to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ヒミズ

2012-01-28 21:32:29 | the cinema (ハ行)

「生きろ」と、君が言った。
製作年度 2011年
上映時間 129分 映倫 PG12
原作 古谷実
脚本/監督 園子温
音楽 原田智英
出演 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/光石研/吹越満/渡辺真起子/神楽坂恵/でんでん/村上淳/窪塚洋介

15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑をかけずに生きる平凡な大人になること。そんな住田にクラスメイトの茶沢景子は好意を抱き、住田の実家である貸しボート屋を手伝うなど積極的にアプローチする。それを疎ましく思いながらも、少しずつ心を解きほぐしていく住田。ところが、借金をつくって蒸発していた父親が戻ってきたことで、住田の運命は大きく狂い始める。

数少ない、今月の観たい作品の1本だったので、主演の二人がヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞したニュース記事を見たぐらいで、
これは予告も観ずに殆ど情報を持たずに観てきました。
まずこのタイトルのヒミズって何?ですが、これは結構早い段階で明かされます。
観終わってみればナルホドのタイトルなんですね。

園子温監督が古谷実の同名コミックスを、舞台背景を東日本大震災後に設定して映画化した衝撃と感動の思春期ドラマ―
という事で、3.11の震災があり、大幅に設定が変えられたというのも帰ってきて知りました。

家庭を顧みない好色な母親と、酒びたりでヤバイところから借金をして逃げているばかりか、我が子に
保険金の為に死んでくれとまで言うクソな父親。
そんな家庭に育ちながらも平凡な幸せ、平凡な人生を夢見ていたのに、
そんなささやかな夢も許されなかったまだ中学生の住田―。

そんな住田にストーカーのように付きまとう茶沢の一方的な愛情は、
自身も経済的に破綻をきたした家庭にあり、母親から精神的DVを受けていたことから逃れるためだったようにもみえる。
それは少女らしい憧れを一気に純愛に変えていったのではないかと感じたのだけれど、
この茶沢の家庭での演出はちょっと過剰というか、あり得ない。


被災して全てを失ったという夜野(渡辺哲)の喪失感の象徴も被災地の映像が使用されていたり
住田が地獄の現実に打ちのめされる時、実際の被災地の映像が使われ、
瓦礫の中を彷徨う姿は、彼の心が壊れた様を印象付けるものでしょうが、
彼を取り巻く、被災してテント暮らしの人たちがリアルじゃない為成功しているとはいい難く、
むしろこの「震災」を中途半端にリンクさせているとしかみえないところが残念です。

普通の家庭環境で生きていければ「普通」に大人になれ「平凡」な人生を送れたハズ・・・
という、その「普通」や「平凡な人生」が、
思いもよらない「震災」で、多くの人が「普通」に暮らせなくなってしまった。
予告なく・・―あっけなく崩れ去る「普通」―

決して多くを望んだわけではないヒトの、普通で居られない日々。
普通でなくなっても、りっぱなオトナになりたい」住田の青春は、痛みに満ちていて――
そんな住田のそばに居て、彼の人生の伴走をする、したい、茶沢はうざく温かい。。

演出や設定に違和感アリアリなのに、気づくと泪が出ていたり・・・
そんな激しい世界でしたが、安易なラストでないところはよかったです。
染谷くんと二階堂ふみさんに拍手を送りたいですね

おまけ
・オマケって、メインより楽しみが詰まってたりするよ、住田くん
・壁いっぱいの住田語録は、おばさんの中にもあったよ!茶沢はエライ

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『平清盛』情報~♪ | トップ | 「平清盛」 第4回 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2012-01-29 11:44:39
こんにちはxkiraさん★

>むしろこの「震災」を中途半端にリンクさせているとしかみえないところが残念

そうそう、もともと原作あるなかに
なんか感動と感情移入盛り込ませるために
挿入したって後付け感がちょっと嫌です。
とにかく主演の住田くん演じた彼が良くて、
今後も注目したいです♪
弟の作品「Sirokuma」主演の芹澤さんと次回作で共演なので楽しみです~。
migちゃん♪ (kira)
2012-01-31 00:48:02
うん、後付け感、違和感ありありだったし、
監督の意図するところも上手く伝わってるとは言い難い挿入の仕方だったよね。

主演の染谷将太クン、以前SPドラマ「塀の中の中学校」でも
切れ味のいい演技で、注目してました。いいよね!
弟さんの作品関係者と共演?
それは楽しみですね興味あるわ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ヒミズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒミズ」□監督・脚本 園 子温 □原作 古谷 実□キャスト 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、吹越満、神楽坂恵、光石 研、       渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上 淳鑑賞日 1月14日(土 )■劇場 TOHOシネマズ川...
ヒミズ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが、ポスト3.11のリアル。 「ヒミズ」は、昨年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」という、人間のダークサイドを描いたパワフルな2作品で気を吐いた、園子温監督による最新作。 原作は古谷実の同名漫画で、今...
ヒミズ (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 こちらには来ないとあきらめていた映画だったが、ネットで観ると 近くの劇場でやっていた。 ずっと観たかった映画である。 解説 『恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を 映画化した衝撃作。 ごく平凡な15歳の少...
『ヒミズ』 (ラムの大通り)
----この映画、観る前からかなり期待していた映画だよね。 「うん。でも最初は違ったんだ。 このニュースに触れたのは まだ、園子音監督の前作『恋の罪』が 東電OL殺人事件をモチーフにしたと話題になっていた頃。 いまじゃや、“東電”のトの字も出ないけどね。 ところ...
【ヒミズ】「病気」を自覚する園子温監督作品 (映画@見取り八段)
ヒミズ 監督: 園子温    出演: 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏 公開: 2012年...
『ヒミズ』 (・*・ etoile ・*・)
'11.12.26 『ヒミズ』(試写会)@一ツ橋ホール これは気になってた! yaplogで試写会募集してたので応募、見事当選した! 見たがってたお友達のmigちゃん誘って行ってきたー *ネタバレありです! 「中学3年生の住田の夢は普通の大人になること。そんな住田の普...
No.298 ヒミズ (気ままな映画生活)
「行け!稲中卓球部」の古谷実が、若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願 ...
園子温・監督『ヒミズ』声に出して叫びたい日本語。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
園子温・監督が古谷実・原作コミック『ヒミズ』を映画化。撮影準備期間中に起こった東日本大震災をうけて舞台設定を変更して完成。主演の染谷将太と二階堂ふみは、本作でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤ
ヒミズ (とりあえず、コメントです)
古谷実著の同名コミックを原作に園子温監督が創り上げた強烈なドラマです。 映画祭で話題になっていたので、主演の二人がどんな演技を見せてくれるのかずっと気になっていました。 またしてもブラックなエネルギーに溢れているハードな作品でした。
ヒミズ  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 原作は「行け!稲中卓球部」で人気を獲得した漫画家・古谷実が、2001年から2003年にかけヤングマガジン誌上で連載し、“終わりなき日常”を生きる若者の閉塞感を容赦なく描ききった超問題作、 ふ...
『ヒミズ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
超話題作『ヒミズ』(公式サイト)を観て参りました。 園監督初の原作物という事ですが、いつもの通り未読です。 が、娘から原
ヒミズ (うろうろ日記)
試写会で見ました。【予告orパンフの印象】暗い感じ。中学生の思春期で思うようにな
ヒミズ (あーうぃ だにぇっと)
ヒミズ12月26日@一ツ橋ホール いつもより男性の姿が多い。
ヒミズ (食はすべての源なり。)
ヒミズ ★★★☆☆(★3つ) 「生きろ」と、君が言った。 主演の二人染谷将太、二階堂ふみが 第68回ヴェネチア映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞) 「普通万歳」をモットーに生きる住田祐一は、衝動的に父親を殺...
ヒミズ (そーれりぽーと)
予告編を観てからずっと気になってた『ヒミズ』を観てきました。 ★★★★★ 観ていて心が痛くなる、世の中どっちを向いても光が見つからない、そんな中にも光を見出そうと這いずる主人公の感情を瞬間的に疑似体験する。 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『息もできない』...
■『ヒミズ』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、園子温監督、染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵出演。
ヒミズ (ルナのシネマ缶)
私は、園子温監督があまり 得意ではないんだけど 今回は、古谷実原作だし 主役の2人がベネチア国際映画祭の 最優秀新人俳優賞を受賞した 作品なので、ちょっと 見てみることにしました。 15歳の住田佑一(染谷将太)は、“普通”の大人になることを目標に し...
ヒミズ (心のままに映画の風景)
中学3年生の住田祐一(染谷将太)は、同級生の茶沢景子(二階堂ふみ)に好意を抱かれ、何かと積極的にアプローチされる。 貸ボート屋を営む敷地内には、震災で家を失くした人たちが暮していたが、ある日、...
ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004) (単館系)
12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全4巻。 2...
「ヒミズ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給: ギャガ 監督:園 子温 原作:古谷 実 脚本:園 子温 アクション監督:坂口 拓 製作:依田 巽 エグゼクティブプロデューサー:小竹里美 プロデューサー:梅川治男、山崎雅史
初の園子温作品! (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「ヒミズ」を鑑賞しました。 普通に生きることが夢の中学3年生の祐一 彼のことが好きな同じクラスの景子 この2人に起きる事件・・・ うーん 強烈! パンチの効いた作品といいますか ストーリー展開はどこにいくか わからなく 最後まで見れまし...
俺にはわかる~『ヒミズ』 (真紅のthinkingdays)
 15歳、中学三年生の住田(染谷将太)は、震災で家を失った大人たちが集う、 湖の畔の貸しボート屋で暮らしていた。住田のクラスメイト・茶沢(二階堂ふみ) は、「普通最高!」と叫ぶ住田を神格化し、憧...
『ヒミズ』 (2011) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 園子温 原作: 古谷実 出演: 染谷将太 、二階堂ふみ 、渡辺哲 、吹越満 、神楽坂恵 、光石研 、渡辺真起子 、黒沢あすか 、でんでん 、村上淳 、窪塚洋介 、吉高由里子 、西島隆弘 、鈴木杏 試写会場: 東商ホール 公式サイトはこちら....
ヒミズ ひみつやないよ、ヒミズだよ。もぐらのことなんだって。 (労組書記長社労士のブログ)
【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。 今日、東京に中途半端な時間に到着して...
ヒミズ (はるみのひとり言)
2012年の試写会初めで見て来た作品は「ヒミズ」正月早々かなり重い映画でしたけど・・・普通の大人になることを夢見る住田くんと、愛する人と守り守られ生きることが夢の茶沢さん。最悪な家庭環境にありながらも負けじと暮らしていたのだけど、ある時父親を殺してしまった...
身内の暴力と他人の優しさ。『ヒミズ』 (水曜日のシネマ日記)
第68回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で主演の染谷将太と二階堂ふみがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した作品。不幸な家庭環境に置かれた中学3年生の男子生徒と彼を取り巻く人たちの物語です。
ヒミズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。  園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...
ヒミズ  監督/ 園 子温 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  二階堂 ふみ  渡辺 哲  光石 研 【ストーリー】 15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで....
映画『ヒミズ』 (健康への長い道)
 梅田ブルク7にて、今更ながらの『ヒミズ』。観たいと思いつつ、なぜだか今日までズルズル来てしまいました。さすがに、もう客は少ないです。原作は、漫画『行け!稲中卓球部』の作者・古谷実さんの問題作(どちらも未読)、そして、主演の染谷将太君と二階堂ふみさんが...
「ヒミズ」絶望の中でそれぞれ望んだ希望と未来を見つけた2人の支柱 (オールマイティにコメンテート)
「ヒミズ」は古谷実原作の「ヒミズ」を映画化し第68回ヴェネツィア国際映画祭にて出演した染谷将太さんと二階堂ふみさんが新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した ...
映画『ヒミズ』 観てきた~~ (よくばりアンテナ)
昨日、映画の日でしたから、待ってたこの映画を観てきました。 『愛のむきだし』で園子温監督作品も予習しておきましたから。 ですが、原作のコミックは未読。 泥だらけ・・・ 暴力がいっぱい ...
ヒミズ (銀幕大帝α)
11年/日本/129分/青春ドラマ/PG12/劇場公開(2012/01/14) -監督- 園子温 過去監督作:『恋の罪』 -アクション監督- 坂口拓 -原作- 古谷実 -脚本- 園子温 -出演- *染谷将太…住田祐一 過去出演作:『フレフレ少女』 *二階堂ふみ…茶沢景子 *渡辺...
ヒミズ (いやいやえん)
しかし私には微妙に合わなかった。ぐっとくるところもあったが手放しで受容できない所もあった。それがラストシーンの希望ともとれる「住田、頑張れ!」のエールである。精神衛生的に落ち込んでいる人には「頑張れ」
ヒミズ(DVD) (Merry Merry)
「生きろ」と、君が言った。 出演:染谷将太, 二階堂ふみ, 渡辺哲 監督:園子温 原作:古谷実 製作年:2011年 製作国:日本 上映時間:129分 【内容】 15歳の少年・住田祐一 は、実家の貸しボート屋に 集まる、震災で家を失くし た夜野さん、 田村さんたち と平凡な日常を送っ...
映画評「ヒミズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・園子温 ネタバレあり