to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ウルヴァリン:SAMURAI

2013-09-18 23:46:43 | the cinema (ア行)

散ることのないサムライ。
原題 THE WOLVERINE
上映時間 125分
製作年度 2013年
原作 クリス・クレアモント/フランク・ミラー
脚本 マーク・ボンバック 、スコット・フランク
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 ヒュー・ジャックマン/真田広之/TAO/福島リラ/ウィル・ユン・リー/ハル・ヤマノウチ/スヴェトラーナ・コドチェンコワ
カナダの山奥で隠遁生活を送るウルヴァリンことローガンのもとに、彼の旧友でもある日本の大物実業家・矢志田の使者が現われる。余命わずかの矢志田は、命の恩人であるローガンに最後に一目会いたいと願っていた。日本を訪れ、病床の矢志田と再会したローガンだったが、矢志田はまもなく“君の永遠の命を終わらせてあげる”との謎の言葉を残して息を引き取る。その後、葬儀に参列したローガンは、謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出す。執拗な追っ手をかわし、一緒に逃避行を続ける2人はいつしか恋に落ちる。またやがて、戦いの中で、自らの不老不死の肉体を支えていた驚異的な治癒能力が失われていることに気づくローガンだったが…。

私としては「X-MEN」シリーズ自体1本もまともに観ないで鑑賞した前作は、
そこそこ楽しめたという程度で、今作は真田さんが出演だというので、楽しみにしていました!
そうしたら、日本が舞台で、登場人物もほとんどが日本人?で、、些か不安もあったのですが、
結論から言うと、ハリウッド映画的おかしな日本もありましたが、
アクションに関しては日本刀vs超金属の爪、
あるいは超金属の爪vs超金属の刀、など、
どんな画になるのか??でしたが、緊迫感もあり、キレイでした


が、私は知りませんでしたが、この日本人キャラは、
大幅に設定変更がなされてはいるものの、原作にも登場するキャラが殆どなのですね~。
X-メン原作コミックでは、マリコはヤクザ・ヤシダ組の娘で、ローガンとは結婚までするのですね~
ただ、その設定変更が成功しているかといえば、そこがね~、
何か主人公の行動がイマイチ突飛に思えたり、
悪とはいえ、親の描き方が不自然に思えたり、
特に矢志田社長と息子シンゲンと娘マリコの描き方が、中途半端になっていたように感じました。

あと、日本人というハラダ役のウィル・ユン・リーとTAOのセリフは、いっそ全部英語にすれば良かったのに、、
日本人なのに日本語セリフがろれつが回らないとか、、ほとんど棒読みでした。
それはウルヴァリンがカタコト日本語をしゃべるというのとは訳が違うのですから。

それでも、神田うのチャン似の福島リラさんvs真田さん、も、
キモ美しいヴァイパーvsユキオ、ヴァイパーvsウルヴァリンも、
新幹線の上でのウルヴァリンvsヤクザ(?)もドキドキでアクションは楽しめました


まあ、ヤクザとかニンジャとか、おかしな日本の演出・キャスティングは、キリがないくらいですが、
限りなく続く生への葛藤を抱えたウルヴァリンが“限りある命”を意識し、
その状態であがく戦いを素直に楽しみました。
だけど・・・ミュータント、少なすぎですよねぇ、、、、
どうせなら、日本人もミュータント設定にすれば、もっと面白くなったのに

あ、そうそう
エンドロールが始まってすぐに席をお立ちになりませんように。
美味しいおまけを逃しちゃいますよ、
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の日曜日・・・ | トップ | エリジウム »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
英語で~ (cyaz)
2013-09-19 17:38:47
kiraさん、こんばんは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
せっかく日本が舞台になったのに、なぜかカラーは
いつもながらのチャイニーズ(笑)

>あと、日本人というハラダ役のウィル・ユン・リーと
TAOのセリフは、いっそ全部英語にすれば良かったのに
それ、仰るとおりだと僕も感じましたよ(笑)
ヒューの日本語もちと変でしたが(笑)
こんにちは (たいむ)
2013-09-20 17:29:45
私も原作を知らないのですが、原作にも日本や日本人が多々登場するってこともあって、苦しいながらもこれはこれでアリなのかなぁ~って位置づけにしました。
ただね、やっぱり日本人の役は日本人にして欲しかったです。

まぁ次の告知があったことだし、気持ちはすっかり切り替わってますがw
cyazさん♪ (kira)
2013-09-20 22:09:43
ハリウッドからしてみれば、
中国人も日本人も見分けはつかない=同じってことなんですよね~。
「SAYURI」を思い出しちゃった

ジェームズ・マンゴールド監督、たしか「ニューヨークの恋人」もヒューでしたが、
コチラは原作もあるし、、大変だったんでしょうか??
ヒューとヴァイパーを除いて、全部日本語だとそれはそれでシナリオ的に大変だったら、
やっぱり全部英語がよかったんでは?
その為のアチラでのキャスティングなんだしねっ
たいむさん♪ (kira)
2013-09-20 22:30:19
ほんと、キャスティングを知った時に、
なんか予感がしてたんですよ~
真田さんとヤマノウチさん以外、日本語のセリフ、喋っちゃダメでしたよねぇぇ・・・
もうね、
あの増上寺のシーンから、いえ、あのデッキブラシの辺りから、
ガイジンになったキモチで愉しみました~
kiraさんへ (KGR)
2013-09-21 10:21:42
日本が舞台になると、実際の地理を基に
増上寺(芝)から上野は走ってはいけないとか、
浜松町近くの海岸に崖はないとか言う人がいそうですが、
今回はあまりそういう人は見かけませんでした。

長崎の港の町は「鞆の浦」だそうです。
Unknown (mig)
2013-09-22 08:44:14
おはようkiraさん☆
upされましたね♪

>
ウィル・ユン・リー
日本人じゃないから仕方ないかもだけど日本人役なのにあの日本語はねぇ。

全体的に外国人が楽しめるニホンって感じで
ニンジャとかヤクザとか考えたらタイトルからして
サムライですからねー 笑
とにかくこれまでで一番つまらないXシリーズでした
KGRさん♪ (kira)
2013-09-23 11:01:23
〉実際の地理を基に
〉増上寺(芝)から上野は走ってはいけないとか
ソレを言っちゃうと、ドラマや映画の殆どは
ツッコミ倒されちゃいますよね~(苦笑)
撮影場所については、日数に制限もある中、
ロケが許可されるされないトカも含めて、フタッフも大変だったと思いますね~。
まあ、新幹線の破損にはビックリでしたが
migちゃん♪ (kira)
2013-09-23 11:08:48
実はこの後、
「エリジウム」「ビザンチウム」を観て、感想を書く気でいた時に、
編集画面に入れなくなったのよ~。
もうね、、イロイロやって疲れちゃった

コレねぇぇ~。
ヒューさまと、他キャストのためにも、
興行的にはある程度成功してほしいと思っていますが、
やっぱ、いろんなミュータントが出てこないと苦しいね
こんばんは (ituka)
2013-09-23 21:08:23
マリコの旦那のモリノブローの日本語も違和感ありましたよね。
彼は前作『ワイルドスピード3』の東京編でも拙い日本語喋る日本人ギャングやってました(爆)

こういう有名なシリーズの劇場客入りはいいんですが
エンドロールと同時に席を立つひとって基本映画通じゃないと思ってます。
最後のおまけ映像を見逃すなんて、あ~勿体ない(笑)
itukaさん♪ (kira)
2013-09-25 12:29:04
〉マリコの旦那のモリノブローの日本語も違和感あり
そうそう、日本語を喋れるのが前提の、アチラでのキャスティング~なのに

そうそう
しかも、そういう人に限って真ん中の席から暗がりを、座席の背もたれをつかんで退場するの

まあ、ヒューと真田さんのためにも興行的には成功してほしいけど、
コレ日本以外ではどうなんでしょうね~?世界の反応がみたいわ
トンデモニッポンを (ボー)
2013-09-29 09:24:34
楽しめるかどうか、ですね。
これはOKでした。
女優陣もモデルだからセリフはうまくはなかったですねえ。
ま、いっか。
ボーさん♪ (kira)
2013-09-29 23:37:04
セリフを少なくするとかして、
せめてヒロインは、女優にして欲しかったところ
でも、「トンデモな日本」のおかげ?退屈はしなかったよね~(笑)
とんでもニッポン (ノルウェーまだ~む)
2013-10-04 01:13:23
kiraさん☆
トンデモながらも、愛の溢れるニッポンでしたねー
ハラダはカタコトがちょっとでしたよね。
確かにいっそ英語か、ガンバってアクションできる日本人をこのさい養成してほしいですね。
ノルウェーまだ~む♪ (kira)
2013-10-06 13:43:48
まあ、日本人だからなのでしょうが、(笑)
ストーリーよりも、設定、キャストに目が行ってしまいましたよね~
ホント、アクションはこなせても、セリフを含めた演技という点で、
どうしてもその必要性を感じますが、やはり「ハリウッドが求めるもの」との落差があるのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ウルヴァリン:SAMURAI』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルヴァリン:SAMURAI」□監督 ジェームズ・マンゴールド□キャスト ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
劇場鑑賞「ウルヴァリン:SAMURAI」 (日々“是”精進! ver.F)
ウルヴァリン、日本での戦い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309130003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【...
いろんな意味でビックリ!『ウルヴァリン:SAMURAI』 (水曜日のシネマ日記)
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾です。
ウルヴァリン:SAMURAI (Akira's VOICE)
不死と爪の一蓮托生。  
ウルヴァリン:SAMURAI (風に吹かれて)
日本で撮影してくれてありがとう~公式サイト http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai監督: ジェームズ・マンゴールド  「17歳のカルテ」 「ウォーク・ザ・ラ
本編よりエンドロール(おいおい・・・)~「ウルヴァリン SAMURAI」~ (ペパーミントの魔術師)
私は字幕版で見たのですが、 日本語吹き替え版ではOPにウルヴァリンと東京タワーと富士山がでてきて あの爪で20世紀FOXのオブジェをギャ~~ってひっかいてから始まるそうな。 (↑※私はこのOPをニュースでみたんですが、「日本限定予告編」だけで、 シネコンで実際流...
『ウルヴァリン/SAMURAI』 2013年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルヴァリン/SAMURAI』 を観賞しました。 ミュータント少なっ 日本人のミュータントはどんなの出るか期待してたんだけど 【ストーリー】  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある...
ウルヴァリン: SAMURAI (映画感想メモ)
お背中、流しますね。 ウルヴァリン最新作。 いい加減あらすじ 山の中で孤独に暮ら
「ウルヴァリン:SAMURAI」みた。 (たいむのひとりごと)
「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品であり、2009年の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の続編ということで楽しみにしていた作品。ただ、日本が舞台となるハリウッド映画には毎度のことながら不安を覚
「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通 (はらやんの映画徒然草)
アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気
映画「ウルヴァリン:SAMURAI」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/9/13、109シネマズ木場。 連休前の金曜夕方、300余席のシアター3は1割程度(実測)の入り。 * ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO(岡本多緒)、福島リラ、 スベトラーナ・コドチェンコワ、ウィル・ユン・リー、ファムケ・ヤンセン。 * 1...
ウルヴァリン:SAMURAI (ハリウッド映画 LOVE)
監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、福島リラ、ウィル・ユン・リー、ファムケ・ヤンセン、ハル・ヤマノウチ、TAO、真田広之
ウルヴァリン:SAMURAI (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(F) 英国自動車バラエティ番組でヒューが最新映画の裏話してた
ウルヴァリン:SAMURAI (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
走る新幹線の上で繰り広げられる格闘はすごい。アダマンチウムという隕石から採取された特殊な金属を体内に持っている故に不死の身体を得たのに、それが失われるピンチに自分のオリジナリティーを見直す。日本でロケをしたサービス満点の内容だった。
[W侍映画『許されざる者』『ウルヴァリン SAMURAI』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日公開作の、本来の時代からズレた「侍」をフィーチャーした2作品を観てきましたよ。  いやはや、どちらも面白かった。  とりあえず、夜の仕事を終えて帰宅してから感想を書きますな^^    ◇    『許されざる者』    イーストウッド作の邦画リメイ...
ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE(3D字幕) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので 仕方なく、、、、3D鑑賞  これ、まったく3Dの意味ないからカネカエセ! 大好きなX-Menシリーズのスピンオフ。 前作「....
ウルヴァリン:SAMURAI (心のままに映画の風景)
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救った日本人実業家・矢志田の願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と日本へ向かう。 ローガンと再会した病床の矢志田は、謎めいた言葉を告げ、息を引き取った。 葬儀...
ウルヴァリン:SAMURAI 原作に忠実なんやろ? (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【51うち今年の試写会5】 最近やけに職場PCもモバイルPCも動きが悪くて、WindowsXPがサービス切れることを前提とした嫌がらせ爆弾が爆発したのかと思いきや、InternetExplorerを使うの止めて、Mozilla Firefoxにプラウザーを変えてみたら、がしがし動くようになったのだ...
「ウルヴァリン:SAMURAI」 (或る日の出来事)
ハリウッド映画が描く、変な日本をどう受け止めるかは、観る人の許容度しだい。
『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は? (映画のブログ)
 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウル...
ウルヴァリン:SAMURAI (いやいやえん)
タイトルを見ただけでハリウッドも困ったもんだという笑いがこみ上げてきてしまう作品なのですが、実際に原作で日本人妻を娶るウルヴァリンの話があるもんだから、なんともいえなくなる。新幹線上で戦うのとか失笑予告を見せられていたので、期待せずに鑑賞。舞台が日...
ウルヴァリン:SAMURAI (銀幕大帝α)
THE WOLVERINE 2013年 アメリカ 125分 SF/アクション 劇場公開(2013/09/13) 監督: ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮: スタン・リー 出演: ヒュー・ジャックマン:ローガン/ウルヴァリン 真田広之:シンゲン TAO:マリコ 福島リラ:ユキオ ハル・ヤ...
ウルヴァリン:SAMURAI (とりあえず、コメントです)
『X-メン』シリーズのウルヴァリンが主人公のスピンオフシリーズ第2弾です。 今回は日本が舞台ということで昨年からいろいろ聞いていたので楽しみにしていました。 相変わらずのワイルドなウルヴァリンの存在感と共に広がる戦いの世界が印象に残る作品でした。
ウルヴァリン:SAMURAI (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ファムケ・ヤンセン 【解説】 『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾。超人的治癒能力と手の甲から飛び出す鋭利な爪を持つウルヴァ....
映画『ウルヴァリン:SAMURAI』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-72.ウルヴァリン:SAMURAI 3D■原題:The Wolverine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:126分■料金:1,300円■観賞日:9月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ジェームス・マンゴールド◆ヒュー・ジャックマン◆真田広之◆TAO◆福島...
ウルヴァリン:SAMURAI (RISING STEEL)
ウルヴァリン:SAMURAI / THE WOLVERINE  2013年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:ジェームズ・マンゴールド 製作:ローレン・シュラー・ドナー  ハッチ・パーカー 製作総指揮:スタン・リー  ジョー・カラッシオロ・Jr 脚本:...
ウルヴァリン: SAMURAI (映画大好きだった^^まとめ)
998 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2013/09/15(日) 20:39:43.36 ID:pfcYG9/Aとんでも日本だけど面白かった。いいんじゃないのウルヴァリンだもの。ヒュー・ジャックマン、かっこいいよ457 : ...
ウルヴァリン:SAMURAI (のほほん便り)
「X-MEN」シリーズの外伝・第二弾だそう噂では、「日本人が見ると、アングリの、とんでも作品」とのことで、その「とんでも」ぶりを、ちょっと見てみようとして、逆に、その「そんなのアリですかぁ」のオンパレードにハマってしまい、最後まで観届けてしまいました。本当...