to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

マリアンヌ

2017-02-13 22:27:55 | the cinema (マ・ヤ行)

上映時間 124分
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 スティーヴン・ナイト
出演 ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス /サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラン

1942年。モロッコのカサブランカに降り立ったカナダの諜報員マックス。イギリスの特殊作戦執行部に所属する彼は、極秘任務を与えられ、ナイトクラブで偽装妻と落ち合う。彼女はフランス軍の伝説的女性レジスタンス、マリアンヌ。2人は夫婦を装い、ドイツ大使の暗殺という過酷な任務に挑む。その中で図らずも互いに心惹かれていくマックスとマリアンヌ。その後2人はロンドンで結婚し、可愛い娘にも恵まれ、幸せな結婚生活を送るのだったが…。

何度涙を流せば、
愛する妻を守れるのか。

・・・・ぅ~ん、、、。
「フライト」も「ザ・ウォーク」も見逃していたけど、
我が家のバイブル「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のゼメキスなので、
ドキドキやワクワクの瞬間をどこか期待していたんだけど、、
スパイものなのに、ナゼかそこまでハラハラもなく・・・

余りにも美しいカップルの、ひたすらに美しいラブストーリーってだけでした。


妻が敵側のスパイではないか?!
という映画、前にもあったし、別段珍しくもない展開で、
その概視感のためか・・結構涙腺弱いワタシですが、一滴も涙は流れなかったです。スマンっ

ただ、愛を手に入れたブラピは素敵で
マリオン・コティヤールはこの時代のファッションを着こなしていて美しく、
ファンは一見の価値ありだと思います♪


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UQmobile~「家族旅行」篇 | トップ | バレンタイン今どき川柳♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2017-02-14 00:01:01
ワタシ、ミリタリー姿のマリオンは初めてかもしれない。
銃の取り扱いでもたついていたけど
射撃の腕は確かでしたね(笑)
安全装置がどうのこうのとか言ってましたが
それよりも屋上での無駄に長いシーンは大幅にカットしてほしかったです^^;
itukaさん♪ (kira)
2017-02-16 18:49:01
まあ、王道っちゃ王道なんだけど、
どこか食い足りない思いでした
美男美女のラブストーリーでも、もっと心をさらわれるかと期待したんですが
なんかただ美しい悲恋ものでしたね。。
そう!あのシーン!一度目は「へぇ・・」でしたが
2度目はブラピが惚れてたというだけのシーンでしたもんね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マリアンヌ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 序盤のモタツキをクリアすれば、かなりいい映画。
私は「Mr.&Mrs.スミス」のほうが好きかな。(わわわわわ)~「マリアンヌ」~ (ペバーミントの魔術師)
夫婦でスパイっていうと「Mr.&Mrs.スミス」がめっちゃ好きでね。あれは、敵同士のスパイと知らずに結婚して、一度は殺しあうんだけどやっぱり愛してて、両方の組織から追われなが......
劇場鑑賞「マリアンヌ」 (日々“是”精進! ver.F)
本物の愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ALLIED【輸入盤】
マリアンヌ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ALLIED】 2017/02/10公開 アメリカ PG12 124分監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール 、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー 、リジー・キャ......
マリアンヌ / Allied (勝手に映画評)
カサブランカで出会った妻は、敵国のスパイ・・・? 昔の映画では“異常な状況下で結ばれた男女は長続きしない”と言われましたが、マックスとマリアンヌの二人には通用しないよ......
「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne
「マリアンヌ」ハリウッド王道ラブ・ストーリーの復活! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マリアンヌ] ブログ村キーワード  今やハリウッドを代表する俳優の1人となった、ブラッド・ピット。対するはフランスを代表する国際派オスカー女優、マリオン・コティヤール......
『マリアンヌ』 2017年2月12日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『マリアンヌ』 を鑑賞しました。 今日の2本目。#ブラ泣き が話題。 #ドラ泣き の真似で酷いとのこと。 それで話題になり客が増えれば儲けもの。 【ストーリー】  1942年、極......
[映画『マリアンヌ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・大人の抑制の感じられる、だけど飽きさせないアクションシーンも多い良作だった。 アクションは淡泊のように思え、その活躍でブラッド・ピット演じる主人公が有能な軍人......
マリアンヌ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マリアンヌ』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)前回取り上げた『たかが世界の終わり』に出演しているマリオン・コティヤールが本作にも出演しているというので、映画館に行っ......