to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ワールド・オブ・ライズ

2008-12-21 23:59:25 | the cinema (ラ・ワ行)
どっちの嘘が、世界を救うのか。
原題 BODY OF LIES
製作年度 2008年
上映時間 128分
原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊)
脚本 ウィリアム・モナハン
監督 リドリー・スコット
出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック

「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナルド・ディカプリオ、「グラディエーター」のラッセル・クロウという豪華タッグが実現した緊迫のアクション・サスペンス。
世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員フェリス。一方、彼の上司はもっぱらアメリカの本部や自宅など平和で安全な場所から指示を送るベテラン局員ホフマン。そんな生き方も考え方も全く異なる彼らは、ある国際的テロ組織のリーダーを捕獲するという重要任務にあたっていた。しかし、反りの合わない2人は、フェリスがイラクで接触した情報提供者をめぐる意見でも対立。やがて、命懸けで組織の極秘資料を手に入れ重傷を負ったフェリスに、ホフマンは淡々と次の指令を出すのだった。フェリスは強引かつ非情なホフマンに不満を募らせながら、資料による情報のもと、次なる目的地ヨルダンへ向かうのだが…。allcinema ONLINEより

ずっと楽しみにしていたレオとクロウのスパイアクション、観てきました~!
テンポが速すぎて、、とか言われているようでしたが、迫力もテンポもGOOD!
ストーリーもそんなに複雑ではなくて良かったです

まず本編が始まる前に「これは著作を基にしたフィクションである」というような説明文がはいります。
現実にコレに近いことが起きているんだという事―そう、ニュースの裏側で

平和な日常の中に居て、子供の相手をしながら
危険にさらされている現地(ヨルダン)からのフェリスの相手をし、指示を出すメタボ気味なボス・ホフマン。

現地で情報提供者や仲間の工作員の安全に心を砕くも、身の危険のない場所からのホフマンの態度に嫌気がさしながらも
精力的に活動してしまう、熱いフェリス。



世界規模で発生している爆破事件のリーダーを捕まえること。
その目的のために、別人になり、別人の身体を利用する。

無人偵察機プレデターは、1万2000メートルの上空から群集の中の1人を探し出せるという優れものだが、
その米軍の最新テクノロジーが、デジタルを使用しないテロリストには全く役に立たないという皮肉。
そこで新たな武器は『嘘』ということになる。

協力関係のヨルダン側のトップ、ハニに「私に嘘はつくな」と釘を刺されるも
ハイテクを駆使し犯人を網にかけようとするCIAの嘘。
人の仁義に賭ける昔流のやり方で諜報活動を続けるヨルダン情報局長のハニ。
命を賭けたフェリスの潜入捜査は上手くいくのか?!

ひょっとしてなのか~?
というくらい、レオは悲劇的な結末の主人公を沢山演じてきて、
今回も痛いシーンがあるのですが、相変わらず青年っぽさもチャーミングなレオ
胸が締め付けられる決断や憤りなど、やっぱりレオは凄いです

舞台もイギリスやオランダ、中東諸国と、めまぐるしいですが、
私たちがテレビのニュースで目にする映像の舞台裏で、恐らくはフェリスやホフマンのような人たちが
実際に、いまも活動していて、その結果をいつかまたニュースで見るのでしょう。
リアルで緊迫感も凄いけど、考えさせられるものもあり、エンタメ性もあって
2時間があっという間でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント (29)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新堂本兄弟 | トップ | 可愛いふたりの・・・♪ »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うんうん (miyu)
2008-12-22 06:18:17
このテのお話ってじっくり描かれたものはあっても
ここまでエンタメ性もしっかりと兼ね備えているものって
意外と少なかったですよね~。
まぁ主人公がレオってのはあったかも?だけど、
本当2時間があっという間に感じてしまうぐらい
面白かったですね~♪
こんにちは! (アイマック)
2008-12-22 12:33:29
kiraさん、楽しめたようね。
レオさま、Mかと思うぐらい痛めつけられていてハラハラドキドキ。^^;
でもスイートなところは健在で、貫禄もついてきて
新作が楽しみです。
派手な映像、めまぐるしいけど面白かったですね!
ラッセルのおやじぶりもなかなかっすた。

Unknown (mig)
2008-12-23 00:46:37
kiraさーんちょっとお久しぶりです

あの映画、kiraさん観てくれるって聞いて嬉しくてとんで来ちゃった(笑)
お返事明日書くね

これ、わたしも年内に観たいんだけど
もうすぐ旅行に出るので行けるかビミョウです、、、
それか観て、レビューは来年になるってパターンかも、、、、
観たらまたお邪魔します!
kiraさんレオくんお好きですもんねー☆
こんにちは☆ (きらら)
2008-12-23 12:05:16
わはー
私はちょこっとわかりづらかったなって思うところありました。
でも全体としては楽しめました☆
レオ(ってみんな呼ぶけど私はディカプって読んでいます♪)は久しぶりに「ステキ」って思っちゃった
こんにちは! (たいむ)
2008-12-23 13:47:08
エンタメ性がある分、観やすくはありましたね。でも内容はかなり濃厚で見応えありました!
嘘と騙し、似て非なるもの。難しいですね。
Unknown (mig)
2008-12-23 21:58:45
結局さっさと観てきました~☆
でレビューも面倒になっちゃうからさっさと書いちゃいました(笑)

レオくん、さすがの演技力!
ヤなヤツラッセルとの掛け合いが良かったナ。
あぁっ (ひめ)
2008-12-23 23:13:19
どうしよう!!
年内はもう見に行けないから、これは見送って
ケイトウィンスレットとのまでレオはおあずけにしようかな~
と思っていたけど・・・・
kiraさんの読んで見たくなっちゃいました。
骨太作品 (Any)
2008-12-24 02:08:22
kiraさん、こんばんは♪
私もコレ、待ちに待ってましたよ~
テンポもいいし、2時間集中が途切れることなく観れました。

>胸が締め付けられる決断や憤りなど、やっぱりレオは凄いです

そうそう、何たってレオくんの演技が良かった!
ラッセル・クロウは名脇役って感じでしたもん(笑)
役作りとはいえ、あんなに太っちゃって元に戻れたのかなぁ…
こんにちは~♪ (ミチ)
2008-12-25 10:34:54
メリークリスマス
相変わらずお忙しいですか~?

この映画の感想をあちこちで読んでいたら、やっぱりディカプリオのファンは多いんだな~ってつくづく感じました。
みんなが彼の成長(?)っていうか、役者としての行く末を見守ってる感じですよね。
骨太な役もだんだん板についてきたように思います。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-12-26 23:02:14
TBありがとうございました^^
2時間あっと言う間でしたよね。
考えさせられる内容でありながら、
エンタメ性に富んでいたので、重苦しく
ならず面白く観る事ができました!

レオ様はMかも?(笑)最近痛そうな役柄が
多いですよね(^^ゞ
次回作はどうかしら^^

kiraさん、お忙しいそうですが、お体
ご自愛下さいね~♪
miyuさ~ん* (kira)
2008-12-28 13:39:49
でしょ~?
緊張感も緩まずに、ぐいぐい引っ張っていかれました!
やっぱりレオだから?(笑)
キャストも使い回しされてない感じがして(爆)
新鮮な感じを受けました!
リドリー・スコット監督お気に入りラッセル・クロウもある意味新鮮
アイマックさん* (kira)
2008-12-28 13:46:31
レオの出演作って、
いつも迫力も、テンポもよくって
どうしても引き込まれます
肉体派に転じてしまったかのようなレオですが、
ふとしたところで甘さが漂って、
優しさとか脆さとかを出してくるのが、、いいです~
kiraさん、こんばんは~。 (ryoko)
2008-12-28 22:48:48
TBありがとうございます。
いやぁ、デカプリオが良かったですね。
「ギルバート・グレイブ」で滅茶苦茶上手いな~と思ったけれど、「タイタニック」以降は何だか空回り。
「アビエイター」も「ギャング・・・」も良かったんですが童顔が災いして・・・でも最近は貫禄が付いて待望の復活!嬉しいです。
migさーん* (kira)
2008-12-29 18:18:06
そうなの
好きな俳優はたくさんいるけど、
レオはトクベツな存在です~♪

migちゃんのオススメでアノ映画、
早速観てきましたよ~!
migちゃんのあの一言は正解でした!!
あとで感想書くつもりです。
いつもレオとかジュードとかウェントワース・ミラーの最新の画像
有難う~~
きららさ~ん* (kira)
2008-12-29 18:24:19
きららさんもお忙しいのに
いつもコメント有難うございます!

各国で起きるテロの様子が入ってきちゃったりで
展開が速いところもありましたよね!
ディカプリオ、やっぱり熱い役が素敵ですよね~
たいむさん* (kira)
2008-12-29 18:30:40
昨年の「ブラッドダイヤモンド」が素晴らしかったので
社会派のイメージがついてきた大人のレオにぴったりの
今回のCIA工作員でした。
こういう作品を全米で公開するというのもある意味凄いですよね~
migちゃん♪ (kira)
2008-12-29 18:37:21
戻ってきてくれてありがとう
素早いねっ!

レオとラッセルの掛け合いは見所でした!
徹底的にやな、不遜なアメリカ=ホフマンというところが
アメリカではどういう評価だったんでしょ
ひめちゃん♪ (kira)
2008-12-29 18:51:36
もともとスパイモノは好きなんですが、
コチラは結構奥が深い内容を含んでます。
エンタメ性もあるので機会があったらぜひ♪

そうそう、ケイト・ウィンスレットとの新作、
何度か予告で観ましたが、
レオの作品に大ハズレはないし、
奇を衒わない大人のドラマって感じで楽しみですねっ
Anyさーん* (kira)
2008-12-30 13:08:31
今頃お返事かいてるヒトです~

ワタシが初めて観たレオの作品は「クィック&デッド」だったんです。
この作品から15年以上が経ち、また共演したふたり、、
スッゴイ変化ですよね~、どちらも♪

二人とも役作りもあっての体型ですが、レオはホントは細いし、
でも、ラッセルの場合、年齢もあって心配ですよね~
ミチさん~* (kira)
2008-12-30 13:36:05
やっと仕事から解放されましたー!
が、今度は大掃除、、
避けられないイベントながら、遅々として進みません

>みんなが彼の成長(?)っていうか、役者としての行く末を見守ってる感じ
わ~、そうですか?!ほんとに?
やはり若き頃の彼に胸を焦がしたファンは、その後の彼の頑張りを
見守っていてくれてるのでしょうか。
ミチさんの言葉に瞼がじ~~ん

どの作品にもレオの才能を感じ、胸を打たれるシーンがあり、
今後も目が離せないです
ひろちゃん~* (kira)
2008-12-31 10:11:52
いつもお気遣いありがとうございます!
年賀状はさほど多くないので苦労はなかったですが
今時は正月2日から多くの大型店が営業してるのに、
やはり昔の人なのか(爆)
買い物に追われてます~

もともと好きなジャンルですが、
レオが出演する作品にはいつも熱く心を掴まれます。
彼の「M」疑惑も(笑)手伝って、
最後までフェリスの無事を願ってドキドキでした~
ケイトとの新作、来年ひろちゃんも観るでしょ~?
ワタシはとっても楽しみ
こんばんは (michi)
2009-01-02 03:26:21
ディカプリオ、すっかり貫禄がついて
この手の役どころがホントに似合うようになりましたよね~♪
男っぷりが上がった感じです!!
クロウはメタボっぷりがバッチリでしたね 笑。
これも役者魂として(恐ろしいですが)凄いことです。。。。汗
元に戻るのかなぁ。
michiさん☆ (kira)
2009-01-05 00:02:53
ディカプリオのCIA工作員って、似合ってましたよね?!
男性からも、大人の女性からも支持される俳優になってきてることを
実感しましたね、この作品では。
演技の実力は文句のないところでも、細くて童顔で、ってところから
今のイメージまで持って行くのに結構かかったものです

クロウも、アノ年での20キロは、その役者魂は凄いですが、
何としても頑張って戻してほしいですね
あけましておめでとうございます (junf)
2009-01-07 18:09:26
kiraさん、こんにちは。
今年も時々お邪魔させて下さいね。本年もよろしくお願いします♪

考えさせられるはずの、スピーディで緊迫感のあった映画……なのに、怖いシーン(拷問とか爆発とか)に目を細めているうちに、いつのまにか閉じていて……。不覚でした。

レオ、クロウに会えたのは久しぶり。それだけで取り敢えず満足します……。

こんばんは~♪ (由香)
2009-01-08 20:20:22
kiraさ~ん♪お邪魔します
すっかり登場するのが遅くなりましたが(汗)、改めまして、、、
今年もどうぞヨロシクお願いします

kiraさんは満足の鑑賞だったようですね~
私はウトウトしちゃいました。レオファンなのに
レオ君の男くさ~い演技もいいんだけど、きっと昔の美しいレオが忘れられないのよ、私。
子どもの成長を受け入れられない母親のような気分みたい(笑)
でも!次回作のレボリューショナリー・ロードは張り切って観に行きます♪タイタニックコンビだし、楽しみ
junfさん* (kira)
2009-01-09 00:22:29
こちらでも、改めまして
あけましておめでとうございます

ラッセル・クロウとレオの共演って、めちゃくちゃ久しぶりですよね!
この作品もレオがアノ作品みたいに・・・って一瞬覚悟をした私もビビリです(笑)
イヤなアメリカのシンボルのような今回のラッセル。
とことんひょうひょうと演じていて、
3者三様の個性がこの作戦を面白くしていたと思います。

今年もヨロシクお願いします~。
由香さん♪ (kira)
2009-01-09 22:27:31
こんばんは!
こちらでも、改めまして、
おめでとうございます~
今年もよろしくお願いします!

>男くさ~い演技もいいんだけど、きっと昔の美しいレオが忘れられないの
>子どもの成長を受け入れられない母親のような気分
凄~くよく解りますよ、由香さんの気持ち。
正直、私も昔のレオに戻って欲しい(笑)
ただ、好きな俳優は増えていくけど、一箪ファンになると
けっこうずっと好きでい続けるのワタシ(笑)

今月のレオはどうでしょうか?
ワタシは予告でもうちょっと胸が熱くなりました♪
 (とらねこ)
2009-01-19 21:06:02
kiraさん、こんばんは~♪
レオ、本当にいい役者ですよね、見ているだけで話に引き込まれてしまうのは、やっぱ彼の演技がそれだけ真剣だからなんですよね。

今度の『レボリューショナリー・ロード』も映画自体の評判もいいし、なかなか楽しみです★
でも多分、あっちより私はこっちの方が好きじゃないかなって、
今から思ってるんですよ~
とらねこさん* (kira)
2009-01-21 12:53:51
こういうジャンルはほとんどが脚本の面白さで決まると思うのですが、
贔屓目でなく、本作はキャスト陣の個性と演技力で惹き付けた作品だったと思います。

もう直ぐの「レボリューショナリー・ロード」、
普遍的なテーマを、この二人がどのように演じるのか、
「エリザベス」を観たばかりの私はケイト・ブランシェット派ですが
ラブストーリー好きですからね(笑)楽しみにしてるんですよ~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ワールド・オブ・ライズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待...
ワールド・オブ・ライズ (小部屋日記)
Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー/アロン・アブトゥブール/アリ・スリマン ...
「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2008年11月27日01:33 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。    レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この...
『ワールド・オブ・ライズ』 (ラムの大通り)
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったもの...
ワールド・オブ・ライズ (めでぃあみっくす)
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行わ...
ワールド・オブ・ライズ (Yuhiの読書日記+α)
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ...
『ワールド・オブ・ライズ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BODYOFLIES監督:リドリー・スコット原作:デイビッド・イグネイシアス脚本:ウィリアム・モナハン出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Stor...
ワールド・オブ・ライズ(2008年) (勝手に映画評)
もはや定番の、中東モノの映画です。やっぱり、中東の現状が収まらない限りは、映画の舞台となるのは続くのでしょうか・・・。冒頭”この映画はフィクションである”と言う旨のクレジットが出ますが、同時に”現実にもこの様な事は行われている”と言う旨のクレジットも出...
兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』 (水曜日のシネマ日記)
テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。
ワールド・オブ・ライズ (Akira's VOICE)
信念で動く人間たちのドラマ。  
映画 『ワールド・オブ・ライズ』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像...
「ワールド・オブ・ライズ」みた。 (たいむのひとりごと)
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」 (日々“是”精進!)
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコット&ラッセル・...
「ワールド・オブ・ライズ」 (大村の「PREMIUM」日記)
 実に面白い映画でした。2009年の正月映画で一番見たいと思っていた映画は、この「ワールド・オブ・ライズ」。その理由は、昨年のレオナルド・ディカプリオの主演映画「ブラッド・ダイヤモンド」を見て、ディカプリオに心酔してしまっていて、次作の主演映画が待ち遠しく...
「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 (はらやんの映画徒然草)
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
ワールド・オブ・ライズ (Diarydiary!)
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - BODY O
地球が静止する日/THE DAY THE EARTH STOOD STILL (我想一個人映画美的女人blog)
わたし、宇宙人はいると思うしUFOも存在すると思う!  (笑) 原題が同じ「The Day the Earth Stood Still」 は 20世紀フォックス配給、監督ロバート・ワイズ、主演マイケル・レニイで作られた1951年のアメリカSF作品。 またまたリメイクか{/m_0164/}と思ってち...
「ワールド・オブ・ライズ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ワールド・オブ・ライズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー、アロン・アブトゥブール、アリ...
【ワールド・オブ・ライズ】 (+++ Candy Cinema +++)
【BODY OF LIES】 【監督】 リドリー・スコット     【原作】 デイビッド・イグネイシアス    【脚本】 ウィリアム・モナハン  ...
ワールド・オブ・ライズ (心のままに映画の風景)
危険な現場で任務を遂行するCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、 安全なアメリカから指示をするエド・ホフマン...
ワールド・オブ・ライズ (映画鑑賞★日記・・・)
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。
【ワールド・オブ・ライズ】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 「CIAの優秀なエージェントのロジャー・フェリスの任務は、爆破テロ組織のリーダーを見つけ捕らえること。危険に囲まれての潜入捜査は
映画 【ワールド・オブ・ライズ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・オブ・ライズ」 ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作をリドリー・スコット監督が映像化。 おはなし:ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は中東で命がけで活動するCIAの敏腕工作員。遠くワシント...
★ワールド・オブ・ライズ(2008)★ (CinemaCollection)
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
ワールド・オブ・ライズ (だらだら無気力ブログ)
現地で危険な仕事をする工作員と安全な場所から指令を下すだけの局員が あるテロ組織の首謀者を捕獲するため、味方すら欺きながら組織を追跡 するさまを描いたサスペンス。中東でテロ組織などの情報収集等を行い常に死と隣り合わせなCIA工作員の フェリス。一方、彼に指...
映画「ワールド・オブ・ライズ」 (FREE TIME)
映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。
ワールド・オブ・ライズ   BODY OF LIES (映画の話でコーヒーブレイク)
今の世の中グーグルアースやストリートビューを使えば、私達のような一般人でも 世界中の場所をかなり詳細に見ることが出来ます。 フィクションである映画の中で個人を特定するくらいの精度ってことは 本物の諜報活動をやっているCIAのような組織は、どの程度まで情報...
ワールド・オブ・ライズ/Body of lies (描きたいアレコレ・やや甘口)
この映画のレオナルド・ディカプリオは髪も目もダークで髭だらけなんですが...『綺麗な人は綺麗に』の管理人のモットーで控えめにしました、...
【100.5Kg】 「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
すっかり日付も替わってしまいましたが、今日は映画を観てきました。
ワールド・オブ・ライズ (ももママの心のblog)
中東を舞台とした、騙し、騙される殺伐とした嘘を主題とした秀作。主演二人の演技が見たくて行ったが、果たしてガチンコ演技対決が見もの。アメリカではヒットしなかったためか、宣伝も地味。しかしフィクションとはいえ、現実にこういう事態が起こっているのだろうと考え...
ワールド・オブ・ライズ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
激動の中東を舞台に、リドリー・スコット監督が、レオナルド・デ・カプリオとラッセル・クロウの二大スター共演で描くスパイサスペンス大作...
ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES (銅版画制作の日々)
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・ク...
ワールド・オブ・ライズ (利用価値のない日々の雑学)
新年最初のレビューだが、2008年末の未鑑賞作品である。リドリー作品であり、また、久々のディカプリオであり、この作品すら観られなかったのだから昨年末の忙しさは例年以上であったのだと我ながら驚く。しかし同時に、「原作を先に読んでおくのだった・・・」と後悔し...
ワールド・オブ・ライズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
「ワールド・オブ・ライズ」:浅間神社バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こういう自動車販売会社もいまは大変よねえ。 {/kaeru_en4/}とくにアメリカのビッグスリーとかは大変らしいぞ。 {/hiyo_en2/}アメリカも自分の国が火の車なんだから、よその国で嘘のつきあいなんてしている場合じゃないわよね。 {/kaeru_en4/}そういう目で観...
レオ&ラッセルの「ワールド・オブ・ライズ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}中東の大規模なテロ組織を追跡するCIA。現場で体を張って現地人も使いこなして任務を遂行するフェリス(レオ)と、安全なところから主にモニターで指示する上司のホフマン(ラッセル)。壮絶な情報戦のキーとなるのは「嘘」だった……{/映画/}   一...
ワールド・オブ・ライズ (ダイターンクラッシュ!!)
1月4日(日) 16:00~ 丸の内ピカデリー1 料金:1300円(プレイガイドで前売りを購入) パンフレット:600円(小さい!買っていない。) 『ワールド・オブ・ライズ』公式サイト テロリストを捕らえようとしているCIAの本部のボス(ラッセル・クロウ)、現場の部...
ワールド・オブ・ライズ (週末映画!)
期待値: 80% リドリー・スコット監督の社会派映画 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロ
映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売! (MOVIE レビュー)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品...
「ワールド・オブ・ライズ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
嘘つき合戦・・
『ワールド・オブ・ライズ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
映画『ワールド・オブ・ライズ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
103.ワールド・オブ・ライズ■原題:BodyOfLies■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月27日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□製作:ドナルド・デ...
ワールド・オブ・ライズ(DVD) (ひるめし。)
どっちの嘘が、世界を救うのか。
【映画】ワールド・オブ・ライズ…看護師には萌えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こう...
「ワールド・オブ・ライズ」(BODY OF LIES) (シネマ・ワンダーランド)
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米中...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督 (英国日記)
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実...
ワールド・オブ・ライズ (ひめの映画おぼえがき)
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD] 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴ...
『ワールド・オブ・ライズ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ワールド・オブ・ライズ 中東で対テロ殲滅作戦を展開する 米CIA中東局の主任ホフマンと 現地工作員フェリスは爆破テロ組織の リーダーを追う...
映画評「ワールド・オブ・ライズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督リドリー・スコット ネタバレあり