to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜

2012-04-06 23:06:23 | the cinema (ハ行)

製作年度 2011年
上映時間 146分
原作 キャスリン・ストケット
脚本 監督 テイト・テイラー
出演 エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ブライス・ダラス・ハワード/ジェシカ・チャステイン/アリソン・ジャネイ/シシー・スペイセク/シシリー・タイソン/メアリー・スティーンバージェン

1960年代、人種差別が横行していたアメリカの田舎町に変化をもたらした実在の女性たちについて記したベストセラー小説を映画化した人間ドラマ
アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる。

この時代の同じ南部を舞台とした作品は幾つか観てきましたが、最近だと
ダコタちゃんの「リリィ、はちみつ色の秘密」も同じ時代背景でした。
アチラも同じように白人女性と黒人女性が、新しい時代の扉をこじ開けていくといったものでしたが
コチラの方はそういう時代の雰囲気の中にあって、女同士の自尊心を懸けた戦いの方が楽しめる展開で、
明るく痛快なバトルにグッときて後味も爽やかな作品でした。

アメリカ南部の上流階級の幾つかの家庭を舞台に、その家のHELPと呼ばれる家事を手助けする黒人の女性の目を通して描かれていきます。
主人公のスキーターも、幼い頃から母親代わりに自分を育ててくれたのは大好きだったメイド。
公民権運動が盛んになっても尚、この南部では公然と人種差別が行われていて――というより
それを抑え付けるように、一部の差別主義者は徒党を組んで黒人への虐めに精を出すのです。
それはまるで今の子供社会の虐めの原型のようです・・・。

ただ、富裕層のオトナのイジメですから、ここではバスやトイレといったものが描かれますが、
現実にはレストランや映画館など、全てにおいて隔離されていたのは周知の通り。
しかし、メイドたちが我が子同然に子供を愛して育て、他の家事もこなす中で、
信頼を寄せるどころか、トイレ問題はあまりにも非人道的だと思わずにはいられません。



スキーター自身が子供の頃にイジメに遭い、そんな時も母親のように自分を見つめ育ててくれたナニーが素晴らしかったのもあって、
この故郷ジャクソンの恥ずべき実態を、自分のデビュー作にしようと頑張るのですが、、、

何かと仕切るエリザベスや、手ごわい婦人会リーダーのヒリーの目を盗みながら
エイビリーンやミニーへの取材を開始するスキーターは、実はホンの案内役。
彼女の埋めたバクダンで物語が動き出すと、何もしない母親・エリザベスvsエイビリーン、
見栄っ張りで母親をないがしろにするヒリーvsミニー+シーリアの攻防が楽しめます

少しお弱い、白痴美人シーリアはとある理由で、ボス的存在のヒリーに虐められるけど、
それすら気づかないほどの善人振りで、ナイスボケナイスキャラでした
この戦いを傍で見守るミセス・ウォルターズ=シシー・スペイセクが楽しませてくれ♪
真っ直ぐなスキーターから逃げていた母親のアリソン・ジャネイもなかなかの存在感でした


まぁ、女性の為の女性による物語、っていうことでロクな男は出てきませんが、
それぞれが幸せを見つけていくラストはやっぱり清々しい。
約2時間半と長いですが、面白く観れました
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドライヴ | トップ | 幸せのちから »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シシー・スペイク (バラサ☆バラサ)
2012-04-07 00:06:08
と言ったら、その昔「キャリー」で母親に酷い目にあっていましたが、今回は娘に逆襲って面白い役どころでした。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-04-07 01:28:56
>女性の為の女性による物語、っていうことでロクな男は出てきませんが

そそ(笑)私もそう思った(*^.^*)
良かった男は、シーリアの旦那さんくらいでしたよね(笑)

二人の母親も、スパイスになってて良かった〜♪

こういうテーマだと、辛い、重い作品が多いけれど、明るく軽快なバトルで(笑)、楽しく観ながらも、テーマがずっしりと伝わってきた作品でした。
完全なハッピーエンドとは言えないラストでしたが、後味も良い作品でした\(^O^)/
バラサ☆バラサさん♪ (kira)
2012-04-07 03:58:19
おお〜〜!「キャリー」
殆ど観れませんでした〜〜
実の娘にないがしろにされた母とはいえ、サバサナとして明るくて良いキャラでしたー
ひろちゃん〜♪ (kira)
2012-04-07 04:07:23
そうなのよ、そういった意味では目の保養にはならなくて(笑)
最初なんてバカップル〜と思っていたふたりが
結果的に一番偏見もなく自然にステキな人間でしたよね〜

これは皆さんほどには高評価じゃないんですが、
(このテーマの作品としてはまあ普通かな〜
女優陣は嵌っていたし、楽しくて元気になれる作品だったですよね
こういう白人女性の人種差別に奮闘〜というテーマはいかにも賞受けしそうでもありました
Unknown (mig)
2012-04-07 10:01:56
kiraさんおはよう☆

ドライヴにコメしたかったけど、すぐ表示されないからしたかどうかわかんなくなっちゃって(笑)

あ、わたしそういえば「リリィはちみつ色の〜」方が好きだなぁ。
kiraさん同様
これはまぁ良かったは良かったんだけど
私も皆さんほどいいとは思ってなく、、、アカデミー賞作品賞ノミニーされるほどかなぁって。
わかり易く黒人差別問題をユーモラスに描いてたから受け入れやすいのかな。

比べるのも違うけどリリィの方が泣いたし、良かったナ。
migちゃん♪ (kira)
2012-04-07 14:39:06
こんにちはー

コメ、なるべく気づいたら直ぐに表示してるんだけど、
認証制だとそういう事あるわよね〜ゴメンネ

この作品、余りにみなさんの評判、評価が高いので予定変更で観にいったのですが、
予告で粗方読める内容で、私もアカデミー作品賞ノミニーはへぇ・・?でした。
まあ、普通には面白かったけど。
こういう白人による黒人開放モノは、賞に絡みやすいのは今までもたくさんあったし、ね

比べるのは違うと思いながら、、私もリリィの方が凄くよかったと思う
良い作品・・・ (マリー)
2012-04-07 20:51:50
こんばんは〜〜♪
あ〜〜私、東京で予告編観て観たかったんだ・・・「リリィはちみつ・・・」結局こなかったんだ・・・。
あれもこの時代のお話だったんだ〜。

それにしても、本当にロクな男が出てこなかった。その中でシーリアを選んだジョニーは素敵!

ラストもただのハッピーエンドじゃなくて余韻もあって、よかったよね。
Unknown (ノルウェーまだ〜む)
2012-04-08 00:08:30
kiraさん☆
シーリアの存在がほっとしましたね。
彼女のナイスボケが周りを和ませてくれました。
ヒリーを捨ててシーリアと結婚した夫は賢いですね。
こんにちは! (こに)
2012-04-08 10:24:00
笑ったり泣いたり頷いたりしながら、あっという間に映画は終ってしまいました。
ヒリーたちも悪人ではないのでしょうが、そういう価値観の時代にも、もう少し全体を見る目があれば人種差別も少しは解消されていたでしょうねぇ。
でも、その闘いは現在も続いているのですよね。
60年代ファッション楽しめた (ituka)
2012-04-08 11:15:16
すべての女性が主張してましたね。
こういうイザコザが発生したときに、概ね仲介役というか流れを変えてしまう人物が必ず出てきますね。
シーリアの天然美人がまさにソレ(爆)

シシー・スペイセクもお婆ちゃん役になってしまうましたか。
『キャリー』のころが懐かしい(苦笑)
コミカルでシュール (オリーブリー)
2012-04-08 22:53:40
あちらでは口コミで広がっていったのが分かるような気がする。
トイレとパイがきっかけで、地域社会が変わるなんて、勇気や希望があるよね(笑)
マリーさ〜ん♪ (kira)
2012-04-09 12:45:33
「リリィはちみつ・・・」は、私もレンタルで観たんですよ、
それも随分遅れて、、、
時代も同じだし、やはり南部が舞台で、
主人公は白人少女、一緒に戦うのは黒人家族・・・
でも、メリハリがある物語でかなり好きでした。

男性の扱いは、ほんとどうでもいい感じで「居たの?」ってぐらいでしたよね(笑)
それもあってシーリアの物語がなんだか清涼剤だった
ノルウェーまだ〜む♪ (kira)
2012-04-09 12:50:58
なんだか男性にモテない、結婚してないというコトさえ
イジメのターゲットにしてしまう、ヒリーやエリザベスって、
常に誰かに優位に立っていたい人種なんでしょうね〜。
オンナの戦い部分が面白かったです〜
こにさん♪ (kira)
2012-04-09 12:56:57
>でも、その闘いは現在も続いているのですよね

やたらに映画では黒人が刑事になったり、弁護士だったりと
いろんな分野でアピールされていますが、
その一方で先日のただフードを被って歩いていただけの黒人少年が射殺される事件は沢山起こっているのですから、、根深いですよね〜
itukaさん♪ (kira)
2012-04-09 13:05:24
根っこに人種差別があるとしても、ここで繰り広げられたのは「女のバトル」といった感でした!
君臨したい女と、虐げられた女たちの逆襲〜

そこにKYな老女と善良すぎる美人妻〜
こういうキャラも必要ですよね♪
トシをとってもシシー・スペイセク、面影は残ってましたね〜
オリーブリーたん♪ (kira)
2012-04-10 15:02:57
そうそう、
バスや映画館といった公共機関だと、凄く大瀬の人が絡んで
流血騒動にもなるんだけど、
パイやトイレだとそんなことにならない(笑)
笑って応援する気になるからよかった
Unknown (zooey)
2012-04-22 10:38:29
この作品は良かったと思うのですけど
私も期待したほどには感動しなかったのです。
どちらかといえば「リリィ、はちみつ色の秘密」の方が私も好きかな…
こちらは、殆ど話題にもならなかったのですけどね。
白痴美女のシーリアが嫌われていたのは
彼女の出自という理由があるのですよね。
結局「差別する側」というのは
何かと理由をつけて人を差別するのでしょうね。
zooeyさん♪ (kira)
2012-04-24 15:25:24
そうなんですよ〜。
もう、予告でほぼ読めちゃうので、スルー予定でしたが、
あまりに巷の高評価に、「何かもっとあるのかも?」と
ちょっと期待しましたが、、、それはなかった
作品の面白さ、力強さはやはり「リリィ」ですよね〜・・心に残ってます。
>結局「差別する側」というのは
>何かと理由をつけて人を差別するのでしょうね
差別がなくなると、不安なのかも知れない人種とも思いました。
目の保養 (ボー)
2012-05-02 07:06:51
その意味では、男性観客が楽しめるのでした。
ふふふ…。
ボーさん♪ (kira)
2012-05-03 14:45:22
目の保養も含めて、
コレ、絶対ボーさん好みの作品だと思ったわー♪
イヒヒ…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (あーうぃ だにぇっと)
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜@よみうりホール
ヘルプ 心がつなぐストーリー/The Help (LOVE Cinemas 調布)
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化。1960年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、1人の白人女性が黒人メイドの実態を取材して本にするまでを描いたヒューマンドラマ。主演は『ゾンビランド』のエマ・ストーンとヴィオラ・デイヴィス。共演にオクタヴ...
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
ストーリーも変な味付け 公式サイト。原題:THE HELP(お手伝いさん)。キャスリン・ストケット原作、テイト・テイラー監督。エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ ...
映画レビュー「ヘルプ 心がつなぐストーリー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Help. Movie Tie-Inクチコミを見る◆プチレビュー◆女性たちの勇気と友情に感動する「ヘルプ 心がつなぐストーリー」。真面目なテーマを軽やかに語る演出が好感度大だ。 【75点】 1 ...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (映画のメモ帳+α)
原題   THE HELP 監督   テイト・テイラー 原作   キャスリン・ストケット 脚色   テイト・テイラー 撮影   スティーヴン・ゴールドブラット 音楽   トーマス・ニューマン 出演   エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス       オク...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月1日(日) 17:40〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』公式サイト 1960年代、黒人公民権運動やキング牧師の頃、ミシシッピ州の黒人メイド(ヘルプ)の現実を、インタビューを...
★ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE HELP 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/31 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動の...
ヘルプ 心がつなぐストーリー / THE HELP (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ヘルプとは、白人宅で働く黒人メイドのこと。 1960年代のアメリカ南部を舞台にしたベストセラー小説の映画化。 一人の白人女性によって綴られた、当時の黒人メイドたちの本音(心の声)が1冊の本になるま....
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜/THE HELP (いい加減社長の映画日記)
予告編を観て、なかなか面白そうで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 60年代前半の米国南部の町ジャクソン。 大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人種差別が公然と行われていることにショックを受ける。 友人たち....
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (映画感想メモ)
チョコパイ美味しそうだと思ったら!\(;゚∇゚)/ いい加減あらすじ 時代は60
映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」観に行ってきました。1960年代におけるアメリカの田舎町を舞台に、白人家庭で仕事をする黒人メイド達の実態を暴いた、実在する同名の...
『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 (こねたみっくす)
ミシシッピ州に行ってもチョコパイだけは絶対に食べません! キャスリン・スケットのベストセラーを、彼女の幼馴染であるテイト・テイラー監督が映画化したこの作品。 人種差別を ...
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 (pure breath★マリーの映画館)
           彼女たちの物語が、私を変える。              私の物語が、世界を変える。 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 監督・脚本・・・テイト・テイラー 原作・・・キャスリン・ストケット 出演・・・エマ・ストーン、ヴィオラ・デイ...
"Don't Think Twice, It's All Right" テイト・テイラー監督『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』(THE HELP) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。キャスリン・ストケットのデビュー小説「ヘルプ」の映画化『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』 監督はテイト・テイラー、出演はエマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタビア・
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE HELP】 2012/03/31公開 アメリカ 146分監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリソン・ジャネイ、シシー・スペイセク、シシリー・タイソン、メ....
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、先日の「マリリン 7日間の恋」の時と同じ有楽町のよみうりホールで「ヘルプ〜心がつなぐストーリー」試写会、案内状が直前到着、という慌しさでしたけれど、これも都合合ったので見てきました。客席はやはり満杯気味。 このタイトルの「ヘルプ」は、白人家庭...
「ヘルプ〜心がつなぐスト−リー〜」勝ち取ったもの (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
虐げられた人々を扱ったテーマが気になる私。 まさにこの映画がそうだ。 法律的には奴隷解放されても、実際にはまだまだ公然と差別を受ける社会。 八方塞がりな中で、人間の尊厳を忘れず真っ直ぐに生きていこうとする人たちがとてもまぶしい☆
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 そのいくつもの意味 (映画のブログ)
 なんて楽しい映画なのだろう。  ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (とりあえず、コメントです)
1960年代のミシシッピー州を舞台に、人種差別を受けながら生きてきた黒人のメイドたちと 彼女たちの姿を伝えるために本を書こうと頑張る一人の白人女性との交流を描いた人間ドラマです。 予告編を見た時からとても気になっていて公開を楽しみにしていました。 差別を当た...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』  (2011) アメリカ・ミシシッピ州。 1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は「ヘルプ」と呼ばれていた。 作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、メイドの置かれた立場に疑問を抱...
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』・・・“I Have a Dream 私には夢がある” (SOARのパストラーレ♪)
第84回アカデミー賞において4部門(作品・主演女優・助演女優・助演女優)にノミネートされ、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが見事助演女優賞を受賞した本作。60年代アメリカの人種差別問題という重いテーマを描きながらもその作風はコミカルで力強く、希望や温かさ...
映画・ヘルプ 心がつなぐストーリー (読書と映画とガーデニング)
2011年 アメリカ原題 THE HELP 146分という長さ睡眠不足で心配だったのですが最初から最後までスクリーンから目が離せませんでした 1960年代アメリカ南部奴隷制度など遠い過去の話と思われる時代に、州によって当然のように推し進められていた人種隔離政策大学を卒....
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 超美味のチョコパイに入れた隠し味の量は限界ぎりぎり?^^;
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (だめ男のだめブログ)
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」 監督 テイト・テイラー 原作 キャスリン・ストケット 出演 エマ・ストーン(スキーター) ヴィオラ・デイヴィス(エイビリーン) オクタヴィア・スペンサー(ミニー) ブライス・ダラス・ハワー...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (風に吹かれて)
○○食らえ!公式サイト http://disney-studio.jp/movies/help原作: ヘルプ 心がつなぐストーリー (キャスリン・ストケット著作/集英社文庫)作家志望のスキーター(エマ
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 (悠雅的生活)
女たちの決意。わたしの子供。パイ2切れ。
ヘルプ 心がつなぐストーリー (心のままに映画の風景)
1960年代、ミシシッピ州。 上流階級に生まれ、黒人メイド“ヘルプ”に育てられた作家志望の白人女性スキーター(エマ・ストーン)は、大学卒業後、地元の新聞社で家事に関するコラムの代筆を担当することに...
アメリカの母たち〜『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 (真紅のthinkingdays)
 THE HELP  ジャーナリスト志望のスキーター(エマ・ストーン)は大学を卒業し、ミシシッピ 州ジャクソンに帰郷する。彼女を待っていたのは、結婚・出産後、家事と子守を 「ヘルプ」と呼ば...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 未だに終わっていない闘い (労組書記長社労士のブログ)
【=17 -1-】 「委員長、今日の髪、あっちゃこっちゃ向いてますよ」「今風に動きのある頭にしてみました」「いやいや勝手に動いてますやん」「はい、そうともいいます・・・」。 昨夜は映画をレイトショーで観たので帰宅が遅く、お風呂に入ってちゃんと髪を乾かさずに寝...
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」□監督・脚本 テイト・テイラー □原作 キャスリン・ストケット □キャスト エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ジェシカ・チャステイン、       ブライス・ダラス...
ヘルプ 心がつなぐストーリー (映画と本の『たんぽぽ館』)
負の連鎖を断ち切るには・・・                         * * * * * * * * * * 1960年代。 アメリカ南部ミシシッピーが舞台です。 大学を出たスキーターは作家志望。 白人社会におかれた黒人メイド達の立場に疑問をい....
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)◇◆the Help  (銅版画制作の日々)
 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 好き度:=80点 東宝シネマズ二条にて鑑賞 もうもうウルウルもんです。涙と鼻水で顔がぐしゃぐしゃ状態でした。お隣の方も私と同じ(笑)ベタなお話だと思いますが、私大好きでしたよ。2時間30分弱の...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (こんな映画見ました〜)
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』---THE HELP---2011年(アメリカ)監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス 、オクタヴィア・スペンサー 、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、メアリー・スティーンバージェン...
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (とりあえず、コメントです)
1960年代のミシシッピー州を舞台に、人種差別を受けながら生きてきた黒人のメイドたちと 彼女たちの姿を伝えるために本を書こうと頑張る一人の白人女性との交流を描いた人間ドラマです。 予告編を見た時からとても気になっていて公開を楽しみにしていました。 差別を当た...
*『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:アメリカ映画、テイト・テイラー監督&脚本、キャスリン・ストケット原作、エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクテイヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリソン・ジャネイ、シシー・スペイセク出演。
ヘルプ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』をTOHOシネマズシャンテで見ました(注1)。 (1)本作については、この映画館を随分と利用しているために何回も予告編を見て、それで全部分かったような気になっていましたが、実際に見てみると、また予告編では味わえない面白さがあり....
バービー人形たちのいじめ「ヘルプ」 (Zooey's Diary)
2011年アメリカ映画。オクタビア・スペンサーがアカデミー助演女優賞を受賞。 1960年代のアメリカ南部ミシシッピー州ジャクソン。 人種差別が激しいこの地域で、メイドとして働く黒人女性たち(ヘルプと呼ばれている)と 上流階級出身だがリベラルな考え方をする白人娘....
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (食はすべての源なり。)
ヘルプ 心がつなぐストーリー ★★★★☆(★4つ) 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 1960年代のアメリカ南部を舞台にした、ひとりの白人女性によって綴られた、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドたちの“心の声”。 つい最近の話なのに...
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」 (或る日の出来事)
良心的なヒューマン・ドラマで、笑いも盛り込まれていて、とてもいい。 ジェシカ・チャステインさんの、マリリン・モンロー風キャラも愛らしい!
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで (はらやんの映画徒然草)
黒人差別という社会問題を題材にしながらも、軽妙さ・ユーモアを爽快感も合わせ持つ快
映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.ヘルプ〜心がつなぐストーリー■原題:The Help■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:146分■字幕:石田泰子■観賞日:4月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作総指揮:テイト・テイラー◆エマ・ストーン(ユージニア・スターキー・フェラ...
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ (いやいやえん)
白人家庭と、そこで働く黒人家政婦。白人の黒人に対する偏見が酷かった事を痛感した。今でも勿論水面下ではあるんでしょうね。しかしユーモラスさを描写することによって、ただ悲惨な現状を告白するだけのお話には留まらなかったのは良かったように思う。黒人家政婦達...
映画評「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督テイト・テイラー ネタバレあり
【映画】ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜…二人ともスパイディの彼女だった(ヤッツケ映画観賞記録11) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日、大切にしているウォーマシンのフィギュアが埃をかぶっていたので、エアダスターで掃除してあげようとしたら、間違ってゴキジェットプロ(※超強力)を浴びせてしまったピロEKです。慌てて洗いました(植毛されているフィギュアじゃなくて良かった)。 近況報告...