to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

イーグル・アイ

2008-10-24 23:22:23 | the cinema (ア行)
それは、全てを見ている。
原題 EAGLE EYE
製作年度 2008年
上映時間 118分
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ/エドワード・L・マクドネル
脚本 ダン・マクダーモット/ジョン・グレン[脚本]/トラヴィス・アダム・ライト/ヒラリー・サイツ
監督 D・J・カルーソー
出演 シャイア・ラブーフ/ミシェル・モナハン/ロザリオ・ドーソン/マイケル・チクリス/アンソニー・マッキー/ビリー・ボブ・ソーントン/イーサン・エンブリー

まったく面識のない男女が、謎の女の脅迫で絶体絶命の状況に追い詰められる恐怖を描くアクション・スリラー。スティーヴン・スピルバーグによる原案を、『ディスタービア』のD・J・カルーソー監督がスリリングに映像化。

アリアという謎の女性の電話で引き合わされた互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事務所の事務係レイチェル(ミシェル・モナハン)は、愛するものを奪われ、アリアの指示通りに行動することを強いられる。2人はすべてが謎のまま命令に従って行動するが、やがてFBIの追っ手が迫る。(シネマトゥデイ)

イキガミでは国家の繁栄という名目によって管理、監視される社会が描かれていた。
ここでは、正体不明の誰かがどこからか全てを監視、いきなり命の危険に曝され、抵抗も出来ない恐怖を与えられる。
携帯で。街の電光掲示板で。時にはビルの広告画面で、彼女は二人を操作していく。
スピード感があり、飽きさせないアクションと展開に目が離せませんでした!

冒頭、軍のカメラが捕らえたターゲットはテロリストである可能性は51%。
コンピューターは実行は危険と表示するが、大統領の鶴の一声で民間人を巻き込んだ国防省の1発のミサイル。
テロを警戒するアメリカ―。

家賃の支払いさえ滞っている貧乏生活をしていたジェリーには、軍に勤める双子の優秀な兄がいて、
ある日事故で急死したと連絡が入る。
幼い頃から父親の目から彼を護ってくれた兄の葬儀から帰ってきた時から彼は"機動"させられる。
アパートに送りつけられた、大量の軍事用機材の謎。
彼の口座に振り込まれた大金の謎。
彼をテロリストとし、追うFBI。そのFBIから逃がそうとするかのような謎の声の主は果たして敵か味方か。

母子家庭のため、息子の晴れの音楽の演奏の場にも立ち会わず、駅まで見送ったレイチェルは、
その夜のうちに携帯によって"機動"させられる。
彼女の目の前の広告スペースに息子の様子が映し出されて、有無を言わせず行動を強いられる。
なぜ彼女が選ばれたのか?!

コンプレックスを持ってはいたが兄への信頼は揺るがない。
この一点で、矢継ぎ早に繰り出されるアクションの中で、シャイアくん演じるジェリーに惹きつけられてしまったのかも。
息つく暇もない逃亡劇も、どこかで覚えがあるシーンの繰り返しなんだけど、
考えていては置いて行かれます(笑)
凄いスピード感にやや眼が疲れますが、これはやはり劇場で!

Yahooのインタビューで、この作品の舞台の現実味についてシャイアくんは、
一日の通話の内、5回に1回は政府が記録している」というCIAとかFBIの人の言葉を紹介している。
今の防犯カメラにはマイクがついていて、誰かが大きな声を出すと、カメラに内蔵されたマイクが探知し、危険度が高いと判断すればその発信源にズームする仕組みになっているんだ。僕たちがプライバシーのない世界で生きていることがよくわかったよ。」とも、、、。

つい先日、TVのある番組で、街に溢れる監視カメラを追うという特集を組んでいた。
防犯目的のカメラが設置されている事は承知していたが、
個人の商店やクリニックなどまでもが、無数に設置しており、
街中での私たちを知らぬ間に監視、撮影、或は記録されているのには驚かされた

今のところ法的規制はないのだそうで、これから論議の対象となると思われるが、
これだってアリアにちゃっかり利用されるというもの。
ヒトの安全の為のツールが、見方を変えれば自由を奪う征服者の手先にもなるという現実。
油断をしてはいけません


ところで上のインタビュー続きで、シャイアくんは好きな日本の文化は日本映画だと言い、『生きる』を挙げていました。
主人公がブランコに乗っている姿をみただけで今でも泣けるんだそうです。なんていい人なんでしょう!
急に彼が好きになりました(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MAQUIAな恭子ちゃん♪ | トップ | しあわせのかおり »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんですよね~ (miyu)
2008-10-24 23:45:53
実際アメリカでは政府が盗聴めいたことを
していて、
「ボーン・アルティメイタム」でも出てきたけど、
エシュロンなるものが常に監視しているんですよね~。
だけど、それ以外にも監視カメラとか
色々知られてないところもあるんでしょうね~。
そういった意味ではリアリティのあるお話なんだろうけど、
ちょっとアリアちゃんの正体とか性格とか(*≧m≦*)ププッ
あたしには合わなかったみたいです~(/ω\)
TBありがとうございます (ヤジャ)
2008-10-25 00:56:41
TBがうまく送れなかったのでコメントにて
近未来のSFには結構ある展開でしたが
舞台を現代に持ってきた事で
実は実際に起きているのでは?と思わせる話でした

スピルバークはシャイア・ラブーフが
相当お気に入りなんでしょうかね?
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-10-25 01:28:01
確かにどこかで見たようなとか、つっこみどころとか、考えさせないスピード感、テンポの
良さはありましたよね(^_-)-☆

飽きることはなかったのですが、それなりに
楽しめたかなと言う感じでした(^_^;)

シャイア君が「生きる」を挙げたの?
そしてそんなコメントも言ったんですね^^
確かに、いい人だわ~~♪
おはようございます。 (アイマック)
2008-10-25 08:53:41
監視社会の恐怖を描いてるけど、どこかで見たシーンが多いですね^^;
腑に落ちないシーンもあっても展開が早いので、じっくり考えてる余裕もなかったんだど・・・
シャイアくん、『生きる』が好きなんだ。日本人の私でさえ見てないのに。恥。
ちょっと大人っぽくなって、次回作のトランスフォーマーが楽しみでっす。
こんにちは~^^/ (ゆう)
2008-10-25 11:11:41
>考えていては置いて行かれます(笑)

そう!その通りです。
そんでもって深く考えてもダメかと。

一般ピープルのジェリーとレイチェルが
指示通りに動けてしまうところ
(大きな怪我もせずに)がリアリティに
欠けるなあ~と。
でも全体的にはまあまあよくできてるかな。
で、やっぱりこの手の映画はスクリーンで
観なくちゃですね。

私がジェリーなりレイチェルの立場だったら
任務遂行は不可能だろうな~。
速攻で死んでるわ(苦笑)
こんにちは~ (hito)
2008-10-25 11:54:31
迫力ありましたね!
これはスクリーンで見るに限りますね~

前半はハラハラドキドキ、一体どうなってるの~?とのめり込んでいたのですが、・・敵の正体で拍子抜けしちゃいました。

でもこういうシステムって恐いですよね~いつでもどこでも見られる可能性があるのって・・恐ろしいです。
Unknown (ゆかりん)
2008-10-25 23:03:12
こんばんは♪
監視しなきゃいけなくなったのはそれだけ犯罪が多くなったということですが、ここまで監視されてたら電話でも変なことしゃべれませんねぇ^^;
シャイアくんて「生きる」観てるんですね。日本人の私は観ていないのに・・・まずいわっっ
テクノロジーの脅威 (シムウナ)
2008-10-26 04:22:22
テクノロジーの脅威、警鐘を鳴らす映画でしたね。
自分の身に起こったらと思うとぞっとする話でした。
冒頭のシーンが重要な意味がありましたね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
miyuさーん* (kira)
2008-10-26 11:53:14
miyuさん的には今ひとつだったのね?
私は意外と乗って行けたんですよ~♪
「ボーン」も「2001年」も思い出しながらも結構巻き込まれました~(笑)
ただね~。
正体が解ってからはね、、失速しましたよね
ただ、スピルバーグの言う現代社会の恐怖は伝わったと思いますね
ヤジャさん* (kira)
2008-10-26 13:13:10
TBの不調、なんだか申し訳ないです~
わざわざコメントに来ていただいて恐縮です。

予告の時点で私は敵の正体に気がつかなかった、
漠然と、それを悪用しているのかな~と思っていたので、
「ボーン~」が頭にありました。
シャイアくんの身体能力もでしょうが、スピルバーグとの相性がいいとか、
人間関係がきちんとできているとも云えるのかも?
ひろちゃん* (kira)
2008-10-26 13:22:36
展開にあまり驚きはありませんでしたが、
シャイアくんのキャラがちゃんと描かれていたのが、
この後の展開に面白味を添えていたような気がして、
やはり脚本はキッチリしてるなあ~と思いました!

そうなんですよ~、シャイアくん、侮れないです
世界のクロサワ作品の中で、「生きる」を挙げたところが、
子供っぽくてアクションが売りみたいな印象の彼の、別の面を見た気がして
好感度アップでした~
アイマックさん* (kira)
2008-10-26 13:43:47
やはりアクション主体だと思っていても、
サスペンス部分で少し物足りなかったかも知れませんね。
温めすぎて、時期を逸してしまったかも知れません。
でも、スピード感が素晴しく、私は楽しめました~

シャイアくんはヘンに癖がないので、次回作も新たな彼が見れるかも
楽しみですね♪
ゆうさん* (kira)
2008-10-26 20:56:57
こんばんは!

面白かったですよね~♪
レイチェルの運転テクとか、身体能力とか
それもデータにあったの?とか
そもそもギロチン作戦そのものが、ちょっと遠回り~とか
あんまり考えても、、ね?

だいたいこれもアクション主体だと思っていたので
単純に楽しみました
hitoさん* (kira)
2008-10-26 21:04:50
劇場予告は面白かったですからね♪
あまり考えないで巻き込まれようと思ってました~(笑)

さすがのスピード感でドキドキでしたよね!
でも、、失速~~(笑)
やっぱり正体を明かすとか明かさないとかじゃなくて、
敵が単○だというのが怖さ半減?

でも、スピルバーグの目的は果たせたのではないでしょうか~
Unknown (オリーブリー)
2008-10-26 22:55:55
このような映画は、素直に楽しんだ者勝ちですね(笑)
前半の展開はかなり好きなパターンだったので、後半が悔やまれますが、映画館で観ないと損はすると思いました。

「踊る大捜査線」で極秘プロジェクトの監視カメラとか観たとき、怖いなあ~と思ったけど、最初のアフガンの場面とか今はここまでもやれるのか~と思うとまた複雑な思いでした(汗)
ゆかりんサマ* (kira)
2008-10-27 12:53:53
最近の犯罪捜査の状況をみても、
コンビニやガソリンスタンドなどの監視カメラの映像が
かなり貢献してるのも事実なようで、
一方、なにもやましくないとはいえ、知らぬ間に撮られているのもキモチの好いものではないですよね~

『生きる』は昨年テレ朝のSPドラマでりめいくされたものがありますが、
もちろんシャイアくんを泣かせたのはオリジナルの志村喬さんですね~。
私もいつか観て見たいです!
シムウナさん* (kira)
2008-10-28 01:29:52
スピルバーグ、10年も温めすぎのような気がしますが、
それでも中盤まではドキドキたっぷりで
とってもスリリングでした!

>ブログの記事の最後に、☆5つがあり
>クリックすることで5段階評価ができます
はい。一応全部(3作品)☆クリックしておきましたよー♪
kiraさん こんにちは~♪ (なぎさ)
2008-10-29 16:03:51
あら~シャイアクンって日本映画が好きなんですねぇ。
しかも『生きる』なんてシブいとこ突いてきますね!!!
今までそんなに興味無かったですが、シャイアクン私も好きになっちゃいます♪
この作品、アクションものとしてはかなり楽しめましたが最後がちょっと肩透かしで終わっちゃいました。(笑)
オリーブリーさん* (kira)
2008-10-30 12:18:58
アクション主体になる予感はしてましたので、
スピード感だけでイッキに中盤までのめりこみましたよね!

ま、敵の正体にもう一捻りして欲しかったところではありますが、
楽しめました♪

「ボーン~」とか「24」とか「2001年~」とか
いろいろ過ぎった作品でした
こんばんは (ひめ)
2008-10-30 22:26:42
目が離せなかったですよね~。
なんだか目が疲れてしまったのか、下まぶたがピクピクしています(笑)

そういえば、イキガミも監視社会のお話でしたね。
そっか~、そうやって比べてみると面白いですね。

シャイアくんが見ている「生きる」・・・
私、見たことないです。
見なくちゃ!
なぎささん* (kira)
2008-10-31 00:17:15
私たちが思うよりもずっと、欧米でのクロサワ作品は人気があるようですし、
この「生きる」にしてもモノクロのヒューマンドラマですが、
あの若いシャイア君が泣けるというところで
イッキに好感度上がりました~

しかし、これもなんでちょっとお地味なミシェル・モナハン?
似合わないよね~
ひめさん* (kira)
2008-11-01 20:30:57
凄いスピードにかろうじてついていったという感じでした~
ついて行って、記憶するってだけで一杯イッパイでしたよ~

イキガミの監視社会は重苦しく、カメラもあるけど
人間が監視してるという怖さもありましたね!
これは逆らっても駄目っていう怖さが描けてましたねー、途中まで
最後まで持たせるにはやっぱアノ敵ではだめってことよね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
イーグル・アイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、全てを見ている。』  コチラの「イーグル・アイ」は、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮&シャイア・ラブーフ主演の「トランスフォーマー」コンビが再びタッグを組んだ10/18公開のサスペンス・アクション大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~...
『イーグル・アイ』 2008-No71 (映画館で観ましょ♪)
いつものシネコン、1番スクリーン。 ん? スクリーン?間違えたか?  アフガン? 映画の舞台ってドコでした? と思うような始ま...
「イーグル・アイ」遠距離操作の先にみた恐怖の暴走抹殺計画の全貌 (オールマイティにコメンテート)
「イーグル・アイ」は突然掛かってきた1本の携帯電話によって何者かに監視され、そして命令通りに行動していく事になり、その先に恐ろしい展望を迎えるストーリーである。何時何処で誰かが監視している現実を最近感じるが、このような想定が有り得る今の現代に対する警告...
★イーグル・アイ(2008)★ (CinemaCollection)
EAGLEEYEそれは、全てを見ている。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント)初公開年月2008/10/18ジャンルアクション/ドラマ【解説】シャイア・ラブーフが主演作として「トランスフォーマー」のスティーヴン・スピルバーグ、「ディ....
イーグル・アイ (ダイターンクラッシュ!!)
10月19日(日) 15:50~ 丸の内ピカデリー1 料金:1280円(新橋の金券屋で前売り券を購入) プログラム:不明(未確認) 『イーグル・アイ』公式サイト 手垢にまみれた使い古された設定の作品。 設定に新鮮味が無いと言っているだけで、細かいところは丁寧に作られ...
★「イーグル・アイ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは・・・ スピルバーグが製作総指揮してて、秘蔵っ子のシャイア・ラブーフ主演作。 ミシェル・モナハンはんも「近距離恋愛」以来の登場。
イーグル・アイ Eagle Eye (いい加減社長の映画日記)
昨日は、かなり宣伝もやっている「イーグル・アイ」を鑑賞。 「P.S.アイラヴユー」も気にはなるけど、とりあえずは大物(?)の方を。 「UCとしまえん」は、いつもよりは多い感じ。 「イーグル・アイ」は、大きめのスクリーンで、8割程度」。 さすが、スピルバーグの名...
[映画『イーグル・アイ』を観た(HAL9000祭り^^)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆今、観て、帰ってきた。 とても、興奮している。 ・・・私が、映画に出てくる役で語ることが最も多いのが、『アマデウス』のサリエリであり、『ダイハード』のマクレーンであり、『モンスターズ・インク』のブーであり、そして、『2001年 宇宙の旅』のHAL90...
劇場鑑賞「イーグル・アイ」 (日々“是”精進!)
「イーグル・アイ」を鑑賞してきましたスティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、「ディスタービア」のD・J・ジャルーソ監督&シャイア・ラブーフを起用したサスペンス・アクション。敵とも味方ともわからない謎の人物に監視される男女が、国家を揺るがす任務にか...
イーグル・アイ (5125年映画の旅)
コピー店の店員ジェリーは、事故死した兄の葬儀の後、自分の口座に多額の振込みがあったことを発見する。さらに自宅には大量の火器が送られていた。困惑するジェリーに「30秒後にFBIが来る。今すぐ逃げろ」と警告する電話が。謎の命令に翻弄されながら、ジェリー...
イーグル・アイ(2008年) (勝手に映画評)
コピーショップの店員ジェリー(シャイア・ラブーフ)が、外出から帰宅すると、部屋には最新の武器が部屋一杯に。不思議に思っていると、携帯電話に謎の女から「FBIが来る。直ぐ逃げなさい。」と言う電話が・・・。一方、シングルマザーのレイチェル(ミシェル・モナハン...
イーグル・アイ (だらだら無気力ブログ)
面識のない男女が謎の女性の脅迫で、引き合わされ、彼女の言うがままに 行動させられ絶対絶命の状況にあわされる男女を描いたアクションサスペンス。 コピーショップで働く青年ジェリーはある日、米軍兵士である双子の兄が 急死したことを知らされる。葬儀のあと、ATM...
『イーグル・アイ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イーグル・アイ」□監督 D・J・カルーソ □製作総指揮・原案 スティーヴン・スピルバーグ □キャスト シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン、イーサン・エンブリー、アンソニー・アジ...
イーグル・アイ (小部屋日記)
EAGLE EYE(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: D・J・カルーソー 出演:シャイア・ラブーフ/ミシェル・モナハン/ロザリオ・ドーソン/ビリー・ボブ・ソーントン/イーサン・エンブリー それは、全てを見ている。 テロリストの罪をきせられた青年を追う“監視の目...
イーグル・アイ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
観たい映画がたまっちゃったよぉ~とりあえず今回はコチラです♪【story】互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事務所で働くレイチェル(ミシェル・モナハン)は、謎の女性からかかってきた電話により引き合わされた。その声の主は...
イーグル・アイ (Akira's VOICE)
卑怯なアリア  
イーグル・アイ/シャイア・ラブーフ (カノンな日々)
スピルバーグの監督作品だとばかり思ってたら原案者がスピルバーグで『ディスタービア』のD・J・カルーソーが監督した作品なんですね。何でも作品の構想はずっと以前からあったものの劇中で使われるハイテク技術に現実が追い付くのを待った上での制作なんだそうです。私み...
選ばれたら、逃げられない『イーグル・アイ』 (武と映画と日常)
最初にひと言。 発信者不明の電話には出ないに限るわね。 ってことで観て来ました、[http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD12934/story.html イーグル・アイ]。 これ予告編の作り方ウマかったんですよね~。 {{{ハイ、ツカミはOK!}}}って感じのデ...
【イーグル・アイ】 (日々のつぶやき)
監督:D.J.カルーソ 出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ビリー・ボブ・ソーントーン 「ある女性から突然かかってきた電話。ジェリーは彼女に命令されて強制的に指示どおりの行動をとらされる。法律事務所勤務のレイチェルは息子を人質に取られ同じ
イーグル・アイ(映画館) (ひるめし。)
それは、全てを見ている。
イーグル・アイ (eclipse的な独り言)
 今日はとある資格試験だったのですが、何も勉強していませんので撃沈しました。80
「イーグル・アイ」 敵役の魅力 (はらやんの映画徒然草)
「ディスタービア」のD・J・カルーソ監督とシャイア・ラブーフが再びタッグを組んだ
イーグル・アイ (映画鑑賞★日記・・・)
【EAGLE EYE】2008/10/18公開(10/18鑑賞)製作国:アメリカ監督:D・J・カルーソー出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントン それは、全てを見ている。
「イーグル・アイ」を観てきました・・・プチレビュー (気ままな映画生活)
自宅に戻ると軍用兵器が届けられて 見ず知らずの女性から、”FBIが30秒後に来るから逃げろ”と 言われる。何言ってんの???という状況で本当に FBIがきてテロ扱いにされる。 この女性は誰なのか? なぜ、ジュリーとレイチェルに指示を送ってくるのか?
イーグル・アイ (映画通の部屋)
「イーグル・アイ」 EAGLE EYE/製作:2008年、アメリカ 118分 監
イーグル・アイ (心のままに映画の風景)
お互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と、子どもを人質に取られたレイチェル(ミシェル・モナハン)は、...
イーグル・アイ (近未来二番館)
イーグル・アイ - goo 映画10月18日 映画館にて  主演のシャイア・ラブーフ は、すっかり御馴染みと言う感じがしてきました。今までは、そ...
『イーグル・アイ』2008・10・19に観ました (映画と秋葉原と日記)
『イーグル・アイ』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ コピーショップ店員の青年ジェリー(シャイア・ラブーフ)は、或る日米軍に所属する双子の兄弟の急死で実家へ帰り。自宅への帰途ATMに立ち寄ると、何故か口座に75万ドルもの大金が振り込まれ、帰...
イーグル・アイ (ぷち てんてん)
というわけで二本目はスピルバーグ監督が製作総指揮をとり「ディスタービア」の監督が、再びシャイア・ラブーフと組んだ「イーグル・アイ」です。☆イーグル・アイ☆(2008)D・J・カルーソー監督スティーブン・スピルバーグ制作シャイア・ラブーフミシェル・モナハンロザ...
「イーグル・アイ」“オチ”はイマイチ…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。予告編はとっても面白かった(まあ、意地の悪いこと(^^;)、「イーグル・アイ」(角川映画/角川エンタテインメント)。聞くところによるとスピ様は、10年前からこの企画を温めていたとのこと。う~ん、その気になればもっと早く...
イーグル・アイ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年10月18日 公開 見られてるのはナニー(子守り)だけじゃ~ないのよ。 アクションはさすがでしたねぇ~!!! これはやはりスクリーンで観る映画、エンタメ性の充分ある作品であります。 スピルバーグ監督が12年も温めて...
イーグル・アイ (ひめの映画おぼえがき)
イーグル・アイ (シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン 主演) 監督:D・J・カルーソー 出演:シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロ...
イーグル・アイ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  逃れられぬ絶対命令  
『イーグル・アイ』 (『映画な日々』 cinema-days)
 コンピューターによる監視社会に対する警鐘  個人情報保護法なんて、なんのその。。。    個人評価 ★★☆  『 映画雑感 』 (劇...
イーグル・アイ (ネタバレ映画館)
グーグル・アイ!
『イーグル・アイ』・・・壁に耳あり障子に目あり (SOARのパストラーレ♪)
おもしろい!これはハマった。既存の作品のネタをあれこれ寄せ集めて作ったような印象も正直あるけど、単なる寄せ集めではなくどっしりした1本のサスペンス&アクションにまとまっていて見応えがあった。
【映画】イーグル・アイ (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編が面白そうだったので ▼感想 手塚なら手塚と先に言ってくんないと・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ アリアという謎の女性の電話で引き合わされた互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と法律事...
イーグル・アイ (Yuhiの読書日記+α)
スピルバーグが原案&製作総指揮、D・J・カルーソーが監督をつとめる予測不可能なアクション・スリラー。キャストは、シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン、イーサン・エンブリー他。 <あらすじ> 平凡なコピー店...
イーグル・アイ(@_@)期待はずれでした。 (銅版画制作の日々)
 それは全てを見ている。               しかし、その姿は決して見えない。 11月11日、MOVX京都にて鑑賞。スティーブン・スピルバーグが10年前から構想していた題材を元に製作されたそうですが・・・・。今ひとつのような感じがします。ハリウッド映画...
「イーグル・アイ」斬新なのにありきたり (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
一回も息をつく暇がない。 この目まぐるしさは、劇中の主人公と同化するのに充分である。 斬新で新しい展開とスリルは、まさにジェットコースタームービーと呼ぶに相応しい。 しかし、途中から、あら?あらら・・・・?どっかで観たことあるんだけど~~え~とえ~っと...
【映画】イーグル・アイ…今度の相手役は少しお姉さんだけどメゲるなよシャイア君 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は朝から山口県の滝部というところまで散髪{/m_0056/}に行ってきました。 しかし今日は天気良い{/kaeru_fine/}ですねぇ。 散髪の行き帰りにサイクリング{/bikes/}なチャリメットマンを何人も見かけました。まだ涼しいからサイクリングには最適な日かも...
映画評「イーグル・アイ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督D・J・カルーソー ネタバレあり
映画『イーグル・アイ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
87.イーグル・アイ■原題:EagleEye■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:117分■字幕:林完治■鑑賞日:11月1日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)スタッフ・キャスト(役...