to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

ウォールフラワー

2013-12-09 21:13:26 | the cinema (ア行)

さよなら、壁際の僕。
原題 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
製作年度 2012年
上映時間 103分
原作:脚本:監督 スティーヴン・チョボスキー
出演 ローガン・ラーマン/エマ・ワトソン/エズラ・ミラー/メイ・ホイットマン/ジョニー・シモンズ/ジョーン・キューザック/ポール・ラッド

スティーヴン・チョボスキーの同名ベストセラー・ヤングアダルト小説を原作者自らメガフォンを取り、主演に「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のローガン・ラーマンを迎えて映画化した感動の青春ドラマ。
1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)兄妹との出会いによってすっかり様変わりする。チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが……。

公式サイトに
ただ生きているだけで心がときめき、ただ生きているだけで心が痛い。誰にでも覚えのある、そんな青春の甘く苦い日々を、鮮やかに切り取った小説「ウォールフラワー」。スクールカースト最下層に位置し、クラスメートの輪に入れない少年、チャーリーの成長と、彼の仲間たちの姿を描いた原作は、1999年に刊行され、全米で社会現象を巻き起こした。とあり、これは原作者の実体験が基になっているせいか、とてもリアルです。。。

内容的にはもう何も目新しくはない、アメリカの青春映画。
だけど、これが凄くよかった!
やり過ぎ感のない爽やかな演出と、個性あふれる魅力的なキャスティングが大正解
「ハリー・ポッター」のハーマイオニーしか印象にないエマ・ワトソンも長過ぎたそのイメージを
払拭させるイイ役どころ
少年は残酷な弓を射る』でも、特異なオーラを放っていたエズラ・ミラーくんも、はまり役でした
そして、大好きな『3時10分、決断のとき』で注目、クリスチャン・ベイルの息子役で、
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』もなかなか面白かったローガン君も、
壁の花でいることから恐る恐るはみ出し者の輪に入る、シャイな高校生を好演してました


壁の花である特権。
それを理解してくれるチョット大人な、個性的な面々に翻弄されながら、
チャーリーが多感な思春期の高校時代の悩みや、
仲間であるために傷つき傷つけあう少年期がよく描けていたと思います。
私は好きな作品でした

'90年代の懐かしい音楽もヨカッタ〜

QUEEN with David bowie, - Heroes ( Freddie Mercu
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おめでとう〜♪♪ | トップ | 『超高速!参勤交代』続報♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
単なる (sakurai)
2014-04-03 11:23:54
壁の花っていうのではない、ものすごい重たいものを背負ってるってのが、自分の想像以上で、ちょっ重たかったですわ。
いやな重さではけしてないのですが。
人生は長い。これからなんだ!無理なんかしなくていいから、ゆっくり頑張ってくれ、、と、おばさんは願っておりました。
sakuraiさん♪ (kira)
2014-04-05 20:57:54
壁の花から、超個性派の集団への一歩を踏み出す瞬間までの
有りがちプロローグから、一気に加速していきましたよね、、、
何かを護るために傷つけあう。。。ヒリヒリとして痛い青春を
鮮やかに切り取って見せてくれた作品でした。
Unknown (Nakaji)
2014-04-07 22:43:58
こんにちは。
私もかなり好きな映画になりました。
本当に音楽もよかったですよね!!!
Nakajiさん♪ (kira)
2014-04-12 01:25:51
ストーリー自体は有りがちなのに、
キャストの魅力と、その成長の展開とラストまでが
ほんとにキモチを掴まれて、、印象に残る作品でしたねー

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画・ウォールフラワー (読書と映画とガーデニング)
2012年 アメリカ原題 The Perks of Being a Wallflower 時代背景は1980年代後半から90年代初頭高校に入学したばかりのチャーリー(ローガン・ラーマン)友だちはゼロ、誰も挨拶してくれない、ランチも独りぼっち誰かが声をかけてくれるとしてもイジメか悪口唯一....
ウォールフラワー〜絆は秘密の共有 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Perks of Being a Wallflower。スティーヴン・チョボスキー監督、ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ディラン・マクダーモッ ...
ウォールフラワー (gala)
ウォールフラワー 原題:The Perks of Being a Wallflower 監督:スティーヴン・チョボスキー 出演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ディラン・マクダーモット、他 2012/アメリカ 公式ウェブサイト スティーヴ...
『ウォールフラワー』 (Cinema+Sweets=∞ 映画+スイーツBLOG)
オンライン動画サービスの「青山シアター」のオンライン試写会に当たって、先日鑑賞しました。 オンライン試写会での鑑賞はちょっと久しぶりな感じも。 ローガン・ラーマンとエマ・ワトソン共演の青春映画で、地味ながらも爽やかな作品だと思います。 ************...
ウォールフラワー (あーうぃ だにぇっと)
ウォールフラワー@有楽町朝日ホール
ショートレビュー「ウォールフラワー・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
壁の花だって、咲ければいい。 1999年に出版され、一躍ベストセラーとなった小説「The Perks of Being a Wallflower」を、原作者のスティーヴン・シュポースキー自ら脚色・監督して映画化した作品。 ありがちな異業種監督のお遊びではない。 素人とはとても思えない...
ウォールフラワー (風に吹かれて)
誰でも悩み苦しむ青春時代 公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)監督・脚本: スティーブン・チョボス
「ウォールカラー」、アメリカ版甘酸っぱい青春時代の物語! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆   青春映画好き ☆☆☆☆ 1990年代のアメリカ。 題名の由来の、高校でさえない、壁の花だった文学志望の青年が、フットボール場で勇気を出して知り合った先輩の兄妹。 二人と付き合ううちに、青春儀礼である、酒、たばこ、ダンス、恋人とエ...
ウォールフラワー (とりあえず、コメントです)
心に傷を持つ10代の少年を主人公に、彼と仲間たちの心の成長を描いた青春ドラマです。 ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラーの3人が並んでいる写真を見て、 これは観たいなあと思ってしました。 ベストセラーを原作にした作品は、とても繊細で不器用な少年...
「ウォールフラワー」:残っていく作品 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウォールフラワー』は'80年代が舞台とは言え、もっと普遍的な、あらゆるジェ
「ウォールフラワー」 (Con Gas, Sin Hielo)
「無」の自分が「無限」の一部になるとき。 言うまでもないことだが、世の中は不公平だ。 神様は乗り越えられる人に試練を与えると言うが、それは得てして慰みに近く、克服できずに終わる者も多い。 本作の主人公・チャーリーは、幼くして負った心の傷に苦しみ続けて....
ローガン・ラーマン、エズラ・ミラー、エマ・ワトソン主演、スティーブン・チョボスキー監督『ウォールフラワー(The Perks of Being a... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。スティーヴン・チョボスキーが自身の小説『ウォールフラワー』を自ら監督。出演はローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー物語・チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小
映画:ウォールフラワー The Perks of Being a Wallflower エマ・ワトソン主演、高校時代の青春もの。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
タイトル、ウォールフラワーの意味は、原題から理解できる。 The Perks of Being a Wallflower、壁の花模様のように無意味に近い存在だった主人公(最近売れっ子、ローガン・ラーマン:写真中央) そんな彼が、エマ扮する個性的な高校生(写真:左)のグループと付き....
「ウォールフラワー」 深い友達 (はらやんの映画徒然草)
昨日の「ブリングリング」に続き、偶然にもエマ・ワトソンの出演作を二日連続して観賞
『ウォールフラワー』 2013年12月1日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォールフラワー』 を鑑賞しました。 今日は映画の日なので梯子の1本目 【ストーリー】  1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリッ...
「ウォールフラワー」 (ここなつ映画レビュー)
観て良かった。心の中に満ちて行くこの想い。 単なる青春映画ではないし、単なる初恋映画でもない。普通なら、本人はそうとは気づかず、宝物のようなきらめく日々を過ごすティーンエイジャー。中学・高校・そして大学へと、一歩一歩階段を駆け上がって行く。時には苦し...
ウォールフラワー (映画と本の『たんぽぽ館』)
それぞれの迷い道 * * * * * * * * * * 16歳チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校入学初日からひとりぼっちです。 それは彼が以前に心を病んで入院していたためかもしれません。 周囲と馴染めず、食堂でもランチはひとりきり。 しかし彼は壁....
ウォールフラワー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「エンダーのゲーム」を観た後は同じシネコン で上映していた映画「ウォールフラワー」を続けて 鑑賞です。 ウォールフラワー 原題:THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作:2012アメリカ 作品紹介 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の ローガン・ラーマン、『...
ウォールフラワー (迷宮映画館)
なぜに若者が、これほどきつい人生を送らなけれなならなくなるのか?大人が悪い。
ウォールフラワー (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ウォールフラワー '12:米 ◆原題:The Perks of Being a Wallflower ◆監督:スティーヴン・チョボスキー ◆主演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ケイト・ウォルシュ、ディラン・マクダーモット、メラニー・リンスキー、...
パーシーとハーマイオニーのラブストーリー(違)〜「ウォールフラワー」〜 (ペパーミントの魔術師)
ウォールフラワー [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-06-03売り上げランキング : 1208Amazonで詳しく見るby G-Tools 原作がそもそも大ヒットで、 期が熟すまで映画化を待っていたらしく、 それが功を奏して、公開当時も映画の評判は随分よかったらしい。やっと見....
「ウォールフラワー」 (或る日の出来事)
主人公たちと同じ高校生に近かったら、もっと同感したかもですが、わりと好きではあります。