to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

64-ロクヨン-後編

2016-06-19 10:45:23 | the cinema (ラ・ワ行)

上映時間 119分
原作 横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊)
脚本 瀬々敬久/久松真一
監督 瀬々敬久
音楽 村松崇継
主題歌 小田和正 『風は止んだ』
出演 佐藤浩市/綾野剛/夏川結衣/緒形直人/榮倉奈々/窪田正孝/坂口健太郎/筒井道隆/小澤征悦/金井勇太/柄本佑/忍成修吾/滝藤賢一/奥田瑛二/仲村トオル/吉岡秀隆/瑛太/永瀬正敏/三浦友和
平成14年12月。時効まであと1年と迫った“ロクヨン”の捜査員激励と被害者家族・雨宮の慰問を目的とした警察庁長官の視察が翌日に迫る中、管内で新たな誘拐事件が発生する。しかも犯人は“ロクヨン”と同じように身代金2000万円をスーツケースに入れ、父親が一人で運転する車で運ぶよう要求する。事件の性質上、広報室の三上は記者クラブと報道協定を結ぶ必要に迫られるが、肝心の捜査情報はほとんど提供されず、記者たちは一斉に反発、各社が独自に動き出しかねない危険な状況に。そんな中、一向に情報が出てこないことに自らも業を煮やした三上は、ロクヨン捜査にも関わった刑事部時代の上司・松岡が指揮を執る捜査車両に単身乗り込んでいくのだったが…。

前編で描かれた、主人公三上の、
“ロクヨン”の指揮をとった元刑事として、
マスコミと警察を繋ぐ現広報官として、、
行方不明の娘を持つ一人の父親として、
被害者家族を思い遣る一人の人間として・・の、苦しい心情が濃く描かれて
感情が揺さぶられ続ける後編、佳かったです!


この作品の顛末を知っていながらも、惹きつけられ
のめり込んで最後まで事件関係者に心を寄せられたのは、
やはり、主役級のキャスト陣の名演に尽きる。


勿論、三上を責める側、
警察でありながら、真実に迫る三上を排除しようとする側―…
どのポジションにも、隙の無いキャスティグがあって、、この作品の深い色合いになって居る。

ネタバレする訳にいかないので、もう佳い作品だったとしか書けないけど、
三上以外の主要登場人物には、ほとんどセリフらしいセリフはないのですが、
最初の被害者家族の永瀬さん、
14年後の被害者家族の緒形直人さんの鬼気迫る演技は凄いです!
特に三上が捜査車両に乗り込んでからのシーンは、臨場感があり
其々のオトコたちの心理描写が圧巻です

後編の登場人物としては、柄本佑くんがナイスでした
声で私は直ぐに解ったけど、捜査車両に忍成修吾くん
仲村トオルちゃんの二渡調査官は、陰の季節より一段とクールだった

今年の邦画上位間違いなし
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超高速!参勤交代リターンズ ... | トップ | 面白かった春ドラマ☆ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (sannkeneko)
2016-07-10 21:30:44
元々重厚感のある話ですが、映画自体も見ごたえがありました。
個人的に河原のエピはやっぱり三上らしくないと思ってしまうのですが、
永瀬正敏と緒形直人は今年の助演男優賞を争うのではないでしょうか。
sannkenekoさん♪ (kira)
2016-07-12 20:43:17
横山秀夫の描く男のドラマは、
暗くて、キツクテ、孤独で、、でもアツくて・・・
それをこれ以上ないという俳優たちで楽しめたことで、もう満足です。
ほんと、
>永瀬正敏と緒形直人は今年の助演男優賞を争うのではないでしょうか
総なめにして頂きたい。素晴らしかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
64ーロクヨンー後編 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
昭和64年に起こった誘拐事件には警察の隠蔽体質があったことがわかっている。それを解明しながら、平成14年の模倣した事件も解決するのを期待していた。できれば最新の技術を使って...
【映画】64 ロクヨン 後編 (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】佐藤浩市はじめ、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、永瀬正敏、三浦友和ら日本映画界を代表する豪華キャストが結集し、「ヘブンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニ...
64-ロクヨン-後編  監督/瀬々 敬久 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 浩市  永瀬 正敏  緒方 直人  三浦 友和 【ストーリー】 県警の広報官・三上は記者クラブとの摩擦問題をようやく解決した矢先昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を...
「64 ロクヨン 後編」:健闘の後編 (大江戸時夫の東京温度)
前編を観てから心待ちにしていた映画『64 ロクヨン 後編』を、さっそく公開初日に
「64-ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大...
『64 -ロクヨン- 後編』瀬々敬久監督、佐藤浩市、永瀬正敏、緒形直人、綾野剛、瑛太、仲村... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、犯人、ラストに触れています。『64 -ロクヨン- 後編』 監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市永瀬正敏、三浦友和、緒形直人綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎...
64-ロクヨン-後編 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 前編で貼られた伏線回収作業は綺麗に処理されたものの
『64 -ロクヨン- 後編』('16初鑑賞58・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
映画「64-ロクヨン-後編」  (FREE TIME)
映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。
64 ロクヨン 後編 (勝手に映画評)
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?...
64-ロクヨン 後編 (映画好きパパの鑑賞日記)
 前編は豪華演技陣に満足して、後編のオリジナルの結末が楽しみだったけど、実際にみてみると、前編で懸念した人情泣かせに走っていて、リアリティにかけ、がっかりしました。  ...
64-ロクヨン-後編 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/06/11公開 日本 119分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦...
映画『64−ロクヨン−後編』観てきた・・・ (よくばりアンテナ)
前編の記事はコチラ 前編があまりにも面白かったために、期待値が上がりすぎでした。 ただ、不安がなかったわけじゃない。 だって、前編ですでに原作本のストーリー3/4くらいは...
映画感想『64-ロクヨン-後編』2016年・日本 (見取り八段・実0段)
自分にはもう「ドラマ版 64」を見ていない頭には戻れないので…やっぱり、何かこれじゃ原作者が求めていたものが伝わらないだろうって気がしてしまうのだった。改変部分がベタな刑....
「64-ロクヨン-後編」 子への思い、届かぬいたたまれなさ (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレ部分があるので、注意してください> 前編は昭和64年に発生した誘拐事件
64-ロクヨン-後編 (我想一個人映画美的女人blog)
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫る“ロクヨン”捜査...
64-ロクヨン- 後編 (そーれりぽーと)
早くも続きの公開!『64-ロクヨン- 後編』を観てきました。 ★★★★ ハイテンションで駆け抜けて描かれる前編が良過ぎた。 後編はテンポにムラが有り、前後編の区切るところを間違え...
64ロクヨン 後編 ネタバレ注意 (まっきいのつれづれあれこれ)
昭和64年1月5日に起こった誘拐殺人事件。通称「ロクヨン」 ロクヨンの被害者の父
「64-ロクヨン-後編」事件の犯人に辿り着いた先にみた警察の失態に失望した被害者自らの犯... (オールマイティにコメンテート)
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ...
64 ロクヨン 後編 (花ごよみ)
横山秀夫原作の「64(ロクヨン)」を映画化。 今回は2部作の後編。 監督は瀬々敬久。 佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、 永瀬正敏、夏川結衣、窪田正孝、 三浦友和、吉岡秀隆、等...
「64-ロクヨン-後編」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
少女誘拐殺人事件が時を経て繰り返される。 合本 64(ロクヨン)【文春e-Books】横山秀夫文藝春秋 by G-Tools
「64(ロクヨン)後編」 (ここなつ映画レビュー)
「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていた...
後編は事件は解決へと向うが・・・ (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。 事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生 犯人は「サトウ」と名乗り 身代金2000万円を用意してスーツケー......
64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編 (いやいやえん)
昭和に1人取り残された雨宮。彼の心情を思うと悲しみなんか通り越してしまう。
64-ロクヨン-後編 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、柄本佑、坂口健太郎......
映画評「64-ロクヨン-後編」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり
64 ロクヨン 後編(2016) (のほほん便り)
ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編映画の後編は、原作と異なるラスト、だったんですってね。警察の広報担当と、記者クラブの激しい対立......