to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

戦火の馬

2012-03-07 21:36:01 | the cinema (サ行)

原題 WAR HORSE
製作年度 2011年
上映時間 146分
原作 マイケル・モーパーゴ
脚本 リー・ホール /リチャード・カーティス
監督 スティーヴン・スピルバーグ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/ピーター・ミュラン/ニエル・アレストリュプ/トム・ヒドルストン/パトリック・ケネディ/デヴィッド・クロス

1982年にマイケル・モーパーゴが発表し、舞台版は第65回トニー賞で5部門に輝いたイギリスの小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化
第一次大戦前夜のイギリス。農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。その仔馬は貧しい農夫テッドによって競り落とされ、少年アルバートの家にやってくる。そしてジョーイと名付けられた仔馬は、アルバートの愛情を一身に受けて、賢く気高い名馬へと成長していく。しかし戦争が始まると、アルバートが知らないうちにイギリス軍へ売られてしまうジョーイ。やがて、ニコルズ大尉の馬としてフランスの前線へと送られたジョーイは、ついにドイツ軍との決戦の時を迎えたのだったが…。

原作は30年前の、イギリスでは児童文学としてヒットしたんですねぇ。
映画を観た今、これを舞台で上演したとか、どんな演出〜?!ってビックリですよ!
戦争に運命を弄ばれた賢い馬と、その馬に愛情を注ぎ続けた少年の、4年に及ぶ苦難の物語、
CGに頼らない自然の美しさ、残酷さもあり、
何より見とれるぐらい美しく賢いジョーイ!!素直に良かったです

実は少年アルバートは、ジョーイ誕生の瞬間から心惹かれていたんですね。
でも貧しい家では買えるはずも無く、ただ仲良くなりたくてみつめていたのに、
父親のテッドがその素晴らしい馬を大金はたいて買ってきて、
まだ調教もされていない暴れ馬が、アルバートのかけがえの無い存在になっていくのですが、
もう、この段階からこのジョーイが名演技♪
追い詰められたテッド一家の窮地を救う場面で、その演技力を先ず見せてくれます


やがて英国は第一次世界大戦に突入し、
まだ少年のアルバートに如何することも出来ない愛馬ジョーイとの別れが訪れ――

そしてこれより、親(アルバート)離れをしたジョーイ目線でドラマは語られていきます。


最初にジョーイを競り落としたのは、馬を大切にするイギリス人将校でしたが、それから
ドイツ軍を脱走した幼い少年兵の兄弟、両親を亡くし祖父と暮らすフランスの少女、そして
幾つもの出会いと別れを繰り返し、ジョーイは戦地を流れ歩くことに、、。

軍馬としてその過酷な旅を共にする、心強い黒馬トップソーンとの友情と別れ、
絶対絶命のピンチが幾度か訪れる度に、母馬になった気持ちで祈らずにいられない!

戦争は当時たくさんのヒトの命も奪い、同時に軍馬として徴用された沢山の馬の命も奪いましたが、
イギリス軍の100万頭の軍馬のうち、生き残ったのは6万頭だったという事です・・。
その熾烈さもちゃんと描かれていて、やはり胸に迫ります。
そのシーンは静かで美しかったり、激しい痛みを伴いながらもちゃんと見せてくれます。

ジョーイが追い詰められた時、戦地とは思えない光景に出くわし、
ちょっと韓国映画「JSA」を思い出させるシーンがあって観客を救ってくれます。
『奇跡の馬』と呼ばれた1頭の馬と少年の物語ですが、彼らを取り巻く人々とのドラマでもあり
ジョーイ役の馬たちの名演技もあって、温かな気持ちにさせられる作品です。
犬のアカデミー賞があるのなら、馬枠も作ってジョーイにもあげて欲しかったです
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平清盛 第9回 | トップ | 恭子ちゃん情報 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アカデミー (ノルウェーまだ〜む)
2012-03-07 23:52:29
kiraさん☆
あ、あれって犬のアカデミー賞だったのですか?
てっきり動物のアカデミーかと・・・
犬なら当然演技もできるのだし、動物のアカデミー賞なら是非とも馬のジョーイですよね。
Unknown (けん)
2012-03-08 10:23:06
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
ノルウェーまだ〜む♪ (kira)
2012-03-08 15:04:27
この先、他の動物に枠を設けるかはわかりませんが、
ゴールデン・カラー賞は「金の首輪賞」ですからね〜、、馬だと「金の鞍賞」でしょうか〜(笑)
過去馬の作品は幾つか観た覚えがありますが、
毎年となると、犬ほどにはチャンスがないですもんね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120214-00000005-cine-movi
けんサマ^^ (kira)
2012-03-08 15:10:42
同じ国の戦争映画でも、けんさんは
「戦火のオダジョー」ですね、わかります。
ジョーイ (たいむ)
2012-03-08 17:56:22
こんにちは!
名演技でしたね、ジョーイ(^^)
戦争映画をお馬さん目線とは新鮮でした。

最後には希望どおりハッピーエンドになるところは出来過ぎだけど嬉しくなりますねw
Unknown (zooey)
2012-03-08 21:52:21
確かに出来過ぎな話ですけど
そこもスピルバーグらしくてよかったですね。
ドイツ兵もフランス人もみんな英語を話すところ、
そのくせ中間地帯でジョーイをめぐってイギリス兵とドイツ兵が話す所では
「君、英語うまいね」なんて
とってもヘンでしたが…w
こんばんは (ituka)
2012-03-09 00:06:05
ドイツの脱走兵の兄貴の方、凄かったですよね!
馬上から左手1本で弟を持ち上げてましたもんね(笑)
相当に悩んだ末の火事場の馬鹿力ってやつでしょうか^^;

ジョーイの名演技にも満足したけど
アルバート少年が次第に逞しくなっていく様子もグッドでした。
Unknown (mig)
2012-03-09 18:37:47
kiraさんこんばんは☆
スピルバーグらしい作品でしたよね〜
動物が主演という、、、。
どんどん持ち主がかわって、、、でも最初のアルバートに戻ってくるっていうのが良かったナ。
たいむさん♪ (kira)
2012-03-09 18:59:14
演技以前に、ジョーイの容姿に惚れていたかも知れないですが(笑)
なので、ジョーイの不安や、痛みの演技には
もう凄く感情移入しましたです〜。

ラスト、幸せな再会をもう一つ予感させる別れがよかった
zooeyさん♪ (kira)
2012-03-09 19:13:44
>ドイツ兵もフランス人もみんな英語を話すところ
>「君、英語うまいね」なんて

そうでした。確かにあそこではえ?今更でしたよね〜(笑)
しかも、助けた後両方が欲しがり、その決着のつけたに
戦争中の民間人の普通が垣間見れて、非日常の中にある彼らが本当に可愛そうな瞬間でした。
itukaさ〜ん♪ (kira)
2012-03-09 21:03:54
脱走兵の兄貴、火事場の馬鹿力でもあそこまでやれるのも兄弟愛でしょうが
逆らえない弟君の人生は・・と思ったわ

ちょっと地味なアルバート少年は、いかにも牧歌的雰囲気で、
ジョーイに人生を捧げるコって役にぴったりだったかも
migちゃん♪ (kira)
2012-03-09 21:16:53
動物+少年+戦争=奇跡で、
ドラマ部分は浅いので、migちゃん的には物足りない感じだったんでしょう〜?
実は皆さん、大泣き、号泣という表現がありますが、
実は涙はちょっと流れたけど、泣くほどではなかったです、私も。
ただ、なんといってもジョーイの美しさと演技!につきました。
こんにちは (はらやん)
2012-03-10 14:31:57
kiraさん、こんにちは!

これは舞台だったんですか〜。
確かにどんな舞台だったんだろう?
CGを使わないで、馬の演技(?)で見せるっていうのはたいへんだったと思いますが、やはりリアルならではの生々しい息吹のようなものは感じられましたね。
同時に「タンタンの冒険」を撮っていたから、スピルバーグはこっちはリアルにこだわりたかったのかも。
はらやんサマ♪ (kira)
2012-03-10 21:39:29
そうなんですよ〜。舞台で大ヒットらしいので
スティーヴン・スピルバーグもその影響を受けているのでは?と、アノ場面の色使いは
まさしく舞台演出っぽかったですもんねー。
アニメは劇場鑑賞しなくてもいい派なんで、タンタンはパスしたんですが、
そういう私はナマの人間に(動物も)こだわっているのかも知れないです〜
Unknown (りら)
2012-03-14 20:16:24
こんばんは♪
とにかくジョーイが良かったですよねちゃんとアルバートのもとに戻れた時はホッとしました〜。
ただ、ジョーイに関わった人たちは気の毒なことになることが多くて、そのへんは切なかったです
りらさん♪ (kira)
2012-03-15 19:02:22
>ただ、ジョーイに関わった人たちは気の毒なことになることが多くて

そうなんですよね〜・・
ジョーイ目線で進行していきますから仕方ないとはいえ、
それでもあの老人と少女は引き裂かれるに留まって、よかったです。
終盤の老人との別れの場面では、アルバートの表情から、次の数年後のシーンさえ予感できました
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-03-15 21:18:00
早々とトラコメしてくれたのに、お邪魔するのが遅くなってしまってごめんね(^_^;)

とにかく、馬たちの演技が素晴らしかったですよね。戦争の犠牲者は、人間だけでなく、馬たちもだったんですね。。。
100万頭で生き残ったのが6万頭って(*_*;
そして、生き残った馬たちの運命も残酷なものでした(T^T)

ベタで王道で予想した通りのハッピーエンドでしたが、あんな時代だったからこそ、ああいう結末に救われました。
いい作品でしたよね(^_-)-☆
ひろちゃん〜♪ (kira)
2012-03-16 21:48:27
そうそう♪主役はたくさんのジョーイよね〜

もうね、、、アルバートのパパの意地のせいで、重い農耕具をつけて耕すシーンから、
人間のエゴで・・と胸がつぶれる想いだったのが、
戦地ではその経験がジョーイの親友を救うことに繋がる。。。
二つのシーンを演じた馬はベツジンかも(笑)知れないけど、、ウマかったよね♪

・・・ウマたち、出演料で、何貰ったんだろ〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『戦火の馬』 (こねたみっくす)
奇跡の馬ジョーイの数奇な運命。戦争映画大好きスティーブン・スピルバーグの第一次世界大戦を描きたかっただけという本音。 一頭の馬を狂言回しに表面上は様々な人間としての誇 ...
戦火の馬 (佐藤秀の徒然幻視録)
馬同士の友情物語 公式サイト。原題:War Horse。マイケル・モーパーゴ原作、スティーブン・スピルバーグ監督。ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス ...
戦火の馬/ジェレミー・アーヴァイン (カノンな日々)
1982年に発表されたイギリスの作家マイケル・モーパーゴの児童文学をスティーヴン・スピルバーグが映画化した第1次世界大戦下を背景にした馬と人間たちの絆を描いた物語です。短い ...
映画『戦火の馬』 観てきてボロボロに泣いた〜っ (よくばりアンテナ)
特に観たいわけじゃなかったんだけど、いや、時間もあったから。 そしたらもう泣けて泣けて。 めっちゃ感情移入してしまうんですよ・・・・馬に イギリスのある農家で暮らす少年アルバートのもと...
戦火の馬 (心のままに映画の風景)
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられた仔...
[映画『戦火の馬』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。  ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^...
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その馬は、人々の希望。 第一次世界大戦を生き抜いた一頭の軍馬(War Horse)と、数奇な運命に導かれその馬と邂逅する人間たちの織り成す物語を描いた歴史ドラマ。 マーティン・スコセッシが、デジタル技術...
「戦火の馬」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜あなたの心が震える〜 2012年  アメリカ映画      (2012.03.02公開)配給:ディズニー            上映時間:147分監督:スティーヴン・スピルバーグ原作:マイケル・モーバーゴ音楽:ジョン・ウィリアムズ出演:ジェレミー・アーヴァイ....
戦火の馬 (映画感想メモ)
馬と馬萌えの人々の物語。 いい加減あらすじ ある美しい馬が競売で競り落とされた。
『戦火の馬』 アメリカは壊れているか? (映画のブログ)
 アメリカはずいぶん変わった。  2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観て、私はそう感じた。  私の好きなアメリカ映画は、たとえば『大いなる西部』(1958年)や『大脱走』(1963年)である。 ...
「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英国の素朴で美しい田園風景そのものだ。
戦火の馬 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
戦火の馬 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る馬と少年の絆が奇跡を生む感動作「戦火の馬」。抒情的な田園風景とリアルな戦闘場面の対比が見事だ。イギリスの農村に住む少 ...
戦火の馬 (だらだら無気力ブログ!)
146分はちょっと長かった。
戦場を駆ける馬。スティーブン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(War Horse) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説(1982年出版・なんと馬目線の一人称)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化『戦火の馬』(舞台版は2011年第65回トニー
「戦火の馬」 (みんなシネマいいのに!)
 第一次大戦前夜のイギリスの農村。 貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジ
劇場鑑賞「戦火の馬」 (日々“是”精進! ver.A)
“繋がり”があれば、きっと会える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203020004/ 戦火の馬 オリジナル・サウンドトラック サントラ SMJ 2012-02-22 売り上げランキング : 74358 Amazonで...
戦火の馬 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://disney-studio.jp/movies/warhorse/ スピルバーグ作品と聞いたら観ないわけにはいかない。 でも、予告編を観る限りは“らしくない”作品のような感じがしたのが気がかり・・・ 農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の愛馬であ...
戦火の馬 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WAR HORSE】 2012/03/02公開 アメリカ 146分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・....
戦火の馬 (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ジェレミー・アーバイン     エミリー・ワトソン     デビッド・シューリス 第一次世界大戦下、軍馬として売られていった馬と、そこにまつわる人々とのお話。 いつの間にか140分という時間が終わってました。 ホ....
戦火の馬 (Akira's VOICE)
千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!  
戦火の馬 (風に吹かれて)
出逢った人達に愛されて [E:horse]公式サイト http://disney-studio.jp/movies/warhorse原作: 戦火の馬 (マイケル・モーパーゴ著/評論社)監督: スティー
「戦火の馬」みた。 (たいむのひとりごと)
最近は原点回帰気味な印象のあるスピルバーク作品だけど、戦争映画も十八番なわけで、「きっとそう来るだろう」と分かっていても、思わず涙をこぼしてしまう王道の戦争映画になっていた思う。ものすごく強運ながら、
戦火の馬 (ただの映画好き日記)
第一次大戦前夜のイギリスの農村―― 貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジョーイと名付けられ、この家の少年アルバートとかけがえのない絆で結ばれる。
戦火の馬 (映画と本の『たんぽぽ館』)
多くの人の手に守られて                       * * * * * * * * * * この作品、とても楽しみにしていました。 スピルバーグ監督作品だからというだけではありません。 馬が好きなんです。 競馬はやりませんけれど、馬の走....
戦火の馬 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 雰囲気的には1950〜60年代のレトロっぽさのある作品。
映画「戦火の馬」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「戦火の馬」観に行ってきました。 イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。 物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜のイギリス・デヴォン州。 この地にある牧場?で、一匹のサラブレッドの子馬が生まれ...
戦火の馬 (悠雅的生活)
梟の鳴き声。幸運のお守り。ノーマンズランドの奇跡。
「戦火の馬」 お馬さん版「マイウェイ」、ではない (はらやんの映画徒然草)
類いまれな資質をもって生まれたサラブレッド、ジョーイ。 そしてジョーイに愛情を注
戦火の馬 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★☆“終盤の指笛は鳥肌モノです!”マイケル・モーパーゴが1982年に発表した同名小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品です。 テッドは足が悪く、常に酒瓶を離せないでいます。そんな父のことを母のローズはアルバートに“彼はアフリカでの戦争...
『戦火の馬』 (pure breath★マリーの映画館)
     前を向いて、走り続けるんだ・・・ 『戦火の馬』 監督・製作・・・スティーヴン・スピルバーグ 出演・・・ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン 他  【解説】 1982年にマイケル・モーパーゴが発表し、....
スティーブン・スピルバーグ監督 「戦火の馬」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
戦争物と動物物の映画は正直あまり好きではありません。 凄惨な運命を辿り、お涙頂戴って魂胆だろうと思うわけで 最初は観る予定ではありませんでした( ̄^ ̄)b でもね、今日(3月13日)の公休、他に観たいと思えるのがやってない! まぁいいか? スピルバーグ...
戦火の馬 (りらの感想日記♪)
【戦火の馬】  ★★★★  試写会(4) ストーリー 第一次大戦前夜のイギリス。農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。その仔馬は貧しい農夫
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゚...゚;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
戦火の馬/WAR HORSE (いい加減社長の映画日記)
ストーリーは、予告編で、だいたいわかるけど、スピルバーグ監督ということで、どういうふうに仕上がったのか、興味があって。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 第一次大戦前夜のイギリスの農村。 貧しい農家にひきとられた一頭の馬はジョーイと名付けられ、少年...
★戦火の馬(2011)★ (Cinema Collection 2)
WAR HORSE スピールバーグ監督が、今、この時代にこそ贈る‘‘希望’’の物語。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/02 ジャンル ドラマ/戦争 映倫 G 【解説】 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が第一次...
馬が繋ぐもの (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...
戦火の馬 (花ごよみ)
舞台は第1次世界大戦。 四白流星の美しい馬ジョーイと 農家の少年アルバートとの、 間に結ばれた強い友情。 戦火の中を生き残った、 奇跡の馬を描く感動ストーリー。 監督はスティーブン・スピルバーグ。 主人公アルバート役には、 ジェレミー・アーバイン エミリー....
戦火の馬 (食はすべての源なり。)
戦火の馬 ★★★☆☆(★3つ) 人々を魅了した馬のお話。 見どころは壮大な景色と、ダイナミックなオーケストラ音楽。 話は・・・。 やっぱり、動物ものって苦手ですわ、私。 それだけでお涙ちょうだいじゃん。 人がばかばか死んでいく中で、こんなことありえるか...
戦火の馬 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:War Horse監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン・・・スピルバーグの映画には、ジョン・ウイリアムズの音楽ありき!
戦火の馬 (映画的・絵画的・音楽的)
 『戦火の馬』を吉祥寺オデヲン座で見ました。 (1)この映画は、“おすぎ”が、『週刊文春』の映画欄で、『ヒューゴの不思議な発明』を酷評するのとは反対に、下記(3)で触れるようにすごく高く評価していたところ、実際には『ヒューゴの不思議な発明』が素晴らしい出来栄...
映画「戦火の馬」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『戦火の馬』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 第一次世界大戦中の英国。農家の少...
戦火の馬 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
戦火の馬 '11:米 ◆原題:WAR HORSE ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ ◆出演: ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デイヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストラップ、トム・ヒドルストン ◆STORY◆第一次大戦前夜のイギリス...
映画『戦火の馬』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-25.戦火の馬■原題:War Horse■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:147分■字幕:戸田奈津子■観賞日:3月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ◆エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)◆デヴィッド・シュー...
戦火の馬 (ここなつ映画レビュー)
とても美しく、切なく、叙情的で、映画的な快楽に満ちた素晴らしい作品でした。細部に渡って計算し尽くされた構成。全体を貫くこの潮流は、本当にロマンに溢れていて、まさしく映像のダイナミズム(3Dなどとは違う意味のもの)を存分に味わうことができました。 …が...
戦火の馬 (いやいやえん)
動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな〜どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点々とする。持ち主の小作人の息子アルバートもやがて徴兵され、...
【戦火の馬】善意のリレー (映画@見取り八段)
戦火の馬〜 WAR HORSE 〜    監督: スティーヴン・スピルバーグ    出演: ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、デヴィッド・クロス、パトリック・ケネディ ...
【映画】戦火の馬…お利口映画ですが嫌いじゃないです。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日、2013年4月5日(金曜日)に太陽光発電機の売電メーターが取り付けられ、目下売電中ですが、5日以降、天気って悪かったですねぇ…春の嵐とか言うやつで…もっと早く付いていれば結構発電していたんでしょうけど…まぁ今日は晴れているので、まずまず 近況では、他に...
映画評「戦火の馬」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ ネタバレあり