to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

2010-03-12 22:25:34 | the cinema (ハ行)
原題 PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS
製作年度 2010年
上映時間 121分
原作 リック・リオーダン
脚本 クレイグ・ティトリー
監督 クリス・コロンバス
出演 ローガン・ラーマン/ピアース・ブロスナン/ユマ・サーマン/アレクサンドラ・ダダリオ/ブランドン・T・ジャクソン/ショーン・ビーン/キャサリン・キーナー/ケヴィン・マクキッド/ジェイク・アベル/スティーヴ・クーガン

アメリカでベストセラーとなった児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを、「ハリー・ポッター」シリーズの第一弾と第二弾でメガホンを取ったクリス・コロンバス監督が映画化した奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。
ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅に出ることになったパーシーに、予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中にはオリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待っていた。

父親を知らないごく普通の高校生パーシー・ジャクソンは、時々文字が変形する現象を、難読症と捉え、
自分を落ちこぼれとさえ思っていたほどの少年だったのに、
ある日授業の一環で訪れたメトロポリタン美術館で、いきなり怪物の攻撃を受ける。
そしてブルナー先生に“デミゴッド”というギリシャ神話の神々と人間のハーフが存在すること、
更には自分もまた海の支配者ポセイドンを父に持つデミゴッドだと知らされ衝撃を受ける。
しかも、全能の神ゼウスから“稲妻”を盗んだ犯人と見なされてしまっていたことから、
2週間後の夏至までにその“稲妻”を探し出し、ゼウスに届けなければ、
オリンポスの神同士の争いが始まり、地球の生物は絶滅するだろうという。
その前にさらわれて冥界に捕らわれている母も救わなければ!

デミゴッドの訓練所で開花した己の力と勇気を信じて、
親友であり彼の従者のグローバー(サテュロス=森の精)と、知恵の女神アテナの娘アナベスとともに旅立つ―。

                   

彼らが冥界からこの世に帰ってくるために、ゼウスの元に行く為に先ず必要なペルセポネの真珠を求めて…

ちょっと子供っぽいところはありましたが結構楽しめました!
根が単純なので、解りやすいストーリー、展開に引き込まれて観ていました♪
ふつうの青年が冒険を通して自信をつけていくストーリーはスキですし、
素敵なアイテムもあり、ドキドキもわくわくもある
スターダスト」が楽しめた方なら、コチラも楽しめるのではないでしょうか
あの作品ではミシェル・ファイファーが凄いお姿だったけど、本作ではユマ・サーマンが
みる者全てを石にしてしまう恐ろしいメデューサに扮しています。私は・・抗えなかったです〜(笑)
あの動く髪を見たくないばかりに、ついメデューサに視線が!石になりました

母親のサリーを演じたキャサリン・キーナーは「40歳の童貞男」以来でしたがやっぱり素敵な雰囲気。
パーシーがヒュドラと対決するシーンの撮影には、1か月以上もかかったということですが、
そういうシーンよりもやはり親子が対面するシーンがやっぱり好きだったかな〜。
初めて父ポセイドンと対面するのに、素直になれないところではやっぱり親の目で見てしまって、
「いつも傍にいた」で危うく泣きそうでした
サリーとポセイドンも会わせてあげたかった。。。
ゼウスってばヒドイわ!
あまり感情面に踏み込まない展開でしたが、そこがもう少し描かれていたらもっと良かった


これからご覧になる方、最後まで観ましょう〜♪
エンディングの途中にもうひと波乱ありますよ。お見逃しなく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レオ・アイランド♪ | トップ | 明日は・・・ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お母さん (たいむ)
2010-03-13 06:48:06
こんにちは。
そういえば、人間のお母さん。物凄く色々知っていたけど、あえず終いでしたね。
しかもポセイドンからは一言もなし?(笑)

EDロールは最後まで。最近ファンタジー系は定番かもしれませんねw
こんにちは^^ (ひろちゃん)
2010-03-13 15:44:46
私もスターダスト楽しめたくちなので、
この作品も楽しめました♪
わかりやすくていいよね。最初からつっみどころ満載ですが(笑)
ミシェルは出番が多かったけど、ユマは少なくて残念・・・でも、インパクトはすごかった”
kiraさんも石にされちゃったんだ(笑)
たまには、何も考えずに気楽に観れるこういう
作品もいいよね(^_-)-☆
たいむさん* (kira)
2010-03-13 23:48:09
あまりゲームは知らないのですが、
仰るように、ゲーム的な冒険ファンタジーでした!
とはいえ、せっかくの神と人間の対面シーンがめちゃ少なくて、
ソコは残念でした。
そうそう、ポセイドンったら少しくらいお母さんに言葉をかけてあげるべきですわ!

最後の冷蔵庫、油断してたのでやられました〜
ひろちゃん♪ (kira)
2010-03-13 23:55:36
そうそう、解り易いことこの上ないストーリー運び、
どこか「ハリポタ」と「スターダスト」を足して2で割ったような?
ユマ、ビジュアル的に何の問題もナシでしたよね〜。
サングラスもアノヘアで似合ってたし
基本的にこういう系は好きなので楽しめちゃった〜♪
石にこそならないけど・・ (メビウス)
2010-03-15 13:17:07
kiraさんこんにちは♪TB有難うございました♪

元々が児童文学ですから細かい部分で大分粗がある感じはしたものの、こういう単純明快な内容は娯楽好きとしてはツボった所も何かと多かったので、自分も思いの他楽しめましたね♪ギリシア神話を現代風にアレンジしてるところとかも斬新で面白かったですしw

キャスティングの中ではデカいショーン・ビーンも何かと笑えましたが、一際存在感放ってたのはやはりメデューサ・ユマですね。あの人の目力みたいなものは石にこそならないまでも、固まってしまうくらいの凄みはありましたねw
こんばんは〜♪ (由香)
2010-03-15 23:14:01
お邪魔します〜♪
ちょっと子ども向けでしたが、ギリシャ神話好きはそれなりに楽しめちゃいますよね(笑)

ユマのメドゥーサが最高だったわ〜(笑)
綺麗な女優さんって、ああいう役を嬉々として演じるよね?(笑)生首になっても大活躍なんだもの〜笑った〜

これは続編が決まったみたいですね。
今度はもっとショーン・ビーンに活躍して欲しいわん♪
メビウスさん* (kira)
2010-03-16 12:24:24
こんにちは!コメントありがとうございます♪

実際ある程度の年齢になった子供なら
突っ込みたくなる強引な設定もありますが、
やはり発想が新鮮ですよね!笑ってスルー出来る程度のもので、
神のデカさとかそのサイズに合わない雷の小ささとか

でも、やはり登場人物(神?)が多すぎない事、
ストーリーがシンプルなことが解りやすくて良かったと思います!
私はローガン・ラーマンくんは要注目の俳優サンなので結構満足しましたが、
神と人間の出会いとかも見てみたかったです。
アテナの夫はどんなヒト?とか〜
由香さん* (kira)
2010-03-16 12:33:32
こんにちは!
ギリシャ神話などすっかり忘れてる私などでも、スンナリ入っていける
有名なキャラばかりというのもヨカッタですよね!

あ、もう続編決定ですか?
本国のほうがかなり受け入れやすい設定ではあったというか、
日本のほうが子供向け作品が充実しているのかも?(笑)

そうですね、思ったより神たちの登場シーンは少なかったですね?
続編でも、、ユマはあんなお姿になったまま、とっさのアイテムとして使われるのでしょうか〜
ユマ・サーマン  (zebra)
2011-04-10 23:53:06
 石になぁ〜あれっ(゜口゜) ピキーン
zebraさん* (kira)
2011-04-11 22:17:57
ご覧になったのですね?
どうしても観てしまいそうな誘惑にかられるユマ・サーマンでした(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (悠雅的生活)
スパルタンなホグワーツ。アメリカ横断宝探しの旅。This is a pen.
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (ちょちょりーなのお部屋)
友人と「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を観てきました♪
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (だめ男のだめ日記)
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」監督クリス・コロンバス原作リック・リオーダン出演*ローガン・ラーマン(パーシー・ジャクソン)*ピアース・ブロスナン(ブルナー先生/ケイロン)*ユマ・サーマン(メドゥーサ)*アレクサンドラ・ダダリオ(アナベス・チェイ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 /Percy Jackson&the Olympians  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ユマが出てなかったら観てませんでしたー 「グレムリン」や「グーニーズ」の脚本家で、 「ハリーポッター」シリーズのクリス・コロンバス監督最新作{/hikari_b...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 英雄の条件とは? (映画のブログ)
 「パーシーの父親は神だというが、いったい誰なのか」  …と、原作本の紹介文に書かれているが、映画ではのっけから息子を心配する父親...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 (ラムの大通り)
(原題:Percy Jackson and the Olympians : The Lightning Thief) ----この映画、もうすぐ公開だよね。 「うん。初日だけは早々と決まっていながら、 なかなか案内が来なくって、 けっこう気になっていた作品。 原作はベストセラー。 で、監督が同じく児童書の大ベスト...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (LOVE Cinemas 調布)
全米でベストセラーとなった「パーシー・ジャクソン」シリーズの映画化。監督は「ハリー・ポッター」シリーズの第1作と第2作で監督を務めたクリス・コロンバス。オリンポスの神々と人間の間にできたデミゴッドと呼ばれる少年たちの大冒険の旅を描く。主演は『3時10分...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (だらだら無気力ブログ)
アメリカで人気のある児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを映画化 したファンタジーアドベンチャー。 神の人間のハーフである主人公が、神々の争いと自分の母親を救うために 仲間たちと冒険を繰り広げる様を描く。父親の存在を知らされず暮らしてきたパーシー・...
【パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々】現代版ギリシャ神話はツッコミ所満載 (映画@見取り八段)
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〜PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING 〜 監督: クリス・コロンバス    出演: ローガン・ラーマ...
[映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ちゃんと面白かったです。  原作付きらしいですが、おそらく、原作の肝をちゃんと押さえて、大胆な簡略化をしなかったのが成功だと思います。  人間として疑問を持たず生活していた主人公が、ギリシャの三大神ポセイドンの息子であり、ゼウスのイナズマが盗まれた濡...
劇場鑑賞「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (日々“是”精進!)
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(盗まれた雷撃(ライトニングボル)「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を鑑賞してきましたシネコンの都合上&時間の都合上・・・吹き替え版の方を。パーシー役は宮野真守さんですねギリシャ神話の世界を現代と融合させた...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」みた。 (たいむのひとりごと)
ハリポタやロード・オブ・ザ・リングの映画化以降、こんどので何番煎じのファンタジーかなぁ〜とほとんど期待していなかったのだけど、現代とギリシア神話の世界とのミックス加減がなかなか面白く、優しい(子供向け
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (ひばなのシネマの天地)
ジャンル : SF/ファンタジー 製作年 : 2009年 製作国 : アメリカ 配給 : 20世紀フォックス映画 監督 : クリス・コロンバス 出演 : ローガン・ラーマン ユマ・サーマン ピアース・ブロスナン ショーン・ビーン 2007年以来、現在
ジャパン・プレミア「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/2/22、東京ドームシティ、ジオポリスのシアターGロッソでの開催。 レッド・カーペット・セレモニーの後、舞台挨拶に主役のローガン・ラーマン、 プロデューサーのマイケル・バーナサン、クリス・コロンバス監督、 日本語吹替え版でユマ・サーマンの声の木村佳乃、...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (いい加減社長の映画日記)
記事の更新が遅くなってしまいましたが^^; 予告編で、かなり迫力ある映像を見せてくれて楽しみにしていた「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を公開日の金曜レイトショーで鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーということで、少なめ。 「パーシー・ジ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010) (銅版画制作の日々)
PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF 東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントを使ったので、無料でした。本作ですが、何でもアメリカでべストセラーとなったリック・リオーダンによる小説『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズの第...
★パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010)★ (CinemaCollection)
PERCYJACKSON&THEOLYMPIANS:THELIGHTNINGTHIEFギリシア神話が現代によみがえる!ギリシャの神と人間の子は《デミゴッド》と呼ばれ、     特別な力を受け継ぐ・・・神にさらわれた母を救うため   ‘ゼウスの稲妻’を奪った疑....
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ギリシャ神話が大好きなので、楽しみにしていました〜原作が児童文学ということなので、子どもと一緒に吹き替えで鑑賞です―【story】17才のパーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)は、ある日、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。しかも彼は海神ポセイドン(ケヴ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ギリシア神話を読んだときに、神様って実はスケベ?とつくづく思った。結構下界の異性にちょっかい出してるものだから、神様と人間との間に子どもが実はたくさんいるのよね。(笑)そして、デミゴットと呼ばれる神様の子どもたちは社会の中枢で英雄的な活躍をしているのだ〜...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」暇を持て余した、神々の遊び(^^; (シネマ親父の“日々是妄言”)
[パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々] ブログ村キーワード  全米ベストセラー児童文学の映画化、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(20世紀フォックス映画)。“神の私生児”=“デミゴッド”が大活躍するファンタジー大作。メガホンを取ったのは、クリス...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
欧米では一般常識になっているギリシャ神話をモチーフに、現代もその神々が存在しているというファンタジーだ。日本人からすると、ギリシャ神話は馴染みがあまりないので新鮮だった。主人公が学習障害だという設定も、マイノリティーに焦点を当てていていい。
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 ('10初鑑賞28・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF】2010/02/26公開 アメリカ 121分監督:クリス・コロンバス出演:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン、ショーン・ビーン、キ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (キノ2)
 ギリシャ神話の至高神、ゼウス、ポセイドン、ハデス三兄弟が、現代を舞台に繰り広げる、時を越えた骨肉の確執!!  キャストに! ショーン・ビーンasゼウス! ケヴィン・マクキッドasポセイドン! スティーヴ・クーガンasハデス! メリーナ・カナカレデスasア...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリス・コロンバス 【出演】ローガン・ラーマン/ブランドン・T・ジャクソン/アレクサンドラ・ダダリオ/ショーン・ビーン/ピアース...
★「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ディズニーの新しい冒険ファンタジーシリーズ?? 原作は全米NO.1を取るほど人気の児童書。 原題は「PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF」
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Movies 1-800)
Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief (2010年) 監督:クリス・コロンバス 出演:ローガン・ラーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン ギリシャ神話をモチーフにした人気ファンタジー小説の映画化。 水の神ポセイドンと人間のハー...
パーシージャクソンとオリンポスの神々 (活動写真放浪家人生)
 <小倉コロナシネマワールド>  ゲームの世界も映画の世界も、冒険ファンタジーものが流行っているよう
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月も月末になって、やっとコンスタントに映画を観に行ける状態になりました。 本当に月末なんで、大した本数観られないのが残念でなりません。。。 ということで、日曜の仕事終りに新宿ピカデリーに『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観に行ってきました。 ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリス・コロンバス 主演 ローガン・ラーマン 2010年 アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★ 「実はオレ救世主」とか「実はオレ凄腕の殺し屋」とかの“実は○○”って、すんごく夢が膨らみますよねぇ。夢が膨らみ過ぎちゃって、往々にして邪まな方向へと妄想が...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Recommend Movies)
ギリシャ神話の神々が時空を超えて現代によみがえる! 【感想】 人気映画『ハリー・ポッター』のクリス・コロンバス監督作のファンタジ...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 ティーン向けファンタジーには飽きてきた (はらやんの映画徒然草)
劇場では見逃してしまったので、DVDで観賞しました。 見逃したというより、食指が
【映画】パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々…某ポッターと同じく楽しめませんでした。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は会社からの帰宅時に携帯電話を忘れ、会社の人と私の母親が少しお話するはめになったピロEKです(携帯は帰宅途中にUターンして取りに戻りました)。 以下は映画観賞記...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
リック・リオーダンが書いた<パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々>シリーズ第1巻「盗まれた雷撃(ライトニングボルト)』を、クリス・コロンバスが監督。 原作は全5巻プラス外伝1巻で、現在は新シリーズも刊行中らしい(翻訳未定)。 主人公は神と人間のハー...
喪中映画評「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督クリス・コロンバス ネタバレあり
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 』 (2010)  監  督 :クリス・コロンバスキャスト :ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランド...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (或る日の出来事)
お子様といっしょに、気楽にどうぞ、というふうな映画。いや、ひとりで見てもいいけど。