to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

トウキョウソナタ

2008-10-02 23:54:36 | the cinema (タ行)
ボクんち、不協和音。
上映時間 119分
脚本 マックス・マニックス/黒沢清/田中幸子
監督 黒沢清
音楽 橋本和昌
出演 香川照之 小泉今日子/小柳友/井之脇海/井川遥/津田寛治/児嶋一哉/役所広司

東京に暮らす、ごく普通の家族がたどる崩壊から再生までの道のりを、家族のきずなをテーマに見つめ直した人間ドラマ。日本が直面している社会問題を、独特の緊迫感でサスペンスフルに描く黒沢の演出に注目。(シネマトゥデイ)
佐々木家はトウキョウに暮らす一見ごく普通の4人家族。平凡なサラリーマンの父・竜平は、家長としての自負を持ち、家族のために懸命に働いてきた。ところが、ある日リストラであっさり会社をクビになってしまう。その事実を家族に伝えられず、毎朝スーツで家を出ては、公園などで時間をつぶす竜平。母・恵は、せっかくドーナツを作っても誰にも見向きもされないなど、やり場のない不満と虚無感を募らせる。一方子どもたちも、大学生の長男・貴は、突然アメリカ軍への入隊を志願し、小学生の次男・健二は家族に内緒でピアノ教室へ通い続けていた。すっかり家庭崩壊への道を突き進む佐々木家だったが…。

最初に予告で目にした時に、にやりとしたシーン。
本編を通してみると、可笑しいのに、笑えない。
「ゆれる」の時以上かもしれない香川照之さんの演技に圧倒されました。
殆どのシーンでその時々の心理を全身で演じたキョンキョンも凄く伝わるものがあり
とっても心に残る作品でした。
観ている時よりも、観て時間が経ってからのほうが(日曜に観ました)心に迫ってくるものがあったというか、
余韻の残る、いい作品でした

何時もと変らない日常が、ある日それぞれに変り始める。
父は小学生の子供と同じくらいの帰宅時間になり、
母は、、その家での存在自体に虚しさで気力を失いかけていたし、
子供たちも自分の目の前の社会や生き甲斐を相手に闘っていた。
しかし―家族で闘ってはいなかった―。

冒頭に、なぜか心惹かれる印象的なシーンがある。
激しく降り出した雨に気付いたこの家の主婦恵(小泉今日子)がベランダに向かうシーン。
吹き込んだ雨が水溜りを作っていてそれを黙々と拭いている姿。その水溜りが
この家の家族の心に溜まっている怒りや悲しみを象徴しているようにみえる。

そしてもう一つ。
怒りや、恐怖や、諦め、疑い・・など、様々な思いを抱える彼らが、
黙々と食事を取るシーン。
大きいお茶碗をみつめながら、黙々と、でももりもり食べるんです。
失ったものを補給するように。皆が。



ゆっくり沈んでいく船
そういった嘗ての同級生・黒須のキャラも、自演のEPとか、可笑しいのに笑えない。
この黒須と過ごす時だけ、どこか救われていた竜平に変化が訪れるのだけど・・・

あり得ないような展開も、アルかも知れない。
あって欲しい展開も、、あるかも知れない。
デフォルメされたトウキョウ――でも、本当はもっともっと色んな貌をもっている。


歩き疲れた兵士のようだった夫婦が、
一筋の優しい光に導かれるように・・・・・・
何かがあるから生きているわけじゃない。でも、
何かが欲しくて生きている。
そんなことを考えながら、
ドビュッシーの『月の光』に癒されて帰ってきました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月の気になる作品 | トップ | アイアンマン »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rose_chocolat)
2008-10-03 09:35:21
こんにちは。
香川さんの演技、私も『ゆれる』を思い出してしまいました。
何とも言えない表情がうまいですね。
小泉さんも、何を考えているのかわからない表情しますよね。
あの曖昧さが、映画なのに妙にリアリティを生み出しているように感じます。

TBさせていただきますね。
rose_chocolatさん* (kira)
2008-10-05 02:48:00
こんばんは!

弱い、不器用な、頑なな父親から目が離せませんでした。
多かれ少なかれ、こういうとこありますよね。
ダメだとどこかで解っているのに、突き進んでしまう。
立ち止まれない、引き返せない、勇気がない。。本当に上手い役者さんです。
キョンキョンも、堕ちるトコまで堕ちた女のスイッチの変わり目を上手く演じてて、
とても感情移入できました
こんにちは。 (となひょう)
2008-10-10 19:47:58
TB&コメントありがとうございます。
kiraさんも、とても魅了されたようで何よりですー
そうそう、後からジワジワくるタイプの作品でしたね。
私も、黒須の場面は最初はゲラゲラと笑っていたのですが。よく考えてみたら、余り笑えないよなぁ・・・といった具合に、後からジワジワときました。
この作品は、香川さん主演で正解ですよね。
私は、役所さんの場面が少し浮いて見えたんですよ。役所さんのような熱演する俳優さんと、この作品の流れがはまらないような気がして。(役所さんは好きな俳優さんの1人です)
ラストの香川さんが目に涙を一杯ためている表情なんて、ジーンときました。
パンフレットに、あの場面は監督の指示が一切なかったとあって(キョンキョン談)
香川さんとキョンキョンの自然体の演技が、心に深く残りました。
となひょうさん* (kira)
2008-10-11 12:04:23
お越し下さり有難うございます

何度も繰り返し描かれている
「家族の崩壊~再生」というテーマを、
この実力派2人を使って、どういう風にみせてくれるのか、
とても期待がありました。

現実を受け入れられないでいる竜平の毎日。そこに登場する黒須。2人の時間―。
その描写が、リアル東京でありながら、異空感のように感じられたり、
何事も起こらない日々に疲れていた妻に訪れた時間もまた異空間のようでもあり、
自分を見失った大人を演じたふたりの底力を見ることが出来ました

黒須、竜平、恵、そして泥棒になっちゃった男、、
それぞれの結末に教えられるものはあり、
あきらめない日常に帰っていけるいい作品でした~
Unknown (sabunori)
2008-10-13 23:19:58
kiraさん、こんばんは。
普通の家族の日常の普通だけど普通じゃないこと。
そんな家族の風景でした。
香川さんはガニマタ(O脚?)ぎみの歩き方からしてうまいよなぁ、と感心するばかり。
あの家族の住む線路ギリギリに建つ家の存在が彼らの生活に妙にリアリティを与えていたように思いました。
sabunoriさん~* (kira)
2008-10-14 10:37:03
あら、sabunoriさんは香川さんの脚に関心を寄せられましたか(笑)
私は彼の唇の開き具合と、目の開き具合に感心しきりだったでございます(笑)
なんでこんな開け方がこんなにセマルんだろう~です!
そうですね、ホントは今は少なくなった権威をより所のお父さん。その父が頑張って建てた一戸建ての家。
食事風景。
あの後の家族の食卓も見てみたかったですよね~
おはようございます♪ (kiriy)
2008-10-16 08:12:44
丁寧なコメント、TBありがとうございました。
>冒頭に、なぜか心惹かれる印象的なシーンがある。
私もそのシーンには心惹かれました。これから見る家族のドラマの予告のようでした。しかも小泉さんのシルエットも綺麗でしたね。

>何かがあるから生きているわけじゃない。でも、
何かが欲しくて生きている。

いろいろな事を考えたくなる映画でしたね。

ところでなんですが、kiraさんのこの「to Heart 」を、私の所のお気に入りに入れさせてくださいね。
kiriyさん* (kira)
2008-10-16 23:41:59
>これから見る家族のドラマの予告のようでした
そうでしたね~。
キョンキョン(どうしてもこの呼び名で呼んでしまう)のシルエット、
どこかネジを失くしているような不安な動きにも惹かれました。

劇中の、黒須と恵のセリフは印象的なものがありました

「お気に入り」だなんて嬉しいです~
拙い記事ばかりですが、いろいろとお話させて下さい。
こちらこそこれからも、宜しくお願いします♪
Unknown (hito)
2008-10-17 11:00:48
コメントありがとうございました!

自分でも気付かないで堪っていく不満や何かでいっぱいになっていく様子は見ていて苦しいですよね~

お父さんが「いただきます」を言うまでじっと待たされているあの間も苦しかったです。そしてそれが自分の特権で家長であることを実感している様子は何だか哀れでした~
hitoさん* (kira)
2008-10-19 10:59:46
そうそう、お父さんのビールを、だるそうにただ待つ家族。
それを当たり前だとする父親の姿。
どこかにいるかも知れないけど、ここもデフォルメされたトウキョウの姿が描かれてましたね~。
滑稽で哀しい男の姿を露骨なほどみせてくれたので、
それだけに、焦りまくる姿もまた解るのでした

このあり得なさが、リアルと背中合わせのような感覚がちょっと怖くもありましたね~。
Unknown (未来)
2008-10-19 23:05:24
黒須のキャラは滑稽なんだけど笑えないんです。。
津田さんはこんな役、嵌ってますよね。

キョンキョンの気だるくも鬱気味でありながら、
優しさに溢れた妻・母が印象的でした。
未来さん* (kira)
2008-10-22 00:40:59
津田さんは上手い方ですよね。
息苦しくなるような役から、爽やかな2枚目まで
息を吐いてばかりで吸っていないような、、退廃的な感じがよく出ていました。

キョンキョンのお母さん、香川さんとの最後の距離感が
とても自然でよかったですよね?救われました
こんにちは♪ (non)
2008-11-01 08:46:47
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

最近幣ブログの表示不具合で、ご迷惑をおかけしております。
もし記事が通常通り見られない場合は、下の方に記事が移動してしまってる場合があります。
でも、私のPCでは普通に見れているので、どこをどうすれば直るのか、サッパリ分からないでおります。
ご了承下さいませ。

ところでこの作品、現代の家族の陰の部分が鋭く描かれていて、
なかなか胸に響くものがありました。
役者さんもそれぞれ良かったです☆
nonさん* (kira)
2008-11-03 01:41:25
こんばんは!
お越し下さって有難うございます♪

>私のPCでは普通に見れているので
そうなんですか、私なんかPCはまるで解らないのですが、
こちらの方の問題だったのかも知れないですね

セリフでなく、映像と、表情と、リズムで、
都会の家族の危うさ、
社会に飲み込まれそうな大人の孤独、恐怖が描かれていて印象的でした~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「トウキョウソナタ」 ★★★☆☆ (映画大好き♪)
{/hiyoko_cloud/} 昨日は公開して間もない作品、「トウキョウソナタ」を観てきました。 正直全然ノーチェックな作品だったんですけど、こないだタリーズでフリーペーパー読んでいたら、 この映画の件で小泉今日子のインタビューが載っていて。私は「木枯らしに抱かれて...
『トウキョウソナタ』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:黒沢清出演:香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平(香川照之)は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。...
『トウキョウソナタ』 (試写会帰りに)
落ちて行く濃密な空気感は、決して居心地悪くない。映画を観ながら、安心してこの家族と一緒に壊れて行ける、『トウキョウソナタ』 トウキョウソナタ(竹書房文庫た1-1) (竹書房文庫 た 1-1) ホラー映画のイメージが強い黒澤清監督が、今回はじめて“家族”をストレー...
映画「トウキョウソナタ」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「トウキョウソナタ」@映画美学校第一試写室 映画の話 仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。一方、世の中に対して懐疑的な心を持っている長男・貴(小柳友...
『トウキョウソナタ』 (ラムの大通り)
----これって、海外で人気の高い黒沢清監督が 日本人監督初となる カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した映画だよね。 「うん。本当によくできた映画というのは、 こういうのを言うんだろうなあ。 家族4人の物語。とてもヘビーなのに、 決して目を背けよ...
「トウキョウソナタ」:葛西中学校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}「トウキョウソナタ」の次男は、結局こういうふつうの中学校には行かないんだろうな。 {/hiyo_en2/}黒沢清監督の新作の話ね。父親は会社をリストラされ、長男はアメリカの軍隊に入り、小6の次男は親に内緒でピアノ教室に通う、崩壊寸前の家族の物語。 {/ka...
トウキョウソナタ◆黒沢清監督が描く「家族の風景」 (好きな映画だけ見ていたい)
       「トウキョウソナタ」 (2008年・日本/オランダ/香港) サッシから吹き込む強風が室内をかき乱す。雨水が床を濡らす。窓辺に駆け寄った主婦はびしょ濡れの床を拭きとり、サッシを閉めるが、すぐさま自ら戸を開け放ち、荒れ模様の空を見上げる――。ささや...
「トウキョウソナタ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
上映前に、舞台にあったグランドピアノ、何かな? と思いつつ、司会進行役の映画評論家(名前失念)が最初に登壇、次に劇中の家族の一人、今は中一、撮影当時は小学六年生だった少年と、高尾奏之介という、1995年生まれ、ピアノコンクールで全国一位になった少年、ラス...
トウキョウソナタ (まてぃの徒然映画+雑記)
カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞受賞作、に惹かれて観にいく。黒沢清監督作品は「CURE」以来かな。なんてことはない、線路脇の普通のサラリーマン家庭、両親に子供二人の佐々木家。一見ごくごく普通の家庭だけれど、内実はみんなてんでバラバラになっていて、同じ家...
『トウキョウソナタ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トウキョウソナタ」□監督・脚本 黒沢清 □脚本 Max Mannix、三浦幸子 □キャスト 香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司■鑑賞日 9月28日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(...
映画『トウキョウソナタ』 (健康への長い道)
2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞作『トウキョウソナタ』を梅田ガーデンシネマにて。昨日・今日と休日にも関わらず、早起きで眠いです・・・簾。 Story 健康機器メーカーの総務課長として働く佐々木竜平(香川照之)は、人事部に呼び出され、...
『トウキョウソナタ』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
健康機器メーカー、総務課長として働く佐々木竜平は、人事部に呼び出され、リストラを宣告される。突然の出来事に、呆然としたまま帰宅するが妻、恵にリストラされたことを言い出せなかった。夕食時、小学校6年生で次男の健二はピアノを習いたいと言い出すが、竜平は反対...
トウキョウソナタ/香川照之、小泉今日子 (カノンな日々)
キョンキョンが出演してるからっていうのもあるんだろうけど、なんとなく『空中庭園』を思いださせるような4人の家族の物語。黒沢清監督というとホラーやサスペンスのイメージが強いんだけどそういえば『アカルイミライ』も黒沢清さんなんですよね。 出演はその他に、...
トウキョウソ\ナタ(ネタバレ注意) (悩み事解決コラム)
{amazon} <br />  本日公開初日の映画『トウキョウソ\ナタ』を観てきました。<br /> 自分が支持する監督の一人である黒沢清監督作品で<br /> 『ニンゲン合格』以来?の家族もの作品です。<br /> 世界の黒沢と言われるぐらい知名
「トウキョウソナタ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「トウキョウソナタ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、児嶋一哉、役所広司、他 *監督:黒沢清 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待...
トウキョウソナタ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。黒沢清監督、香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司、児嶋一哉。 キョンキョンが見つめる海。日が昇る前のキョンキョンの瞳や前歯は、暗い海の青に反射した月の光に映えてまるでゾンビのように、異様だが美しくラピスラズリ色...
アカルイミライ?『トウキョウソナタ』 (水曜日のシネマ日記)
東京の一戸建てに暮らす、ごく普通の4人家族が抱える問題を描いた作品です。
トウキョウソナタ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
カンヌ国際映画祭で注目された黒沢清監督の『トウキョウソナタ』気づけば、ホラーな作品ばかり観てた気がするんだけどこれも、ある意味ホラーな現実描いているなぁ~なんて観ながら思ってました。リストラされたことを家族に話せない父。ドーナツをつくっても食べてもらえ...
トウキョウソナタ (BUNPITUノHIBI)
黒沢清監督 東京郊外で一軒屋に住む佐々木一家。平均と平凡を絵に描いたようなごく一般的な四人家族だが、内部ではそれぞれが軋みを発していた。ゆっくりと歪んでいく家族、やがて幾つかの事件が起き、その末に家族は……という話。 リストラで職を失ったが家族に言...
トウキョウソナタ (映画通の部屋)
「トウキョウソナタ」 製作:2008年、日本 119分 監督:黒沢清 脚本:Ma
『トウキョウソナタ』 (Sweet*Days**)
監督:黒澤清 CAST:小泉今日子、香川照之、小林友 他 カンヌ映画祭「ある視点部門」 審査員賞受賞 平凡なサラリーマンの佐々木竜...
トウキョウソナタ (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
    = 『トウキョウソナタ』  (2008) = 仕事に没頭する毎日を送る、平凡なサラリーマンである佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。 一方、世の中に対して懐疑的な心を持っている長男・貴(小柳友)...
トウキョウソナタ (龍眼日記 Longan Diary)
ある日突然リストラされたことを言い出せない父親(香川照之) 家族が離れていってしまい喪失感に襲われる母親(小泉今日子) 家族を守るためにアメリカの軍隊に入ると言い出す長男(小柳友) 父親に反対されてこっそりピアノ教室に通う次男(井之脇海)・・・ それ...
トウキョウソナタ (近未来二番館)
トウキョウソナタ - goo 映画 10月11日 映画館にて 家に帰って、まず最初の一言。 「あのさあ、リストラされても隠さなくていいからね。...
【トウキョウソナタ】 (日々のつぶやき)
監督:黒沢清 出演:香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、役所広司 「トウキョウのある家族佐々木家。 リストラされたことを家族には言い出せずにいる夫竜平、アメリカに行き入隊を希望している長男貴、給食費を内緒でピアノ教室の月謝にして
黒沢清監督の「トウキョウソナタ」を観た! (とんとん・にっき)
恵比寿ガーデンシネマで黒沢清監督の「トウキョウソナタ」を観ました。黒沢監督については僕はほとんど知りません。香川照之と小泉今日子が出ている、というただそれだけで観に行ったようなものです。香川照之の出演作品は、2003年の中国映画「故郷の香り」や、西川美和監
トウキョウソナタ (だらだら無気力ブログ)
「回路」「叫」の黒沢清監督が、ごくごく普通の家庭が崩壊し、そこから 再生までの道のりを描いたドラマ。総務課長の父・竜平は、会社が業務を中国人へと委託したことにより、 会社からリストラの憂き目にあってしまう。その事実を家族に告げることが できず、毎朝スーツ...
トウキョウソナタ (future world)
こんな家族・・・どこにでもありそうな無さそうな・・・ 夫婦に息子2人~夫は会社員、どこにでもいそうな中間管理職。 家では家長・父親としての威厳を大いにふるってる。 妻は専業主婦、夫に尽くし息子を愛するごく普通の女性。 息子たち、典型的な日本人夫婦の...
トウキョウソナタ♪ (銅版画制作の日々)
  日本映画初!! カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞 受賞! 「トウキョウソナタ」、海外での評価の高い黒沢監督が初めて真っ向から挑む親と子のドラマは、現代日本の家族を映し出した意欲作。 10月17日、京都シネマで鑑賞してきました。思ったよりお客...
【映画】トウキョウソナタ (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編にて興味を引かれたため ▼感想 難しいなぁ・・・ ▼満足度 ★★★★☆☆☆ むずかし ▼あらすじ 仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。...
映画 【トウキョウソナタ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「トウキョウソナタ」 2008年度カンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した黒沢清監督最新作。 おはなし:平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。一方、長男も次男もそれぞれが...
トウキョウソナタ (ネタバレ映画館)
エロマニアはどうなった?
トウキョウソナタ (2ちゃんねる映画ブログ)
【ボクんち】トウキョウソナタ【不協和音】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1221622907/ 1 :age :2008/09/17(水) 12:41:47 ID:S9P2f0R3 2008年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞!!! の黒沢清監督最新作「トウキョウソナタ」の...
mini review 08357「トウキョウソナタ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
東京に暮らす、ごく普通の家族がたどる崩壊から再生までの道のりを、家族のきずなをテーマに見つめ直した人間ドラマ。『回路』などで知られる黒沢清監督が、累積したうそや疑心暗鬼などにより、ありふれた家庭を壊していくさまを現代社会を映す鏡として描く。リストラを家...
香川照之 小泉今日子 井之脇海 / トウキョウソナタ (中川ホメオパシー )
ワケもなく空中散歩 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのハルカリ担当、ブロッケンです。 黒沢清脚本・監督の映画『...
(喪中)映画評「トウキョウソナタ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・黒沢清 ネタバレあり