ん、TBどうもありがとうございました(嬉)来年早々、深キョンちゃんのドラマが始まりますね!わたしは小栗くんのドラマが楽しみです(笑)

ところで「椿」なかなか面白かったですよね!おっしゃるようにお正月映画にふさわしい、爽快で痛快な時代劇でした。最後があっさりしてたけど(笑)、でも楽しかったです。

今年もあと3日。来年もどうぞよろしくお願いいたします。わたしも、来年は仕事で不定期更新になりそうです!
へぇ~ (miyu)
2007-12-29 00:46:04
そっか役作りで織田さん体重増やしていたんですね。
それは気付きませんでした(;・∀・)
って、あの斬る時の効果音って肉を使ってたのΣ(´д`ノ)ノ
そりゃ~迫力出ますよねぇ~( ゜Д゜) ムホー
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2007-12-29 09:48:23
こんにちは
私も、この映画は純粋に楽しめました

「椿三十郎」という映画のリメイクに対しては、
賛否両論の意見があるようですが、
お年寄りから若者まで
楽しめる内容になっていたと思いますし、
古き良き時代の映画を
こういった形で観客に見せる事によって、
今の時代を見つめ直すイイ機会を
与えられたようにも感じました
こんにちは! (由香)
2007-12-29 12:47:20
お邪魔します~♪
思った以上にコミカルで面白い時代劇でしたね~
何度も笑い声を出しながら鑑賞しました。
織田さんは8kgも体重を増やして撮影に臨んだようですね。凄い!!

kiraさんには、今年1年大変お世話になりました~
来年もどうぞ宜しくお願い致します。
良いお年をお迎え下さいね~
JoJoさ~ん★ (kira)
2007-12-29 21:30:56
こんばんは~、コメントありがとうございます♪

JoJoさんもこの作品、楽しんでご覧になれた派ですよね!
私も、平成版椿三十郎として楽しみました
最後、あっけなかったですか?
私は緊張感もあの位しかもたないので、丁度よかったわー

そうなの11日から新ドラマのスタートなんだけど、
その前に、2日に番宣出演があるので楽しみです
小栗君の貧乏学生ぶりも見ものですね~

今年はJoJoさんのおかげで、素敵な楽しい作品にも出会えて、
とても良かった~
こちらこそ、来年も仲良くお付き合い下さいね。
よろしくお願いします
miyuさん~☆ (kira)
2007-12-29 21:35:47
こんばんは♪
そうなんですって~
着物の下に沢山(サラシとか)巻くのがイヤだったからとか、
友人が言っていましたが、
それで少しふっくらした分、童顔度が増した気もしますが。。
テクテクさん~☆ (kira)
2007-12-29 21:50:26
今晩は!
お越し下さり、ありがとうございます♪
リメイクだと、オリジナル贔屓の方にとっては複雑な思いもあるでしょうし、
ましてクロサワ作品ですからね、成功しても失敗しても何かと大変です。

平井堅が、「大きなのっぽの古時計」を歌った時はズル~イと思った私ですが(笑)
なぜか映画はいいと思ってしまいます。
一言でいえば、映画は一人では出来ないから―かも知れません。
同じストーリー、同じ脚本でも、演出、キャスト、美術、音楽、、
全く色合いが違うものになって、楽しめますものね
由香さ~ん☆ (kira)
2007-12-29 22:03:22
こんばんは♪
いつもコメント下さり、ありがとうございます!

由香さんが時代劇をご覧になるのも珍しいですよね~
『踊る~』はTVドラマも映画のほうも大好きでしたので、
なんとなく織田さんの作品には、大きくハズレはないような気がしてましたが、
期待通り楽しい作品に仕上がっていて良かったです

由香さんにも先を越されちゃいました
こちらこそ、今年はいつもコメント下さり、
古い記事へのTBも返してくださって、大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願いします~
役作りで (杏子)
2007-12-30 17:04:50
TB&コメントありがとうございました。
織田さんは役作りで太ったんですか~~。
確かに着物は腹回りが貧相では似合わないし、詰め物して立ち回りも動き辛そうですものね(^^;

今風時代劇というのか、「時代劇」を知らない世代にも違和感なく楽しめる作りだったと思います。
公開時期も合ってますよね
こちらにも・・・ (ミチ)
2007-12-30 22:10:47
黒澤版は見ているのですが、原作は未読です。
織田裕二は役作りを相当頑張っていたように感じました。
この時期気楽に見れますし、楽しい時代劇がどんどん作られるといいですね~。
ご無沙汰しています~ (ヒシアマゾン)
2007-12-31 09:01:18
kiraさん、おはようございます
私も観ましたよこの映画!リメイクというとどうしてもオリジナルと比較されて評価が辛口になりがちですけど、織田版「椿三十郎」はすごくかっこ良かったし、中村玉緒さんと、その娘役の女優さん二人ののんびりとぼけた演技をはじめ作品全編に嫌みのない「笑い」がちりばめられていて、とても面白かったです。時代劇大好きな私には、大満足な作品でした~

今年もいろいろお世話になりありがとうございました。
kiraさんにとって来年も素敵な一年になりますようお祈りしています。
杏子さん~☆ (kira)
2007-12-31 12:02:48
こんにちは!
お越し下さり、ありがとうございます♪

確かに、時代劇苦手の若者にも抵抗感のないキャスティング、
台詞回し、味付けだったように思います。
その事だけでも、リメイクの意味はあったのかな~と思いました。
ホント、時期的にもですよね
ミチさ~ん☆ (kira)
2007-12-31 12:10:18
こちらにもコメントありがとうございます♪
実は若い頃、山本周五郎にハマっていた時期がありまして
特に武家モノは好物でした!
この森田「椿」は、
緩急ある周五郎作品の雰囲気が良く出ていると思いました~
ヒシアマゾンさ~ん☆ (kira)
2007-12-31 12:22:53
おお、ヒシアマゾンさんもご覧になっていらしたんですね
>嫌みのない「笑い」
ホント、素直に顔がほころんでしまう可笑しさが作品全体にちりばめられていて
キャストもハマってましたし、楽しめました!
ヒシアマゾンさんが時代劇お好きだったなんて、新しい情報だわー(笑)

お元気でいらっしゃること、時々は発信してくださいね(^_-)☆
来年も、変わらず、宜しくお願いします
TBありがとうございます。 (michi)
2008-01-21 19:22:58
TBありがとうございます。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

>侍のおまぬけぶりも可笑しく、・・・
>椿屋敷の3悪人にも笑わせてもらったし・・・

観ていて、ついつい顔がニヤけてしまうような
可笑しさでしたよね♪
時代劇も意外に面白いんだなぁと思いました。

michiさん* (kira)
2008-01-22 02:10:37
こんばんは~♪
コメント下さるだけでも、とっても嬉しいです~

michiさんはオリジナルをご覧になられたんですよね!
当時の三船さんと織田さんが同じ年齢だというのには驚きましたが、
昔の俳優(女優)や、一般の人達も、今と較べるとずい分老けてましたよね。
きっと人間的にも落ち着いていたのでしょう。
それは観客も同じかも知れないので、平成の織田三十郎、アニキっぽかったし、
他のキャストも違和感無く(髷も似合ってた)楽しめました~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
椿三十郎 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この男、 時代を超えて生きている。』  コチラの「椿三十郎」は、山本周五郎の「日日平安」を原作に1962年に製作された「椿三十郎」を45年の時を経てリメイクした作品で、年末の時代劇シーズンに先駆けて12/1に公開されるのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ...
椿三十郎 (そーれりぽーと)
黒澤明監督の『椿三十郎』を、森田芳光監督が織田裕二主演でリメイク。 織田裕二主演の映画と言えば、『踊る…』以外に面白かった覚えが無いんだけど、どういう意図でややこしい俳優を使ったのか気になりまくり。 黒澤明の映画をちゃんと観た覚えが無い俺は、自称映画好き...
劇場鑑賞「椿三十郎」 (日々“是”精進!)
「椿三十郎」を鑑賞してきました1962年に黒澤明監督と三船敏郎の黄金コンビで製作された傑作時代劇をリメイク。オリジナル脚本そのままに、森田芳光監督がリアルでダイナミックな殺陣にこだわりながら、登場人物をいきいきとユーモラスに描写。日本映画史に残るヒーロ...
「椿三十郎(2007)」オリジナル脚本の完成度を改めて実感 (はらやんの映画徒然草)
世界のクロサワの代表作「椿三十郎」の森田芳光監督によるリメイクです。 黒澤明監督
椿三十郎 (2007) 119分 (極私的映画論+α)
「映画の日」活用しました(笑)
『椿三十郎』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光  □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト   織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨 ■鑑賞日 1...
『椿三十郎』(森田芳光・織田裕二) (ラムの大通り)
-----これって黒澤明の時代劇を 森田芳光がリメイクしたんだよね。 オリジナルがあまりにも偉大なだけに難しそう。 「いやあ、これが困ったことに意外とオモシロいんだ」 ----オモシロいのに、ニャにが困るの? 「う~ん。どこから切り出したらいいんだろう。 まず最初に...
椿三十郎 (Akira's VOICE)
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。
椿三十郎 (映画鑑賞★日記・・・)
2007/12/01年公開(12/01鑑賞)製作国:日本監督:森田芳光原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊)出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと 笑いあり過ぎ、涙なしの緊張感のない人質...
椿三十郎 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇のリメイク。オリジナルは未見なので、真っ白な気持ちで鑑賞へ―【story】とある社殿の中で、井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ9人の若侍たちが上役の汚職について密談していると、椿三十郎(織田裕二)という浪人...
椿 三十郎 (迷宮映画館)
評価すべきところ・・このポスター見た中学生たちに「これ見たい」といわせたところ。
「椿三十郎」みた。 (たいむのひとりごと)
「織田三十郎」は、本当に今度の12/10で四十郎です♪オリジナルの「椿三十郎」は観たことがないので、「織田三十郎」と「三船三十郎」の比較は出来ないのだけど、”現代風時代劇”としては、まあまあなデキでは
椿三十郎 (Diarydiary!)
《椿三十郎》 2007年 日本映画 黒澤 明監督の不朽の名作を森田 芳光監督が
「椿三十郎」★★★☆ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'07年製作、監督:森田芳光  主演:織田裕二 共演:豊川悦司、松山ケンイチ、 佐々木蔵之介、風間杜夫、小林稔侍、中村玉緒 、藤田まこと他(敬称略)12月1日より公開中! 上役の汚職に気づき、なんとかすべく相談しあう井坂(松山さん)ら9人の若侍。その...
日本人好みの典型的なヒーロー。『椿三十郎』 (水曜日のシネマ日記)
黒澤明監督の「椿三十郎」オリジナル脚本をそのままにリメイクした作品です。
「椿三十郎」:佃二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ずいぶん昔からありそうな居酒屋ね。 {/kaeru_en4/}江戸家っていうからには、江戸時代からあるのかな。 {/hiyo_en2/}まさか。でも、江戸時代の侍とかがここで酔っ払っていても不思議じゃない雰囲気があるわね。 {/kaeru_en4/}椿三十郎とかな。 {/hiyo_en2/}...
椿三十郎 (ぷち てんてん)
ファーストディで見てきました。オリジナルは見ていないんですよね~~。この映画を見てオリジナルを見たくなると思いますよ^^)☆☆☆トラックバックは、私の勝手な都合で確認後に反映するように設定されています。申し訳ありませんが、よろしくお願いしますm(*--*)m☆...
椿三十郎・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観る前から、面白さの最低保障が付いている様な一本だ。 何しろオリジナルは黒澤明の代表作の一つで、既に娯楽時代劇の傑作としての評価が世界的に確立している。 しかも、リメイ...
『椿三十郎』:森田善戦。その実は、フェイドアウトにあり:Myムービーに掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
黒澤明・三船敏郎の『椿三十郎』を織田裕二でリメイクするなんて、とんでもない企画を引き受けた森田芳光監督、「おぉ、意外と善戦しているではありますまいか」という印象です。
椿三十郎 (花ごよみ)
黒澤明監督の映画のリメーク版。 脚本は黒澤明のオリジナル版。 監督は森田芳光、 椿三十郎を織田裕二、 相手役の室戸半兵衛を豊川悦司。   共演は松山ケンイチ、中村玉緒、鈴木杏、藤田まこと、 佐々木蔵之助、小林稔侍、風間杜夫。 黒澤監督の椿三十郎の映画は ...
椿三十郎 2007年 (パフィンの生態)
森田芳光監督 2007年。黒澤明監督、三船敏郎主演の名作を 織田裕二主演でリメイク。コメディ仕立ての軽い時代劇☆☆☆ 原作を見ていないので比較することもなく楽しめた。 「織田裕二=熱い男」というイメージを良い意味で壊す映画。 口は悪いが頭の回転が早く剣の...
椿三十郎 (杏子の映画生活)
2007年12月1日公開 119分 一昔前のTV時代劇とも昔の映画時代劇ともちょっと違うんだなぁ。 観終わって、オリジナル版と見比べて観たくなる作品です。 ひょんなことから、上役の不正を暴きだそうとして集まった9人の若侍の危機を救った浪人、椿三十郎(織...
【映画】椿三十郎 (新!やさぐれ日記)
■状況 イオンシネマ太田店にて映画の日価格で観賞 ■動機 とりあえず観ておこうかと ■感想 うん、正直面白かった。 ■あらすじ とある社殿の中で井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ、9人の若侍たちが上役である次席家老黒藤(小林稔侍)らの汚職について密談し...
映画 【椿三十郎】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「椿三十郎」 黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇を森田芳光監督がリメイク。 おはなし:町外れの社殿で、上役の不正の告発の相談をする井坂伊織(松山ケンイチ)ら若侍9人。そこに突然薄汚れた浪人(織田裕二)が現れて、慌てふためく...
椿三十郎☆独り言 (黒猫のうたた寝)
織田裕二の出演作品・・・合う、合わないがあるんだけどなぁ~~~~っと・・・猫はいつも微妙なものを感じるのになぜか観にいってしまうんです、、、『椿三十郎』観てきました。ううう、、、テンポが合わないの、、、体に(爆)面白くないわけじゃない・・・とは思うので...
椿三十郎 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな出会いやったやろーし、(出会ってなかったら 全員斬ら...
椿三十郎 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった彼...
【2007-173】椿三十郎 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。
椿三十郎 (ネタバレ映画館)
城代家老睦田(藤田まこと)の夫人は白木万里がいいと思う・・・
椿三十郎 07216 (猫姫じゃ)
椿三十郎 2007年   森田芳光 監督  角川春樹 制作総指揮  大島ミチル 音楽  菊島隆三 、小国英雄 、黒澤明 脚本  山本周五郎 原作(日日平安 Peaceful Days)織田裕二 豊川悦司 松山ケンイチ 林剛史 一太郎 中村玉緒 藤田まこと 小...
★「椿三十郎」(2007) (ひらりん的映画ブログ)
黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。
椿三十郎/織田裕二、豊川悦司 (カノンな日々)
予告編からして面白そうだったしいろんな意味でかなり楽しみにしてた作品でした。黒澤明監督の古い作品は少ししか観たことなくてこの「椿三十朗」もオリジナルは未見です。でも観てなくてもきっと面白いんだろうなァと確信できちゃうとこが黒澤作品のスゴイとこかもしれま...
映画『椿三十郎』 (健康への長い道)
近所の映画館にて、本日より公開の『椿三十郎』。劇場ロビーのカフェでホットコーヒーとサンドイッチの朝食を食べて、10:30スタートです。 Story ある夜、森の中の社殿で9人の若侍が、上役の汚職を糺そうと密議をこらしていた。その1人、井坂伊織(松山ケ...
「椿三十郎」 新旧どちらも素晴らしい! (明日へのヒント by シキシマ博士)
面白かった!! もう、それだけで充分でしょう! 故・黒澤明監督の娯楽時代劇を、森田芳光監督が脚本をそのままにリメイクした「椿三十郎」です。
椿三十郎 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  椿が拓く、時代を超えた映画の扉  
真・映画日記『椿三十郎』(織田版) (          )
JUGEMテーマ:映画 12月14日(金)◆654日目◆ 終業後、六本木ヒルズ内にある「TOHOシネマ」へ。 中に入ると長蛇の列が。 話題作『アイ・アム・レジェンド』がこの日公開初日ということもあるが、 毎月14日が「TOHOの日」(10+4=14で…)で1000円で見られるか...
映画評「椿三十郎(2007年版)」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・森田芳光 ネタバレあり
椿三十郎(2007年) (mama)
2007年:日本 原作:山本周五郎 監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、村川絵梨、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと とある藩で9人の若侍たちは、上級である次席家老・黒藤と国許用人・竹林の汚職を...