to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

春を背負って

2014-06-16 23:49:10 | the cinema (ハ行)

標高3000m――悠久の大自然に描かれる、
“家族”の物語。

製作年度 2014年
上映時間 116分
原作 笹本稜平
脚本 木村大作/瀧本智行/宮村敏正
監督 木村大作
出演 松山ケンイチ/蒼井優/檀ふみ/小林薫/新井浩文/吉田栄作/安藤サクラ/池松壮亮/仲村トオル/豊川悦司
立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。

一生懸命勉強して、就職戦線を勝ち抜き、一生懸命仕事をし、
やがて家庭を持ち・・―、その、重き荷を背負う人生を、男たちを、
立山連峰の山小屋琥曽屋瓩亡悗錣訝砲燭舛鮗瓦法
自分の居場所、親や、親から受け継いだ仕事への責任感を自覚して成長していく
若者たちの姿を描いていく。

標高3000メートル級の立山連峰が舞台であるだけに、
天候の変わりやすい山のドラマ。
そのドラマが人の運命を左右し、また人と人を結びつける。

ここでは冒険もし、失敗も経験した風来坊のようなゴロさんこと豊川悦司との出会いによって
成長していく、都会の熾烈な戦いに虚しさを覚えてUターンした亨と、
亨の父との出会いによって居場所を見出した愛の、山小屋で育まれる新しい関係をみつめる物語。

山岳ドラマにありがちな展開でしたが、
平凡ながら、ちょっと雑な演出も、
それぞれに達者な役者陣の味のある演技で、多分に救われていたのではないでしょうか。


ただヘンにドラマチックな展開を期待しないで観れば、
雄大な山の美しさと、自然の厳しさがリアルに感じられて、
その映像美は一見の価値あり!!ちょっと言葉では表現できない胸を打つ美しさです!

ラストは、、、誰の趣味でしょうか
臨場感のある神秘的な山と、その自然に魅せられたちいさな人間の物語の最後が、、
開放感を描きたかったとしてもちょっと残念な絵・演出でしたが、
キャストが良かったので、まあ・・ともかくラストがザンネン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイレント・プア 第8回 | トップ | 恭子ちゃんSPドラマ続報♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2014-08-18 21:57:00
こんにちは♪
本当に美しかった〜!!
毎日みてる山々だけど、とる人がとるとこんなに違った顔するんだ〜って思いながらみてた。

本当に映像だけで感動だった。
あのラストなければな〜(笑)
Nakajiさん♪ (kira)
2014-08-21 19:21:12
こんばんは〜

特に何ということは無いドラマでしたが、
キャストがみんなその味を持っている人たちばかりで
飽きずに観れました♪
で、
やはり期待に違わぬ映像美!!
そこを知る人でないと見られないハズの神秘的な映像がみれ、
それだけでもお得感がありました♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「春を背負って」@イイノホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは7〜8割位、客年齢は高いが中高生位のお子さんたちも来場している。
春を背負って (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。笹本稜平原作、木村大作監督。松山ケンイチ、蒼井優、檀ふみ、小林薫、豊川悦司、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、池松壮亮、仲村トオル、市毛良枝、井川比佐志、石 ...
劇場鑑賞「春を背負って」 (日々“是”精進! ver.F)
山登りと、歩んできた人生は似ている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406140001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画『春を背負って』 オリジナル・サウンドトラック [ ...価格:2,700円(税込、送料込)...
映画『春を背負って』観てきた(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
大自然の怖さと素晴らしさ。 この危険なロケをよくぞやってくれました。 美しく雄大な立山の映像を堪能できます。 っていっても、多分、いつもの私ならスルーしてた作品です。 自然と人間とのかかわり、家族や仲間との絆、などヒューマンドラマですし。 悪人が...
春を背負って (花ごよみ)
  監督は『劔岳 点の記』の木村大作。 笹本稜平の小説が原作。 本は読んでいます。 原作の舞台は奥秩父ですが、 映画は立山連峰を舞台にしています。 主演は松山ケンイチ 東京の会社を退職し、 父(小林薫)が遺した山小屋を継いだ、 亨を演じます。 共演は蒼井優、...
映画 春を背負って (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     高澤愛が、山小屋の屋根から布団に飛び降りる   シーンは、ちょっと心臓に悪いですね。   あのシーンで着地が悪ければ、一生寝たきりになってしまいます。   ...
春を背負って (とりあえず、コメントです)
笹本稜平著をもとに、舞台を立山に移して描いた人間ドラマです。 映像の迫力が印象的だった木村大作監督の新作なので、どんな物語なのか気になっていました。 美しくも厳しい自然と、その自然の中で生きる人々の姿に心が洗われるような作品でした。
春を背負って (映画好きパパの鑑賞日記)
 名カメラマンの木村大作が「劔岳 点の記」に続いて、富山県の山岳を舞台に描いた作品。CGを使わないカメラワークはさすがなのですが、いかんせん、お話があまりにも…。とくにラストはこちらの頭の中もお花畑になり、ぐるぐるまわっています。  作品情報 2014...
春を背負って (映画的・絵画的・音楽的)
 『春を背負って』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作を制作した木村大作監督による前作『劔岳 点の記』が良かったこともあって映画館に足を延ばしました。  本作の最初では、20年前のこととして、雪山を幼い亨と共に登る父親・勇夫(小林薫)の姿が映し出....
春を背負って (映画と本の『たんぽぽ館』)
「逃げ」でもアリだ! * * * * * * * * * * 木村大作監督による、「剣岳点の記」に次ぐ山岳映画。 立山連峰にある山小屋を営む家族と、 そこに集う人々の人生や交流を描きます。 亨(松山ケンイチ)は、外資系投資銀行のトレーダーとして勤務を...
映画「春を背負って」 (FREE TIME)
映画「春を背負って」を鑑賞しました。
『春を背負って』 映画を観るのに大事なもの (映画のブログ)
 正直に告白しよう。  私は木村大作氏が苦手だった。  氏は名カメラマンである。美しい映像をカメラに収め、数々の名作映画を世に送り出した。その実績は誰もが知るところだ。  けれども、私は氏の仕事を敬遠してきた。氏の映像の素晴らしさを認めるのにやぶさかで...
春を背負って (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
春を背負って '14:日本 ◆監督:木村大作「劔岳 点の記」 ◆主演:松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、小林薫、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、池松壮亮、仲村トオル、市毛良枝、井川比佐、石橋蓮司 ◆STORY◆立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ...
映画評「春を背負って」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・木村大作 ネタバレあり