to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

カムイ外伝

2009-09-22 23:59:06 | the cinema (カ行)
生き抜け!
製作年度 2009年
上映時間 120分
原作 白土三平
脚本 宮藤官九郎 崔洋一
監督 崔洋一
音楽 岩代太郎
出演 松山ケンイチ/小雪/伊藤英明/大後寿々花/イーキン・チェン/金井勇太/芦名星/土屋アンナ/イ・ハソン/山本浩司/PANTA/佐藤浩市/小林薫

白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション娯楽大作。
鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おきてにがんじがらめにされた忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。かつての仲間、大頭(イーキン・チェン)やミクモ(芦名星)はそんな彼を裏切り者とみなし、執拗(しつよう)にその後を追う。ある日、漁師の半兵衛(小林薫)を助けたことでカムイはその家族に歓迎されるが……。

週刊サンデーはある時期まで愛読書であったのですが(笑)
コチラはビッグコミックの連載で見ていた記憶がある。といっても、もう殆ど忘れていますが。
少女系漫画にはないシリアスドラマに惹きつけられて当時の楽しみでした。
その中の一編「スガルの島」を忠実に映像化した本作。
見所はカムイの得意とするワザの数々。
そして、非人、抜忍としての孤独と自由への飽くなき闘いの日々―。

まず、世間的には厳しい意見も多い本作品でしたが、私は良かったと思います

ちょっとアレなCGが気になる何箇所かはありましたし、
原作を知らない方に、当時の士農工商以下の非人なるものが存在していたところの描写が不十分ではなかったかなど、
気になるところもありましたが、
それらのマイナス評価に重きを置かなければ、十分面白い作品でした!

確かに元々の「カムイ伝」を知らなければ、
或いは冒頭のナレーションのみでは、伝わり難い心情描写もあったように思います。
カムイの抜忍となる決意をするに至る描写や、
更に言えば非人の出である為に、人としての安らぎも希望もないカムイらが忍者になるしか選択支がなかったという現実も、
やや説明不足かも。
そこを知った上で観ると、またこの作品の評価は違うと正直思いました。

               

ツガルとの再会、そして思わず心を通わせる半兵衛一家とのつかの間の安らぎ、
その間も彼を取り巻く孤独感や終わりのない旅への無常なる想い。
そしてまたしてもカムイの心を打ち砕く、追忍の仕業――

個人的に楽しみだった変移抜刀霞斬り、飯綱落し、は文句のないところ
監督が拘ったキャスティングだけに、松ケンのカムイは嵌っていました!
月夜に佇むカムイの姿・・・ただ数秒のその横顔にさえ
果てのない逃亡者としての寂寥感が伝わってきました。さすがです!

すっかりどっぷりで嵌り込んでいた為に忘れていた不動の登場。
伊藤英明さんももう時代劇がすっかり板についていて迫力がありました
小雪も、小林薫さんも本来の味のある雰囲気が活かせてよかったですし、
誰だか解らないくらいに汚されて登場した芦名星、イーキン・チェン、金井勇太くんも頑張っていました

惜しむらくはVFXの点数でしょうか、悔やまれるところですが
物語りも展開もよかったし、俳優陣も文句なしで
私としてはかなり満足の作品でした〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DOOR TO DOOR | トップ | 本日DVD発売、ヤッター〜♪ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (アイマック)
2009-09-23 11:06:21
CG、ワイヤーアクションが雑でげんなりしてしまいました、、
冒頭のマンガのほうが迫力ありましたよ^^;
南の島の設定は原作もそうなの?トロピカルな感じが違和感があったのですが・・
松ケンのカムイはよかったと思います。
私の記事、いいこと書いてないのでご容赦。。

こんにちは♪ (ミチ)
2009-09-23 15:08:10
漫画もアニメも知らないんですけど、多分私好みの作品だと思うんです。
生きるためには人を殺さなければならない。安住の地も持てないし、誰とも関わりを持つ事ができない哀しさが全編に漂っているのでしょうね(予想です・・・)
個人的には、VFXがイマイチだった以外は面白く見れました。
それだけに惜しまれますよね〜。


ところで、gooホームの方に過分な紹介文をいただきありがとうございました
あちらの方は全く活用しておらず、失礼続きになるかもしれませんがご容赦くださいませ〜。
今後ともよろしくお願いいたします
Unknown (ケント)
2009-09-23 18:31:50
kiraさんコメントありがとう
なぜか酷評の多い本作を正当に評価してくれている人が見つかって本当に嬉しいです。
私も、変移抜刀霞斬りと飯綱落しには文句はありません。原作では、飯綱落しは空中でのバックドロップだと解説されていました。まさにそのような捻り方でしたね。
こんばんは〜! (kazu)
2009-09-23 21:40:54
TBありがとうございました。

カムイの孤独感が
感じられこちらまで
悲しくなってきました。
自分が楽しめたり、感動したりできたら
私にとってはいい作品なんです。
松ケンのカムイよかったですよ。

アイマックさん* (kira)
2009-09-23 23:22:48
>南の島の設定は原作もそうなの?トロピカルな感じが違和感
何せ原作を見ていたのは20年以上前、覚えてはいないですが、
"南の島"とどこにも限定されていなかったように思いますが?
ただ、あの合わせ貝や鮫などから連想できますね。
あの、インクのような青に関すれば、恐らく今ほど汚染されていない
江戸時代の海を表現したかったのだと解釈しました。
ミチさん* (kira)
2009-09-23 23:33:04
ハイほぼ予想は当たっておりますが、
やはりそこを知っているのといないのでは入れこみかたが違うのでしょうね。
なにせ長い(「ツガルの島」だけでも)物語、
アレ以上ははしょれなかったと言うか、
でも、確かに説明不足感はありましたが、泥臭い抜忍の悲哀、
小雪も、ケンイチくんもなかなか頑張っていたと思います♪
ケントさん* (kira)
2009-09-23 23:48:56
本当に、話題作なのにVFXが拙かったから、ワイヤーアクションがスローだったから、
という理由で☆1つとか、信じられないです〜。
忍者モノだからという期待値がその1点で裏切られたからなんでしょうかねぇ〜。

変移抜刀霞斬りは絶対画になると思っていましたが、
飯綱落しはどうなるのかと思ってました!ひやひやもんでした!
ワイヤーでも役者さんは大変な技、緊張が走りました
kazuさん* (kira)
2009-09-23 23:59:06
どこに行っても酷評の嵐で
いつも反対意見の記事もTBする私ですが、今回あまりにも感情的な意見も目にし、
なんだかkazuさんのブログに行き着いたときは
心底嬉しかったです!
生きることが苦痛で、孤独で、
いつも遥かをみているようなカムイを、松ケンから感じられ良かったです
続編に期待!…したいところですが (もちきち)
2009-09-27 00:04:16
こんばんは。
コメント&トラバありがとうございます。

説明不足…確かにそうですね。
非人について詳しく描写するのは色々規制があって難しいだろうけど、
崔監督ならそこを乗り越えてくれるだろうと思ってたんですが。

「カムイ外伝」はどこもかしこも酷評の嵐が吹き荒れてますが(涙)、
松山ケンイチのカムイがこれで終わってしまうのは残念なので、
崔監督には反省点を重々踏まえて続編を作ってほしいですが…無理かしら?
もちきちさん* (kira)
2009-09-27 11:30:37
こんにちは♪
お越しくださって、有難うございます!

2時間の中で、説明的にならずに・・というのも難しいところでしょうが、
万人が"抜忍とは生涯追われる宿命"というのを解っているわけではないと思いますし、
それでも「その道」を選び取ったカムイの現実描写がもう少し欲しかったです。

崔監督は今のところ、続編に意欲満々ですよね?
興収より、ブロガーの皆さんの酷評の方が、続編の足を引っ張るのではないでしょうかね。
今回改めてネットの怖さも感じました
作品は公開されれば監督の手を離れてしまいますが、
一度是非、一観客としてご覧になって欲しいですね。
こんにちは〜♪ (由香)
2009-09-28 14:17:51
お邪魔します♪
kiraさんは満足されたようですね〜
私は全然ダメでした。観ているのが苦痛なくらいだったわ〜
原作を知らないせいかな?カムイの何を描きたかったのか分からなくって、ブツ切りの脚本とショボイCGにドン引きでした(泣)

ところで、息子は新型インフルでした(汗)
39度の熱がずっとある感じですぅ〜家族に蔓延しないといいけど・・・
由香さん* (kira)
2009-09-28 15:22:35
多分、原作のあの長いシリーズをある程度読んでいる人と、
全く知らない人とでは受け取る感情が違う気がしますね〜。
海外でも、そこが問題かと(CGとともに)

新型インフル!ついにきましたか
明日からお天気が悪くなるし、少しでも家庭内での感染力に
影響があってくれればいいのですが・・・。
とにかく母親が一番接触するもの。由香さんがうつらないようにね〜
そんなにも悪くなかった。ホッ。 (マリー)
2009-09-30 20:43:05
こんばんは〜〜♪
皆様の酷評を多く目にし、恐る恐る観にいきました。
私は普通に楽しめました。
ちょっと、ちゃっちいワイヤーワークには笑いましたが、わりとこういうの見慣れているので(中華圏映画で?笑)笑ってすますことが出来ました。ただラストの一騎打ちはワイヤー使わずとも、迫力があったので、最初もこれぐらいでよかったのに・・・と思ってしまった。

松山くん、凄く頑張っていたし〜小雪も思ってたより良かった。
イーキンの使い方は勿体なかったなぁ・・・
今からレビュー書こうかな。。。

マリーさん* (kira)
2009-10-01 20:08:05
皆さんの酷評は多少オーバーなマイナス評価だと私は思っています。
まぁ、映画の感想もいろいろあってイイとは思いますが、
営業妨害にならない程度にしてほしいもの。

イーキン、その運動能力を買ってのことでしょうが、確かに勿体無かった!
沖縄ロケの過酷な撮影日誌などを先日読んで、キャストの皆さんの頑張りにじ〜んとしちゃいました!
松ケンも、小雪も伊藤さんもお疲れ様ですよね〜♪
Unknown (りりか)
2009-11-25 21:06:29
カムイ外伝はアクションが最高でしたね!映画評論家のパパラッチに営業妨害されて素晴らしい映画なのに残念ですね。営業する前から観客を寄せ付けない悪戯って許せないですね!忍者映画なのでワイヤーも別に当たり前で楽しく観賞しました!有難う御座います。
りりかさん* (kira)
2009-12-30 20:04:59
お返事が遅くて申し訳ありません!
今回は本当に、個人の映画感想記だからといって、
これでは営業妨害でしょーみたいな記事を数多く目にして、ブロガーさんの節度を疑うことも多かったです。
CGが良ければ高評価、悪ければ酷評というのでは、
役者さんやその他の評価はなされないの?とか思ってしまいました。
昨年の話題の時代劇よりよっぽど良かったです
楽しまれたのですね〜 (ノルウェーまだ〜む)
2010-04-20 08:15:31
kiraさん、こんばんわ☆
皆さんあまりに酷評なので、心して見たのですが、やっぱり…
でも、kiraさんは楽しめたのですね?
私は松ケンには100点満点!
脚本のクドカンにマイナス10点をつけたいです〜
ノルウェーまだ〜む* (kira)
2010-04-24 02:55:08
>でも、kiraさんは楽しめたのですね
白土三平のカムイをそんなに落としているとは思えなかったんですよ〜。
元々のマンガな部分も含めて、あのCGも好意的に消化(解釈)しました(笑)

松ケンはいいカムイでしたし、小雪もよかった。
ただ、当時、カムイやツガルの出生、「非人」がどういうものだったのか、
その辺りの説明がいま一つ観客に伝わらなかったように思います。
忍に対して、今の人たちには理解がないようにも感じました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
カムイ外伝 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『作略、疑心、裏切り、そして愛─ カムイは闘う。 ただ生き抜くために─。』  コチラの「カムイ外伝」は、白土三平の全38巻に渡る長編忍者漫画を、脚本・宮藤官九郎、主演・松山ケンイチ、監督・脚本・崔洋一で実写映画化した9/19公開のアクション時代劇なのです...
カムイ外伝 (だらだら無気力ブログ)
白土三平原作の漫画『カムイ 外伝』から『スガルの島』編をベースに 松山ケンイチ主演で崔洋一が実写化したアクション時代劇。 自由を求めて抜忍となり、追忍に追われ続ける孤独な逃亡劇を続ける カムイの苦悩と葛藤を描く。17世紀の徳川幕藩体制の日本、どうしようもな...
「カムイ外伝」実写だよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カムイ外伝] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年9月14日9:24 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  その昔、吾輩がまだ幼少のころ、10ch(読売テレビ・関西の日テレ系列)の平日夕方6時ってのは“子供の時間”でございまして、いろんなア...
カムイ外伝 (LOVE Cinemas 調布)
白土三平の同名漫画が原作。抜忍カムイの孤独な逃亡を描いたアクション時代劇です。主演は『ウルトラミラクルラブストーリー』の松山ケンイチ、共演に『ラスト・ブラッド』の小雪、『252 生存者あり』の伊藤英明、『女の子ものがたり』の大後寿々花、小林薫、佐藤浩市...
劇場鑑賞「カムイ外伝」 (日々“是”精進!)
 「カムイ外伝」を鑑賞してきました白土三平の伝説的傑作漫画を「血と骨」の崔洋一監督が「DEATHNOTE デスノート」「デトロイト・メタル・シティ」の松山ケンイチ主演で実写映画化したアクション時代劇。原作の中の『スガルの島』編を基に、抜忍として孤独な逃亡の旅を....
カムイ外伝 (Akira's VOICE)
悲哀が足りない。  
カムイ外伝 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[カムイ外伝] ブログ村キーワード 評価:5.5/10点満点 2009年82本目(77作品)です。 【あらすじ】 掟に縛られている世界にうんざりし、真の自由を求めて忍の世界を抜け出したカムイ(松山ケンイチ)。 それが原因でかつての仲間、大頭(イーキン・チェン)とミクモ...
映画 【カムイ外伝】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「カムイ外伝」 白土三平原作の傑作コミックを崔洋一監督が実写映画化。脚本は宮藤官九郎。 おはなし:忍者カムイ(松山ケンイチ)は、掟にがんじがらめにされた忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。抜忍のカムイを追忍が執拗に追う・・・。 「カムイ外...
[映画] カムイ外伝 (落とし穴には気をつけろ!)
松ケン、いいわ〜 あの目力がたまんないです 昔夢中になって見ていたカムイ外伝の実写化だし、松ケンだし、クドカンだし、ということでかなり期待していた作品。 その割には、今ひとつでした。お話が2部構成に分かれちゃってる感じで、スケール感が足りない。どっちか...
「カムイ外伝」★☆ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:崔洋一 出演:松山ケンイチ、伊藤英明、佐藤浩市、小林薫、小雪ほか(敬称略) 忍者としての生き方に疑問を抱き、組織から脱した抜忍カムイ(松山)。だが、かつての仲間に追われ、結局は戦い、血を流す日々が続く。行き着いた先の漁村で、よう...
カムイ外伝 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/09/19製作国:日本上映時間:120分鑑賞日:2009/09/19監督:崔洋一出演:松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、、芦名星、土屋アンナ、PANTA、佐藤浩市、小林薫+あらすじ+鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おき...
カムイ外伝 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  私は白土三平の熱狂的ファンであり、白土作品とは約50年に亘るお付き合いである。もちろん貸本時代の作品も含めて、白土作品の殆どが私の蔵書に連なっている。 白土作品の中でも最高峰で、未だに末完の作品といえば『カムイ伝』である。こちらは江戸時代の...
カムイ外伝 (花ごよみ)
原作は白土三平のコミック。 監督は崔洋一。 同名コミックの実写映画化。 逃れることはできない忍びのおきて。 孤独、そして命がけの逃亡。 主演は松山ケンイチ。 彼が忍者カムイを演じています。 脚本は宮藤官九郎と崔洋一の共同作。 共演は小雪、大後寿々花、 伊藤...
カムイ外伝 (映画通の部屋)
「カムイ外伝」 製作:2008年、日本 120分 監督:崔洋一 脚本:崔洋一、宮
カムイ外伝/松山ケンイチ、小雪 (カノンな日々)
白土三平さんの原作コミックを宮藤官九郎の脚本によって崔洋一監督が映画化した大型アクション娯楽映画です。宣伝にもかなり力を入れてるようで劇場予告編も迫力たっぷりな映像が印象的でしたけど、こういう場合って期待ハズレになることも多いのでなんとなく不安も過るの...
『カムイ外伝』 (ラムの大通り)
----やっとこの映画のお話だね。 ずいぶん長い間、喋らなかったけどその意味ってあるの? 「どう言ったらいいのか、 日が経つにつれて、何から話していいか難しくって。 逆に言うと、一言で終わるんだけどね。 それはオモシロいってこと。 この映画には崔洋一監督ならで...
「カムイ外伝」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「カムイ外伝」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、イーキン・チェン、金井勇太、芦名星、土屋アンナ、イ・ハソン、山本浩司、PANTA、佐藤浩市、小林薫、他 *監督:崔洋一 *脚本:宮藤官九郎 *...
カムイ外伝 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
勝手に≪日本の若手俳優の主演映画、『TAJOMARU』と『カムイ外伝』と『カイジ』を見比べよう祭り≫第2弾―【story】忍者カムイ(松山ケンイチ)は、忍びから抜け出し、抜け忍になった。裏切り者となったカムイに、執拗に追っ手が迫るが、ある日、漁師の半兵衛(小林薫)...
『カムイ外伝』... ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、崔洋一監督、松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、佐藤浩市共演。
★「カムイ外伝」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
シルバーウィーク中はナイトショウをやってるので、 フリーパス使ってもう一本。 ひらりんご贔屓の「ミヤネ屋」ファミリーの崔洋一監督作品。 ひらりん的には監督とかプロデューサーが目立つ作品は気に喰わないんだけど、 松山ケンイチの演技には注目してるので、観て...
カムイ外伝 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おきてにがんじがらめにされた忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。かつての仲間、大頭(イーキン・チェン)やミクモ(芦名星)はそんな彼を裏切り者とみなし、執拗(しつよう)...
「カムイ外伝」孤独でも力強く生きていく強さと愛の必要性を求め続ける戦いの日々 (オールマイティにコメンテート)
「カムイ外伝」は白土三平の傑作漫画「カムイ外伝」を実写映画化した作品で、時は17世紀の徳川時代に忍として生きたカムイが忍を抜け出し、同じ忍に追われて逃げ続けるストーリーである。生きるためには戦って逃げるしかないカムイにとってその中で人間の暖かさを知って...
映画「カムイ外伝」(9月19日) (Flour of Life)
心が挫けないうちに、松山ケンイチさん主演の「カムイ外伝」を観てきました。
「カムイ外伝」 酷い、酷すぎる (はらやんの映画徒然草)
「酷い、酷すぎる」 これは劇中で惨殺された村人たちを前にカムイがつぶやいた台詞で
「カムイ外伝」 (首都クロム)
 カムイの軌跡に累々と連なる死体に、抜け忍の背負う宿命の重さを感じました。どんなに大きな相手・強い敵を斬り伏せても、その闘いに終わりは見えて来ず。幸島でのひと時のように心に抱えた闇が時おり薄らぐことはあれど、決して晴れることはなく。彼の負った宿命は天空...
カムイ外伝 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマ・サンシャイン> 監督:崔洋一 アクション監督:谷垣健治 原作:白土三平 脚本:宮藤官九郎、崔洋一 17世紀の日本。抜け忍カムイは日々追っ手との戦いに明け暮れていた。ある日、カムイは謎の男が山の中で領主の馬の足を切り落とし...
カムイ外伝 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月25日(金) 20:45〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『カムイ外伝』公式サイト ドラマとしてもアクションとしてもなっとらん!退屈極まりない。「GOEMON」のほうがマシなくらいだ。崔洋一衰えたり。崔洋一と言...
【カムイ外伝】あんまりなCGを役者の演技力でカバー (映画@見取り八段)
カムイ外伝 監督: 崔洋一    出演: 松山ケンイチ、小雪、大後寿々花、小林薫、伊藤英明、佐藤浩市 公開: 2009年9月 もしかしたら...
忍びの血〜『カムイ外伝』 (真紅のthinkingdays)
 17世紀の日本。最下層に生まれ、忍びとして生きる少年カムイ(松山ケンイチ)。 成長した彼は自由を渇望し、抜忍(ぬけにん)となる。 ...
『カムイ外伝』 (purebreath★マリーの映画館)
                  生き抜け!『カムイ外伝』監督・脚本・・・崔洋一原作・・・白土三平脚本・・・宮藤官九郎音楽・・・岩代太郎出演・・・松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、大後寿々花、イーキン・チェン、金井勇太、芦名星、土屋アンナ、佐藤浩市、小林...
[映画『カムイ外伝』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら、観て来ましたよ^^    ◇  私は、『カムイ伝』は小難しいので読んでいないが、『カムイ外伝』は、昔から愛読していた。  でも、途中から、絵が漫画調から劇画調になったのが気に食わなくて、劇画調になってからの四巻以降は古本屋に売ってしま...
カムイ外伝 (Sweetパラダイス)
忍大好きなさくらこはカムイ外伝を見てきましたいつものクドカン節はどこ?こういうのもうたまにはいいかも松ケンがかっこいいもうかっこよすぎるあまりのかっこよさにメロメロに松ケンのは・だ・かカムイ外伝の見所は…カムイとサヤカの恋模様でしょうかねやっぱりNARUTO...
「カムイ外伝」☆☆☆ (ドラマでポン!)
こういう伊藤英明、いいなあ。笑いながら向かってくるところはゾクゾクしました。松山ケンイチ目当て+クドカン脚本に期待で鑑賞してきました「カムイ外伝」。結果、普通に面白いというか。抜け忍カムイ。その、忍者から抜けたことってものすごい決心だったはずなのに、そ...
「カムイ外伝」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
白土三平の漫画の凄さを再確認!!映画はそれなりに楽しめたが・・何の深みもない。リゾート地みたいな黄色い砂に青い海、木下工務店製らしき粗末なはずなのにいやに頑丈そうな漁師小屋、薄っぺらい馬鹿殿と愛妾の扱い、ありえないへっぴり腰のくの一、あざとく煩いCGテ...
『カムイ外伝』 (『映画な日々』 cinema-days)
抜け忍となったカムイと漂流した 島の島民との交流,領主との対立を描く。 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:白土三平
mini review 10445「カムイ外伝」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション娯楽大作。忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公の苦悩と孤独を浮きぼりにする。孤高のヒーローをその抜群のセンスで演じるのは、『L change the WorLd』の松山ケンイ...
「カムイ外伝」ビッグネームにあぐら (ノルウェー暮らし・イン・London)
ロンドンの国際映画祭に出品された時に、どうしても観たい!!と思ったところ、チケット完売で見られなかった私。 ところが、意外に評判は悪く・・・・・ 引越し準備に明け暮れる毎日に嫌気が差し、禁断症状からちょびちょび細切れに見たこの映画。 細切れでも・・・・...
映画評「カムイ外伝」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・崔洋一 ネタバレあり