to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

夢売るふたり

2012-09-12 22:14:09 | the cinema (マ・ヤ行)

人間最大の謎は、男と女
製作年度 2012年
上映時間 137分 映倫 R15+
脚本 監督 西川美和
出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/木村多江/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶

『ディア・ドクター』などで高評価を得た西川美和監督がメガホンを取り、小料理屋を営む夫婦が火事で全てを失ったことから始めた結婚詐欺を通して、複雑で深遠な男と女の関係を描き出す。
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。ある日、貫也が常連客と一夜を共にし、すぐに里子の知るところとなるが、里子は結婚詐欺で金をだまし取ることを考案する。結婚願望の強いOLなど寂しい女たちの心の隙につけ込んで、店を再開するための資金を稼ぐ二人。しかし、夫婦の関係に影が差し始め……。

妻がリードの仲良し夫婦。
そこそこ成功して、幸せを手に入れていた。
ある日、店は燃え上がり、、店の再開のメドも立たず、
そもそも自分の不注意から出火したとの自責の念に駆られる貫也は、
文句一つ言わずにラーメン屋に職を決めて働き出す里子に負い目を感じるように…

いや、元々妻に、劣等感を持っていたようにもみえる貫也は、
"その夜"以降さらに里子に負い目を深くしていったように感じた。。。
デキ過ぎの女房に、益々不甲斐無い夫――



ダークな人間の心理描写が巧い西川美和監督。
ゆれるでは決壊してしまいましたが、コチラは、、予感めいたものがありました・・・
結婚詐欺」に映倫 R15+
はい。予想はしていましたが、生々しいデス。
しかも、捻じれてます

不倫で大金を手にした女。結婚したい独身OL。男運の悪い風俗嬢....
孤独なウエイトリフティング選手に、幼い息子を抱えたシングルマザー.......
この登場人物を演じる女優陣がみんな巧い!

美人局の逆バージョンの夫婦。
ターゲットを見つけると、松演じる妻がシナリオを書き、演出をする。
ひたすら頑張る(笑)夫だけれど、、、これが阿部サダヲなのでどこか憎めないのも計算のうちなのだろうが、
物語自体は女性に厳しいようでいて、やはり突き詰めると、
一般的な"男の方がロマンチスト"というのはこの場合逆であり、
不倫OLからの流れは、強さに隠れた"女の愛"の純粋さの裏返しが見て取れる

「大人の女の生きづらさ」を描きたかったという監督ですが、
どんな女性の中にも、曲げられない領域があり、それが為に孤独であり、強くならざるをえないそんな女たち。
たとえ、その為につけ入られることになろうとも、だ。

まあ、このストーリーで2時間超えは正直キツイですが、
監督、キャストのファンなら観て損はない、けれど、好みの分かれる作品だと思います。
テンポもあるのでしょうが、予想できる展開だったし、好きか嫌いかと問われれば好みとは云えない。
見応えのある役者の演技をもってしても、私は長過ぎだと感じました。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜は「清盛」~♪ | トップ | いつかの恭子ちゃん♪ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事~ (cyaz)
2012-09-13 08:12:11
kiraさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

>強さに隠れた"女の愛"の純粋さの裏返しが見て取れる
確かに松たか子は『告白』演技に裏打ちされて、
その微妙な心や表情を見事にあぶりだしていました
女性の気持ちはよくわかりませんが、
貫チャンの気持ちはいくらかわかる気がしました(笑)
貫也と里子 (rose_chocolat)
2012-09-13 08:59:27
貫也に比べて、里子の心情のアウトプットが少なかったような気がするんですね。これ。
そこをあの2つのシーンで見せたかったのかもですけど。
結果そこが浮いちゃった感は否めませんでした。
cyazさん♪ (kira)
2012-09-13 12:16:06
こんにちは~

コレ、本当に男性と女性でも評価が分かれる作品だと私は思うのですが、
どこをみても、男性も女性も評価が高い
まあ、解釈もホントのところは違っている気がしますが、
それも監督の想定のうちなんでしょうね~。
まあ、
登場人物の誰にも共感するところのない私ですが、
どの女性にもプライドを炸裂させるシーンがあったのはポイントアップになりました(笑)
rose_chocolatさん♪ (kira)
2012-09-13 12:26:22
そうですね。
シナリオを実行する貫也に比べて、それを書き、黙ってフィニッシュに導き、
待つだけの里子は極端にセリフも少なく、でしたからね。
どうしても映像(行動でみせる)に拘ったところが、、狙っていたんでしょうが
やっぱり違和感あったし、とにかく長かった(笑)
Unknown (悠雅)
2012-09-13 21:13:06
楽しい内容ではないし、里子の心境について言葉の説明が少ないから、観辛かった人も多かったのか、と
こうしてみなさんの感想を読ませていただいてわかりました。
わたしなどは、内容自体は楽しくはないけれど、
何かよくわかる気がすると思いながら、里子を観ていました。

悠雅さん♪ (kira)
2012-09-14 07:48:52
共感できないとはいえ、解る気がする女たち、ではありました。
結婚詐欺を女性監督が描くとこうなるのか・・・みたいな思いでみていました(笑)
里子に関しては、あの、お風呂のシーンとか新聞から覗き見るシーンはインパクトありましたが、
やっぱりあの偶然の街中での再会のシーンが印象的です
TBありがとお (sakurai)
2012-09-17 08:50:58
うん、ちょっと長かった。
なのですが、松のすさまじさが、いつまでも見て痛い、、、いや、見てたい!!と思わせました。
やっぱ世の中は女で持ってますが、女だけだとすさまじい世界になりそうで、そこに分かりやすい男が混ざって、ちょうどいいのかもね。
sakuraiさん♪ (kira)
2012-09-18 18:25:28
コレを観ると、イヤでも男と女の、
「結婚観」とか、一人に捧げる愛のマジメさにおいて決定的な違いを改めて感じてしまいます。
子供が、子供さえ出来ていたら。この夫婦にあの選択はなかっただろうに・・・と、
だから余計に松さんは木村さんに危機感を抱いちゃったんでしょうね~。阿部ちゃん解りやす過ぎです(笑)
松さん・・・ (マリー)
2012-09-18 22:02:47
こんばんは~~♪
これ、まだ書いてない・・・
松さん、迫力あったなぁ~。で、ちゃんと最初綺麗に見えない。だんだんいい顔になっていったと旦那が言うように、なんかイキイキしてった気がする~。

最近、男ってほんとにもう!って思うことが多く(笑)
やっぱ女性とは根本的に違うんだわと思ったりする。

それにしても、火事ってあんなに簡単におこるものなの?怖くなったわ~←そこか!?

書いたらTBいただきま~す。
マリーさ~ん♪ (kira)
2012-09-19 23:55:05
>それにしても、火事ってあんなに簡単におこるものなの?

あはは~
あそこはね~~。結構長かったし、みんな心の中では突っこんでいたと思うわ~(笑)
普通、紙が燃えたぐらいではお客も逃げるより消すよね~。
なんだかあのアタリの描写はちんたらしてたよね

監督の描きたかったところは解るけど、
なんだかキャストの力量に助けられた作品だと思いました。
松さんもよかったけど、鈴木砂羽さんや田中さん、木村さん、みんな良かったですよね~

マリーさんの感想お待ちしてるわ
私も (オリーブリー)
2012-09-29 18:14:19
どうかと聞かれたら、好きな方の映画ではないけれど、妙に分かってしまう女の性というか(笑)
それでも夫婦であり続けるんだろうな~とか、何となくそう思えてしまうわ。
とにかくキャストが良かったね!



オリーブリーたん♪ (kira)
2012-10-01 19:56:41
うん
このテの作品、たぶん同じような感想になるとは思っていたんだ~。
でも、いささか、私のほうがこういう作品には辛口になってるかもね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『夢売るふたり』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「夢売るふたり」□監督・脚本・原案 西川美和□キャスト 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、       江原由夏、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古舘寛治、       小林勝也、伊勢...
夢売るふたり (とりあえず、コメントです)
西川美和監督が松たか子と阿部サダヲの二人を主演に迎えて描くドラマです。 いつも人間のダークな部分を丹念に映し出す作品を作り上げている監督さんなので 今回はこの二人でどんな物語になるのだろうかと楽しみにしていました。 やっぱりダークな展開と背筋がぞわっとす...
『夢売るふたり』 (ラムの大通り)
※今日、ブログ9年目に突入しました。 ----この映画って西川美和監督の新作だよね。 松たか子、阿部サダヲ主演で 詐欺師夫婦を描いているんでしょ。 「そう。 いま、その演技力が最も買われているふたりが、 同じく、『蛇いちご』で衝撃のデビューを果たして以来、 これ...
【夢売るふたり】夢食う女 (映画@見取り八段)
夢売るふたり 監督: 西川美和   出演: 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、安藤玉恵、江原由夏、木村多江、伊勢谷友介、香川照之、笑福亭鶴瓶、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古館寛治、小林勝也 公開: 2012年9月8日       とても痛々...
夢売るふたり (あーうぃ だにぇっと)
夢売るふたり@よみうりホール
『夢売るふたり』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本・原案: 西川美和 出演: 松たか子 、阿部サダヲ 、田中麗奈 、鈴木砂羽 、安藤玉恵 、江原由夏 、木村多江 、やべきょうすけ 、大堀こういち 、倉科カナ 、伊勢谷友介 、古舘寛治 、小林勝也 、香川照之 、笑福亭鶴瓶 試写会場: アスミッ...
『夢売るふたり』 黄金期日本映画のような (Days of Books, Films )
Dreams for Sale(film review) 誘われて、珍しく試写に
夢売るふたり / 夢ってぼやけた輪郭でしかない (えんためのぼやき)
基本情報 出演 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、江原由夏 監督・脚本 西川美和 公開 2012年 あらすじ 東京の片隅で小料理屋...
夢売るふたり (風に吹かれて)
女心は複雑公式サイト http://yumeuru.asmik-ace.co.jp原案・脚本・監督: 西川美和  「ゆれる」 「ディア・ドクター」 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻(松
映画「夢売るふたり」を観ました!!(2012-10) (馬球1964)
映画「夢売るふたり」を観ました!!
『夢売るふたり』が夢見たもの (Healing )
夢売るふたり ★★★★ 脳裏にこびりつく、男と女の奇妙な形 いかんとも理解しがたい夫婦の関係 本当に、やばいお話をよく考えるものですね。西川美和監督ったら。 松たか子さん、よく受けたよね。よくやったよね。 阿部サダヲさんが、こうも人たらしだったとは、よく気づ...
映画「夢売るふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「夢売るふたり」観に行ってきました。 結婚詐欺をテーマに男女間の複雑な心情や葛藤などを描いた、阿部サダヲと松たか子の2人が夫婦として主演を担う人間ドラマ作品。 作中では「本番」さながらのセックスシーンが3回ほど出てくることもあり、今作は当然のことな...
「夢売るふたり」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
夫婦と男と女。 彼らの夢と夢見た後と。
夢売るふたり (迷宮映画館)
なんか次元が違うわ。
夢売るふたり (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
       『夢売るふたり』  (2012) 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)とその妻、里子(松たか子)。 2人が懸命に働いてようやく手に入れたその店は、調理場からの失火が原因で全焼、2人は一夜にして全てを失ってしまう。 一から...
『夢売る二人』 2012年8月23日 ヒューマントラストシネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『夢売る二人』 を試写会で鑑賞しました。 今日の映画は字幕付きで上映前に西川監督の舞台挨拶がありました 西川監督はとても奇麗でしたよ あんなに綺麗な顔してエグイ映画作るんだぁ...と感心しました 【ストーリー】  東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)...
夢売るふたり (いい加減社長の映画日記)
結婚詐欺師になるために、お勉強しようかと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 東京の片隅で小料理屋を営む貫也と妻の里子。 店は小さいながらも繁盛していたが、調理場からの失火が原因の火事で全てを失ってしまう。 絶望して酒びたりの日々を送っていた貫....
夢売る (Break Time)
今日も、気温的には・・・
夫婦善哉~『夢売るふたり』 (真紅のthinkingdays)
 里子(松たか子)と貫也(阿部サダヲ)は、東京のある街で小料理屋を営む仲の 良い夫婦。しかし、火事で店は全焼し、二人は全てを失ってしまう。  『ゆれる』 『ディア・ドクター』 と、評価の高い...
夢売るふたり (そーれりぽーと)
個性の強い阿部サダヲと松たか子を中心に、結婚詐欺にあう周りの女優達のキャスティングも面白そうだった『夢売るふたり』を観てきました。 ★★★★★ 2時間以上もかけて、ゆっくりと徐々に高まっていくゾワゾワ感がたまらない! 夫婦で大繁盛の居酒屋を切り盛りして...
「夢売るふたり」 (NAOのピアノレッスン日記)
~人間最大の謎は、男と女~ 2012年   日本映画   R15+指定作品    (2012.09.08公開)配給:アスミック・エース      上映時間:137分監督:西川美和原案&脚本:西川美和音楽:モアリズム出演:松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木紗羽/....
「夢売るふたり」女の心の隙に入り騙し続けた先にみた騙された女の復讐と夢は騙しては叶わない事を痛感した現実 (オールマイティにコメンテート)
「夢売るふたり」は小さな小料理屋を営んでいた夫婦が開店5周年の日に火事で全てを失い夫の浮気から妻が結婚詐欺を思いつき夫が数多くの女を騙してお金を受け取るが次第に夫婦の ...
夢売るふたり(2012-115) (単館系)
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...
夢売るふたり (心のままに映画の風景)
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 小さいながらも順風満帆な店だったが、火事で全てを失ってしまう。 一からやり直そうと前向きな里子に対し、貫也はすっかり投げ...
「夢売るふたり」感想(簡易版) (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 「ディア・ドクター」の西川美和監督・脚本・原案。阿部サダヲ・松たか子主演。東京の片隅で、ふとしたきっかけから結婚詐欺をはじめた夫婦の悲喜を描く、クライム(?)ストーリー。
「夢売るふたり」みた。 (たいむのひとりごと)
西川作品ではいつものことだが、この生々しさは怖すぎる。ありそうでなさそうな、なさそうでありそうな夫婦の物語。決して綺麗ごとを許さないリアル感に背筋を凍らせ、誰しも心の奥深くに持っているだろう狂気の発露
詐欺によって (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「夢売るふたり」を鑑賞しました。 小料理屋を営む 夫婦 貫也と里子だったが、火事により全てを失う あるきっかけでふたりは結婚詐欺をし 店再開の資金を稼ぐのだが… 西川美和監督作 彼女らしい作品で 詐欺といってもコンムービーではなく サス...
映画:夢売るふたり 徐々に壊れていく、松たか子。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
西川美和の待望の新作。 というのは当ブログでは、 (2009年07月21日)映画:「ディア・ドクター」 評判に違わぬ、日本映画を切り拓く一作 (2009年08月03日)西川美和監督作品「ゆれる」に今更ながら衝撃  という具合で絶賛してきたから。 「真実」「うそ」、「記...
「夢売るふたり」 愛の行く末 (はらやんの映画徒然草)
だいたい映画を観たあとすぐにレビューを書くのですが、本作はちょっと苦労しました。
夢売るふたり (悠雅的生活)
騙す男。貢ぐ女。黙る妻。
夢売るふたり (まてぃの徒然映画+雑記)
『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督の最新作は、男と女の間の愛情を描いた作品。主演は松たか子と阿部サダヲ。 夫婦ふたりで小さな居酒屋を切り盛りしていた市澤貫也(阿部サダヲ)と里子(松たか子)。ある夜、調理中の火が元で火事になり、全てを失ってし....
夢売るふたり (愛猫レオンとシネマな毎日)
「蛇イチゴ」「ゆれる」「ディア・ドクター」と、3年ごとに新作を発表し その年の賞を総ナメにしている西川美和監督。 待望の新作は、夫婦で結婚詐欺をするお話でした。 コレは、面白かったです! 今までの西川監督作品の中でも、1番娯楽映画として楽しめると思う。 ...
「夢売るふたり」 2012年 監督 西川美和 (トリ猫家族)
 これは、ちょい前に見たんだけど・・・なんかすぐに感想が書けないというか・・書きたくないというか・・・自分の中で寝かせているうちに結構過ぎてしまったわ・・(;´-∀-`)ゞ ...
映画評「夢売るふたり」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・西川美和 ネタバレあり