to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

孤高のメス

2010-06-10 23:30:46 | the cinema (カ行)
製作年度 2010年
上映時間 126分
原作 大鐘稔彦
脚本 加藤正人
監督 成島出
出演 堤真一/夏川結衣/吉沢悠/中越典子/松重豊/矢島健一/成宮寛貴/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明


ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題を投げかけるヒューマン・ドラマ。現職医師・大鐘稔彦によるベストセラー小説を映画化したもの。
あらすじ: 1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ……。

今月一番の楽しみでした。
あいにくの小雨模様のお天気でしたが、夕方の回に間に合いました。
吉沢君が目当てだと公言していましたが(笑)これは予想通りとっても良かったです!
大袈裟に感動を煽らず、そこにいて、命と向き合う医師をクッキリと描く。
登場人物の描き方、キャスト、制作陣の全てに誠実さが感じられました。

物語は成宮君演じる新米医師の母親浪子(夏川結衣)が、現役の看護士でありながら、勤務先である院内で適切な処置を受けられず急死したところから始まる。
シングルマザーだった浪子の遺品の中に息子が見つけた一冊の日記。挟まれていた一枚の写真・・・。
1989年の浪子のオペ担当看護士としての苦しい胸のうち、さざなみ市民病院の実態が綴られていて――

堤さん、ちょっと普通っぽいブラックジャックがとっても良かった!
ピッツバーグ大学で高度な外科医療技術をもちながら、なぜ地方の病院を転々とさすらうのか、
目の前の命を救うこと。ただそれだけの為に何ものにも屈せず、揺るがず、命と向き合う当麻を、
誇張することなく演じていて、素敵です。
(原作の当麻はかなりヒーロー然と描かれていると堤さんが仰っていました)



原作はシリーズもので、かなりな長編であるらしいけれど、たった2時間でそのドラマと緊張感を見事に描いている!
医師役の吉沢悠くんも、事前に本格的に医療指導をうけたというだけあって、
観客も、これはかなりレベルの高い外科手術に立ちあう事になります。


この当麻が魅力的なのは、その天才的技術と汚れのない医療への信念なのだけど、
それを2倍にも3倍にも素敵にするのが、彼をリスペクトする浪子の想いであり、学閥の枷に苦しむ青木の存在なのだと言う気がする。
人を救うはずのメスを手渡し、死に追いやっていた日々の苦しみからこの二人を救う当麻の存在が際立ちます。
患者を救うのみならず、彼らを息苦しさから解き放ち、生きがいと誇りを取り戻す当麻の確かな存在感...。



医療は患者のためだけにある
現在は淡路島の診療所でへき地医療に従事している淡路島の“ブラック・ジャック”原作者・大鐘稔彦氏の理想であろう。
そして、きっと誰もが待ち望んでいるヒーロー。

キャストは皆さん余さん、生瀬さん、堀部さんに至るまで文句なしの適材適所。
いつもは舞台ばりの太いお声の堤さんが打って変わった優しいトーンのセリフで凄くよかったし、
浪子の女学生のような熱く可愛い鼓動が聞こえそうな夏川さん、とっても伝わってきました
そしてタイトルコールは、普段のイメージからは最も遠い(ゴメン)意外にもあの方の口から。


←画像クリックで舞台挨拶記事に。

こみ上げてくるのは、嬉し涙だったのかも。
今年の劇場鑑賞の上位決定です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普通の日々・・? | トップ | 今夜の堂本兄弟♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
普通っぽい (sakurai)
2010-06-11 07:35:47
ブラック・ジャック!って、とっても妙。
あたし、80年以降で、外科医を目指す人って、多かれ少なかれ目標:ブラックジャック!!だと思うんですよ。
なもんで、ナマセ医者みたいなもんがはびこってるってのが、目が点だったのですが、ほんとのところなんでしょうかねぇ。
さもしいなあ。
あたしは、予告であおられて、もっとどろどろねばねばの納豆系の戦い劇を期待していて、ちょっと拍子抜けだったのですが、余さんの子供とも別れで、どうしたらいいか分からなくなってしまいました。

吉沢君!お好みですか?
デビューしたころは、自分のキャラを見つけられず、どっちつかずみたいに感じたのですが、最近いいですよね。
あのちょっと似てる熱いキャラの人とは別の冷静キャラが似合います。
次、本読みます。
sakuraiさん* (kira)
2010-06-16 20:32:32
>80年以降で、外科医を目指す人って、多かれ少なかれ目標:ブラックジャック!!
はい。でも、最初っからナマセ医者的人物もきっといる。
教育現場にも、こういう医療の場にも、
先生と呼び命を預けるに値しないやからは生存していると思います。
なので、様々な問題をチラつかせながら、その人格、信念をすっきり描いて
素敵なヒーローになっていましたね~。
医療モノ、結構観てきましたが、これはかなり誠実でよかったです!

sakuraiさんのところにも書きましたが、余さん母、凄いです。
息子の意思と、命をつなぐ事とわかっていても、
後々問題になると分かっていることをああして懇願する―。そこが凄いですよね~。

吉沢君。恭子ちゃんと所縁の俳優さんなんですよー。応援してます。
あの熱いひとと似てますか?おそらく性格的には真逆のような(笑)

sakuraiさん、読破ペースが速いですね~。
「BOX!」も素敵なレビューでした。読んだ気になりました(笑)
こんばんは (はらやん)
2010-06-27 20:40:49
kiraさん、こんばんは!

>全てに誠実さが感じられました
まったくそのとおりですね。
奇をてらうことなく、真摯にテーマを追ったと思います。
夏川さん演じる浪子の視点で語られるのが良かったです。
尊敬できる人と働けるというのは、短い時間であっても人生を変えうるんですよね。
ドラマチックに安易に恋愛方面に物語を作るのではなく、終止浪子からの視点は医師として毅然としている当麻への尊敬なんですよね。
また当麻もスタッフたちを信じ、それを伸ばしていく力を持った人でした。
浪子の忘れ形見がまた当麻の指導を受けられることを暗示するラストは良かったですね。
はらやんサマ* (kira)
2010-07-14 22:07:52
お返事が大変遅くなり、申し訳ないです

いい映画でしたよね~。
あまり宣伝もされなかったようで、それほど大きな話題にもならなかったのが惜しいです!

>尊敬できる人と働けるというのは、短い時間であっても人生を変えうるんですよね
そう、
浪子の語りと表情も、
彼をとりまくスタッフの表情にも、
くどくなく彼らが幸せになっていくのが感じられるほどの匙加減が良かったと思いました!
創りての側にもキャストにも、誠実さが現れている素敵な映画でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「孤高のメス」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 当日は完成披露試写会と言うことで出演者の堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、成島出監督、原作者・大鐘稔彦氏、イメージソングを歌った馬場俊英さんの舞台挨拶があり...
孤高のメス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 緊張感あるリアルな手術シーンは本作の見どころ!
孤高のメス (だらだら無気力ブログ)
現職医師である大鐘稔彦のベストセラー小説を基に、地方の市民病院を舞台に 目の前の患者を助けることだけに全力を尽くす一人の医師の真摯な姿を描き ながら今の日本の医療問題に浮き彫りに描く医療ドラマ。 主演は、『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演には、『BALLA...
『孤高のメス』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...
[映画『孤高のメス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので短信ですまん。  月並みな話ではあるが、力強く描かれた力作だった。  類まれな外科手術の技術を持つ医師が、「目の前の患者に全力を尽くし、救う」と言う確固たる意思のもと、設備の伴わない市民病院で、当時、法律で是非があいまいであ...
どこの世界にも共通する事。『孤高のメス』 (水曜日のシネマ日記)
地方の市民病院を舞台に外科医療に携わる人たちの姿を描いた作品です。
映画:「孤高のメス」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年6月11日(金)。 映画:「孤高のメス」レポ。 監 督:成島出 脚 本:加藤正人 原 作:大鐘稔彦 キャスト:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明 余貴美子、成宮寛貴、松重豊 【ストーリー】 医師の派遣に始ま...
孤高のメス (そーれりぽーと)
いろんな意味でネームバリューの大きな話題作が目白押しだった週末、上映館数も回数も少なくないし、個性派俳優で固めたキャスティングも面白そうなのに、埋もれそうになってた『孤高のメス』を観てきました。 ★★★★★ 本を読まなくなって久しいもので、この映画の原...
映画 「孤高のメス」 (ようこそMr.G)
映画 「孤高のメス」
試写会「孤高のメス」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/5/13。新橋ヤクルトホール。 久しぶり、かな。 1階の男子トイレが女子トイレにされていて、男子トイレは2階のみになっていた。 いつも女性の方は混んでますから、それはそれで正解でしょうけど、今回は空いてました。 またスポンサーからの食品が1/5の...
『孤高のメス』 (ラムの大通り)
※ネタバレではありませんが、映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、もしかして流行りの医療サスペン...
『孤高のメス』 (めでぃあみっくす)
命を繋ぐ。想いを繋ぐ。それが移植手術の本当の姿であり、医療に携わる者の本来あるべき純粋な姿。 当初は全く興味のない映画でしたが、原作者であり現役医師でもある大鐘稔彦先生が淡路島の方だと聞き、同じ選挙区の映画好きとしては是非見なければと思い映画館に足を運...
孤高のメス (花ごよみ)
原作は大鐘稔彦の同名小説、 医療問題を追求した物語。 監督は成島出。 舞台は大学病院に頼り切っている さざなみ病院という、 ある地方の市民病院。 そこに赴任してきた外科医が、 様々な困難に立ち向かい、 自分の意志を貫く姿を描きながら、 臓器移植ということに...
孤高のメス (堤真一さん) (yanajun)
映画『孤高のメス』は、実際に医療に携わる大鐘稔彦氏の同名小説を映画化した作品です。 堤真一さんは、主人公の外科医・当麻鉄彦 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「孤高のメス」:森下五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}きょうもまた、救急車が町を走っていく・・・。 {/hiyo_en2/}無事に治療を受けられるといいわね。 {/kaeru_en4/}しかし、医療現場には大きな問題が山積しているからな。 {/hiyo_en2/}うん。「孤高のメス」なんか観ちゃうといっそう強く感じちゃう。 {/kaeru...
孤高のメス (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 126分監督:成島出出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、松重豊、成宮寛貴、矢島健一、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明1989年のある地方の市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも医師としてやるべき仕事にまい進...
【孤高のメス】医師であり続ける事 (映画@見取り八段)
孤高のメス 監督: 成島出    出演: 堤真一、夏川結衣、成宮寛貴、吉沢悠、余貴美子、生瀬勝久      公開: 2010年6月 こんな...
『孤高のメス』 腹の中まで見てください (映画のブログ)
 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。  『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。  私は...
孤高のメス (いい加減社長の映画日記)
土曜日のレイトショーのはしご。 スーパーレイトショーで「孤高のメス」を鑑賞。 途中で、記憶がなくなりそうで、怖かったが^^;「UCとしまえん」は、さすがにこの時間になると少ない。 「孤高のメス」は、中くらいのスクリーンで、1割程度かな。 【ストーリー】 大学病...
【孤高のメス】★堤真一 (猫とHidamariで)
 諦めるな。この命を救うために。日時:5月18日(火) 明治安田生命ホール 試写会にて鑑賞 孤高のメス HP孤高のメス シネマトゥデイ解説患者のたらい回しなど現代の医療問...
孤高のメス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
何かと問題の多い医学界にあって、実力と人徳を兼ね備えた主人公はまるでスーパーヒーローだ。1989年のある地方都市の市民病院に、外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。見栄や体裁ばかりを気にする病院の悪しき体制に不満を感じながらも、優秀な外科医である彼は、困難なオペ...
「孤高のメス」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                 「孤高のメス」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・成島出 監督・大鐘稔彦 静かで深い感動でした。 「慣例だから、諦めるんですか?」 この一言に涙が止まりませんでした。 自分も含めて、世の...
『孤高のメス』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「孤高のメス」□監督 成島 出 □原作 大鐘稔彦 □脚本 加藤正人□キャスト 堤 真一、夏川結衣、余 貴美子、柄本 明、吉沢 悠、中越典子、松重 豊、成宮寛貴、平田 満、生瀬勝久■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■c...
「孤高のメス」 命を繋ぐ、志を繋ぐ (はらやんの映画徒然草)
ルールというのは難しい。 なぜならばルールを定めた時に、どうしてもどこかに線が引
『孤高のメス』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
本作は20年前の臓器移植手術がテーマだが、先駆者たちが抱える危険と信念を真摯に描いたタイムリーな題材。臓器移植の他にも、医師不足、手術ミス、地域医療など、20年前にあった問題は今も解決できていないことがわかる。
孤高のメス (映画的・絵画的・音楽的)
 『孤高のメス』を渋谷TOEIで見ました。予告編を見たときから、この映画の真摯さが伝わってきたからですが。 (1)実のところ、この作品のストーリーは極めて単純です。  20年ほど前、ある地方都市の市民病院に、米国帰りのバリバリの外科医・当麻(堤真一)が赴任し、そ...
映画「孤高のメス」を観ました!!(2010-7) (馬球1964)
映画「孤高のメス」を観ました!!
「孤高のメス」 実に真っ当な傑作 (ももたろうサブライ)
監督 成島出少しあらすじ1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は次々と困難なオペを成功させる。病院のずさんな医療に失望していた看護師の中村(夏川...
【映画評】<!-- ここうのめす -->孤高のメス (未完の映画評)
天才的な技術を持ったさすらい医師が地方の市立病院を意識改革していくヒューマンドラマ。
孤高のヤギ (Akira's VOICE)
「ヤギと男と男と壁と」 「孤高のメス」 
孤高のメス(テレビ録画) (単館系)
2011年09月18日22時54分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場特別企画「孤高のメス」 時間は録画終了時間 原作は読んでいません。 時は1989年。 ある市民病院に外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。 この市民病院...
映画評「孤高のメス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり